8247058
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 山中湖村のハエについて (3) / 2: 教えてください。 (2) / 3: ガガンボについて (2) / 4: ご教示ください (2) / 5: CiNii一部サービス終了 論文閲覧不可 (1) / 6: 石川県の海浜で見つけたハエ (41) / 7: コマバムツボシヒラタアブ? (3) / 8: 空中静止をする微小なハエ (10) / 9: ガガンボ類の幼虫でしょうか (1) / 10: 芋虫の死骸に集まるミバエ? (3) / 11: 竹の中でアリと一緒に (5) / 12: ハナアブについて (1) / 13: なんという種類のハエでしょうか (3) / 14: 何バエでしょうか? (0) / 15: ハナホソバエ科で合ってますでしょうか? (7) / 16: ヒメチビクロバエ (2) / 17: トラ柄のハエ (2) / 18: モモアカマガリケムシヒキ種群 (4) / 19: 同定お願いします (3) / 20: マテバシイの殻斗のタマバエ (0) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

ニクバエ 投稿者:蠱沫 投稿日:2006/10/16(Mon) 10:42 No.2736  引用 
蠱沫です。
最近修論の執筆が忙しくてなかなか他の事ができません。

今年の夏に近所で集めたニクバエの中に、少しゲニタリアの
形が変なのがいました。先端の、黒くて下に突き出た部分が
他の種類に比べて太短い印象を受けました。
少し写真が不鮮明ですが・・


Re: ニクバエ 投稿者:蠱沫 投稿日:2006/10/16(Mon) 10:44 No.2737  引用 
顔です。

Re: ニクバエ 投稿者: 投稿日:2006/10/16(Mon) 17:05 No.2738  引用 
ヤドリニクバエ類かな?
さすがに、この画像だけではわかりにくいですね・・

Re: ニクバエ 投稿者:蠱沫 投稿日:2006/10/17(Tue) 13:57 No.2739  引用 
私も、ヤドリニクバエ系ではないかと思いました。
手元にこれ以上拡大できる機材がないので、なにか
よい方法がないか試行錯誤しているところです。
pakenyaさんの方法を試してみたいですね。

マクロ撮影 投稿者: 投稿日:2006/10/13(Fri) 17:53 No.2735  引用 
こんにちは

いつも標本などを撮影していて、ゲニタリアなどをもっと大きく撮影できないかと考えていました。カメラはEOS20Dを愛用、EFS60mmマクロにエクステンションチューブを装着していたのですが、ふと、野鳥撮影で望遠レンズに使用するテレコンが目に止り、装着してみたところ、ちゃんと撮影できることがわかりました。焦点距離が倍になりますが、撮影倍率も倍になるので、かなり拡大撮影できます。EOSを愛用の方は試してみてください。

試しに撮影したオオモモブトの交尾器側面を貼ります。

標本写真のゲニは、全部撮り直しだ〜!!

シュモクバエ 投稿者:ゆーちゃん 投稿日:2006/10/08(Sun) 19:02 No.2728  引用 
昨日修学旅行で行ってきた沖縄から帰ってきました。
西表島で自由時間がありナカグロヒラタアブ、ヤエヤマナガハナアブを含むかなりの虫が採れたのですが、渓流沿いの草むらをスィープした時シュモクバエが入ってきました。
このシュモクバエっていったい何シュモクばえなんでしょうか??
それにしても西表はすごいです・・・八重山ナガを採った時は思わず一人林道で叫んでました

Re: シュモクバエ 投稿者: 投稿日:2006/10/08(Sun) 20:29 No.2729  引用 
ゆーちゃん、お久しぶりです。

八重山ナガは大きくて感動しますね!

八重山で採れるのはヒメシュモクバエと思われます。

http://homepage3.nifty.com/kohno/Natura-Yayeyamana/Diptera/HimeShumokuBae.html

茨城@市毛

Re: シュモクバエ 投稿者:kuwachan 投稿日:2006/10/08(Sun) 22:56 No.2730 ホームページ  引用 
 こんばんは。
 内容と全く関係がないのですが,市毛さんのアドレス部分のソースを見ると終わりの"が別の字とつながって文字化けしているようです。メールアドレスの部分が,クローラー対策で表示を工夫した部分のスクリプトに制限があるのではないかと思います。具体的には,「全角文字を入れてはいけない」とか,「スペースを入れることを考えていない」などかと思います。的外れだったらごめんなさい。

Re: シュモクバエ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2006/10/08(Sun) 23:12 No.2731  引用 
kuwachan様。

ビンゴでした(^_^;)
スパム対策で大文字に変えてから名前が消えていますね。
小文字に戻したところ正常になりました。

自宅には、メールが一日50〜100通届いております。スパムが8割以上です。
以前、長期留守にした後の1500通以上のメールには困り果てました・・・・。
スパムらしきメールに、初対面の海外の研究者からのメールが混ざってしまうのが困りものです。

ありがとうございました。

Re: シュモクバエ 投稿者:kuwachan 投稿日:2006/10/09(Mon) 07:51 No.2732 ホームページ  引用 
市毛さんへ
 お役に立てて幸いです。私のところへ来るメールも8割以上がスパムです。古いアドレスでは,ほとんどがスパムでスパムしかない日もあるくらいです。

ゆーちゃんへ
 日本にもシュモクバエがいたんですね。ぱぷあ日記で見たことがあるのですがおもしろい形です。一度本物を見てみたいものです。

Re: シュモクバエ 投稿者:ゆーちゃん 投稿日:2006/10/11(Wed) 04:04 No.2734  引用 
市毛様
ヒメシュモクバエって言う種なんですか。初耳です☆ シュモクバエ自体日本にはいてないと思っていたので…

kuwachan様
渓流の少し日の照っているところ(本土ならがユスリカやミギワバエがいそうな場所)にかなりの数がいました。大きさは5ミリ〜7ミリ程度です

トウキョウキンバエ 投稿者:猫又 投稿日:2006/10/05(Thu) 23:49 No.2723  引用 
今年の収穫物をぼちぼち整理してたら、ミヤマキンバエかな?と思っていた標本の中にトウキョウキンバエが混ざっているのを発見してしまいました(汗)。南方系の種だし、新潟にはいないだろうと思い込んでいたのが敗因ですね〜。以前の標本も見直さなきゃ。

トウキョウキンバエの北限の記録って、どのあたりなんでしょうか?

Re: トウキョウキンバエ 投稿者:猫又 投稿日:2006/10/07(Sat) 12:29 No.2724  引用 
標本写真を撮ったので追加します。

トウキョウキンバエ Hemipyrellia ligurriens (Wiedemann, 1830) ♂
2006年8月17日 新潟市にて採集

全身(左側面より)

挟子がこんなに長くてごついヤツは、Lucilia属にはいないですよねぇ(^^;)。


Re: トウキョウキンバエ 投稿者:猫又 投稿日:2006/10/07(Sat) 12:31 No.2725  引用 
後胸部分(左側面:斜め前方より)

鱗弁の下をのぞき込むと、後胸上側板に細毛がしっかり生えとります。


Re: トウキョウキンバエ 投稿者:猫又 投稿日:2006/10/07(Sat) 12:36 No.2726  引用 
腹端のアップ(右側面)。


Re: トウキョウキンバエ 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2006/10/08(Sun) 07:13 No.2727  引用 
長崎、東京、千葉では採ってますが、札幌では見たことないですね。関東でも、真夏の本当に暑くなってきた時期になってはじめて出てくる印象があります。

Re: トウキョウキンバエ 投稿者: 投稿日:2006/10/09(Mon) 11:25 No.2733  引用 
利根川の渡良瀬遊水地でも記録があるようです。

オドリバエ資料公開 投稿者: 投稿日:2006/09/27(Wed) 20:26 No.2718  引用 
三枝先生にお許しをいただきましたのでオドリバエ科の属.亜属までの検索ができる絵解き検索表を公開させていただきます。

http://furumusi.aez.jp/fly/dl/etoki-empididae.pdf

ということなので、がんばってオドリバエ調べませうね〜〜

きれいなショウジョウバエ 投稿者:バグリッチ 投稿日:2006/09/24(Sun) 16:50 No.2707  引用 
こんちは。

 夏の終わりから秋にかけて、画像のようなきれいなショウジョウバエか採れます。
 ショウジョウバエ類は、種類も多く恐いので、まだ文献など全然持っていません。そのため ほとんど知識はありませんが、これだけ綺麗ならわかるかも?!と、安易に聞いてみようと思いました。

 胸部背面は、画像のように、角度によって、真っ白に光って見えたり、赤茶に見えたりします。

 どうでしょうか?


Re: きれいなショウジョウバエ 投稿者: 投稿日:2006/09/24(Sun) 18:00 No.2708  引用 
バグ様。

猩々様にパス!
1632からの書き込みが参考になるかと思います。
下の頁移動で24前後にあります。
(発言番号で移動出来ると楽なのですが・・・)

わたしは結局良く判らんかった。
もっと文献を読まなくては。

Re: きれいなショウジョウバエ 投稿者:バグリッチ 投稿日:2006/09/24(Sun) 19:16 No.2709  引用 
ハエ男様

 仰るとおり、ご指摘の過去ログは、同一種に見えます。
 コメントされている文献が取れれば 調べてみます。

 これだけ特徴的な種でも、なかなかわからないのですね。
 さすが手ごわい。
 
 ありがとうございました。

Re: きれいなショウジョウバエ 投稿者: 投稿日:2006/09/24(Sun) 19:29 No.2710  引用 
市毛です。
先の発言で、なぜか私の名前などが消えていた。
これも2回変更していますが、名前が出ません。
キャッシュクリアもしたのですが・・・
再度トライ。

Re: きれいなショウジョウバエ 投稿者:猩々 投稿日:2006/09/26(Tue) 20:52 No.2715  引用 
国際会議でハエ男さんにお会いしました.
どうもよろしくお願いします.

この画像はお手上げですね.私の知識では過去ログの内容が
精一杯です.Leucophengaは斑紋の変異も大きく,やっぱり
ゲニを見ないと正確には落とせないかも知れません.

 お役に立てず・・・

from Hakata 投稿者:ハエ男 投稿日:2006/09/25(Mon) 08:51 No.2711  引用 
ただいま福岡でおます。大変英会話には苦労しとりますが、とりあえず双翅目国際会議に出席中です。

Dr.PapeにもDr.Pontにもお会いしました。(ニクバエ・イエバエ関連では雲の上の方ですが・・・)特にDr.Papeとは初日の夜に一緒の飲み屋で飲む機会がありました(らっきー)・・

そして昨夜はなぜか法医学グループとはぐれたワシとウミさんは九大のシマ先生、舘夫妻、ユスリカの山本先生、アシナガバエの枡長さんのグループに入れてもらって、1次会で飲み、2次会でウミさんと語り合ってしまいました。

あと三枝先生にも直接お目にかかりお話をさせていただきましたが、三枝先生の絵解きオドリバエ(属・亜属)の検索PDF版をネット公開させていただけることになりましたので、近々アップしますね〜〜・・

ほかにもいっぱいDipteristの方にお会いしてるのですが・・今回の報告はここまでで・・・

今日はSarcophagidaeのワークショップがある日なので、そろそろいかねば・・

明日帰ります。

Re: 続博多報告 投稿者:ハエ男 投稿日:2006/09/25(Mon) 19:36 No.2712  引用 
ただいま博多駅前のネット喫茶からの中継です・・

今日はびびりました。

Sarcophagiddae/Callipholidaeの開始時間ぎりぎりでワークショップにでて、後ろのほうの席に座ってたら・・・やはり開始ぎりぎりにとびこんできたひとが隣に座ったんですよ・・・

Dr.Thomas Papeでした。びびったさ〜・・・(Thomas Pape・・・ハエ世界の超メジャー研究者・・・びびった度合い・・・7年前に渋谷のでかい人用の服屋の廊下で小錦関とすれちがったときよりもびびりました。)

でも、あつかましくも、Pape著のニクバエノカタログの中でゴヘイニクバエがモンゴルで記録があるように書いてあったことを話したら、ゴヘイに関しては古い記録しか見てないっていうので、あつかましくもワシ著のゴヘイニクバエの記録の「ハナアブ」の別刷りをあげてしまいました・・・
(って和文誌じゃないか・・・って自分で突っ込みを入れてたら、彼(Pape)はSarcophila japonica・・・&ゼニゴギンガク・・Oh〜Goodだって・・もしかしてカタカナはよめるの・・?)

ヒメイエバエの西田先生にもお会いできたし・・よか日でした〜。

伊豆大島の正体不明ニクバエ 投稿者: 投稿日:2006/09/07(Thu) 20:08 No.2666  引用 
8月に伊豆大島に調査に行ってきました。

そこで得られたニクバエの中で1個体だけFJの既知種のどれにも該当しない奴と思われる奴が出てしまいました^^;;;;;;

♂交尾器の画像を示しますのでもし何かわかれば教えてください。

ニクバエも日本全国で丹念に調べればまだまだ変な奴がぞろぞろ出てきそう・・・・

ケンセイ@生息地:小平市


Re: 伊豆大島の正体不明ニクバエ 投稿者: 投稿日:2006/09/07(Thu) 21:26 No.2667  引用 
中国蝿類を見てみると・・・悩みましたがHeteronychia helanshanensisってのに似てるような気がしました。

Papeのサイトも見てみましたがこれに該当するような画像は見つけられませんでした。

Re: 伊豆大島の正体不明ニクバエ 投稿者: 投稿日:2006/09/08(Fri) 09:47 No.2668  引用 
ハエ男さま、チェックどうもありがとうございます。

Heteronychia helanshanensisですか・・・・
どういう奴なのでしょうね。

私も休日に中国蠅類を見てみます。

ではでは。

Re: 伊豆大島の正体不明ニクバエ 投稿者: 投稿日:2006/09/08(Fri) 14:52 No.2669  引用 
P.1594 図版No.3188です。

Re: 伊豆大島の正体不明ニクバエ 投稿者: 投稿日:2006/09/20(Wed) 12:57 No.2700  引用 
ハエ男さま、どうもです。

中国蠅類のP.1594 図版No.3188を見ました。
!!・・・・全然違います・・・・・・!!
かといって、他に似ている交尾器がありません!!!

次回の関東同定会に持ち込みますので見てやって
ください。

念のためハエ男さんに画素数の多い画像を送っておきます。

ケンセイ@生息地:小平市

カガニクバエでした(^^;;;... 投稿者: 投稿日:2006/09/20(Wed) 15:42 No.2701  引用 
ケンセイです。

ウミユスリカさんに見てもらったところ、カガニクバエであるとのコメントをもらいましたので報告します。
FJのカガニクバエの図とは違う感じがしますが、倉橋先生に同定していただいたカガニクバエと完全に一致するそうです。

ということで、無事解決しました。

Re: 伊豆大島の正体不明ニクバエ 投稿者: 投稿日:2006/09/20(Wed) 16:31 No.2702  引用 
ワシもカガの可能性は考えていましたがFJSの図と比べると先端のとがり方が鋭いことが多少違和感を感じていました。

あと、FJSだと膜質部の状況が少し色濃くでているようですが、大島産個体の方は多少未熟なのでしょうか?膜質部が広くなっているように見えますね。

Re: 伊豆大島の正体不明ニクバエ 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2006/09/21(Thu) 14:06 No.2703  引用 
私も、長崎産の標本がどうしても同定できずに倉橋先生のところに最初にお伺いしたときに、同定していただいたんですよ。長崎産の標本も、どれも膜質部がグヮッと広く口を開けたみたいになっていて、この写真のような形態です。FJSの図のような形態の標本はむしろ今まで見てません。

Re: 伊豆大島の正体不明ニクバエ 投稿者:バグリッチ 投稿日:2006/09/24(Sun) 16:42 No.2706  引用 
ケンセイさん、ウミユスリカさん、ハエ男さん、こんにちは。

 私の持ってるカガニクバエ(千葉県)の交尾器を撮影してみました。(ショボイ画像ですが、安物のデジカメでは限界です)
 先の膜状部分は、左右に長く張り出してるのですが、真横からの撮影では、これがわからないので、斜めの角度からも1枚とってみました。(右下のがななめ)雰囲気はわかりますかどうか。
 曲がってはいませんが、水牛の角のように左右方向に伸びてます。
 複雑で、立体的な形態は、画像でさえ現しにくいですね。
 
 ではまた。

ハネカクシ談話会 2006年度採集... 投稿者: 投稿日:2006/09/22(Fri) 09:59 No.2704 ホームページ  引用 
ハエ話し中に失礼します。少しお邪魔します。

[ハネカクシ談話会 2006年度採集会のご案内]

今年のハネカクシ談話会の採集会は関東山地の西端に位置する山梨県増富温泉で行うことになりました。幹事となりました島田は,当地にて春と夏に調査をしたことがありますので少しでも採集地情報を提供できたらと思っております。ご多忙とは思いますが,皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2006年10月14日(土曜日)〜15日(日曜日)
場所:山梨県北杜市須玉町 増富温泉周辺
宿泊:増富温泉「旅館 ニューあずま」(山梨県北杜市須玉町比志6476)
   TEL 0551-45-0611
HP http://www2u.biglobe.ne.jp/~masutomi/azuma.htm
宿泊代金:8500円(飲み物代を含まない)

参加申し込み:10月8日までに氏名・人数(男女別)などを今回の採集会の幹事,島田孝へご連絡下さい。より詳しい情報をお知らせ致します。また交通機関が確保できないお方もご相談下さい。

〈日程〉
14日 各自,自由に採集.宿には夕方5時くらいに集合願います.
  【夕食後は,恒例のスライドショー】
15日 基本的には自由に採集.ポイントは不動の滝・枇杷窪沢・金山沢・ハシドイ林・白樺林・金山山荘の裏山などがあります.なお採集地付近は熊が出没することがありますので,くれぐれもお気をつけ下さい.
詳しい地図はこちら
http://members.tripod.co.jp/Oxyts/masutomi_spa2.jpg

昼食は弁当(おにぎり3個:500円)も希望の方にご用意できます。もしくは,宿には食堂も併設しておりますのでそちらもご利用可能です。

〈申し込み先はこちら〉
島田 孝
〒243−0034 神奈川県厚木市船子1737 東京農業大学昆虫学研究室
E-mail:oxyts-lj@hotmail.co.jp

Re: ハネカクシ談話会 2006年度... 投稿者: 投稿日:2006/09/23(Sat) 00:03 No.2705  引用 
お久しぶりです。島田君・・今は農大にいるんですね・・

まだお預かりしてる隠岐のFitで採れた双翅目の同定が終わってません(っていうか、ちょっとしか進んでません・・ポリポリ・・)

国際双翅目会議 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2006/09/19(Tue) 22:31 No.2698  引用 
9月23日より国際双翅目会議が福岡市国際会議場で28日まで開催されます.1日会員は5000円で参加できます.ただし,フルの会費が4万円なので,1日会員は最大限3日まで(15000円)と言うことです.世界各地から多くの双翅類学者が集まります.詳しくは6ICDで検索可能のはずです.気軽にふるってご参加ください.

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -