8763470
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ヒョウタンハリバエ属文献 (0) / 2: ガガンボさん? 同定お願い致します。 (6) / 3: 同定お願いいたします (2) / 4: 無題 (2) / 5: ツリアブ不明種? (4) / 6: 日本昆虫目録双翅目の疑問点 (31) / 7: 同定お願いします (2) / 8: ムシヒキアブを教えてください。 (2) / 9: ムシヒキアブの一種について (2) / 10: Mallotaの同定のお願い (6) / 11: 同定お願いいたします。 (2) / 12: 田沢湖のアブについて (2) / 13: 種名を教えてください (2) / 14: 翅のないノミバエ (1) / 15: 双翅目昆虫の同定について (2) / 16: 同定のお願い (2) / 17: キノコバエ科でしょうか. (2) / 18: キアブでしょうか? (3) / 19: 同定をお願いします. (2) / 20: 同定のお願い (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

ヤドリバエ科のシノニムリスト 投稿者:セスジ 投稿日:2009/03/21(Sat) 12:02:23 No.5297  引用 
埼玉県昆虫誌のカノコヤドリバエの学名が九大目録と違うので
ネットを探ってみたら、ライプニッツ農業景観研究センターの
ページに「ヤドリバエ科のシノニムリスト」
http://www.zalf.de/home_zalf/institute/dei/php/index.php?page=Tachinidae
がありました。左側のTaxonがジュニアシノニム、im DEI(ドイツ昆虫学研究所)がシニアシノニムとなります。

カノコヤドリバエ
Isocarceliopsis hemimacquartioides Baranov 1934

Carcelia ceylanica (Brauer & Bergenstamm 1891)
となるようです。

Re: ヤドリバエ科のシノニムリス... 投稿者:茨城_市毛_有弁類整理中 投稿日:2009/03/22(Sun) 11:46:57 No.5298 ホームページ  引用 
セスジ様.

セスジ様が紹介している頁は,ライプニッツ農業景観研究センターの収蔵標本リストであって,シノニムリストとは位置付けが若干異なると私は思います.(ハナアブ科を見ると,1980年代頃の学名となっているようで,その後30年分のシノニム処置が反映されていないようです)

さて,問題のカノコヤドリバエの学名ですが,埼玉県昆虫誌の出典である埼玉県動物誌(1978)では,カノコヤドリバエに
Carcelia(Euryclea) ceylanicaの学名が当てられております.

当時は,既にShima(1969)で日本産Carcelia属について解説していますが,Carcelia(Carcelia) hemimacquartioides
を収録する一方,C. ceylanicaの学名は見当たりません.(C. hemimacquartioidesのHostにAmata fortuneiカノコガと記されています)

Mesnil(1968)の,A Preliminary List of Tachinidae from Japanでも,C. ceylanicaの学名は出てきません.

そして,日本産昆虫総目録(1989)では,カノコヤドリバエはCarcelia(Euryclea) hemimacquartioidesとなっており,そ
の後の皇居のヤドリバエ科(2000)等でも,同様の扱いとなっております.

一方,中国ハエ類(1999)のCarcelia(Euryclea) ceylanicaの項目にはシノニムは記されていません.


なお,Herting(1984)Catalogue of Palearctic TachinidaeのAnnotationsには,

(43) C. (E.)-hemimacquartioides Baranov is not a synonym of ceylanica Brauer & Bergenstamm (Eufischeria). The types of the two species (seen by me) differ markedly in the width of the frons and the shape of the third antennal joint.

との記述があるので,何かの論文でシノニムとされたものが復活したのではないかと思います.

そのようなわけで,次の日本産昆虫総目録が出るまでは,カノコヤドリバエの学名はCarcelia(Euryclea)
hemimacquartioidesで良いのではないかと思います.

Re: ヤドリバエ科のシノニムリス... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2009/03/22(Sun) 13:51:50 No.5299  引用 
Shima (2006) A host-paratsite catalog of Tachinide (Diptera) of Japan, Makunagi/Acta Dipterologica, Supplement 2 によれば,カノコヤドリバエの学名は:

Carcelia (Euryclea) hemimacquartoides Baranov 

です.おそらくこれが本種の学名としては最新情報でしょう.

寄主はカノコガ(北海道帯広)だけで,種の分布は北海道,本州,九州;中国(北京,上海,台湾)と示されています(本文は英文).

なお,本件とは無関係ですが,学名に人名を用いるときに,それに hemi, neo, para, nigri-, -oides などの接頭語や接尾語をつけるのは,一般に好ましいこととは言われていません.本種の場合には,Baranovは,接頭語に加えて接尾語までMacquartに付けたことになります.この場合,たとえ人名ではなくとも,余り感じのよい学名ではないでしょう.「何々に似たものの半分」と言うようなことで,さっぱり意味が通じません.

Re: ヤドリバエ科のシノニムリス... 投稿者:セスジ 投稿日:2009/03/23(Mon) 11:18:50 No.5300  引用 
市毛様・アノニモミイア様
ご教授ありがとうございました。収蔵標本リストですね。
早とちりで申し訳ございません。

体長5ミリのハエ 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/18(Wed) 22:42:19 No.5281  引用 
庭の水槽近くで一匹だけ見つけました。
何バエでしょうか?
2009.3.18 三重県津市


Re: 体長5ミリのハエ 投稿者:エリユスリカ 投稿日:2009/03/19(Thu) 10:23:00 No.5292  引用 
写真だけでは確信は持てませんが、以下の種の雌に類似しています。

クロバヌマユスリカPsectrotanypus orientalis Fittkau, 1962:モンユスリカ亜科Tanypodinaeに含まれます。
この種は日本でもかなり普通に見られます。溜め池などで発生することもありますが、私の経験では山あいの細流の溜まり(泥が比較的深くたまった場所)で幼虫が見られます。

Re: 体長5ミリのハエ 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/19(Thu) 12:29:11 No.5293  引用 
エリユスリカ様、ありがとうございます。
この個体は現在家の中で生きています。目に見える形質で特徴的なものがあれば、観察できると思います。
とりあえず、レースのカーテンに止まった画像を用意しました。
クロバヌマユスリカは雌雄で翅の斑紋は異なりますか?


Re: 体長5ミリのハエ 投稿者:エリユスリカ 投稿日:2009/03/19(Thu) 12:38:34 No.5294  引用 
田中川 様
雌雄で色彩は基本的に同じです。が、雄の方が明るくて、黄緑色味を帯びます。大変きれいなユスリカです。複眼もきれいに輝いています。

Re: 体長5ミリのハエ 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/19(Thu) 13:59:50 No.5295  引用 
エリユスリカ様、いろいろ教えていただきありがとうございます。
エリユスリカ様のユスリカに対する愛情が感じられるコメントですね。

水槽の周辺で 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/18(Wed) 23:02:58 No.5282  引用 
自宅庭で何匹もうろついています。近づくとすぐに逃げて行きます。イトトンボの眼後紋のようなものが青白く光って見えます。触覚が素敵なこのハエは何バエでしょうか?
2009.3.17 三重県津市


Re: 水槽の周辺で 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/18(Wed) 23:04:47 No.5283  引用 
別角度から

Re: 水槽の周辺で 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/18(Wed) 23:10:10 No.5284  引用 
別個体。体長は3〜4ミリ程度かと。2009.3.18

Re: 水槽の周辺で 投稿者:茨城_市毛_有弁類整理中 投稿日:2009/03/18(Wed) 23:19:34 No.5286 ホームページ  引用 
田中川様.

アシナガバエ科のSyntormon属の1種と思われます.

過去ログに何度か出ています.

Re: 水槽の周辺で 投稿者:バグリッチ 投稿日:2009/03/18(Wed) 23:21:35 No.5287  引用 
田中川様

私も、市毛さんに賛成です。

Re: 水槽の周辺で 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/19(Thu) 00:58:50 No.5288  引用 
茨城_市毛_有弁類整理中様、バグリッチ様、ありがとうございます。
どうやら属名まで判明すれば良しとしなければならないようですが、「アシナガバエ科 Syntormon」で検索をかけてもほとんど何も出てきませんが、Syntormon属って新しい属名なのでしょうか。
こちらにも出ておりませんが。
http://furumusi.aez.jp/wiki.cgi?%A5%A2%A5%B7%A5%CA%A5%AC%A5%D0%A5%A8%B2%CA

Re: 水槽の周辺で 投稿者:三枝豊平 投稿日:2009/03/19(Thu) 01:35:09 No.5290  引用 
Syntormon属は1857年にLoewによって創設された属で、世界に100種余り生息し、ほぼ全世界に分布していますが、北半球の温帯に最も種が多いものです。私も中国の種を何種か新種として記載しましたが、日本産のものは未研究のまま放置状態です。あなたが写真で撮影されたとおり、雄の第3触角節(第1鞭小節)が著しく伸長して、これに第2節が食い込むようになっていること、雄交尾器は小型で目立たないこと、多くの種で雄の後脚の第1付小節にえぐれや特殊な剛毛を生じることなどが目立つ特徴です。

日本でも早春に多く、平地の庭に出た裸地の漏水場所などある程度恒常的な湿地にたむろして、驚かすと後脚を下に長く垂らしてゆっくりと飛翔します。時には家の中にも入ってきて、食卓の上などに静止していることさえあります。アシナガバエ科としては身近にいて、しかも大変おとなしい仲間です。

日本のアシナガバエ科は海浜岩礁性のものと、渓流性のDiostracusはかなり詳しく研究されましたが、他の属はほとんど全く研究されていない、という状況です。

Re: 水槽の周辺で 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/19(Thu) 02:05:18 No.5291  引用 
三枝豊平様、いつもながら判りやすく説明していただき、ありがとうございます。
生息状況や生態についての解説もありがたい事です。

キイロホソハナレメイエバエ? 投稿者:茨城_市毛_有弁類整理中 投稿日:2009/03/17(Tue) 00:10:20 No.5274 ホームページ  引用 
9月に茨城県北部の山間部(標高800m程)で採集した体長5mm程のハナレメイエバエです.

日本のイエバエ等で調べたところ,中脚脛節にad剛毛を欠く点を除き,キイロホソハナレメイエバエCaricea xanthogasterによく似ています.

残念ながら,検索表で問われている中脛節のad剛毛の有無が記載に書かれていません.

御存知の方がおられましたら,御教授頂きたいと思います.


Re: キイロホソハナレメイエバエ... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2009/03/18(Wed) 03:01:40 No.5279  引用 
どなたも反応がないので、一言感想を。

私のマウントしてある標本の中には本種らしいものはありません。しかし、「日本のイエバエ科」の本種の写真を見る限り中脛節にad剛毛らしいものは写っていないのが気になります。他の剛毛についてはかなり詳しく挙げているのに、本種に限らずすべてのCariceaの種について中脛節のad剛毛については全く触れていないのが不思議です。

Re: キイロホソハナレメイエバエ... 投稿者:茨城_市毛_有弁類整理中 投稿日:2009/03/18(Wed) 23:17:08 No.5285 ホームページ  引用 
アノニモミイア様.

私も,中脛節のad剛毛について本文での記述が無く,別の剛毛の間違いではないかと思ってCaricea属各種の記述を比較してみましたが,該当しそうな剛毛が無くお手上げでした.

もっと標本を集めて調べてみます.

ありがとうございました.

Re: キイロホソハナレメイエバエ... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2009/03/19(Thu) 01:19:15 No.5289  引用 
「中国常見蝿類検索表」や「中国蝿類」では中国産種のうちC. vernalisをはじめ数種は中脛節に前背剛毛を具えると示されていますので、この剛毛を持つ種もCaricea属にあることは間違いないでしょう。

C. xanthogasterやC. iyoensisはともに「日本のイエバエ科」で新種として原記載されているのですから、それぞれの種の記載文に主要識別形質としての問題の剛毛の記述はほしいところです。他山の石とすべきかと思っています。

この幼虫知りませんか? 投稿者:K 投稿日:2009/03/10(Tue) 01:08:35 No.5194  引用 
2007年7月14日に北海道千歳市の広葉樹林で採集したものです。冬虫夏草に寄生されており、幼虫はミズナラの朽木の樹皮をめくると出てきました。体長は25ミリ程で無脚です。
冬虫夏草図鑑ではこの幼虫を甲虫幼虫としていますが、http://yukipro.sap.hokkyodai.ac.jp/animal/i_02.html
のキアブ幼虫の画像を見て双翅目の一種では?と思いました。
画像が不鮮明で申し訳ないですが、教えていただければ幸いです。


Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:三枝豊平 投稿日:2009/03/10(Tue) 01:53:53 No.5195  引用 
推定されたとおり,キアブ科Xylophagusの1種の幼虫であることはほぼ確実でしょう.

Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:K 投稿日:2009/03/10(Tue) 02:56:51 No.5197  引用 
ありがとうございます。
幼虫図鑑にも全姿が載っていなかったので、教えていただけて助かりました。

Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:pieris 投稿日:2009/03/10(Tue) 19:10:21 No.5201  引用 
この虫草の子実体(子嚢果のつぶつぶがついている部分)の写真は撮影していらっしゃいましょうか?
虫草にちょっと興味がありますものですから。

Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:pieris 投稿日:2009/03/11(Wed) 01:13:44 No.5204  引用 
Kさまに乗っかってすみません。
この幼虫もキアブ科でしょうか。アバウトで十分です。
大分県由布市庄内町男池(標高800mの原生林の朽木より採取)。
虫草はサビイロクビオレタケ。


Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:pieris 投稿日:2009/03/11(Wed) 01:19:12 No.5205  引用 
これもキアブ科でしょうか。
大分県由布市庄内町男池(標高800mの原生林の朽木より採取)。
虫草はホソエノアカクビオレタケ。


Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:pieris 投稿日:2009/03/11(Wed) 01:22:11 No.5206  引用 
すみません、もうひとつお願いいたします。
幼虫はハエ目でしょうか。
大分県由布市庄内町男池(標高800mの原生林の朽木より採取)。
虫草はクチキフサノミタケ。


Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:三枝豊平 投稿日:2009/03/11(Wed) 07:24:40 No.5210  引用 
1枚目はキアブ属の1種でしょう.2枚目も双翅目でキアブらしいのですが,この画像だけではわかりません.3枚目はどちらが頭部かわからず,双翅目か鞘翅目か,幼虫か蛹かの見当がつきません.どうもパッとしないお答えです.

Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:pieris 投稿日:2009/03/11(Wed) 10:05:05 No.5211  引用 
ありがとうございます。
昆虫をきれいにクリ−ンアップしなければなりませんでしたね。
このときは冬虫夏草をかじり始めてまもなくでしたので、菌類のほうにポイントを置いた写真になってしまいました。
3枚目のは恐らく虫体は右向きじゃないかと思いますが、今となっては確認がとれません。この場所では比較的多く見つかるので、そのうちに再確認しておこうと思っています。

Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:K 投稿日:2009/03/17(Tue) 12:48:30 No.5275  引用 
pierisさんのご想像のとおり(?)画像の幼虫はサビイロクビオレタケに寄生されたものです。私の知る限りサビイロは必ずこの幼虫に寄生するようです。ホソエノアカクビオレタケも今まで多数観察してきましたが、脚のない蛆状の幼虫であり鞘翅目の幼虫ではないようです。
クチキフサノミタケの寄主は、所有する標本と幼虫図鑑をみたところゴミムシダマシ科幼虫でよいと思います。尾部に突起がある点でサビイロの寄主と似ていますが、しっかりと脚がついており無脚ではありません。

Re: この幼虫知りませんか? 投稿者:pieris 投稿日:2009/03/17(Tue) 23:08:52 No.5278  引用 
Kさまコメントをありがとうございます。
上の3種は共にブナの倒木からでした。
虫草と寄主との関係が大変面白いですね。
ハエヤドリタケはオオクロバエなどから出るのは完全型で、ムシヒキアブから出るのは不完全型のような気がします。クロバエの仲間とムシヒキアブの仲間は菌にとって条件が違うのかな、単に産地の違いかな、菌ははたして同一かなという疑問もありますね。いやはや面白いです。

コチビクロバエとチビクロバエ 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/14(Sat) 15:45:28 No.5251 ホームページ  引用 
クロバエ科のMelinda pruinosaコチビクロバエとM. pusillaチビクロバエの違いが良く判りません.

Fauna Japonica P.32を見ると,palpiの色が褐色なのでM. pusillaとなるようなのですが,交尾器を見るとM. pruinosaのようにも見えます.


Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/14(Sat) 15:46:15 No.5252 ホームページ  引用 
同,交尾器です.

よろしくお願い致します.


Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/14(Sat) 20:55:02 No.5255  引用 
Fauna Japonicaや、この記述のもと文献となったKurahashi(1964)ではpalpiの色は、M. pruinosaがblackish、つまり黒っぽく(黒色ということでないのがミソ)M. pusillaがbrownつまり褐色となっており、なおかつ"This species can be hardly differented from M. pruinosa by the external appearance."つまり、外見では(交尾器を見ない限り)同定困難とされています。基準となる比較用の標本がよほどたくさん蓄積され、個体変異の幅がつかめない限りは、palpiの色で同定しないほうがよく、交尾器の形態による判断を信じたほうがよいかと思います。

また、分類学的な変更もあるのでご注意ください。

Fauna JaponicaでMelindaに分類されていたハエは、イオコクロバエを除いてMelindaからははずされています。Melindaは亜科MELANOMYIINAEに分類されていますが、この亜科に属するハエはカタツムリ寄生で特殊化した産卵管を有していますが、Fauna JaponicaのMelindaでこの産卵管を有しているのはイオコクロバエだけです。

1979年の「ハエ−生態と防除−」ではイオコクロバエ以外のFauna JaponicaのMelindaはOnesiaに移されたとされていますが、コチビクロバエとチビクロバエは横溝後翅内剛毛が3本ではなく2本ですので、Knut Rongnesの分類に従えば、OnesiaではなくBellardiaになります。

さらにチビクロバエの原記載時の学名はMusca pusilla Meigen, 1826ですが、1790年にGmelinがMusca pusillaを記載しています(現在ハナアブ科に分類されている種らしい)ので、これのJunior primary homonymになってしまいます。そのため、Knut Rongesの"Blowflies (Diptera, Calliphoridae) of Fennoscandia and Denmark"ではOnesia viarum Robineau-Desvoidy, 1830を有効な原記載として、Bellardia viarum (Robineau-Desvoidy, 1830)を採用しています。

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:ハエ男 投稿日:2009/03/14(Sat) 22:15:14 No.5259  引用 
とりあえず♂ゲニの形状はコチビクロバエになると思います。
手元にシノニム関連の資料がないので学名の取り扱いは?つきますが中国動物誌 麗蝿科を見る限りはBellardia nartsukae=M. pruinosaになると思います。

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/14(Sat) 22:17:39 No.5260  引用 
ちょっと引っかかっている点が1つあります。

いろいろ検索してみても、Gmelinが1790年に記載している"pusilla"という種がどうしてもカメムシしか見つからないのですよね。Rongesの言うところのハナアブ科のMusca pusillaはどこに行ってしまったのでしょうか。

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/14(Sat) 22:27:23 No.5261 ホームページ  引用 
ウミユスリカ様.

確かに,色については難しいものですね.

交尾器での同定に自信が持てなかったのは,Kurahashi(1964)やFauna Japonicaでの古い分布記録と,埼玉県昆虫誌や皇居の昆虫での分布が逆転しているように感じたからです.

Kurahashi(1964)やFauna Japonicaでは,M. pruinosaコチビクロバエが山岳部に分布し,M. pusillaチビクロバエは森林地帯や沼沢地の普通種と記されています.

一方,埼玉県昆虫誌ではM. pruinosaコチビクロバエが平地に分布し,M. pusillaチビクロバエが山岳部で記録されており,
皇居の昆虫でもコチビクロバエ M. pruinosaが記録されています.

どちらの分布が合っているのでしょうかね?

なお,学名については諸説があるようですが,次回の目録では両種ともOnesia属で,コチビクロバエはOnesia nartshukae (Grunin, 1970)となっていたのでは?

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/14(Sat) 22:33:53 No.5262 ホームページ  引用 
ハエ男.

返信を書いている間に,コメントが入ってしまいましたね.
コチビクロバエとのことありがとうございます.

ウミユスリカ様.

Musca(Syrphus) pusilla Gmelin, 1790はSys. Nat. Ed.13で収録されたと記されていますが,旧北区のカタログではDoubtful species of Syrphidaeとの扱いになっています.

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/15(Sun) 00:05:44 No.5263  引用 
市毛様

Kurahashi(1964)をよく見ると、チビクロバエが標高2500mの高山にまで出現し、世界での分布も北に偏っている(北欧のデンマークにまで出現する)のに対し、コチビクロバエは山地に出現するものの比較的稀(つまり地点の例数が少なくなりがち)で、世界での分布も南に偏っている(北欧では記録されておらず、チビクロバエの記録がない北アフリカのチュニジアやアルジェリアに出現する)ことが読み取れます。「埼玉県昆虫誌」や「皇居の昆虫」の記述とは矛盾しないと思います。

>> 次回の目録では両種ともOnesia属で,コチビクロバエはOnesia nartshukae (Grunin, 1970)となっていたのでは?

まだ公式には未発表のリストなので、あえてスルーしておきました。Onesia属とBellardia属は非常に縁が近いので、BellardiaとOnesiaを分けない見解なのだと推測しております。横溝後翅内剛毛の数と前縁脈の下面の毛の生えている範囲に違いが出るのですが、この辺りの形質の評価で見解が分かれるのかもしれません。

>> 旧北区のカタログではDoubtful species of Syrphidaeとの扱いになっています.

なるほど。存在するか疑わしい種なのですね。

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/15(Sun) 01:11:02 No.5264  引用 
>> まだ公式には未発表のリストなので、あえてスルーしておきました。

と書きましたが、「埼玉県昆虫誌」で既にこの学名になっていましたね。今確認いたしました。

また、「中国蝿類」ではコチビクロバエがBellardia nartshukae (Grunin, 1970)、チビクロバエがBellardia pusilla (Meigen, 1826)となっていました。「中国動物誌 麗蝿科」では、Bellardia nartshukaeの方は掲載されていますが、チビクロバエは掲載されていませんでした。

どうも、Bellardia属を認めるか、またMusca pusilla Meigen, 1826を有効な記載とみなすかどうかがどの学名を採用するかの焦点となっているようですね。

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/15(Sun) 07:40:28 No.5265 ホームページ  引用 
ウミユスリカ様.

ネットを調べたら,もっと劇的な論文が出ていました.
Verves(2004)The species of genus Bellardia Robineau-Desvoidy
http://www.biosoil.ru/fee/2004/N-135/N-135.pdf

この論文では,Melinda pruinosaとM. pusilla双方を誤同定としてBellardia nartshukaeのシノニムとしています.

分布を見る限り,極東側にはヨーロッパとは別の種類が
分布すると考えているようです.

私としては,双方の形態の差が少ないので,このほうがスッキリするような気にもします.

ありがとうございました.

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/15(Sun) 11:46:00 No.5266  引用 
>> この論文では,Melinda pruinosaとM. pusilla双方を誤同定としてBellardia nartshukaeのシノニムとしています.

なるほど。でも、Bellardiaって世界的に見ても、雄でも(つまり交尾器をチェックしても)種間の形質の差異がわずかで、同定の難しさは札付きなんですよ。だから、コチビクロバエとチビクロバエが同種を無理に2種に分けてしまっていたのか、本当に別の2種なのかは、まだまだ検証研究が不足しているようにも思えます。

もっと微細な形質を徹底的に比較して、さらに最終的にはDNAバーコーディングなんかの手も借りる必要があるかもしれません。

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/15(Sun) 14:41:48 No.5267  引用 
おまけですが、RongnesはTriceratopyga(フタオクロバエ属)とAldrichina(ケブカクロバエ属)は認めていません。Calliphoraに統合しています。このあたりの属レベルの分類はまだ流動的ですね。

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/15(Sun) 19:47:13 No.5270 ホームページ  引用 
ウミユスリカ様.

確かに,有弁類は分類が流動的なところが多いようですね.

今年こそと有弁類の標本を整理していますが,和名を書いていると自分がイエバエ科を調べていたのかクロバエ科を調べていたのか判らなくなります.
イエバエ科のなかには,○○ハナバエというのも多いですし;^_^)

Re: コチビクロバエとチビクロバ... 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/16(Mon) 11:37:46 No.5272  引用 
>> 和名を書いていると自分がイエバエ科を調べていたのかクロバエ科を調べていたのか判らなくなります.

イエバエ科にキバネクロバエ、セアカクロバエ、オオセアカクロバエなんていうのがいますからね。ただ、後二者は小盾板を見れば、いかにもなオオイエバエ属ではありますが。

>> イエバエ科のなかには,○○ハナバエというのも多いですし;^_^)

この辺は篠永先生や、晩年の加納先生が、ほぼ修正されましたね。みんな○○イエバエになりました。一時期イエバエ上科の中の科の範囲がなかなか確定しなくて、和名がついた時期にはハナバエ科に入れられていたようですね。Fauna Japonicaの執筆時期にはこの問題が解消されてある程度時間が経過していたのですが、にもかかわらず修正されていなかったのは、和名の安定性を乱すことを懸念されたのかもしれません。

シマバエ科の訊ねバエ 投稿者:アーチャーン 投稿日:2009/03/14(Sat) 16:50:54 No.5253 ホームページ  引用 
 昨年の12月上旬に東京都世田谷区西部で撮ったハエです。もう薄暗い時刻で気温も下がっており、動きが鈍いと思って油断したら大間違い、背面から撮っただけで逃げられてしまいました。複数居たのでその後2〜3日買い物ついでに探してみましたが、もう2度と見つかりませんでした。
 ・・・と言う訳で背面からの写真しかありません。しかし、頭部胸部の剛毛配列や脛節端付近に剛毛があることから、シマバエ科で間違いないものと思います。以前、No.5060からのスレッド(生憎消失した部分です)に投稿したシマバエ科のHomoneura属と思しきハエと頭部胸部の剛毛が細部に至るまで殆ど同じ(相違は、単眼剛毛が以前のハエでは前向き平行なのに対し、このハエでは前向きで八の字型に拡がることのみ)なので、Homoneuraかその近縁属の可能性が高いと思います。
 他に写真はありませんが、色彩が非常に特徴的なので、何方か御存知の方、居られますでしょうか。

追記:体長は4mm、翅端まで5.5mmです。


Re: シマバエ科の訊ねバエ 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/14(Sat) 17:11:01 No.5254 ホームページ  引用 
アーチャーン様.

Homoneura属と判断なされたなら,論文ナビゲーターCiniiで下記の論文を一度御覧になって見られたらと思います.

Sasakawa, 1985, A Revision of the Japanese Species of Homoneura (Homoneura) (Diptera, Lauxaniidae) Part 3

http://nels.nii.ac.jp/els/110003377430.pdf?id=ART0003853773&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1237018249&cp=

今のところ,Homoneura属を一括で検索できるのはこの文献しかなく,この文献以降に日本から記録された種類は記載文などに総当りで調べるしかないようです.

Shatalkin(2000)は,記載が全く無いのであまり頼りになりません.

論文ナビゲーターには,この他のグループについてもかなりの論文が公開されているので,結構重宝します.

Re: シマバエ科の訊ねバエ 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/14(Sat) 21:04:24 No.5256  引用 
市毛様、アーチャーン様

CiniiはPDFファイルへの直接リンクは有効ではないので、以下の検索データ表示ページからPDFファイルへのリンクをクリックすれば閲覧できます。

http://ci.nii.ac.jp/naid/110003377430/

Re: シマバエ科の訊ねバエ 投稿者:アーチャーン 投稿日:2009/03/14(Sat) 21:53:42 No.5258 ホームページ  引用 
茨城_市毛様、ウミユスリカ様:

 論文の御紹介有り難う御座います。

 背面からの写真1枚では検索は困難なので、当該論文の1〜3までの記載をザッと見てみましたが、体色が該当する種は見つかりませんでした。しかし、あくまで「ザッと」なので、もう一度キチンと見てみます。
 シマバエ科であることは確かと思いますが、Homoneuraである確証はありません(何分にも写真1枚ですから)。別属の可能性も大いにあります。

 取り敢えず御礼まで。

Re: シマバエ科の訊ねバエ 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/15(Sun) 18:18:09 No.5268 ホームページ  引用 
アーチャーン様.

偶々,似たような標本を見つけましたが,Protrigonometopus 属かもしれません.

Re: シマバエ科の訊ねバエ 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/15(Sun) 19:39:36 No.5269 ホームページ  引用 
追伸.

Protrigonometopus属は,日本のシマバエ科(エコリス)で2種となっているが,Shatalkin(1999)によるとSasakawa(1998)でP. okinawanusが記載されており,日本産は3種となる.他に東洋区にP. deciptor Mallochが分布していると記されている.


恐らく,北海道〜本州に分布しているのは,Р. maculifronsとР. sexlituris の2種.

・Р. maculifronsは頭部が三角形に近く,触角刺毛は黒色微毛を装い太く見える.顔の中央部に1対の大きな斑紋を備える.日本,北朝鮮,中国に分布.皇居でも確認されている.

・Р. sexlituris は頭部が三角形状ではなく,触角刺毛は肥大しない.顔の両側に1対の小さな斑紋を備え,触角下部と口器上部にも1対の斑紋を備える.沿海地方と日本に分布.

自宅(茨城)で見られるのも,Р. maculifronsのようです.


Re: シマバエ科の訊ねバエ 投稿者:アーチャーン 投稿日:2009/03/16(Mon) 08:54:57 No.5271 ホームページ  引用 
茨城_市毛様:

 御回答有り難う御座います。

 触角刺毛は太いですし、東京付近ではProtrigonometopus maculifronsの記録が彼方此方にあるのに対し、P. sexliturisは全く見つかりませんでしたから、P. maculifronsで決まりの様ですね。
 脛節端に2本の剛毛が見えるので、エコリスの検索表では、一番最初で間違えてしまいました。

 かなり普通種で、しかも晩秋に限られる種ではない様ですから、今後気を付けて、見付けたら顔の写真を撮って確認したいと思います。

 標本写真有難う御座いました。

オオガガンボダマシでは 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/14(Sat) 00:20:44 No.5249  引用 
撮りためた画像を眺めていたら、翅に斑紋のあるガガンボダマシが写っていました。体長は6ミリ弱。
古い図鑑に「翅の斑紋は極めて不明瞭で、僅かに横脈r-m上に淡色斑紋のみ明らか」であるオオガガンボダマシなる種の記述を見つけました。
同様の斑紋がある近似種がいるのでしょうか。

2009.3.6午後3時頃 三重県津市の自宅にて


Re: オオガガンボダマシでは 投稿者: 投稿日:2009/03/14(Sat) 09:42:21 No.5250 ホームページ  引用 
オオガガンボダマシTrichocera regelationisは全北区に広く分布するもので日本でも普通に見られます。r-m横脈に斑紋は本種の特徴の一つなのですが、日本に分布するガガンボダマシではsakaguchiiやhiemalisなどにも同じ場所に様々な程度の斑紋が現れることがあります。さらに、よく調べると、これらの種を含め最低でも6種にこのような斑紋が見られます。
オオガガンボダマシは全身黒褐色の体、雄のgonostylusの基部に小さな突出があること、左右のgonocoxiteが腹側で伸張したventral gonocoxal bridgeに光沢があること、雌の産卵管の形状などによって他と区別できます。
写真のガガンボダマシを見ますと、雌のようですが、腹部の先端が黄褐色で腹部の各節の前半が明るく後半が暗い縞模様になっていますので、オオガガンボダマシではなく、九州、四国、本州(関東あたりまで)に分布する未記載種(私の帳面ではsp.9としているもの)だろうと思われます。

Re: オオガガンボダマシでは 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/14(Sat) 21:35:11 No.5257  引用 
達磨様、オオガガンボダマシの詳しい形態を教えていただきありがとうございます。
また、未記載種についての情報もありがとうございます。

ミヤマキンバエとニセミヤマキン... 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/12(Thu) 19:38:31 No.5234 ホームページ  引用 
キンバエ科の中で,ミヤマキンバエLucilia (Lucilia) papuensisとニセミヤマキンバエLucilia (Lucilia) baziniの区別に自信が持てないので,アドバイス頂けませんでしょうか.

Fauna Japonica等では,両種の区別点として下部鱗弁と鱗弁縁毛の色彩です.

図示した個体は,下部鱗弁と鱗弁縁毛双方が暗褐色なのでミヤマキンバエと思われます.


Re: ミヤマキンバエとニセミヤマ... 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/12(Thu) 19:43:08 No.5235 ホームページ  引用 
次の個体は,下部鱗弁は暗褐色で,鱗弁縁毛が淡黄褐色となっています.
これはミヤマキンバエとニセミヤマキンバエどちらになるのでしょうか?

なお,キンバエ類で両種同様に腹部背板後縁に暗色帯を備えるトウキョウキンバエHemipyrellia ligurriensは,後胸前側板の黒色毛で区別しています.

よろしくお願い致します.


Re: ミヤマキンバエとニセミヤマ... 投稿者:ハエ男 投稿日:2009/03/12(Thu) 21:48:13 No.5238  引用 
暗褐色と赤褐色、黄褐色という表現は結構微妙な個体差を考えるとそれのみを同定のキーとするにはかなりきついといわざるを得ません。とりあえず楽なのは♂ゲニや♀の第6腹板を見れば一発です。
ちょっと同定のキーとしては怪しいと感じてはいるのですが、腹部第3腹節の帯が中央部で細くなるのがニセミヤマキンバエで細くならないのがミヤマキンバエということになっています。

Re: ミヤマキンバエとニセミヤマ... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2009/03/12(Thu) 22:36:20 No.5239  引用 
市毛様、ハエ男様、こんにちは。

 私の手持ちのミヤマとニセミヤマの標本は、オスのゲニで確定しましたが、ニセミヤマの下部鱗弁はかなり白ぽいです。
 ハエ男さんのおっしゃる腹部第3腹節の帯の幅は、検索の通り、ミヤマで太く、ニセミヤマで細くなっています。

 市毛さんの画像は、鱗弁縁毛が淡黄褐色ながら、下部鱗弁そもののは暗褐色で、腹部第3腹節の帯の幅が太く見えますので、ミヤマキンバエの可能性が高いのではないかと思います。

 メスは難しいですね。私は今のところ、安易な道を選んで、メスはほとんど採ってません。(ほんとは 逃げちゃいけないのですが・・・)

Re: ミヤマキンバエとニセミヤマ... 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2009/03/13(Fri) 09:40:43 No.5240  引用 
ここのところしばらく持病の脊椎関節炎の症状が悪化して、しばらくダウンしてご無沙汰していました。

やはりクロバエ科は採集したらなるべく早く雄のゲニタリアを起こし、雌の産卵管を引き出してピンにマウントし、そのときに同定ラベルをつけてしまうのが一番です。乾燥して硬くなってしまった標本でも、水分を少し加えた正露丸フィルムケースに入れて軟化すると、ゲニタリアや産卵管をうまく処理できることがあります。

マレーゼトラップやFITなどの液浸標本として回収される標本では、カールス液やディートリッヒ液のようなホルマリン+エタノール+酢酸+水の組成の保存液を用いると、ひどく硬化しないので雌の産卵管の引き出しでも十分可能です。ゲニタリアと産卵管の処理をしてから、洗浄して固定液を除去し、サブロスキー法などで乾燥標本にするとよいかと思います。

ニセミヤマキンバエは、少なくとも私が今まで採集したものは、下部鱗弁が淡いクリーム色のものばかりでした。ミヤマキンバエは、液浸標本でも下部鱗弁の黒っぽさが非常に目につきます。

Re: ミヤマキンバエとニセミヤマ... 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/13(Fri) 20:50:18 No.5248 ホームページ  引用 
ハエ男様,バグリッチ様,ウミユスリカ様.

コメントありがとうございました.
今年は注意して採集してみます.

ヒゲユスリカ族の1種? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2009/03/13(Fri) 11:17:20 No.5243 ホームページ  引用 
 昨年の1月中旬に東京都世田谷区西部で撮影した虫です。体長は2mmと小さく、葉裏をゴソゴソと歩いていました。マクロレンズで覗いていたときは前肢を触角と間違え、一体何目に属す虫かと思いましたが、平均棍があり、触角が長く、横から見ると頭部胸部がガガンポなどと似ているので、漸く蚊の仲間であることが分かりました。しかし、その先は全くダメでした。翅には毛が生えていて翅脈は良く見えませんし、小さ過ぎて体の細部も分からず、検索が全く出来ません。こちらのサイトの写真も全部見てみましたが、類似した写真は見つかりませんでした。
 先日「ユスリカの世界」を買ってみて、どうもユスリカの1種らしいと思い始めました。そこでChironomidaeで外国のサイトを見て回ると、Tanytarsus pallidicornisと言う(http://popgen.unimaas.nl/~jlindsey/commanster/Insects/Flies/SpFlies/Tanytarsus.pallidicornis.html)、添付の写真に全体も翅脈もかなりよく似たユスリカの画像が見つかりました。「ユスリカの世界」に拠ると、ヒゲユスリカ属Tanytarsusは成虫の体長3−5mmとあり、添付の写真の虫よりも大きめです。ヒゲユスリカ属の1種とするのは、単なる絵合わせなので非科学に過ぎますが、ヒゲユスリカ族の1種と考えても宜しいでしょうか。
 この虫、冬期は稀でしたが、5月下旬には同種と思われるものが物凄い数いて、草むらを歩くとウンカの如く出て来ました。冬と違い非常に敏捷で、留まるとアッと言う間に葉裏に逃げ込んでしまいます。町内の2個所に多産していましたが、何れも直ぐ近くにかなり水量のある泉があります。
 宜敷御教示下さい。


Re: ヒゲユスリカ族の1種? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2009/03/13(Fri) 11:18:29 No.5244 ホームページ  引用 
 斜め前からの図.上とは別個体ですが同種と思われます。

Re: ヒゲユスリカ族の1種? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2009/03/13(Fri) 11:21:01 No.5245 ホームページ  引用 
 斜め横から見た図。上と同一個体。
 その他、真横から撮った写真もありますが、頭部が前脚で少し隠れているので、此方を出しました。


Re: ヒゲユスリカ族の1種? 投稿者:エリユスリカ 投稿日:2009/03/13(Fri) 11:27:29 No.5246  引用 
写真からの判定では、ヒゲユスリカ族の一種までしか判りません。5月頃にヒゲユスリカ属は水田脇の水路、溜め池等から非常に沢山出てきます。平地ではこの時期がこの族のピーク期です。残念ながらヒゲユスリカ族には外見では属までは識別するのは困難です。雄生殖器を見れば一瞬で属までは判るのですが。色彩も似たものが沢山います。黄白色のものが殆どです。

Re: ヒゲユスリカ族の1種? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2009/03/13(Fri) 12:39:41 No.5247 ホームページ  引用 
エリユスリカ様:

 初めまして。早速の御回答有難う御座います。

 「何蚊でしょう?」と言う問い合わせは余りにも無責任と思い、この蚊の所属をある程度まで解決することは、昨年の冬からの懸案でした。お陰様で漸くヒゲユスリカ族まで確実に落とす出来ました。
 極めて普通でありながら、非常に小型である故にWeb上では写真が見つからないユスリカ類はかなり多いのではないかと思います。今までは敬遠しておりましたが、今後は少しユスリカ類も撮ろうと思っております。

 有難う御座いました。今後とも宜敷御願い致します。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -