11993175
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 富士山麓のアブについて (0) / 2: 不明種アブ (4) / 3: この黄色いハエの名前を教えてください (2) / 4: 同定のお願い (2) / 5: ハエorアブ (2) / 6: ガガンボの仲間でしょうか? (3) / 7: このガガンボの名前を教えてください (3) / 8: ガガンボの仲間? (2) / 9: このハエ?はなんでしょうか? (2) / 10: このハエ(アブ?)の名前を教えてください。 (2) / 11: ショクガバエでしょうか? (2) / 12: ハラブトハナアブの一種 (3) / 13: ハエの幼虫の可能性はありますか? (3) / 14: 同定をお願いいたします。 (2) / 15: 同定のお願い (4) / 16: 日本昆虫目録双翅目の追記・誤記情報 (1) / 17: ★和種名をご教示下さい!! (2) / 18: シリアゲアリの巣のまわりのハナアブ? (3) / 19: セダカコガシラアブについて (2) / 20: ミズアブの卵でしょうか (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

目と胸の赤いハエ 投稿者:ハンマー 投稿日:2006/08/24(Thu) 22:48 No.2608  引用 
この目と胸の赤いハエは何でしょうか?
よろしくお願いします。

兵庫県三田市、2006年8月6日撮影です。


Re: 目と胸の赤いハエ 投稿者: 投稿日:2006/08/25(Fri) 19:10 No.2611  引用 
ハンマー様。

スズキベッコウハナアブかニトベベッコウハナアブと思われますが、翅の紋が見えないので判別が困難です。

胸背後側部〜小楯板後縁の剛毛が淡色に見えるので、恐らくスズキベッコウハナアブと思われます。

Re: 目と胸の赤いハエ 投稿者:ハンマー 投稿日:2006/08/26(Sat) 06:26 No.2617  引用 
市毛さま。
どうもありがとうございました。
検索してみると大変面白い生態のアブのようですね。

********双翅目談話会からの連絡... 投稿者: 投稿日:2006/08/25(Fri) 20:05 No.2616  引用 
********双翅目談話会からの連絡事項************

「はなあぶ」No.22の原稿締切りは8月末日となっております。お早めに原稿を編集係までお送り願います。

送付先アドレスは、「はなあぶ」各号の投稿規程に書かれております。

なお、メールで送付する場合は、別にCD-ROMかフロッピーにいれたものと、打ち出した原稿を編集係まで郵送してください。

まだ復旧しない・・ただいま頭痛... 投稿者: 投稿日:2006/08/25(Fri) 14:24 No.2609  引用 
調子が悪い悪いと思いながらもだまし、なだめ、すかしながらも使ってたワシのPCですが、ついに起動しなくなりました。

とりあえず再インストールしてみましたが・・・
いまのところ動いてくれてます・・・が・・・各種詳細なデータやバックアップの復旧はもう少しかかりそうです。(別にホームページのほうはサーバーにデータがあるので問題ないですけどね・・)

とはいえここ数ヶ月のアドレスやデータはだめそうです・・頭痛い遺体・・

やっぱ、部屋が暑すぎるのだろうか・・

Re: まだ復旧しない・・ただいま... 投稿者: 投稿日:2006/08/25(Fri) 20:03 No.2615  引用 
ハエ男様、御愁傷様ですm(__)m

たぶんHDDの寿命ですかね。
私もリムーバルケースに入れっぱなしで常用していたHDDは異常に寿命が短かったですね。冷却不足だったと思われます。

ところで、本体ケースのファンは大丈夫でしょうか?
こちらもHDD程高回転ではありませんが、ベアリングが痛んだり、ホコリ等で回転数が落ちている場合があります。

会社で使用しているパソコンの中には、10年以上毎日使用されているものもありますが、やはりHDDや冷却ファンが壊れます。

いずれにしても、現在使用しているHDDのS.M.A.R.T.値を確認しておいたほうが良いと思われます。リアルタイム監視でなければフリーソフトで簡単に見られます。

読み方教えて下さい。 投稿者:野比太 投稿日:2006/08/25(Fri) 16:36 No.2610  引用 
昆虫のけい節部分にある「距棘」という読み名が解りません。
どなたか教えて下さい。

Re: 読み方教えて下さい。 投稿者: 投稿日:2006/08/25(Fri) 19:14 No.2612  引用 
野比太様。

素直に、「きょきょく」という読みではないのでしょうか?

私はあまり考えない性格なので、距棘(きょきょく)・距刺(きょし)と読んでいます。

Re: 読み方教えて下さい。 投稿者: 投稿日:2006/08/25(Fri) 19:24 No.2613  引用 
「きょ・きょく」です。

教えてください 投稿者:千尋 投稿日:2006/08/15(Tue) 19:48 No.2601  引用 
みなさま、はじめまして。
愛媛で虫をやっている千尋と申します。今回は、みなさまにお聞きしたいことがあるので、投稿させていただきます。
私は、今年の6月初めに石鎚のふもとにある面河渓に採集に行ったのですが、その時の採集品のなかに、ジョウザンナガハナアブと思われる種が含まれていました。
自分で調べた限りでは、本種の分布は北海道と本州になっており、四国は含まれていません。
もし、いままで四国から記録がないのなら、然るべきところに報告しようと思います。
ただ、図鑑で分布に四国が含まれない種でも、実は四国から見つかっているということが、ままあるようなので、本種ももしかするとすでに四国から見つかっているかも知れません。
また、もし本種が四国に分布しないようでも、近似の別種が分布しているのでは? とも考え調べてみたのですが、結局よく分かりませんでした。
これらのことについて教えてください。よろしくお願いいたします。

Re: 教えてください 投稿者: 投稿日:2006/08/16(Wed) 13:41 No.2602  引用 
双翅目談話会会誌「はなあぶ」の記事タイトルの検索は当サイト内のみんなで作る双翅目Web図鑑http://furumusi.aez.jp/diptera_web.htmの「検索」でキーワードを入れる事である程度できます。
しかし、これまでのところジョウザンナガハナアブが関連しそうな記事は見当たりませんでした。

双翅目の図鑑はこれまではごくごく少数の研究者によって書かれていますのでどうしても分布記録についての記述は不十分なものにならざるを得ません。あくまでも目安程度に考えると良いと思います。

また初記録かどうかは判断できなくても、記録が少ないことは確実だと思われるので発表されることをお勧めします。

現在、当サイト内においてハナアブの記録をまとめようとしてハナアブネットというコーナーを作りつつあります。http://furumusi.aez.jp/fly/hanaabu-net/hanaabu_net.htm
この中で、近畿、関東、中部の一部の記録はすでに公開されてますが、四国はまだ手を付けていません。ぜひ四国の県のハナアブ記録情報がありましたらお知らせください。

Re: 教えてください 投稿者:Arge 投稿日:2006/08/17(Thu) 09:42 No.2603  引用 
ハナアブネットで近畿などの記録を作っているArgeと申します。
近畿が終わったら四国も作る予定で情報を集めていたのですが、まだ全部集まっていません。
四国のハナアブ科の記録としては2つぐらいしか大きなものはなさそうです。
一つは愛媛県から出ている「小田深山の自然」という本で2分冊になっていてたぶん2のほうに載っています。大阪市立自然史博物館にはあるので私は一部見たことがあるのですが、ハナアブのところはまだちゃんと見ていません。今月中に博物館に行く予定があるので確認してみます。

もう一つは古い記録で、素木博士と枝重博士による面河と石鎚の調査の記録です。これも実物は見たことがないのですが、九州大学の昆虫学論文データベースで検索ができます。以下のURLで、「昆虫学文献データベースの検索」から、簡易検索でジョウザンナガハナアブで検索すると、記録が出てきます。

http://konchudb.agr.agr.kyushu-u.ac.jp/konchur/index-j.html

SHIRAKI, T., EDASHIGE, T, 1953. The insect fauna of Mt. Ishizuchi and Omogo Valley, Iyo, Japan. Trans. Shikoku Ent. Soc., 3(5-6): 84-125.

ここからは詳細なデータ等はわかりません。
また、この記録がなぜその後の図鑑等に反映されていないかも不明です。
それに、ハエ男さんも書いておられるように、記録例も少ないようですし、古い記録ですので、新たに記録を発表したほうがいいかもしれません。

Re: 教えてください 投稿者:千尋 投稿日:2006/08/20(Sun) 01:51 No.2606  引用 
みなさま、ありがとうございます。

記録はないか、あってもごく少数で古いものであるということで了解しました。
やはり、どこかへ記録を出したほうがよいようですね。

>一つは愛媛県から出ている「小田深山の自然」
実は、私は某LOVE大の学生で昆虫学研究室の関係者です。
先輩が小田深山の調査に絡んでいるようなので、たぶん文献もあると思いますので、こんど見てみます。

Re: 教えてください 投稿者:Arge 投稿日:2006/08/21(Mon) 19:41 No.2607  引用 
大阪の自然史博物館で、ハチの研究会の行事に参加したついでに、各地のハナアブの分布試料も集めてきました。

「小田深山の自然」ですが、やはりジョウザンナガハナアブも記録されていました。

大原賢二・山本栄治, 2000. 小田深山およびその周辺のハナアブ類. 小田深山の自然II: 907-931.

1994年と97年に計3個体が採集されています。写真もありますし大原氏の同定ですので間違いはないと思われます。

とはいえ、やはり記録例の少ない種のようですので、発表したほうがいいと思われます。

謎の幼虫が集団移動中 投稿者:たか爺 投稿日:2006/06/03(Sat) 16:20 No.2399 ホームページ  引用 
昨日知り合いが、小さな幼虫がヘビの抜殻に見えるぐらいうじゃうじゃと集まって移動中とのことで、画像を送ってきました。
今日は少しだけ団子状に固まっていただけでしたが、6〜7oの透明な芋虫状。
この画像ではわかりにくいと思いますが、ハエの仲間でしょうか?
場所は埼玉県さいたま市・ミドリシジミで有名な秋が瀬公園のチップをまかれた道の上です。


Re: 謎の幼虫が集団移動中 投稿者:たか爺 投稿日:2006/06/03(Sat) 16:21 No.2400 ホームページ  引用 
ヘビの抜殻に見える!?

Re: 謎の幼虫が集団移動中 投稿者:たか爺 投稿日:2006/06/08(Thu) 13:09 No.2421 ホームページ  引用 
わかりますか?

Re: 謎の幼虫が集団移動中 投稿者:ハエ男 投稿日:2006/06/10(Sat) 03:56 No.2422  引用 
いわゆるウジ型ではないので、ハエの幼虫ではなさそうですね・・・

Re: 謎の幼虫が集団移動中 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2006/06/11(Sun) 17:28 No.2426  引用 
集団写真の解像度の低さでなんとも言えませんが、糸を吐いてシートを形成していませんでしたか?私には糸を使うタイプのキノコバエ類のような気がするのですが。

Re: 謎の幼虫が集団移動中 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2006/08/18(Fri) 13:04 No.2605  引用 
以前の投稿でしたが,お答えしましょう.これはクロキノコバエ科(Sciaridae,クロバネキノコバエ科ー翅の黒い種は極少数なので,体は大概黒色なので私はそう勝手に改称してます)の幼虫の集団移動です.日本ではまだ見たことがないのですが,私も一度ブータンの山中で20cmくらいの長さのが山道をゆっくりと横切るのを観察したことがあります.以下にこれに関する文献を一つ引用しておきますが,何メートルにもなり,誇張であろうとされているのでは30mとかもあるそうです.

Mass movements of Sciarid larvae have frequently been reported from Europe (Beling, 1883). The larvae appear in columns 8-25 cms wide and 2-3 metres long (as much as 30 metres has been recorded but this may be an exaggeration). The purpose of this movement is quite unknown. Sciara thomae (Linnaeus) and S. militaris Nowicki have been observed to carry out this behaviour but it has not been recordd from Britain. (Freeman, P., 1983. Handbooks for the Identification of British Insects, 9(6) Diptera, Sciaridae:8.

Shiraki et Edashigeの記録 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2006/08/17(Thu) 12:46 No.2604  引用 
Shiraki & Edashigeの論文の中でのジョウザンナガハナアブの記録に関する記述は下記引用の通りです.

54. Temnostoma jozankeanum (Matsumura, 1915)
Nom. Jap.: Jozan-naga-hanaabu
  Mt. Ishizuchi, (S. Miyamoto, 1934)**

すなわち,著者等はこの論文の中の多くの種のように実際彼らの手元の標本に基づいて記録したものとは異なって,本種の場合には出版された記録に基づいています.なお,**のついている文献は:

Miyamoto, S. (1934). Ent. World, Tokyo, 2(9):300.

です.こちらは論文を今手元に持っていませんので,詳しい論文題名は分かりませんが,半翅類や長翅目の研究者の宮本正一先生がお若い時に中国地方や四国のハナアブを研究されていたので,その頃の論文でしょう.
本種はなぜか九州大学の赤本の目録にも四国が分布に記録されていません.顕著な種なので,宮本先生の誤同定とは思えませんが,目録のこの部分をチェックされていた徳島県博の大原賢二さんがどのようにこの記録を扱ったのでしょうか.

Shiraki & Edashigeの論文では記載年が1915となっていますが,これは多分誤まりで,かなりの種が松村松年先生の1915年に出版された「昆蟲分類学下巻」で記載されており(新種とは表記がないが原記載),それらの種が同先生の「新日本千蟲圖解,巻のニ」で新種としてまた記載されています.この場合は1915年のが新種の有効な記載になります.しかし,本種の場合は昆蟲分類学では記載されていないので,1916が本種(ジョウザンナガハナアブ,Spilomyia jozankeana Mats.として)の記載になるでしょう.一点注意しなければならないのは,1916の著書では,和文の記載では本種雌の図は「第十六圖(13)(♀)」となっていて,図版の絵に相当しますが,英文記載のところでは「(PL.XVI, Fig. 18, ♀」となっていて,Fig.18はMallota japonicaの図です.宮本先生は当然1916の著書の記載と上記した図はごらんになっているはずですから,誤同定はないとおもいます.

このアブは? 投稿者: 投稿日:2006/08/14(Mon) 15:58 No.2594  引用 
連貼りで恐縮ですが・・

2592と同じ場所で集中攻撃してきたやつです。
東北のブナ林では地方名メジロ(イヨシロオビアブ)が集中砲火を浴びせてくれますが、これよりは低空を飛翔して接近するのが特徴的でした。
ハナアブを採集している以外は、護身用にネットを振り続け、2時間ほどで100個体以上は除去したはずなのですが、来るわ来るわ。かなりしつこいやつでした。

Dipteristとしては、除去するだけではいけないと思って採集してきたのですが、同定出来ません。教えてください。


Re: このアブは? 投稿者: 投稿日:2006/08/14(Mon) 16:05 No.2595  引用 
触角鞭節は5節、後脚脛節には距棘がありません。
翅は基本的に透明で、ごらんのように顕著な模様があります。
額には明瞭な単眼瘤があり、複眼は極めて微細な微毛に密に覆われます。
ここまでは「日本産水生昆虫」でキボシアブ属に来るのですが、その続きに該当するものが無いようです。

複眼は生時緑で、斜めの筋模様が3本あります。


Re: このアブは? 投稿者: 投稿日:2006/08/14(Mon) 17:12 No.2596  引用 
私のところにも同じと思われる大鹿村産の標本があるのですが、以前、双翅目談話会に持ち込んだときにアブ屋の米津さんが同定をしてくれてラベルを付けてくれていました。

それによるとニホンクロアブとなっています。
ということで、ニホンクロアブに一票入れます。
ただ、動薬研究のアブの記事では頭部の紋は結構微妙です。

Re: このアブは? 投稿者: 投稿日:2006/08/15(Tue) 09:55 No.2598  引用 
ハエ男様

ニホンクロアブとのこと、ありがとうございます。
この和名は、日本産昆虫目録に登録されていないので「はなあぶ」を繰ってみると・・・ありました。20の春沢さんの日本産アブ科分布資料(5)にHybomitra stigmopteraとして収録されています。でも、この学名は、目録ではチョウセンクロアブとされていて、命名者と年号が違っています。どっちが正しいのかな?

種小名stigmopteraは、紋がある翅って意味ですよね。翅の特徴を表した種名ですね。

同じ種と思われるオスも6月の富士見高原で採集していました。いずれにせよ、分布記録は長野県内に集中しているようですね。私は、北日本の山岳を結構歩いているのですが、他の地方でこのアブを見たことはありませんでした。関東周辺でも探してみようと思います。

Re: このアブは? 投稿者: 投稿日:2006/08/15(Tue) 12:11 No.2600  引用 
pakenya様、ハエ男様。

このアブは、鳥倉山にムチャクチャいた種類ですね。あまりにも多いので気味悪く感じました(^_^;)

本種の学名は、亜種を認めるかどうかで変わります。(当然記載年=年号や命名者名も!)
ここらへんは、極めて難しい問題ですね。

日本産昆虫目録は旧北区の双翅目目録同様、亜種fuji Murdoch et Takahashiをシノニムとしています。ちなみに基産地は亜種名通り富士山です。

ケブカヨツモンでしょうか? 投稿者: 投稿日:2006/08/14(Mon) 14:38 No.2592  引用 
こんにちは

7/30に八ヶ岳西麓で採集したMelangynaのメスです。
腹部に斑紋が全くなく、「札幌の昆虫」に示されたヨツモンホソヒラタに似ていますが、小楯板や脚の色彩が一致しません。
「極東ロシア」で検索すると、ケブカヨツモンホソヒラタ:M. barbifronsに行き着きました。しかし、「日本のハナアブ」にはオスしか図示されていないので確信が得られません。

諏訪の御柱を切り出す、原村の虎姫神社付近標高1700mあたりで採集です。


Re: ケブカヨツモンでしょうか? 投稿者: 投稿日:2006/08/14(Mon) 14:40 No.2593  引用 
顔の正面からの写真もアップします。

色彩は異なるものの、「日本のハナアブ」のオスと口縁の形状はよく似ています。


Re: ケブカヨツモンでしょうか? 投稿者: 投稿日:2006/08/14(Mon) 21:04 No.2597  引用 
pakenya様。

日本産のMelangynaは未解決の問題が多く、まだまだ良くわかっていないと考えています。大きな問題は、極東ロシアと非共通な種類がどれだけいるかという点と、Mutinがmotodomariensisとしている種類がタイプ松村と合っているかという点です。

さて、手持ちのヨーロッパのbarbifronsを見ると、pakenya様の写真よりも顔の幅が明らかに狭いようです。(もっとも1頭しかないので当てにならないかも(^_^;)
この検索表の悪い点は、種の詳細の記述が全く無いことですね。交尾器が図示されているオス以外の同定は、Die Fliegen等の詳細を読まないと危ないと考えています。(Die Fliegenはドイツ語なので、私はかなり時間をかけないと読めません。低レベルの工業高校しか出てないのですみません(^_^;)

先月木野田氏にお会いした時に、Melangyna不明種の黒化型を預かってきました。先ほどちょっと見てみましたが、また別の種類のメスのようです。

今月末が「はなあぶ」の原稿締切りなので、その後に時間があれば調べてみます。(覚えていれば良いのですが(^_^;)

P.S. 今月も、原稿執筆中に先人の誤同定らしき種類を見つけてしまい処置に悩んでいます。

Re: ケブカヨツモンでしょうか? 投稿者: 投稿日:2006/08/15(Tue) 10:10 No.2599  引用 
茨城@市毛様

いつもご指導ありがとうございます。
結論としては、今の時点での同定は不完全とせざるを得ないってことになりますね。本種に関しては、交尾中のペアを採集するなどして確認していかなければならないようですね。原村には友人の家ができたので、ちょくちょく採集の機会を作れそうです。今後に期待します。

「極東ロシア」は、確かに記載も全形図もわずかで困ることが多いです。今回、同所でドウガネクロハナアブCheilosia longipteraのオスを採集しているのですが、surstylusの形状が図示されているものと同じに見えず、結局この検索票からは行き着けませんでした。

イケザキハイジマハナアブ 投稿者:Arge 投稿日:2006/08/10(Thu) 12:40 No.2584  引用 
以前こちらに写真を載せていました本州から未記録のイケザキハイジマハナアブですが、何度か追加個体を探しに行ったところ、1個体だけ本種のメスと思われる個体が採れました。

Re: イケザキハイジマハナアブ 投稿者:Arge 投稿日:2006/08/10(Thu) 12:43 No.2585  引用 
ここは神戸市北部の低山地の谷間なのですが、時々変な種が採れます。
ハナアブ図鑑の一番最後に載っているキアシアトキクロハナアブもここで得られたものです。こちらのほうは追加個体は採集されていません。



Re: イケザキハイジマハナアブ 投稿者:Arge 投稿日:2006/08/10(Thu) 12:46 No.2586  引用 
上の写真はイケザキハイジマハナアブ(?)の採集地点です。この花の周りを飛び回っていました。花に止まったりという明らかな訪花の行動は見られませんでした。
しばらくあたりを探し回りましたが、1個体だけでした。

Re: イケザキハイジマハナアブ 投稿者:Arge 投稿日:2006/08/10(Thu) 12:47 No.2587  引用 
花の写真を付け忘れました。
種名は、後で会社の植物担当者に確認してもらいます。


ヒガシヒゲナガヤチバエ 投稿者:Arge 投稿日:2006/08/10(Thu) 18:41 No.2588  引用 
同じ神戸市藍那で採集したヒガシヒゲナガヤチバエです。
「西日本産水生昆虫」では本州の関東以北と書かれていますが、フィリピンにも分布しているので、西日本にも分布していると思われます。


Re: イケザキハイジマハナアブ 投稿者:Arge 投稿日:2006/08/14(Mon) 09:15 No.2591  引用 
花はアキノタムラソウとのことです。

あと、ヒガシヒゲナガヤチバエの文献は「日本産水生昆虫」です。いつの間にか「西」が入ってしまってました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -