8766156
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ヒョウタンハリバエ属文献 (0) / 2: ガガンボさん? 同定お願い致します。 (6) / 3: 同定お願いいたします (2) / 4: 無題 (2) / 5: ツリアブ不明種? (4) / 6: 日本昆虫目録双翅目の疑問点 (31) / 7: 同定お願いします (2) / 8: ムシヒキアブを教えてください。 (2) / 9: ムシヒキアブの一種について (2) / 10: Mallotaの同定のお願い (6) / 11: 同定お願いいたします。 (2) / 12: 田沢湖のアブについて (2) / 13: 種名を教えてください (2) / 14: 翅のないノミバエ (1) / 15: 双翅目昆虫の同定について (2) / 16: 同定のお願い (2) / 17: キノコバエ科でしょうか. (2) / 18: キアブでしょうか? (3) / 19: 同定をお願いします. (2) / 20: 同定のお願い (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

変わった立ち姿のハエ 投稿者:naomutsu 投稿日:2008/07/15(Tue) 17:03:54 No.4698  引用 
皆様はじめまして。
甲太郎さんに聞いてお邪魔しました。
一昨日、新穂高ロープウェー登り口付近で見かけました。
これはいったい何というハエなんでしょうか。


Re: 変わった立ち姿のハエ 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2008/07/15(Tue) 18:40:13 No.4699  引用 
ヤドリバエ科らしいのですが,双翅目の名前はそう簡単にわかるものではありません.

4678の投稿に対する4691の反応をお読み下さい.

Re: 変わった立ち姿のハエ 投稿者:naomutsu 投稿日:2008/07/15(Tue) 20:00:35 No.4700  引用 
なるほど、これは大変失礼なお願いをしてしまいました。
申し訳ありません。
といって、自力で同定するすべも持ち合わせておりませんので、今後がんばりますとも言えず、痛み入るばかりです。
本当に申し訳ありませんでした。

キバネオドリバエでしょうか? 投稿者:kuwachan 投稿日:2008/07/04(Fri) 05:13:58 No.4676  引用 
 先日は大変お世話になりました。
 別のオドリバエと思う個体を撮って,過去ログを参照したところキバネオドリバエという種がよく似ているようです。ちょっとピントが甘いのですが,この名前で同定しても問題ないでしょうか。


Re: キバネオドリバエでしょうか... 投稿者:kuwachan 投稿日:2008/07/04(Fri) 05:21:42 No.4677  引用 
 横からの画像です。
 撮影したのは,6月28日,那須塩原市沼ッ原湿原から白笹山に抜ける途中の湿った草原で,クロヅルの上で何匹か飛んだり止まったりを繰り返していました。
 標本は1匹確保してあります。よろしくお願いします。


Re: キバネオドリバエでしょうか... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2008/07/09(Wed) 00:50:16 No.4687  引用 
これはキバネオドリバエEmpis (Planempis) latroとは別の亜属に含まれるネウスオドリバエEmpis (Euempis) flavobasalis Matsumuraと同定しておいてよい種です.この学名のものは北海道の標本に基づいて発表されたのですが,これに良く似たものが本州から九州にかけて広く分布していて,各地で複雑に地理的変異を起こしています.その実態はまだ十分に解明されていません.日光周縁の集団はかつてEmpis (Euempis) tessellataというヨーロッパの種に同定されたことがありますが,これは妥当ではありません.この辺りの問題のやや詳しい内容は最近の北隆館発行の新訂原色昆虫大図鑑第3巻の478-479ページに解説されているので,図書館などに蔵書されていたら参照したらいいでしょう.

Re: キバネオドリバエでしょうか... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2008/07/09(Wed) 00:59:03 No.4688  引用 
なお,「クロヅルの上で何匹か飛んだり止まったりを繰り返していました。」とのことですが,多分止まっていた上空に本種の群飛集団があったことと思います.本種は林間の空地などの2-5mほどの空間で群飛し,雄は自分の体よりやや小さい蝿やアブなどを捕らえて,これを雌への求愛餌にして,群飛し,飛来した雌にこの獲物を贈って,雌がこれを食べている間中交尾が継続します.交尾しているペアは群飛の近くの小枝などに止まって交尾を続けます.写真の雄は求愛餌を抱えていないので,おそらく群飛に参入していた個体ではないでしょう.求愛餌を抱えていても,なかなか群飛集団へ雌が飛来しない場合は,大きな求愛餌を抱えての飛翔は消耗するのでしょうか,近くの木の葉の上などで,雌が来るまで一休みする個体があります.

Re: キバネオドリバエでしょうか... 投稿者:kuwachan 投稿日:2008/07/11(Fri) 22:20:00 No.4695  引用 
 詳細な返答ありがとうございます。
 近くの図書館には旧版の昆虫大図鑑しか無いのですが,オドリバエの項目を読みました。今度は,新訂版の大図鑑をそろえてもらいたいものです。
 クロヅルの上の行動はしばらく観察したのですが,上空にまでは目がいきませんでした。今度見かけたときは上空も注意を払ってみます。
 いろいろお世話になりました。

でかいハエ 投稿者: 投稿日:2008/06/30(Mon) 23:05:58 No.4672 ホームページ  引用 
 今年の5月上旬でしたが、埼玉県中部で、1.5cmくらいある大きなハエを見かけました。名前を教えて頂けると幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

Re: でかいハエ 投稿者:ハエ男 投稿日:2008/07/07(Mon) 16:39:10 No.4682  引用 
双翅目(ハエ目)の同定には翅脈がきちんと見えるということが必須になります。(これがわからないとほとんどの場合、科ですら判定できません。斜めのアングルでは写真としての写りは格好が良いのですが、同定に必要な翅脈や小盾板の下の部分がわかりません。またそこが写っていても、科によって外見が似ている種が多いグループもあり、♂交尾器を引き出さないと種までの同定ができない場合も、ものすごく多いのが現状です。)

Re: でかいハエ 投稿者: 投稿日:2008/07/08(Tue) 00:39:53 No.4683 ホームページ  引用 
ハエ男様、どうもありがとうございます。
情報足らずな同定依頼、済みませんでした。余り見たことがないくらい大きなハエだったもので安易に考えておりました。

私がこのとき撮った写真を他にも並べてみます。
もっとも判りやすいものでも翅脈がはっきり写っているとはいえないのですが、一応載せてみます。また顔などは役に立たないかも知れませんが・・・・。


Re: でかいハエ 投稿者: 投稿日:2008/07/08(Tue) 00:41:03 No.4684 ホームページ  引用 
こんどは顔の方です。

Re: でかいハエ 投稿者: 投稿日:2008/07/08(Tue) 00:47:26 No.4685 ホームページ  引用 
正面に近い顔です。

ここまでで私が撮った画像の全てです。

「〜の仲間」というのまででも判れば、幸いです。


Re: でかいハエ 投稿者:ハエ男 投稿日:2008/07/09(Wed) 23:25:17 No.4693  引用 
一応翅脈から見てみますとヤドリバエ科のハエなのではないかと推察します。ヤドリバエ科は種類数も多く、外見が似通った種も多く、同定のための資料がほとんど出回っていないグループなので、種までの画像同定はきわめて難しいというのが現状です。

Re: でかいハエ 投稿者: 投稿日:2008/07/10(Thu) 00:10:37 No.4694 ホームページ  引用 
ハエ男様、どうもありがとうございました。
余り写りがいいとは言えない角度からの翅脈で、恐縮でした。
以降このようなお願いをする際は、もう少し翅脈や小楯板の写りに気をつけます。

素人の私など既に記載されている種が多いのかと勝手に思い込んでいましたが、過去ログなどを拝見するにまだ未開拓の部分が多いのですね。人間に直接関係しない小さな虫たちが如何に疎かにされてきたかを思い知りました。
日本の双翅目の現状がこうなならば、他の国はどうなっているのでしょう? 発展途上国は言うに及ばず、欧米先進国などの現状も気になります。

あ、でもこのハエ、大きかったですよ(笑)。

ベニバナの潜葉虫 投稿者:甲太郎 投稿日:2008/07/03(Thu) 17:17:56 No.4674  引用 
同僚が草木染めのためにスーパーで買ってきたベニバナの葉に大量の潜葉虫がついていました。が、ものぐさな私は見て見ぬふりをしていたのですが、今日見たら、そのラッピングの中に小さいハエがたくさんいるので、せっかくだからと思い採集しました。

ベニバナとハモグリバエで検索しても種名を特定できるHPが見つからないのですが、花卉の害虫としてわずかにナモグリバエの名を挙げてあるところがありました。写真を見ると確かによく似ているような気がします。ベニバナのハモグリバエもこの種でよろしいでしょうか。ご教示下さい。

Re: ベニバナの潜葉虫 投稿者:甲太郎 投稿日:2008/07/03(Thu) 17:22:12 No.4675  引用 
追記です。
顔は淡黄色で頭頂には四角い黒紋があります。
体側部は胸部は暗色で、腹部は細く(メス?ではやや広く)黄色です。

Re: ベニバナの潜葉虫 投稿者:ハエ男 投稿日:2008/07/07(Mon) 16:25:34 No.4681  引用 
深〜く深〜く潜っている管理人です。ご無沙汰してます。

ハモグリバエ類の同定は結構きついのですが、お話の内容からLiriomyza属及び近縁属の種の可能性が高いと思われます。(マメハモグリとその近縁種あたりを調べるといくつか参考になるサイトが出てきます。

この属にはキク科(ベニバナもキク科ですよね)を食害する種もいくつかあったと思います。

//www.jppn.ne.jp/kagoshima/YAKUDATI/HAMOGURI/HAMOGURI.
(尻に大文字でHTMを付ける)
//www.pref.fukushima.jp/fappi/byougai_library/yasai/hamoguri-library/hamoguri-discriminate.
(尻に小文字でhtmをつける)
上記2サイトはとりあえず参考にできると思います。

Re: ベニバナの潜葉虫 投稿者:甲太郎 投稿日:2008/07/08(Tue) 23:29:31 No.4686  引用 
ハエ男さん、ありがとうございました。
サイトを見てみました。
小楯板が黄色くないのでトマトやナスは除外し、ベニバナなのでネギを除外し・・・と見ていくと、消去法でやはりナモグリかなと思いました。
とはいえ、それだけでDipteraの種名を決めようなどとは恐れ多いので、もっと勉強してみたいと思います。

マガイヒラタアブでしょうか? 投稿者:abcho 投稿日:2008/06/27(Fri) 14:42:21 No.4650  引用 
はじめまして。abchoと申します。よろしくお願いします。

写真のハナアブはマガイヒラタアブでしょうか?
腹部がやけに透き通っているような気がするのですが…

複眼は無毛でした。
3月27日に千葉で採集しました。

よろしければお教えください。


Re: マガイヒラタアブでしょうか... 投稿者:市毛_出張+採集旅行中 投稿日:2008/06/28(Sat) 19:30:58 No.4657  引用 
abcho様。

腹部が透き通って見えるのは、羽化後の体が十分硬化していないためと思われます。(テネラル個体と呼んでいます)

出張+採集旅行中で、資料が手元に無いので種名は判りません。

Re: マガイヒラタアブでしょうか... 投稿者:abcho 投稿日:2008/06/28(Sat) 19:57:03 No.4658  引用 
市毛様、採集旅行中に有難うございます。
テネラル個体というんですね。初めて聞きました。

種名はわからないということですが、この個体はヒラタアブ属でいいのでしょうか?
オビヒラタアブ属と悩んで極東ロシアの検索表で属の検索をしてみたところ、下胸弁背面の毛の有無がわかりにくくて、毛があるように見えたのですが、自信がありません。

またテネラル個体を普通の検索で同定するのは危険なのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ないのですが、お教えいただけると幸いです。

Re: マガイヒラタアブでしょうか... 投稿者:mahoro_s 投稿日:2008/06/28(Sat) 22:50:31 No.4660  引用 
いつも訊いてばかりなので、市毛さんがお帰りになるまでちょっとだけ。
翅の第二基室の微毛の生え方はどうなっていますでしょうか。後腿節の黒色部が少し短いのと、脛節がほぼ黄色なので、キイロナミホシの可能性もあるかな?と思いまして。キイロナミホシは否定されましたか?

「札幌の昆虫」の検索表では、第二基室の微毛について
・マガイは「前縁は狭く無毛域がある」
・キイロナミホシは「広い範囲で無毛」となっています。

あと、翅はもう少し大きく前へ開くと、胸弁が完全に開いて、背面の毛と縁の毛が区別しやすくなると思います。

Re: マガイヒラタアブでしょうか... 投稿者:abcho 投稿日:2008/06/29(Sun) 14:32:30 No.4661  引用 
mahoro_s様、有難うございます。

第二基室の微毛は全体に生えていたのでオオフタホシヒラタアブかもしれません。ただ後腿節の色が微妙ですけど…。

マガイの「狭く無毛」というのはものすごく狭い範囲なのでしょうか

一応後腿節のアップを。


Re: マガイヒラタアブでしょうか... 投稿者:市毛_出張+採集旅行中 投稿日:2008/06/29(Sun) 19:53:22 No.4664  引用 
mahoro_s様。

フォローありがとうございます。
おかげさまで種類が絞れました。

第2基室が全体有毛であれば、オオフタホシかケヒラタアブです。
ケヒラタアブ♀の複眼の毛は顕微鏡で見ないと見落としがちで注意が必要です。

キイロナミホシは、本州以南には分布していない可能性が高いと思います。もっとも岩手の千葉さんなら採っているかもしれませんが(^_^;)
こちら北海道でもかなりの珍品のようです。

Re: マガイヒラタアブでしょうか... 投稿者:abcho 投稿日:2008/06/30(Mon) 13:58:20 No.4669  引用 
市毛様、mahoro_s様

複眼の毛を実体顕微鏡で見た所、複眼に毛がありました!
よってケヒラタアブだったようです。

お二方とも有り難うございました。
大変勉強になりました。

Re: マガイヒラタアブでしょうか... 投稿者:mahoro_s 投稿日:2008/07/01(Tue) 21:34:45 No.4673  引用 
市毛さんwrote:
> キイロナミホシは、本州以南には分布していない可能性が高いと思います。
> もっとも岩手の千葉さんなら採っているかもしれませんが(^_^;)

あらっ!?そうだったんですか!
キイロナミホシ、岩手で採集されています。文献記録にあるだけで4つ、うち1つはもちろん千葉さんです。
文献リスト含めてハナアブマップのここにも載せていただいています。
http://furumusi.aez.jp/fly/hanaabu-net/iwate.html

私も自分の調査地で1回捕っていますが・・・。
もしや誤同定?もう一度確かめる必要がありますね。情報をありがとうございました。

タラノキハマダラミバエ? 投稿者:まゆみ 投稿日:2008/06/28(Sat) 09:57:25 No.4653 ホームページ  引用 
6月26日に広島市佐伯区湯来町で撮影しました。
タラの木で羽根を広げたり閉じたりウロウロ歩き回っていました。
写真の左下にあるのが、タラの木の刺です。
過去ログを拝見するとタテジマハマダラミバエに似てると思いましたが、胸部の紋とお尻の尖り具合など違うようです。
タラの木にいたので、タラノキハマダラミバエかな?と思いましたが、検索しても画像が出て来ません。
よろしくお願いします!


Re: タラノキハマダラミバエ? 投稿者: 投稿日:2008/06/30(Mon) 11:49:28 No.4668  引用 
翅の模様はタテジマハマダラミバエに近いのですが、胸部背面の黒い紋がタテジマのように発達しておらず、(1)横線をまたぐ細く長めの線、(2)横線より後方の(1)よりやや外側の短めの線、(3)盾板と小盾板にまたがる短い紋の3対と、(4)小盾板後縁の左右で少々広がる紋が認められることから、キバラハマダラミバエ Erectovena speciosa (Hendel, 1915)ではないかと思います。お尻の形は雌雄で異なります。雌は産卵管があるため尖ってます。

ありがとうございました♪ 投稿者:まゆみ 投稿日:2008/06/30(Mon) 16:02:12 No.4671  引用 
猫又様
ハエ男さんが作られた「みんなで作る双翅目図鑑」に標本写真があり、確認しました。
お世話になり、ありがとうございました!

ナカグロコシボソハナアブでしょ... 投稿者:abcho 投稿日:2008/06/29(Sun) 14:43:46 No.4662  引用 
こんにちは。
写真のハナアブはなんでしょうか?
6月の中旬に千葉で採集しました。

ナカグロコシボソハナアブの♂かと思ったのですが、新訂原色昆虫大図鑑で調べると「脚は黄褐色、後腿節の先端近くの不明瞭な輪と脛節の基部を除く大部分、付節の第1節は黒褐色」となっており一致しません。

質問ばかりで申し訳ないのですが、よろしくお願いします。


Re: ナカグロコシボソハナアブで... 投稿者:市毛_出張+採集旅行中 投稿日:2008/06/29(Sun) 19:41:47 No.4663  引用 
abchoto様。

ナカグロではなく、ツマグロコシボソハナアブの♂です。
♀はツマグロですけど、♂は翅全体が暗化します。

今のところ、ナカグロは九州以南に分布すると考えています。

Re: ナカグロコシボソハナアブで... 投稿者:pakenya 投稿日:2008/06/29(Sun) 22:58:39 No.4665  引用 
abchoto様、市毛様、こんばんわ

ナカグロの標本写真は撮ってありましたので参考のためにUpしますね。
沖縄島の標本です。

背面です。翅の曇り方や全体像は類似していますが、腹部の淡色で造られる模様は全く違うのが判ると思います。


Re: ナカグロコシボソハナアブで... 投稿者:pakenya 投稿日:2008/06/29(Sun) 23:03:25 No.4666  引用 
続いて、後脚です。

まさに、図鑑で解説されているとおりの色彩パターンです。


双翅目談話会では、来年3月を目標に、このような部分的ディティールを撮影した写真図鑑の準備を進めています。


Re: ナカグロコシボソハナアブで... 投稿者: 投稿日:2008/06/30(Mon) 14:09:33 No.4670  引用 
市毛様
素早い返信有難うございます。
ツマグロの♂は翅が暗化するのですね。

pakenya様
素晴らしい画像有難うございます。
腹部の違いは変異かなとか思ってました…

写真図鑑素晴らしいですね!
前に双翅目談話会で出した図鑑が買えなかったので、今度こそ買いたいと思います!

このハエの同定お願いいたします 投稿者:tumumasi 投稿日:2008/06/26(Thu) 21:45:23 No.4647 ホームページ  引用 
6/26 堺市 南部
一枚撮った後 交尾しながら飛び去りました
この写真での同定は いかがでしょうか


Re: このハエの同定お願いいたし... 投稿者:市毛_出張中 投稿日:2008/06/27(Fri) 06:07:24 No.4649  引用 
tumumasi様。

連日質問をされていますが、もうすこし図鑑などで調べるなどされてみては如何でしょうか?

質問内容からすると、ハエとハチとの違いや、ハエ類にどのような仲間があるかなどの基礎知識がほとんど無いとお見受けします。

また、当掲示板での過去ログなども一読することをお勧めします。

Re: このハエの同定お願いいたし... 投稿者: 投稿日:2008/06/30(Mon) 10:59:36 No.4667  引用 
この地味な色合いと背中の三本線は、ニクバエ科のような気がします。虫がもっと大きく鮮明に写っている画像であれば、もう少し確信を持って言えるのですが・・・この画像からは「おそらくニクバエ科のハエであろう」としか言えません。

それから、ニクバエ科であった場合、背中に三本線があって腹部に黒い斑紋(モザイク状の模様)があるものには、生態写真では見分けのつかない種が多数存在するため、種まで同定するには標本の確保が不可欠になります。しかも、たいていは同所的に複数の種がいるので、野外で撮影した写真のタイトルに種名を入れたい場合は、撮影した個体そのものを採集して確認しなくてはなりません。犬の糞にハエがたかっていたので3〜4個体採集して確認してみたら、全部違う種だったなんてこともよくある話です。種を見分けるためのポイントは、主に♂の交尾器&腹部第5腹板の形です。♀は特徴がわかりにくく、きちんと同定出来るのは専門家の方のみというのが現状です。もし興味がおありでしたら、双翅目web図鑑のニクバエ科の項をご覧になってみて下さい。
http://furumusi.aez.jp/wiki.cgi?%a5%cb%a5%af%a5%d0%a5%a8%b2%ca
まだ画像のある種は少ないのですが、画像有の種を開くと♂の交尾器や第5腹板の画像がみられます。こうした部位の画像をアップしていただけると、この掲示板上でも種の同定のお手伝いが出来ると思います。

金色のハエ? 投稿者:まゆみ 投稿日:2008/06/28(Sat) 10:32:10 No.4654 ホームページ  引用 
続いてお願いします!
6月24日に広島市佐伯区湯来町で撮影しました。
葛の葉っぱに止まっていました。
ハリバエの一種ですか?
いろいろな方向から撮ろうとしたら、逃げられてしまい2方向のみです。
よろしくお願いします。


横からです 投稿者:まゆみ 投稿日:2008/06/28(Sat) 10:33:37 No.4655 ホームページ  引用 
前足をこすり合わせていました。

Re: 横からです 投稿者:市毛_出張中 投稿日:2008/06/28(Sat) 19:24:37 No.4656  引用 
まゆみ様。

以前から、何回か質問があったCalozenillia tamaraです。

できる限り過去ログを検索してみてから御質問願います。

ありがとうございました 投稿者:まゆみ 投稿日:2008/06/28(Sat) 20:19:25 No.4659  引用 
市毛様
ありがとうございます♪
記憶力が悪くて申し訳ありません。<(_ _)>
昨年、10月9日に投稿して自分でも聞いているのに、すっかり忘れていました。

毛むくじゃらのハエ? 投稿者:naoi 投稿日:2008/06/23(Mon) 20:19:12 No.4625  引用 
これも一昨年の10月、八ケ岳南麓の山中で撮影したものです。
毛むくじゃらのハエ(アブ)ですが気になっていました。
何でしょうか?


Re: 毛むくじゃらのハエ? 投稿者:naoi 投稿日:2008/06/23(Mon) 20:20:18 No.4626  引用 
同じ個体の上方からの画像です。

Re: 毛むくじゃらのハエ? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2008/06/24(Tue) 21:04:48 No.4629  引用 
こんちは。

 詳しい方からの返信に時間がかかるかもしれませんので、繋ぎでコメントします。
 画像からは、ハタケヤマヒゲボソムシヒキに見えます。
 秋に発生します。
 アイノヒゲボソムシヒキに似てますので、注意が必要だと思います。(この点、ちょっと自信ないです)

Re: 毛むくじゃらのハエ? 投稿者:naoi 投稿日:2008/06/25(Wed) 20:07:35 No.4634  引用 
バグリッチさん、お世話かけます。
ハタケヤマヒゲボソムシヒキで検索、表面的な比較では間違いないように思えました。
しかしアイノヒゲボソムシヒキやチャイロオオイシアブなどよく似たものもあり、画像だけでの同定はむずかしいんでしょうね、有難うございました。

Re: 毛むくじゃらのハエ? 投稿者:pakenya 投稿日:2008/06/26(Thu) 11:01:09 No.4640  引用 
naoiさん、バグリッチさん、こんにちは。

画像のムシヒキですが、後脛節の腹部に面する部分の毛が黄色いので、ハタケヤマヒゲボソムシヒキです。アイノはこの毛が白色です。大きさもハタケヤマのほうが若干大きく、15mmあればほとんどハタケヤマです。

触角の先端にAristaがあるのが画像でも分りますので、これを欠くイシアブ亜科のチャイロオオイシアブとは明瞭に区別できます。新訂北隆館IIIに亜科の区分が掲載されていますのでご参照ください。

Re: 毛むくじゃらのハエ? 投稿者:naoi 投稿日:2008/06/28(Sat) 07:53:49 No.4652  引用 
pakenyaさん、お世話かけます。
やはりハタケヤマヒゲボソムシヒキでしたか、ご丁寧な解説
を有難うございました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -