8219734
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 山中湖村のハエについて (0) / 2: ガガンボについて (2) / 3: ご教示ください (2) / 4: CiNii一部サービス終了 論文閲覧不可 (1) / 5: 石川県の海浜で見つけたハエ (41) / 6: コマバムツボシヒラタアブ? (3) / 7: 空中静止をする微小なハエ (10) / 8: ガガンボ類の幼虫でしょうか (1) / 9: 芋虫の死骸に集まるミバエ? (3) / 10: 竹の中でアリと一緒に (5) / 11: ハナアブについて (1) / 12: なんという種類のハエでしょうか (3) / 13: 何バエでしょうか? (0) / 14: ハナホソバエ科で合ってますでしょうか? (7) / 15: ヒメチビクロバエ (2) / 16: トラ柄のハエ (2) / 17: モモアカマガリケムシヒキ種群 (4) / 18: 同定お願いします (3) / 19: マテバシイの殻斗のタマバエ (0) / 20: 同定お願いします (0) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

触角が黄色いSphegina 投稿者:pakenya 投稿日:2007/07/01(Sun) 10:14:40 No.3606  引用 
福島県の猪苗代町で7月上旬に採集したSpheginaです。

S. nitidifrons:コハナダカチビハナアブに似ていますが、第4腹板の形状などが一致せず、同定できずにおります。


Re: 触角が黄色いSphegina 投稿者:pakenya 投稿日:2007/07/01(Sun) 10:15:44 No.3607  引用 
顔面の画像です。

触角第3節は、ほぼ黄色です。


Re: 触角が黄色いSphegina 投稿者:pakenya 投稿日:2007/07/01(Sun) 10:20:48 No.3608  引用 
腹端の側面からの画像です。

第4腹板は盛り上がりますが、板状に突出せず、顕著な毛の束も見当たりません。
Surstylusはnitidifronsのように細い針状ではなく、牛角状に波打っています。

市毛さんの探しているものとは違いますでしょうか。


Re: 触角が黄色いSphegina 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/07/01(Sun) 15:09:09 No.3612  引用 
pakenya様。

先月締めの仕事が終わらず、出勤中です(^_^;)

写真のハナアブは、Sphegina亜属ですか?
(第1腹板が有りますか?)

Re: 触角が黄色いSphegina 投稿者: 投稿日:2007/07/02(Mon) 18:38:29 No.3616  引用 
標本を確認してみました。

非常に短い(幅に対して1/5ほど)の腹板が確認できます。
退化傾向であるので、Asiosphegina亜属ですね。

同じ種と思われる標本は、山形県大石田町からも2♂♂得られております。

Re: 触角が黄色いSphegina 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/07/04(Wed) 18:23:46 No.3627  引用 
pakenya様。

Asiophegina亜属は、腹板が退化してほぼ消失します。
ですから、写真の個体はSphegina亜属です。
私が探している種類とは、付節の色なども異なるので別のようです。未記載種かもしれません。

Sphegina属は、極東ロシアだけで20種以上いますので、日本にも同程度の種類数がいると思います。
残念ながら比較標本が5種程しか届いていないので、検索表を検討出来ません。特に、付節の色で分けている部分が怪しそうです;^_^)

交尾器も部分図しかない種類が多いのでつらいです。

極東の昆虫の検索で、素木が記載した種類をいくつか扱っていますが、これについても本当に合っているのか疑問です。
私は、四国産の標本を全く持っていないので、素木が記載した種類について調べられず、正体がはっきりしません。

何というハエですか? 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/03(Tue) 21:25:16 No.3621  引用 
今日、変わったハエがいたのですが、何というハエですか?
林のふちのカラムシの葉っぱにいました。
違う方向から撮って見ました。
よろしくお願いします!<(_ _)>


Re: 何というハエですか? 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/07/04(Wed) 01:49:10 No.3622  引用 
ミズアブ科のネグロミズアブです。

腹部の幅が広くなっている事と、翅の基部が黒くなっているのが特徴です。

ありがとうございました♪ 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/04(Wed) 10:45:46 No.3626  引用 
ハエ男さん!ネグロミズアブですね!
ありがとうございました♪<(_ _)>

何バエですか?(・_・")? 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/03(Tue) 21:19:04 No.3619  引用 
6月30日に真っ黒いハエがいたのですが、何と言う名前ですか?
よろしくお願いします!


Re: 何バエですか?(・_・"... 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/07/04(Wed) 01:51:03 No.3623  引用 
ヤドリバエ科の一種ですね。それ以上は画像ではわかりません。

ありがとうございました! 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/04(Wed) 10:38:25 No.3625  引用 
ハエ男さん!ありがとうございました!<(_ _)>

北海道でもゴヘイ! 投稿者: 投稿日:2007/07/02(Mon) 21:23:04 No.3617  引用 
仕事でここ1週間ほど北海道へ飛ばされてました(^^;)。
帰り際に少し時間を作って、石狩の海岸方面に行ってちょいとハエ採ってきました。採れたハエは、ゴヘイニクバエ、ハネボシスナニクバエ、ギンガクヤドリニクバエで、なぜかニクバエ亜科のものは採れず???。カンカン照りで暑かったせいかもしれません。

いや〜、北海道にもゴヘイいるんですね。石狩なら、日本海側の砂丘地帯って条件には一応合ってますし。
ただ、採った環境が典型的な砂浜ではなく、人工的に地ならしした後に草が疎生してきたような、どちらかといえば草原チックな場所だったのが、今ひとつ腑に落ちない・・・(謎)。

採集記録
石狩市 2007年7月1日
・ゴヘイニクバエ Sarcophila japonica (Rohdendorf,1962) 2♂
・ハネボシスナニクバエ Phylloteles formosana (Townsend,1933) 5♂
・ギンガクヤドリニクバエ Metopia argyrocephala (Meigen,1824) 1♂

Re: 北海道でもゴヘイ! 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/07/03(Tue) 17:49:48 No.3618  引用 
北海道にもいたんですね・・・ゴヘイニクバエ・・重要な記録ではないですか・・ゴヘイの北限を知りたかったんですが、北海道までいるとなるとあとは樺太ですか?

まあ、整地したとしてもわざわざ本州から土砂や砂を運ぶわけはないので、北海道土着の個体群なんでしょうね。

Re: 北海道でもゴヘイ! 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/07/04(Wed) 08:54:02 No.3624  引用 
猫又様。

先月、札幌の木野田氏との会話で猫又様が出てきたのには驚きました。数年前まで札幌にいたのですから当然のような気もしますが、猫又様も顔が広いのですね(^^♪

彼も守備範囲が広いので、ニクバエなどもポツポツ採っており、自宅が海岸に近いこともありハネボシっぽいニクバエも入っていたと思います。
廣永氏が九州に行ってしまったので、ハエ仲間がいなくなってしまい寂しそうでしたので、この掲示板に誘っておきました。

小樽市の新川河口周辺なども、海浜性のDipteraがたくさんいそうでした。(それにしても、海岸にカシワ林があるというのは、世間知らずの私にはショックでした;^_^)

先日、やっと極東の昆虫の検索第4巻が届きました(^^ゞ
前回やたらと時間が掛かったので、航空便希望で注文したのですが、69EUR(11500円)の本に対して航空便で32EUR(約5000円)掛かると問い合わせがきたので、やっぱり普通便(船便)にしました。
(エコノミー航空 (SAL)便を聞いたのですが、英語が下手だったためか無視されました;^_^)
結果的には、3月上旬に注文して6月中旬の受け取りとなりました。

最新のこの本でも、ゴヘイの分布は、沿海州、日本(本州)、韓国、中国北東部となっています。

ぜひ、次号の「はなあぶ」に投稿して下さい。

ニセヨコモン? 投稿者:pakenya 投稿日:2007/07/01(Sun) 10:28:05 No.3609  引用 
たて続けな投稿で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

山形県米沢市の吾妻連峰北麓で、6/17に採集したBleraのオスです。体長12mmで、後脚脛節はゆるやかに湾曲する程度で、後転節に黒色短剛毛を持たないのでヨコモンハナアブB. japonicaと思ったのですが、交尾器と第4腹板の形状が違うのです。


Re: ニセヨコモン? 投稿者:pakenya 投稿日:2007/07/01(Sun) 10:32:26 No.3610  引用 
交尾器の側面です。

Surstylusは鋭利な先端を持って長く延びています。
B. japonicaやB. kyotoensisでは、鈍角の菱形に近い形状ですので全く違います。

Epandriumにも二つの突起があり、特徴的です。


Re: ニセヨコモン? 投稿者:pakenya 投稿日:2007/07/01(Sun) 10:43:40 No.3611  引用 
第4腹板の画像です。

末端は、中央が大きく湾入しており、両側部は不対称形です。
B. kyotoensisでは末端中央が小さく鋭角に切れ込むことがFauna Japonicaで記述されていますが、B. japonicaでは第4腹板について触れられていないので、たぶん変形は無いのでしょう(手持ちの標本では中央部の切れ込みはありません)。

ヨコモンハナアブの近似の別種っていましたっけ?


Re: ニセヨコモン? 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/07/01(Sun) 19:59:24 No.3614  引用 
pakenya様。

この交尾器と腹板は見たことがありません。
恐らく、BleraのRevisionの中にも、図は無かったと思います。

もしかすると、日本のBlera sp.は複数の種類が混じっているのかも知れません。

Bleraは、桂さんがまとめたいと言っていたので手をつけていません。

自宅に戻れたら、Revisonを送ります。

Re: ニセヨコモン? 投稿者:pakenya 投稿日:2007/07/02(Mon) 18:20:07 No.3615  引用 
市毛様

BleraのRevisionと暫定検索表を提供いただき、たいへんありがとうございます。メールのタイムスタンプが4:35だったのには驚きました。お仕事、お疲れ様です。

早速、Barkalov & MutinのRevisionを紐解きました。
検索表に従うと、key18→22→23→25→31と進み、ここで後転節の黒剛毛の有無、後腿節の湾曲度合い、第5腹板のノッチの有無によってkyotoensisかjaponica+nitensに分けられるのですが、どちらにも行けません。

図示されている交尾器では、nitensがepandriumの全体形とsurstylusの伸び上がり方に類似性が感じられますが、相違点も多く、結論としてこのRivisionに収録された種には該当種はないと思います。

nitensは朝鮮半島からも記録されている種ですから、期待したのですが違いました。

これは、はなあぶ24号「ねた」にできそうですね。


ところで、市毛さんのHPにも載っているsp(Ibaraki)のメスを、奥只見地区でも採集しております。これもこのRevisionには収録されていない種のようですね。

Temnostoma bombylans 投稿者:pakenya 投稿日:2007/06/29(Fri) 14:30:17 No.3598  引用 
こんにちは

新潟県内でTenmostoma bombylansを採集しました。
はなあぶ23号に収録された横濱会長の識別点がすべて合致しております。この資料は平成15年3月の談話会講演資料だったようですが、この時点では「本州での確実な記録はまだない」とされています。はなあぶ誌にも当サイトのはなあぶネットにもまだ本州からの記録は収録されていないようですが、もしかして初記録だったりするのでしょうか?


Re: Temnostoma bombylans 投稿者: 投稿日:2007/06/29(Fri) 14:36:29 No.3599  引用 
顔の黒色中条がぶっとく、額は三角です。

Geniは茶色く、surstylusが波打つような形状をしています。


採集地の奥只見地区は、Mallota inopinataとかCriorhina ainoとかも採れていて、宝の山かもしれません。


Re: Temnostoma bombylans 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/06/29(Fri) 21:42:58 No.3602  引用 
pakenya様。

腹部斑紋等を見るとT. nitobeiとも見えます。
詳しくは、surstylusでは無く、反対側のhypandriumの先端の形状をみないと判別出来ません。
写真の右横側から撮影すると写るかもしれません。(拡大率が高いので、前後数枚撮ってみた方が良いと思います。)
この仲間は、肝心な識別点がepandriumに隠れてしまうので面倒です。

なお、このbombylansグループを含むTemnostomaについては、
2000年以降Krivosheinaが色々と記載しているので、極東の昆虫の検索は正確ではありません。

交尾器が黒いbomylansにそっくりなTemnostoma angustistriatum Krivosheinaという種類が沿海地方まで分布していますので、北海道等でも出るかもしれません。

原記載の検索は、色々と問題があるので、正しい標本を見て検索を作り直さないと使えませんね;^_^)

それにしても、Fauna Japonicaには、Temnostoma属がたくさん載っていましたが、研究所の箱の中はラベルだけが残されています。
素木氏がどのような考えで整理をしていたのか、全くわかりません;^_^)

Re: Temnostoma bombylans 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/06/30(Sat) 12:36:55 No.3604  引用 
pakenya様。

新潟の奥のほうで、ミヤマアリノスアブが採れていませんでしょうか? 妙高高原を基産地とするMicrodon nigrodorsatum Mutin,2001を探しています。

また、触角第3節が黄色いSpheginaも探しています。[S.(S.) spiniventris Stack.]
S. ozeenisとの関係が怪しいです。

Re: Temnostoma bombylans 投稿者:pakenya 投稿日:2007/07/01(Sun) 10:04:50 No.3605  引用 
市毛様

いつもご教授ありがとうございます。
Temnostomaもややこしかったんですね ^^;)

Hypandriumが見やすい角度の画像は、これ1枚撮影しておりました。これで特徴が確認出来ますでしょうか。


ミヤマアリノスアブの特徴が分らないのですが、当該地方ではヒゲナガ、ナミ、キン、フタオビなどが得られている程度です。

Spheginaには「もしや」がありますので、別にスレッドを立てて画像を出したいと思います。


Re: Temnostoma bombylans 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/07/01(Sun) 17:04:17 No.3613  引用 
pakenya様。

やはり、hypandrium先端は、見えませんね。
写真の個体は、surstylusが一定のカーブであることと、preginital segmentが赤褐色なのでニトベのようですね。

通常、bombylansやangustistriatum は、
・腹部第3〜4節の斑紋は、側縁直前まで狭まらない。
・preginital segmentは黒色で、交尾器は赤褐色から黒色。
・surstylusは先端のくぼみ以外に、一度明らかに波曲する。

また、nitobeiは、
・腹部第3〜4節の斑紋は、側縁に向かって徐々に狭まる。
・preginital segmentと交尾器は明赤褐〜赤褐色。
・surstylusは先端のくぼみ以外は、一定のカーブ。

極東の昆虫の検索では、中胸背の毛が黄褐色なのがnitobeiで、ほとんど黒色毛なのがbombylansとなっていたと思います。

今のところ、Pakenyaさんと「めざせギネス」さんや木野田氏に追いまくられているような;^_^)

では、また。

今日は帰れないかも;^_^)

Empis sjoestedti とは? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/06/26(Tue) 22:49:10 No.3593  引用 
こんちは。

 以前、Empis (Polyblepharis) compsogyneと、Empis (Polyblepharis) sp. について教えていただいたのですが、近似種で Empis (Polyblepharis) sjoestedti FREY,1953というのがいるようなのですが、初めの2種との関係がわかりません。
 相当 似ているようなのですが、もしかしたら別名でしょうか?

 ご教示いただけましたら 幸いです。

Re: Empis sjoestedti とは? 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/06/29(Fri) 11:08:33 No.3595  引用 
E. sjoestedtiはカムチャツカから知られている種です.本種はcompsogyneに酷似していて,あるいは同種かも知れませんが,今のところ後者が北海道などから知られていませんので,一先ず別種としておきます.前者は1雄で記載され,その標本の交尾器aedeagusの先端は露出されていますが,乾燥状態なのでcompsogyneと正確な比較ができませんが,やや異なります.以下に私の手元にある材料に基づく日本産のPolyblepharis亜属の種にsjoestedtiを加えた検索表を下に示しておきますので,これを参照してください(添付書類にしようかと試みたのですが,「アップロードできません」と言う表示なので,参照しにくいでしょうが下に付けます).分らない点や,この表でおかしいところ,または追加すべき形質などありましたら,教えていただければ幸いです.なお,この場に示しておきますが,この検索表は未発表データですので,他での引用,特に印刷物での引用はしないでください.

日本産Empis (Polyblepharis)亜属の種の検索表(カムチャツカ産P. sjoestedtiを含む)

1.脚は部分的ないし全体的に黄褐色;雄は合眼的;雌の脚には羽状剛毛がある;acrostichalsがある.中型ないし大型種・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
  脚は全面的に黒色;雄は離眼的;雌の脚に羽状剛毛を欠く;acrostichalsを欠く.大型種・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
2.雄の第7腹節後縁は正常で,第6腹節腹板と大差なく,通常の刺毛を生じる;雌の中脛節には羽状剛毛を生じる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
  雄の第7腹節腹板の後縁は第6腹節腹板のそれと異なり,第8腹節腹板前縁との間に顕著な段差があり,後縁亜側部に上(第8腹板前縁方向)を向く強い剛毛群を生じる;雌の中脛節は羽状剛毛を欠く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P. multinodosa Frey・・・・・・3
3.Dorsocentralsは前端部を除いて1列;雄の後腿節の前腹刺毛は疎ら・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P. multinodosa (北海道集団)
  Dorsocentrals不規則に2列;雄の後腿節の前腹刺毛は密・・P. multinodosa(カムチャツカ集団)
4.小楯板剛毛は4本以上;雄の後腿節はその全長にわたって前腹剛毛を生じる(moiwasanaの対馬集団では基半部に剛毛を欠く);雌の後脚第1付小節は羽状剛毛を欠く・・・・・・・・・・・5
  小楯板剛毛は2本;雄の後腿節の基部1/3から1/2には前腹剛毛を欠く;雌の後脚第1付小節には羽状剛毛を生じる…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 未記載種A(本,四,九)
5.雄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6
  雌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
6.付節は黄褐色;presutural dorsocentralsは前半部で不規則な2列;アエデアグスの先端部にある第一湾曲内縁の先半部に1個の小形突起を生じる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
  付節は暗褐色ないし黒褐色;presutural dorsocentralsはその前端部を除いて1列;アエデアグスの先端部にある第一湾曲内縁は突起を欠き,一様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
7.前腿節背面は暗色;中胸背のpollinosityの地色は黄褐色・・・P. compsogyne Frey(本,四,九)
  前腿節は一様に黄褐色;中胸背のpollinosityの地色は灰褐色・・P. sjoestedti Frey(カムチャツカ)
8.雄の後腿節は全長に亘って前腹剛毛を生じる・・・・・・P. moiwasana Matsumura(北海道集団)
  雄の後腿節の前腹剛毛は先半部にほぼ限定される・・・・・・・・・・P. moiwasana (対馬集団)
9.後脛節は部分的に黄褐色;presutural dorsocentralsは不規則な2列・・・・・・・・・・・10
  後脛節はほとんど全面的に黒色;presutural dorsocentralsはほとんど1列・・・P. moiwasana (北)
10.中胸背のpollinosityの地色は黄褐色・・・・・・・・・・・P. compsogyne Frey(本,四,九)
   中胸背のpollinosityの地色は灰褐色・・・・・・・・・・・・P. sjoestedti Frey(カムチャツカ)
11.雄の第3−6腹節背板は全面的に黄褐色のpollinosityで覆われる;雌の中・後腿節は細く,円筒型,小棘を生じる顕著な隆起を欠く・・・・・・・・・・・・・・ 未記載種B (日本アルプス)
   雄の第3−6腹節背板中央部は光沢のある黒色;雌の中・後転節は著しく肥大して紡錘型,腹面特に基部近くに小棘を生じる顕著な小隆起を生じる・・P. cylindracea Frey(北関東,南東北)

Re: Empis sjoestedti とは? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/06/29(Fri) 22:34:59 No.3603  引用 
アノニモミイア様

 貴重な知見につきまして、詳細をご開示賜りました事、深く御礼申し上げます。P. sjoestedti は、カムチャツカでの記録で、日本では記録が無いのですね。
 また、P. moiwasana (北海道集団)(対馬集団)
    P. cylindracea Frey など、初めての名前で、まだまだそう簡単には、行き着けない オドリバエの奥深さが 今更ながらに実感できました。
 たくさんの情報を頂きましたので、引き続き勉強をしてみます。
 今後とも、宜しくお願い申し上げます。
 重ねまして、御礼申し上げます。

 
 

キョウトハナアブ♀ 卵あり(と... 投稿者:ゆーちゃん 投稿日:2007/05/27(Sun) 16:51:12 No.3508  引用 
皆様お久しぶりです。ついに高3になりあまり出て行くことができなくなりました…といいつつも出れる日は以前より必ず出るようになりましたが笑

今日滋賀県の湖西にある蓬莱山の山頂でズミの花に訪花したキョウトハナアブと思われる♀を採ったのですが、腹がパンパンで、白い卵のようなものも腹の中にある状態だったので生かしたまま持ち帰りました。
できれば採卵して、幼虫を飼育してみたいのですが、モンハナアブはどのような朽木に産卵するのでしょうか?
去年…かな?夏ごろにカオグロオオモモブトを同じようにして孵化までこぎつけたのですが、結局全滅してしまいました。

よろしくお願いします。

ところで…キョウトハナアブのメスって少し後脚が曲がってるのでよかったのでしょうか??図鑑見ても解説に京都と横紋のメスは区別がつきにくいと書いてあるので…

Re: キョウトハナアブ♀ 卵あり... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/05/27(Sun) 21:23:37 No.3509  引用 
ゆーちゃん、お久しぶり(~_~)

調べてみたところ、ヨーロッパのBlera fallaxは針葉樹食いのようです。

キョウトやヨコモンは茨城にも分布していますので、広葉樹食いと予想してます。したがって、ミズナラQuercusやブナFagus属等の朽木で飼育出来るのではないでしょうか。

下記のファイルが多少参考になるのかも?
www.schwebfliegen.de/sonderdrucke/stuke/saproxylic_syrphidae.pdf

キョウトハナアブのメスは見たことが無いのですが、♂同様に後転節に黒色の小さな棘を多数持っているそうです。

Re: キョウトハナアブ♀ 卵あり... 投稿者:ゆーちゃん 投稿日:2007/05/27(Sun) 22:28:55 No.3511  引用 
ありがとうございます。早速何個か産んでるので慎重に成虫と隔離しました

英語…ぱっと見ただけではわけわかめなんで今から電子辞書と格闘します笑 前に桂さんに頂いたSUGEEEE専門的な本も一日2〜3ページずつ格闘してました。ただ、電子辞書にはあまりにも専門的な用語(体の各部の詳細な名称かな?と予想しているのですが)は載ってないので苦労します…

ところで、市毛さんがブログに書いてらっしゃったジョウザンやムツボシの朽木はどの位湿気たものを使われたのですか?
一緒に持ち帰ったシコクモモ太の♀は残念ながら死にましたが、生きたかえでの洞の周りを繰り返し飛んでいたのでおそらくここに卵産むつもりだったのだろうと思って調べたのですが、朽木の部分は予想外に乾燥してぱりっとしてました。また、中にたまった泥のような物はどろどろになっていました(何かよく分からない大きな尻尾のないウジムシが一匹だけ出てきました)
あと、腹がパンパンなツマキモモブトも2匹生きたまま持ち帰りました。

Re: キョウトハナアブ♀ 卵あり... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/05/27(Sun) 22:50:43 No.3512  引用 
専門的な英文を読むには、やはりランダムハウスやリーダースプラスが必要ですね。それでも、判らない単語がたくさんあります。

記載文や検索表を読むのはあまり難しくありませんが、生態に関する文章を読むのは地獄ですね;^_^)
植物は全て学名だし、日本に分布していない属だと見当を付けるのが大変です。
外国語音痴の私は、生態面の文書は避けてます;^_^)

飼育している材は、4/14の写真の小川に浸っているものです(赤テープが巻いてある)。
コンテナ内の壁や上蓋が、常に水滴に覆われるほど水を含んでいます。2年目の今でも、水滴だらけです。
ガガンボ等が山のように羽化してきます。

シコクモモブトについては、桂さんが湿地内に転がっていた朽木を拾ってきてたくさん羽化させてましたね。
「はなあぶ」に書くようにお願いしているのですが・・・
3月に訪れたときも、何か飼育していましたね。

Re: キョウトハナアブ♀ 卵あり... 投稿者:ゆーちゃん 投稿日:2007/05/28(Mon) 01:51:36 No.3513  引用 
湿気より乾燥に注意したほうがいいってことですね☆

とりあえず明日暇なら学校の帰りに奈良公園で去年の春ナガハナアブの蛹(種類も分からずいったいなんだったのか・・・)を採った朽木の一部をもらってこようかなと思います。

あの屋上の小屋はある意味聖域ですね笑 いろんなハナアブがそこらじゅうにいて、、、  去年僕が行ったときにはマロータとアナアキハナアブがケースにいました。 また発泡スチロールの箱買いがてらおじゃましよっかな…この子の卵も半分里子に出せばうちで全滅しても成虫になる確率は残るしなぁ。。。

Re: キョウトハナアブ♀ 卵あり... 投稿者:ゆーちゃん 投稿日:2007/06/14(Thu) 23:57:07 No.3576  引用 
その後順調に卵は孵化し、今は尾長うじが10匹ほど部屋に居ます。
桂さんに教えてもらった通り、水に朽木の砕いたものを入れて飼育中です。
一つのケースに入れると全滅した時のリスクが高いので、クワガタマットをもう少し朽ちさせたような部分、中間、ミミズが居るぐらい朽ちた部分、Mallotaが住むような穴に溜まったかなり分解された朽木の4つに分けて、腐朽の度合いの違う物を入れたのですが、クワガタマットのようなあまり朽ちていないもの以外は全滅しました

桂さんはヨコモンを飼育されてたようで、飼育法について大変いいアドバイスを下さいました。当たると70匹以上生まれてくるので処理が大変とのことです笑

Re: キョウトハナアブ♀ 卵あり... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/06/15(Fri) 08:16:12 No.3578  引用 
ゆーちゃん様。

うまくいったようですね。

是非、桂さんと一緒に飼育方法についての記事を書いて下さい。
なお、失敗例も重要な情報です。
私の会社でも、色々な失敗事例のデータベースを作っています。

Re: キョウトハナアブ♀ 卵あり... 投稿者:ゆーちゃん 投稿日:2007/06/15(Fri) 22:32:53 No.3579  引用 
はい。今回はある程度水深を深くし、タッパーを2重構造にして腐って上に膜が張ってきたら水を追加して、膜ごと外のタッパーに溢れさせて取り除き、呼吸不足による死亡を防いでいます

今日は琵琶湖バレイで洞の中から採ったガガンボが羽化しました。ガガンボにしてはかなりモモブトでマッチョなベッコウハナアブでした。

Re: キョウトハナアブ♀ 卵あり... 投稿者:pakenya 投稿日:2007/06/29(Fri) 16:00:04 No.3601  引用 
こんにちは。ちょっと横から失礼します。

キョウトハナアブの交尾中のペアを採集することができたので、市毛さんの情報の後転節を確認してみました。

オスには確かに多数の黒い短剛毛が密生していますが、メスの場合黒い短剛毛は5・6本で、黄色い立毛に隠されて結構見えづらいです。でも、ヨコモンには全く無いようなので、じっくり見ればこれで同定できる様です。

キョウトの画像を貼ります(♀)。
山形県米沢市の吾妻連峰北麓で6/17に採集したものです。

削除キー 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/06/29(Fri) 11:15:43 No.3596  引用 
ハエ男さん.修正のために削除キーを正確にいれても,削除キーが違いますと言う表示がでて,修正できません.どうしてでしょうか.また,検索表を添付しようとしたのですが,アップロードできないと言う表示がでました.長すぎたのですか.添付書類にしないと,投稿枠と表示枠に差があるために,表の行にでこぼこがでてみにくいので,添付しようと思った次第です.

Re: 削除キー 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/06/29(Fri) 11:21:52 No.3597  引用 
ハエ男さん

上記を修正しようとしたらは暗証キーがはたらきました.暗証キーが違うと言う表示がこれまで2回ほどでたものですからお尋ねしています.本掲示板で一度暗証キーを入れると,次からの投稿の際には暗証キーの部分はそのまま手付かずで(黒丸がついているままで)だしていいのでしょうか.私は暗証キーの欄を空白にしてから自分の暗証キーを入力しているのですが,それでいいのでしょうか.教えてください.

Re: 削除キー 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/06/29(Fri) 15:43:54 No.3600  引用 
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

PCには一度見たウェブサイトを早く表示するためにCookieと呼ばれるそのPCに一時的に保存される情報があるのですが、通常はそのCookie(クッキーと呼ぶ)が有効であるので、投稿したのと同じPCであれば暗証キーは保存されるようになっています。ですから新しい設定のBBSシステムでは通常はあえて暗証キーを入力しなくても修正できるはずなのですが・・・(うまくいかない場合は、もしかしたら英字入力とひらがな入力とか、全角、半角などの設定が違っているのかもしれません。)

あと検索表を投稿についてですが、多分、全国のさまざまな方がさまざまな機種でごらんになっていると思われます。
モニターの大きさが機種によって全く違うので、文字列の表示はアノニモミイアさんが見ているのと全く異なる配置で見えていることが多いのです。また見る人のPCの表示文字サイズの設定によっても変わってきます。(サイトの編集の際の悩みの種です)
ですから、BBS投稿時の行末を「・・・」で揃えるのはかなり難しいということになります。どうしても行末をそろえたい場合はその部分をPDFとして投稿するということになります。

調子に乗ってる? 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/06/24(Sun) 05:44:28 No.3585  引用 
昨年までは採ってもわからないので、採らない虫だったオドリバエを今年はアノニモミイアさんのおかげでわかるかもしれないということで、ついつい採ってしまうのです。
今日の結果は・・・
Rhamphomyia(Orientomyia) spirifera Frey. 1955 と
Rhamphomyia(Pararhamphomyia) setulosa Saigusa,1964 ?みたいの(画像1枚目)

とりあえず、画像がまだあるので次に続く・・・


Re: 調子に乗ってる? 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/06/24(Sun) 05:47:24 No.3586  引用 
Rhamphomyia(Pararhamphomyia) setulosa Saigusa,1964 ?みたいの(画像1枚目)の外見です。

採集データは長野県下伊那郡大鹿村 鳥倉林道標高1600m〜鳥が池キャンプ場です。

続く


Re: 調子に乗ってる? 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/06/24(Sun) 05:52:20 No.3587  引用 
3枚目の画像は多分これまでに画像としては出てきていない種ではないかと思います。

挿入器が曲がらずにひたすらまっすぐに伸びています。


Re: 調子に乗ってる? 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/06/24(Sun) 05:55:03 No.3588  引用 
外見図です。

Re: 調子に乗ってる? 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/06/24(Sun) 06:43:42 No.3589  引用 
3587と同種ではないかと思われます。

Re: 調子に乗ってる? 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/06/24(Sun) 19:14:59 No.3590  引用 
中部山岳地帯は今まさに様々なオドリバエの発生の最盛期でしょう.島島谷とか乗鞍荒原など飛んで行きたいくらいの気持ちです.しかし,なんともぐだぐだした仕事のために動けません.アルプス関係はハエ男さんのご活躍を期待します.

最初のは,交尾器や外見からRhamphomyiaではなくて,Empisではないでしょうか.2枚目の本体の写真でR4脈がうっすらと写っているように見えます.口吻もかなり長いので,この点も通常のRhamphomyiaとは違うと思います(R. arakawae群は例外的に長く,これは東亜・北米型分布で日本からはarakawae,japonica,calcariferaが既知種でほかに数種未記載種あり).それでほとんど間違いなくEmpis (Euempis)のtessellata群の種です.日本産はflavobasalis Matsumura, 1915(ネウスオドリバエ,北海道;esoensis Frey, 1955はシノニム)のほかにFreyがstigmatica, 1953(四国)とその亜種とされるapophysis Frey, 1953(大阪),honsyuensis Frey, 1953(八幡平)を記載していて,このほかにヨーロッパから記載されたtessellataを日光から記録しています.この日光からのtessellataはヨーロッパのものとは明らかに別物です.このほかにまだいろいろ日本列島にはいまして,北海道のflavobasalisから九州のstigmatica的なものまでが同一単系統群の地理的集団で,これに近似のもっぱら本州に分布する別の一群があり,これらよりも細身でやや大型のものが盛夏に北アルプスに現われ,さらに大型でどっしりした一群が中部山岳から九州まで分布しており,これも地理的分化が見られます.この大型のは個体数が少なく,群飛もずいぶん高所で(10mカーボン竿でも届かない),しかも通常flavobasalis群とおなじ初夏出現のもので,観察された限りでは,nuptial giftとして,flavobasalis群の雄を狩ります.
今回のは2枚目の写真で拝見する限り,flavobasalis群のものと推測されます.Empis (Euempis) flavobasalis subsp.と一先ず同定されたらいかがでしょう.

本群の日本列島での実態は各地のいろいろな季節の材料を収集しないと分りませんので,興味のある方は是非採集してみてください.オドリバエとしては本群は珍しく雄交尾器に顕著な種間の差がはっきり出ないので,苦労します.近いうちになんとか検索表を作成してみます.

3-5枚目のはHilaraのコシアキ型の種ですが,小楯板剛毛が2対(4本)のH. neglectaとH. melanogyne,3対以上(6本以上)のH. leucogyneとH. itoiが既知種ではあります.6本のタイプはほかに数種近似種があって,特にleucogyneに近いものはhypandriumの先が鉤状に前上方に湾曲したaedeagal sheathになる部分に生じる突起の状態(数,位置,大きさなど)に違いが見られます.これも近々コシアキ型の大型Hilaraの検索表を作成してみます.

今回の写真では交尾器の筋肉が収縮しているために,骨化部が屈曲していて,正常の形になっていないので,大変分りにくく,その点からも,写真だけでは同定できません.また,前述の通りhypandriumiも形状が重要です.クロロフォルムなどで長めに殺すと,筋肉収縮が起ってしまいます.

二つとも種までの同定がこれらの写真では困難でして,確答できないですみません.

Re: まさに最盛期 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/06/25(Mon) 06:08:43 No.3591  引用 
アノニモミイアさん>詳細な解説ありがとうございます。

Hilaraのコシアキ型の種の方は小楯板剛毛を見たところ2対でありました。
大鹿村の鳥倉林道は林道の横が絶壁&吹き上げになってるような場所がかなりあり、高いところを群飛や輪舞するようなタイプのハエも比較的容易に採集できます。(いろいろとオドリバエも注意して採集したいと思います。)

オドリバエだけでなく、さまざまな双翅目が見られますので、晴れ間と空き時間がかみ合えばまた行って来たいと思います。
やっぱしご神木はすごいのです・・・いろいろ出てきます。

ヤチニクバエも今年もゲットできましたし・・Piezzura sp.もそこでしたし・・

Re: 調子に乗ってる? 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/06/25(Mon) 18:08:26 No.3592  引用 
小楯板剛毛が2対4本のコシアキ型の大型Hilaraの2種,neglectaとmelanogyneの相違点につきましてはNo.3464とNo.3468に少し詳しく書いてありますので参照ください.写真の前脚の第一付小節の太さから判断しますと,H. neglectaの可能性が高いと思います.本種は北海道から九州まで分布していますが,軽微ですがやはり地理的変異がみられます.

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -