8671198
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 日本昆虫目録双翅目の疑問点 (31) / 2: 同定お願いします (2) / 3: ムシヒキアブを教えてください。 (2) / 4: ムシヒキアブの一種について (2) / 5: Mallotaの同定のお願い (6) / 6: 同定お願いいたします。 (2) / 7: 田沢湖のアブについて (2) / 8: 種名を教えてください (2) / 9: 翅のないノミバエ (1) / 10: 双翅目昆虫の同定について (2) / 11: 同定のお願い (2) / 12: キノコバエ科でしょうか. (2) / 13: キアブでしょうか? (3) / 14: 同定をお願いします. (2) / 15: 同定のお願い (2) / 16: 長角亜目の翅脈の絵解き検索の質問 (2) / 17: ムシヒキアブの一種でしょうか? (2) / 18: 翅脈から、科が特定できないでしょうか? (2) / 19: ハチモドキバエの一種 (3) / 20: ノミバエ (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

ガガンボ始め 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2008/01/01(Tue) 19:45:50 No.4135  引用 
ハエ男様,達磨様,皆様,今年もよろしくお願い致します.

今年の一番乗りに,ガガンボの質問です.

8月に茨城県北部の山間部(標高800m程)の薄暗い沢沿いで採集した,体長8.5mm程のガガンボです.

日本産水生昆虫の検索で調べると,ヒメガガンボ族のDicranoptycha属にたどり着きましたが,合っていますでしょうか?

よろしくお願い致します.

P.S. 特徴的な種類だったので,翅の拡大写真は同時に採集した別個体の翅を使用しています.


Re: ガガンボ始め 投稿者:達磨 投稿日:2008/01/01(Tue) 22:45:17 No.4136  引用 
日本産水生昆虫の検索でちゃんとしかるべきところにいたどり着いてくれる方がいて安心しました。Dicranoptycha属で間違いありません。写真から分かる情報から同定を試みましたところ、日本から記録のある8種のうちD. hasegawai Alexander, 1955 (type-locality: Mt. Norikura)に最も近い。と言うかおそらくこれだろうと思います。本種は原記載に交尾器の図がついていないので、想像力を持って読まなくてはなりません。ところで、写真には翅のM脈などに沿って縦方向にはしる白い筋が移っていますが、これは光の反射でなく、模様ですよね?原記載に"conspicuous white lines in cell R adjoining vein M, behind basal half of vein 1st A"とあります。

Re: ガガンボ始め 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2008/01/01(Tue) 23:06:49 No.4138  引用 
達磨様,早速回答を頂きありがとうございます.

御指摘の通り,白い筋は模様です.

各地の目録を見ても,Dicranoptycha属というのは記録されていないので,他の属の間違いではないかと疑心暗偽でした.

今年は,ガガンボもがんばりたいと思います.

新年です。 投稿者:ハエ男 投稿日:2008/01/01(Tue) 11:39:27 No.4134  引用 
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今年こそは「はなあぶ」の原稿を締め切りぎりぎりでなく出したいものです。(密かな願いというか目標・・)この冬はネタがいくつかあるので・・がんばります・・

あと、産卵直前のオオクロバエの様な体型からツヤホソバエ目指してちょっとだけがんばろうかな・・・

ヒロクチバエ科質問 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/25(Tue) 22:47:24 No.4118  引用 
どこかで見たのですが,思い出せません.

体長約7mm.茨城県の山間部で採集しました.
マダラバエに近いヒロクチバエ科だと思います.

よろしくお願い致します.

P.S. 環動昆の絵解き検索で,Platystomatidaeに素直に辿り着けないのは私だけでしょうか?
Cuplet 63のcup室の形が違うと思うのですが・・・・


Re: ヒロクチバエ科質問 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/26(Wed) 21:16:33 No.4120  引用 
市毛さん、こんちは。

 市毛さんの画像と同じと思われる種の写真は、寄せ蛾記(115):1-9 (草間・玉木)2004年5〜6月に採集された新潟県と長野県の双翅類.に載っています。

 報文中では、ヒロクチバエ科のGen.sp.2 とされていて、日本未記録か未記載種 とされています。

 6mm程度と書いてありましたが、意外と小さいのですね。

 環動昆の絵解き検索は、改めて確認してみます。
 ではまた。

Re: ヒロクチバエ科質問 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/26(Wed) 21:19:33 No.4121  引用 
すいません。環動昆の絵解き検索は、持っていませんでした。

Re: ヒロクチバエ科質問 投稿者:sundog 投稿日:2007/12/26(Wed) 23:43:44 No.4122  引用 
おお、どこかで見たなぁ、と思ったら、
新潟の樹液場でチャイロスズメバチ女王を待っている時に飛んできた、
採ろうとするとピンっと飛んで、一瞬で目の前から消えてしまうヤツと同じ模様です。
1日張り付いて、3頭くらい(数日通ったので十数頭)採った記憶があります。

Re: ヒロクチバエ科質問 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/29(Sat) 18:05:21 No.4126  引用 
sundog様
 大分,採れるものですね.
 うらやましいです.

バグリッチ様.
 改めて属を調べ直したところ,Pterogenia属の未記載種のようです.
顔が幅広く触角間の隆起を欠くことや,翅のbm室がbcu室より明らかに長くなること,頬が複眼長の0.5倍程度などが区別点のようです.

 Pterogenia属は旧北区からは殆ど記録されていないようで,2001年に記載されたP. ussurica Korneyevしか見つかりません.

Re: ヒロクチバエ科質問 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/30(Sun) 08:15:48 No.4127  引用 
市毛様

 環動昆の絵解き検索は、年末のバタバタで、まだ使えていませんが、やはり絵解きは嬉しいですね。

 Pterogenia属とのこと、すぐ判明するとはさすがですね。

 しかし、これだけ特徴的な種群(前述の文献には 同属と思われる別種もでてます)が、旧北区でほとんど手付かずとは不思議ですね。

 まだ、こんな群が他にもあるのでしょうね。
 興味深いです。
 

Pacific Insects 投稿者:Arge 投稿日:2007/12/28(Fri) 16:45:13 No.4124  引用 
Pacific Insectsの出版元をインターネットで調べていたのですが、いつのまにかPDFが見られるようになったみたいです。

http://hbs.bishopmuseum.org/pi/

すでにご存知かもしれませんが、一応書き込んでおきます。

Re: Pacific Insects 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/12/29(Sat) 02:03:59 No.4125  引用 
これは結構最近のそうなったみたいですね。以前はだめでしたから・・

またPacific Insects Monographの方もDL可能になったみたいですね・・・うれしいよ〜〜〜〜http://hbs.bishopmuseum.org/pim/

これでMaaのシラミバエ関連がほぼすべてDL出来ることになりそうです。
ただし、モノグラフの方はPDFの容量が大変大きいのでDLするのにかなりの時間が必要でした。(とりあえず一つやったらブロードバンドなのに約1時間かかったし・・)一日一つずつやっていこうかな・・

Argeさん情報有難うございました。

こいつは全く分りません 投稿者:pakenya 投稿日:2007/12/21(Fri) 16:59:13 No.4099  引用 
連貼りで恐縮ですが・・・

南房総で採集されたものです。
こんな翅脈を持っているやつは見たことがありません。

腹部の形状は、メバエ科を彷彿とさせるのですが・・

これはいったいなんでしょう?

よろしくお願いいたします。


Re: こいつは全く分りません 投稿者:pakenya 投稿日:2007/12/21(Fri) 17:00:06 No.4100  引用 
側面です。

Re: こいつは全く分りません 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/22(Sat) 20:48:28 No.4103  引用 
pakenyaさん、こんちは。

 この画像は、どこかで見た記憶があったので、珍しく記憶の森に迷い込んだのですが・・・思い出しました。

 神奈川虫報 第130号円海山の昆虫特集の図版に、きわめてよく似てる種の写真がありました。
 ヤドリバエ科のAlophorophasia sp.とされていました。
 沖縄・奄美・東京都千代田区と記録されて以来、関東でも記録がでてきているようです。
 円海山では少なくない、とされています。

 私は、見たことありません。
 是非みたいです。ではまた。

Re: こいつは全く分りません 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/12/23(Sun) 09:02:05 No.4106  引用 
記事No.3536の画像に似てませんか?これはDr.舘がヤドリバエ科ヒラタハナバエ亜科のHemyda属ではないかとの情報をいただいています。

Re: こいつは全く分りません 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/23(Sun) 12:18:47 No.4107  引用 
ハエ男さん、pakenyaさん、こんちは。

 ハエ男さんのご指摘は、まさに仰るとおりです。
 記事No.3536の画像と、近似種か、同種?に見えます。

 pakenyaさんの画像と、添付画像の種と、記事No.3536の種は、互いに非常に似ています。

 ・・・となると、この種が何者かが問題です。

 ネットでは、Hemyda属の画像が一つ見つかりました。
 http://tachinidae.org.uk/site/photos.php?&pagenumber=10

 この画像で見る限り、翅脈が かなり異なっていて、一見しては『似ている、とは言えない』ようです。
 当然、見るべき特徴を見なければ、判断できませんが、私の持っている文献に、Hemyda属が載っていないので、これ以上わかりません。

 私のわかる範囲は、ヤドリバエ科までという結論となります。
 役に立たないコメントになり、申し訳ありません。
 


Re: こいつは全く分りません 投稿者:pakenya 投稿日:2007/12/25(Tue) 10:45:47 No.4117  引用 
ハエ男様、バグリッチ様、こんにちは。
コメントありがとうございます。

なるほど、No.3536の画像も、バグさんの添付してくれた画像も同じもののように見えますね。

web図鑑のヤドリバエ科のページを見ると、Hemyda属にはobscuripennisとvittataの2種が載っています。これをググったら、Diptera infoというサイトがヒットして、両種とも生態画像が見れました。すごいサイトがあったものです。

ところが、バグさんが書いたとおりHemyda属は翅脈が異なっているようで、R5室は閉じないようです。

R5室が閉じているものには、ダイミョウヒラタが属しているPhasia属などがありますが、これとはだいぶ系統が違うように見えます。

Alophorophasia属にはalataとrubidaの2種が知られているようですが、これらは画像がヒットしませんね。

残念ながら、やはり、この辺が素人の限界でしょうか。
何とか属までたどり着きたいと思うのですが、亜科止まりになってしまいそうです。

コマダラハチモドキバエ? 投稿者:pakenya 投稿日:2007/12/21(Fri) 16:46:41 No.4097  引用 
千葉県南房総市で10月上旬に採集されたハエです。

北隆館に載っているコマダラハチモドキバエ Campilocera thoracalisに該当するようです。

この和名をググッても、僅かしかヒットせず、画像は東奥日報の青森のものが唯一ですね。結構珍品なんでしょうか?埼玉県ではレッドに入っているみたいですね。

翅に模様があるから、バグリッチさんならわかるかなあ。


Re: コマダラハチモドキバエ? 投稿者:pakenya 投稿日:2007/12/21(Fri) 16:48:31 No.4098  引用 
横顔と胸部の剛毛が見える画像も付けます。

合っているようならweb図鑑に使ってやってください。


Re: コマダラハチモドキバエ? 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/21(Fri) 20:38:05 No.4101  引用 
Campiloceraでググッたら,Korneyev(2004)Genera of Palaearctic Pyrgotidae(Diptera, Acalyptrata), with nomenclatural notes and KeyというPDFがGet出来ました.

これで,属までは調べられそうですが・・・.

謝辞を見ると,韓国までしか協力者がいないので,あちゃらの人にとっては朝鮮半島までが旧北区で,日本は東洋区の島と思われているような気がします.
ハナアブ科でも,同様の論文が結構あります.

文献のリンクを追記します.
http://www.v-zool.kiev.ua/pdfs/2004/1/02.pdf

Re: コマダラハチモドキバエ? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/22(Sat) 21:14:10 No.4104  引用 
pakenyaさん、市毛さん、こんちは。

 とりあえず、私が持っているコマダラハチモドキバエ(と教えられた種)とは、非常によく似ています。
 特に、翅のカッコイイ模様は、ピッタリです(^^;。

 市毛さんの書かれたPDFは、探せなかったのですが、URLわかりませんでしょうか?

 ではまた。
 

Re: コマダラハチモドキバエ? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/24(Mon) 14:22:57 No.4110  引用 
市毛さん、すいません。

 文献のURL、初めの書き込みに出てましたね。

 ありがとうございました。

サムネイル表示の別サイト 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/22(Sat) 20:19:34 No.4102 ホームページ  引用 
掲示板に載った写真や私有の写真の閲覧に便利なように,サムネイルで一覧出来るページを試験的に作ってみました.

当初,双翅目図鑑のWikiでオドリバエ等を作ってみましたが,いちいち画像を縮小したりリンクを書込むのが面倒なので,HTMLで別サイトに作りました;^_^)

http://homepage3.nifty.com/syrphidae1/diptera/index.htm

サムネイルで見るだけで,解説等はこの掲示板や双翅目図鑑に飛ぶようにしたいと思います.

こんな感じで,掲示板の写真を借用して問題無いか,御意見を頂きたく思います.

なお,空き時間に作ったので,内容が適当です;^_^)

Re: サムネイル表示の別サイト 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/12/23(Sun) 08:48:24 No.4105  引用 
大変見やすくなるなあと思います。ただ、やはり問題として考えなければならないのは著作権の問題だと思います。

Wikiの方は画像を出す際には撮影者の氏名を明記することになっていますが、そのへんをどのように設定するかが重要なのではないでしょうか?

特にネット公開された画像は残念ながら無断借用される可能性を否定できないので、各画像ごとに撮影者データは必要だと思っています。

建前としましては当BBSに投稿された画像は誰でも見れる、公開された画像であると判断して良いと思いますので、著作権関連(撮影者等)の表示をしっかりしてあれば、有用な画像、貴重な画像は借用しても良いのではないかと思います。

ただ気をつけたいのは一般の方々がどのように利用していくのかと言うことです。まだまだ、双翅目の同定方法や分類の進み具合については一般には知られていないのではないかと思います。その状況で、あまり絵合わせが便利なサイトを作ってしまうと、同定ノウハウや分類状況がわかっていないで、パッと見、絵合わせで同定されてしまい、またそれをブログなどで公開されてしまうと不正確な画像のオンパレードになってしまう可能性もあるので、便利なサイトを作ると同時に同定ノウハウや現状についての啓蒙のサイトを作る必要があると思います。

当方としてはBBS infomationのページと留意事項の部分に画像が(Web図鑑関連限定で)借用される可能性があることを明記するようにしたいと思います。

Re: サムネイル表示の別サイト 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/23(Sun) 16:25:45 No.4108  引用 
市毛さん、ハエ男さん、こんちは。

 サムネイル表示の別サイトは、非常に見やすいくて、良いですね。
 ネットにでていて、信頼できる画像は、自分でコピーして、自分の画像集を作ったりしていますが、このようになると、共有できるので、利用するには大変便利です。

 私のHPに作っている図鑑の場合、時々借用の連絡が入りますが、このようなルールをページ上で明記して、併せて著作権表示付きの運用をするのであれば、啓蒙上の利用は問題ないかと思っています。

 印刷物への無断借用対策としては、画像の質やサイズ等で調整する策もあるかと思いますが、ちょっと面倒かも知れません。

 絵合わせ誤同定対策は難しいですが、例えば、サムネイルページに進む前に、警告のような感じで注意事項を読ませるページを挟むのも1案かと思います。
 これからは、時々いろんなページを見て、教えてあげることも、ネットで活動する分類屋の仕事(サービス業)になるかもしれません。

 でも、複数画像を使って、絵合わせ同定が出来るレベルまで行けたら、すごいですね。

 ではまた。
 

 

  

Re: サムネイル表示の別サイト 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/23(Sun) 22:04:32 No.4109  引用 
ハエ男様,バグリッチ様.

撮影者の氏名については,御指摘のように後日訂正します.

絵合わせ誤同定対策は難しいですが,すでにこの掲示板に出た段階で引用されている場合もありそうです.
(cf. 神奈川県のマンションの階段に止まっていたハナアブが,キアシクチグロヒラタアブとされてますが,おそらくこの掲示板を見た人だと思います.)
http://blog.goo.ne.jp/ranmaru0530/e/d1d7d5096b19028db3a7c54a9257533b

とりあえず,注意書きを書かなくてはなりませんね.

実は,キアシクチグロヒラタアブでググッて,もっとひどいHPを発見し,BBSに苦言・忠告を書いてきました.

Naturalium-生物分類データベース.

私のHPのハナアブのリストや,昆虫学DBの検索結果を一覧表にしています.
素人さんのように感じるので,他の分類群も色々と引用の問題がありそうです.

実は,日本産双翅目科一覧も著作権法上かなり危ない引用かなと思いましたが,オリジナルが九大総目録であることを明記していることと,こちらで追加情報等を記入した新たな目録ということで,回避出来ると思っています.

総目録を一覧にした理由は,昆虫に対しての情報が少ない一の人に対して,学名があるハエだけでもこれだけの種類数がいる,というのを実感してもらうには一覧表が有効だと思ったからです.

丸写しではないかと言われないように,追加情報を入れていないページを直さなくてはなりませんね.

では,また.

久しぶりのオドリバエ Empis(Pol... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/20(Thu) 08:50:35 No.4094  引用 
6月に札幌郊外で採集した体長7.5mm程のオドリバエです.

Empis(Polyblepharis)亜属の種の検索表で調べると,後腿節の全長に亘ってav剛毛を装っているので,アシブトオドリバエ Empis(Polyblepharis) moiwasanaのようですが,如何でしょうか?

また,検索表にはP. moiwasana Matsumura(北海道集団),P. moiwasana(対馬集団)と記されていますが,北海道と対馬に分布する種類なのでしょうか?
そうすると,対馬には朝鮮半島経由で分布を広げたと考えれば良いのでしょうか?

実は,ハナアブ科でも従来北海道でしか記録されていない種類が,対馬で採集されました.


Re: 久しぶりのオドリバエ Empis... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/20(Thu) 08:53:24 No.4095  引用 
♂の後腿節.

たまにはガガンボ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/19(Wed) 18:57:50 No.4089  引用 
札幌市郊外で6月に採集した,体長17mm程のガガンボです.
Takahashi(1960)のTanyptera属の検索で調べるとシロアシクシヒゲガガンボ Tanyptera macraeformisのようですが,如何でしょうか?


Re: たまにはガガンボ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/12/19(Wed) 18:58:45 No.4090  引用 
交尾器です.

インドともう一つ 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/13(Thu) 21:22:02 No.4080  引用 
こんちは。

 先日採ったツヤホソバエの中に、インドツヤホソバエがいくつか入っていました。(画像上)
 混じって、ちょっと小さい、似たツヤホソバエが見つかりました。
 インドツヤホソバエに似てますが、前脛節の形状はかなり異なっています。
 これって、変異の範囲でしょうか?

 ご教示いただけましたら、嬉しいです。
 宜しくお願い致します。


Re: インドともう一つ 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/12/17(Mon) 15:37:31 No.4085  引用 
レスがないので・・・
インドツヤホソバエは初めて見ましたがカッコいいですね・・・特に前腿節はホロリとさせるものがあります。

さて、もうひとつの方は難しいですね〜・・インドツヤホソバエのような極端な♂前腿節の種はネパール、極東ロシア、などの文献を見る限りでは見当たらず、私見ですが、腿節を見る限りインドツヤホソでないということも難しいように思います。一応脚の第二次性徴の発達の悪い個体(つまり変異の範囲)なのではないでしょうか?

Re: インドともう一つ 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/12/17(Mon) 21:28:44 No.4088  引用 
ハエ男さん、こんちは。ご助言ありがとうございます。

 この前脚には、エネルギーを感じますよね。

 やはり、同じ種の変異の範囲ですかねぇ。
 他に似た種も無いし、そんな感じにも思えたのですが・・・

 インドツヤホソは、♀はたくさん見つかるのですが、オスがあまり採れません。大きいので、オスが採れると嬉しいです。

 ではまた。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -