8476611
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 同定をお願いします. (2) / 2: キアブでしょうか? (1) / 3: 同定のお願い (2) / 4: 長角亜目の翅脈の絵解き検索の質問 (2) / 5: ムシヒキアブの一種でしょうか? (2) / 6: 翅脈から、科が特定できないでしょうか? (2) / 7: ハチモドキバエの一種 (3) / 8: ノミバエ (2) / 9: 種名を教えてください  (2) / 10: 種名を教えてください (2) / 11: 石川県の海辺で見かけたカトリバエ (4) / 12: オドリバエ科の♀? (2) / 13: ご教示ください (3) / 14: 質問です (2) / 15: 田んぼで見たハエを教えて下さい。 (3) / 16: 山中湖村のハエについて (3) / 17: 教えてください。 (2) / 18: ガガンボについて (2) / 19: ご教示ください (2) / 20: CiNii一部サービス終了 論文閲覧不可 (1) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

Empis syusiroiana 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/09/24(Mon) 23:43:51 No.3865  引用 
6月に,茨城県北部の山地で採集した体長約6.5mmのオドリバエです.

特徴的な交尾器をもっており,Empis syusiroianaと思われます.

よろしくお願い致します.


Re: Empis syusiroiana 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/09/24(Mon) 23:45:30 No.3866  引用 
同,交尾器です.

Re: Empis syusiroiana 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/09/25(Tue) 11:42:30 No.3868  引用 
Empis (Planempis) syusiroiana Freyは九州内大臣の材料で記載されたものです.これに似たものは本州中部から四国まで広く分布しているのですが.脚の色彩の変化,雄交尾器の尾角葉の背突起の状態に地理的変異があって,これの取り扱いは今後の問題です.syusiroianaは脚は完全に黒色です.もし,記録される場合は本種の地理的変異とされた方が後々の処理が適当かと思います.群飛を見たことはないのですが,ペアはカゲロウを求愛餌にしていました.

久々のオドリバエ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/09/24(Mon) 23:00:14 No.3862  引用 
久々のオドリバエネタです.

長野県で6月に採集した体長8mm程のオドリバエで,
Rhamphomyia (Orientomyia) retortus Frey, 1955 クロバネホソオドリバエと思われます.

よろしくお願い致します.


Re: 久々のオドリバエ 投稿者:茨城 投稿日:2007/09/24(Mon) 23:01:11 No.3863  引用 
同交尾器です.

Re: 久々のオドリバエ 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/09/25(Tue) 11:33:27 No.3867  引用 
市毛さん,リングライトが尾角葉に目玉のように写って面白い画像ですね.同定は市毛さんがなさったようにR. (O.) retortus Freyの♂です.高尾山から記載されたのですが,私は島島谷の島島の集落と谷の合流点の間の林道で群飛に出会って多数採集したことがあります.どこにでも採れるものではないようです.R. (O.) nigraccipitrinaはもっと迫力があるのですが,これは山梨の増富金山で取れただけです.近似した未記載種が九州中央山地にいますので,この間,例えば近畿や四国に別種がいるのではと推測しています.金山では森林の沢の上を敏速に飛翔していましたし,九州のは温帯林の高い樹枝下で大群飛を作ってペアは地上すれすれを徘徊飛翔をしていました.

Trichopeza sp. でいいでしょ... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/09/19(Wed) 22:22:47 No.3856  引用 
こんちは。

 先週、埼玉でTrichopezaと思われる種が採れました。

 当間山のオドリバエ に書かれている2種は、触角の第1節がかなり長い点で 異なっているようです。(画像ではわかりにくいです)
 後脚 脛節の先端が変形しているのが目につきます。

 Trichopezaは初めてですので、正しいか否か ご教示いただけましたらありがたいです。
 宜しくお願い致します。 


Re: Trichopeza sp. でいいで... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/09/19(Wed) 22:24:53 No.3857  引用 
すいません。わかりにくい文の補足です。
 『触角の第1節がかなり長い点で・・・』と書きましたが、
長いのは 画像の種です。

Re: Trichopeza sp. でいいで... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/09/21(Fri) 18:36:24 No.3859  引用 
写真の種はTrichopeza albicincta (Boheman)のメスです.日本にはほかに2種いますが,これらは未記載種です.

本種はヨーロッパ北部から日本にかけて広く分布しています.どこでも極めて普通で,森林の林床で生活し,地上に落ちた木の枝の先などに止まって.近くを飛ぶ昆虫を捕らえて捕食します.夕方や天気の悪いときに明るいところに良く出てきます.♂は短命で,発生の後期はほとんどメスだけになります.

Re: Trichopeza sp. でいいで... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/09/21(Fri) 23:14:58 No.3860  引用 
アノニモミイア様
 いつもご教示ありがとうございます。

 Trichopeza albicincta (Boheman)のメスとのこと、ご教示に感謝申し上げます。

 普通種の様ですが、自分にとっては、初物で とても嬉しいです。
 少しずつ、確認種を増やしたいと思います。

 どうぞ、引き続き 宜しくお願い申し上げます。
 

訃報 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/09/17(Mon) 14:16:31 No.3847  引用 
双翅目談話会の方々にも親交の深かった脇一郎さんが9月15日にご逝去されました。双翅目談話会BBSの方に投稿がありましたので、転載いたします。

本日、脇一郎さんがご逝去なされました。
謹んでご冥福をお祈りすると共に、皆様方にお知らせ申し上げます。

有限会社 興伸典礼 神奈川県綾瀬市寺尾南3−16−10 小山田ビル3F (0467)76−6044

通夜 2007年9月17日(月) 18:00〜
告別式 2007年9月18日(火) 10:00〜

会場 寺尾会館 (小山田ビル2F)

Re: 訃報 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/09/17(Mon) 23:15:14 No.3848  引用 
先ほど,告別式より戻りました.

今朝の幹事会メールで訃報を知らされ,呆然としたままあちこちに電話をかけましたが,東京のI氏も仕事で出られないの事でしたので,色々と標本をお借りしている手前もあり,急遽告別式に参列してきました.

式には,神奈川の鈴木氏,久保氏,松原氏や甲虫の平野氏等多数の神奈川昆虫同好会メンバーが参列されました.

脇さんは,直前まで元気だったそうで,まるで眠っているような御顔でした.奥様の話では,つい先日も夜間採集に出かけており,本人が一番驚いているのではないかとのことでした.

脇さんは,ハナアブ以外にもミギワバエやニセミギワバエについて多大な成果をあげており,非常に残念な思いです.
また,他のマイナー昆虫でも神奈川の第一人者であり,神奈昆のメンバーも,大きな損失と話しておりました.

謹んでご冥福をお祈りします.

Re: 訃報 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2007/09/18(Tue) 13:30:08 No.3849  引用 
今、昆虫学会から帰ってきて訃報を知り、驚いております。先日お目にかかったときはあんなにお元気でしたのに、信じようとしても信じられません。甲虫でもハネカクシの分野で大きな業績を挙げておられましたよね。本当に残念でなりません。

Re: 訃報 投稿者:TKM事務局 投稿日:2007/09/18(Tue) 21:16:59 No.3850  引用 
 脇さんはもともと蝶屋さんで地元の蝶やカラスアゲハの亜種間交配などを熱心にされていました。結局外国産の個体と交配しなければ結論がでないという壁に阻まれ中断しました。
 その後、90年代前半ころから脈翅、長翅、双翅などのマイナー昆虫に転向し、多くの論文を発表しました。昆虫と自然に連載したカラスアゲハを熱く語る話と、最近のミギワバエやニセケバエに熱中している有様はあまりの落差にとても同一人物とは思えません。
 その転身のきっかけになったのは神奈昆の例会に講師として招かれた佐々治寛之先生の言葉で、「神奈川は甲虫はすごいけど他の虫はぜんぜん調べられていない」といわれて発奮し、マイナー昆虫を手がけるようになったそうです。
 8/26の神奈昆の例会でも「世界でイスラエルと神奈川県愛川町でしか採れていない属のミギワバエ」についてお話されていました。晩年になっても新しい分野に挑戦し続ける姿勢には本当に頭が下がります。まだまだいろいろな虫を手がけたかったのではないでしょうか。
 ご冥福をお祈りいたします。

P.S.
>甲虫でもハネカクシの分野で大きな業績を挙げておられましたよね。
・・・・ウミさん、それ誰かと勘違いしてますよ。

ミバエの腹端のものは? 投稿者:タロ 投稿日:2007/09/13(Thu) 00:33:33 No.3839 ホームページ  引用 
タロといいます。こちらには初めてお邪魔します。
先日撮ったミバエの名前をネット上で絵合わせ的に調べていてキイロケブカミバエであろうところまでは判ったのですが、腹の先から何やら突起が飛び出しています。これは何なのでしょうか? 腹の先に円錐状の節がついているのは雌のようですが、それで正しいでしょうか?
宜しくご教示ください。


Re: ただいま 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/09/15(Sat) 13:05:55 No.3840  引用 
お待たせしました。出張帰りのハエ男(管理人)です。

画像はご推察の通りキイロケブカミバエXyphosia punctigera で良いと思います。
そして、腹部末端の状況もご推察のように♀の産卵管の構造です。
ミバエ科の♀は植物の中にこの産卵管を差し込んで産卵します。

どうもありがとうございます! 投稿者:タロ 投稿日:2007/09/16(Sun) 00:33:43 No.3841 ホームページ  引用 
よく分かりました。お疲れのところ、どうもありがとうございました!

・・・・と同時にもう一つ分からないことが出てきてしまいました。キイロケブカミバエはアザミの花に産卵するそうですが、葉の上なのでこれから産卵するという状態でもなさそうなのに産卵管を出して何を始めようとしていたのでしょうか?産卵管の調子をみるとかお手入れとかといったところでしょうか?

Re: 生態 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/09/16(Sun) 15:14:04 No.3843  引用 
う〜む・・・ミバエ科の詳細な生態情報についてはミバエ科を専門に研究されている方で無いとわからないと思います。(双翅目=ハエ目の生態や行動についての情報は少なく、それも本になってまとまってるようなものは極めて少ないのが現状です。私もミバエ科の専門で無いのでその辺はわかりません。あしからず・・)

再度、ありがとうございました! 投稿者:タロ 投稿日:2007/09/17(Mon) 00:06:50 No.3846 ホームページ  引用 
ハエ男さん、どうもありがとうございました。
意味のある行動だったのかどうかも判断が難しいことも現実にはあるのでしょうね。
かつてカメムシが背中を掻いていたのを見かけたこともありますが(笑)、それって人間の目から見たときの意味付けをするとすれば、鳥の羽繕いのようなものに喩えるしかなさそうでした。

何というハエですか? 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/09/16(Sun) 12:09:54 No.3842  引用 
こんにちは♪(^_^)/
ハエ男さん!出張お疲れ様でした。

2日に葛の葉っぱに止まっていたハエです。
大きさはいろいろ撮って、忘れてしまいました。(^^ゞ
広島市佐伯区湯来町です。
よろしくお願いします!


Re: どっちだろう? 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/09/16(Sun) 15:19:17 No.3844  引用 
ヒロクチバエ科のハエだとは思いますが、この科でこの手の翅の斑紋をしてるのがダイズコンリュウバエとツマグロホソナガヒロクチバエの2種が知られています。

この1枚だけだと決めかねるのですが、顔が細長く見えるところからダイズコンリュウバエになるのかもしれません。

Re: 何というハエですか? 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/09/16(Sun) 16:25:36 No.3845  引用 
ハエ男さん!
検索したら、キスをするハエの動画や、他にも画像が出て来ました。
そういえば、このハエは葉っぱの上でクルクル回っていました。
他の方向から撮ろうとしたら、逃げて行き、この方向の画像しか撮れなかったです。(^^;
ありがとうございました♪<(_ _)>

お留守宣言 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/09/11(Tue) 03:57:17 No.3838  引用 
管理人ハエ男はちょいと出張で留守にします。金曜深夜
または土曜に帰宅予定です。

ハエですよね? 投稿者:kuwachan 投稿日:2007/09/08(Sat) 23:57:49 No.3829  引用 
 こんばんは。
 昨日,職場の廊下に落ちていました。いやに口が長いので珍しいかもしれないと画像に撮ったのですが,調べることができませんでした。いつものカメラを持っていなかったので,コンデジのマクロです。(栃木県北部,全長約20ミリ)
 いつもは逃がすのですが,既にお亡くなりになっていたので残してあります。明日になればもうちょっと良い画像が撮れるかもしれません。よろしくお願いします。


Re: ハエですよね? 投稿者:kuwachan 投稿日:2007/09/08(Sat) 23:58:57 No.3830  引用 
別角度です。

Re: ハエですよね? 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/09/09(Sun) 00:06:13 No.3831  引用 
kuwachan様.

恐らく,ヒメルリミズアブ Ptecticus matsumuraeではないかと思います.みんなで作る双翅目図鑑に標本を載せてあります.

口が長いとなっていますが,別のものが口器に絡まっているのではないでしょうか.

Re: ハエですよね? 投稿者:kuwachan 投稿日:2007/09/09(Sun) 21:10:22 No.3832  引用 
 市毛さんありがとうございました。
 白バックにすると見えなくなってしまうほど細く,実体顕微鏡で見ても構造が見えないので凄く不思議でした。何かの繊維が刺さっているとすれば理解できます。ちょうど口器に刺さって抜けなくなるなんてことがあるんですね。
 ファーブルにコンデジを付けて撮った画像を貼り付けます。

カマキリバエとミナミカマバエに... 投稿者:のらじ 投稿日:2007/09/01(Sat) 20:02:08 No.3820  引用 
埼玉県東南部の越谷市で2004年8月25日に水田で撮影したものです。2004年にこの掲示板で「カマキリバエとミナミカマバエの混生地」というタイトルでいろいろな話題が出ており、分布の境界が茨城県となっているので、埼玉だとミナミカマバエが一般的かと思うのですが、自分でも見分け方が分かるとおもしろいと思います。
2種を見分けるポイントを、教えていただけませんか?また、もし、この写真でどちらかがお分かりになれば、教えてください。お願いします。


カマキリバエとミナミカマバエに... 投稿者:のらじ 投稿日:2007/09/01(Sat) 20:03:49 No.3821  引用 
2004年8月21日に上記と同じ場所で撮影したものです。

カマキリバエとミナミカマバエに... 投稿者:のらじ 投稿日:2007/09/01(Sat) 20:06:15 No.3822  引用 
2004年8月21日に上記と同じ場所で撮影したものです。交尾のようです。

Re: カマキリバエとミナミカマバ... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/09/02(Sun) 11:09:22 No.3824  引用 
Miyagiの検索表の部分を添付します.mantisが今はjaponicaになったのでしょう.小さいので図をクリックして拡大して見てください.

Re: カマキリバエとミナミカマバ... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/09/02(Sun) 11:14:46 No.3825  引用 
Miyagiの前脚の図を添付します.50がpilimana Becker,51がcircularis Cresson, 52がmantis (=japonica)です.種を分けるポイントと言うことでご参考になれば.

Re: カマキリバエとミナミカマバ... 投稿者:のらじ 投稿日:2007/09/02(Sun) 12:32:50 No.3826  引用 
アノニモミイア様、ご回答ありがとうございました。
今、和訳辞書と格闘していたところですが、専門の辞書がないとだめかなとあきらめかけていました。前脚の図、とてもよく分かりました。前脚の映っている写真を見るとミナミカマバエでした。
詳しく、分かりやすい資料を、ありがとうございました。
こんどはつかまえて見てみます。

Re: カマキリバエとミナミカマバ... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/09/02(Sun) 14:41:26 No.3827  引用 
形態用語があるので少しややこしいのと,検索表のカプレットの対応すべき形質があまりうまく対応されていないので,これを引いていてやや不安感をもちます.

しかし,写真から判断すると多分circularisでしょう.

1.頭楯は狭く,三角形;顔面,中胸楯板と小楯板の剛毛は棘状;顔面中央の2突起を生じる瘤は先端が光沢ある黒色;前脚の脛節の距は脛節それ自体より長く,後付節第一付小節と等長・・・curcularis Cresson
  頭楯は幅広く,先は丸みを帯びている;顔面,中胸楯板,小楯板の剛毛は毛状・・・2
2.小腮鬚と脚は黒褐色;腹部は黒色で側部は粉を噴いたような帯がある;中脚は顕著な毛や剛毛を持たない・・・O. mantis (DeGeer)
  小腮鬚,前・後付節は黄色;腹部は一様に灰色粉で覆われ縁の帯や斑点をもたない;♂では腿節や後脚第1付小節の後下面に長毛のような剛毛列を持つ・・・O. pilimana Becker

これらの撮影器具は何をお使いですか.

Re: カマキリバエとミナミカマバ... 投稿者:のらじ 投稿日:2007/09/02(Sun) 23:18:20 No.3828  引用 
アノニモミイア様、訳して頂いてしまいすみません。ほんとにややこしいですが、両者の実物を見ながらなら違いがよくわかりそうです。今後の楽しみです。ありがとうございました。

写真は、NIKONのcoolpix4500で撮影したものです。本体の半分がくるくる回るコンパクトデジカメです。

オオオビヒラタアブ 投稿者:pakenya 投稿日:2007/08/30(Thu) 18:52:54 No.3810  引用 
こんばんは
はなあぶ投稿原稿2本が完成したので、一休みです。

先週末、八ヶ岳の阿弥陀岳へ登った際、高山ならではのdipteraにも何種かお目にかかることができました。
画像は、アザミ類に訪花するオオオビヒラタアブMegasyrphus erraticus (Linnaeus,1758)です。名のとおりがっちりした体つきをしており、すぐにこの種と分りました。標高2100mぐらいに多く見られました。

このほかには、ヒロオビヒラタアブやメスグロヒゲボソムシヒキなどが採集できました。生態写真を撮る暇は無かったですが。この2種は、2500mぐらいになって姿を見せました。

オオオビの生態画像はあまり出回っていないと思います。
Web図鑑に使ってください。


Re: オオオビヒラタアブ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/09/01(Sat) 18:57:34 No.3819  引用 
pakenya様.

八ヶ岳ですか.
膝の悪い私にとっては,うらやましい限りです.

オオオビヒラタアブも生態がわからないハナアブですね.

一度,水戸市近郊で春先に♂が大量に発生していたのですが,その後は一度も見たことがありません.

来年は,アプローチが短い高山を幾つか選んで,採集許可を申請してみたいと考えております.

P.S. 現在,はなあぶの原稿執筆を放棄して海外逃亡したい気分です.

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -