8120003
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: CiNii一部サービス終了 論文閲覧不可 (1) / 2: 石川県の海浜で見つけたハエ (41) / 3: コマバムツボシヒラタアブ? (3) / 4: 空中静止をする微小なハエ (10) / 5: ガガンボ類の幼虫でしょうか (1) / 6: 芋虫の死骸に集まるミバエ? (3) / 7: 竹の中でアリと一緒に (5) / 8: ハナアブについて (1) / 9: なんという種類のハエでしょうか (3) / 10: 何バエでしょうか? (0) / 11: ハナホソバエ科で合ってますでしょうか? (7) / 12: ヒメチビクロバエ (2) / 13: トラ柄のハエ (2) / 14: モモアカマガリケムシヒキ種群 (4) / 15: 同定お願いします (3) / 16: マテバシイの殻斗のタマバエ (0) / 17: 同定お願いします (0) / 18: マレーゼトラップのサンプル (2) / 19: ハエの科の名前 (6) / 20: 同定のお願い (3) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

本日の1枚 チョウセンキタヤチ... 投稿者: 投稿日:2007/03/14(Wed) 20:31 No.3086  引用 
2002年10月に採集した、チョウセンキタヤチバエTetenocera chosenicaです。(体長9.5mm.水戸市郊外の休耕田)



Re: 本日の1枚 チョウセンキタ... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/03/16(Fri) 20:09 No.3090  引用 
こんちは。

 チョウセンキタヤチバエは、5月頃に出るものと思っていました、年2化(以上)発生するんですね。

 今年は、秋のチョウセンキタヤチを探してみようかと思います

本日の1枚 クロバエ科の1種 投稿者: 投稿日:2007/03/12(Mon) 20:46 No.3075  引用 
今日マレーズに入っていた体長7.5mm程のハエです。

hypopleuronに剛毛列があるのでイエバエ科だと思います。

日本のイエバエ科を調べ始めましたが、亜科の検索でつまづきました。写真にも左後脛節を載せましたが、couplet3の後脛節の1/3の位置にpd剛毛が有ると思うのですが・・・・

相変わらずハナアブ科以外はチンプンカンプンです。
よろしくお願い致します。


Re: 本日の1枚 クロバエ科の1種 投稿者: 投稿日:2007/03/13(Tue) 20:36 No.3076  引用 
自己レスです。ハナバエ科Anthomyiidaeのようです。

一応幾つかSuwaを調べてみましたが、よく判りません。

交尾器を添付しますので、見当が付きましたらよろしく御願いします。


Re: 本日の1枚 クロバエ科の1種 投稿者: 投稿日:2007/03/14(Wed) 11:07 No.3082  引用 
例外もあるようなので、検索に使えるわけではないのですがCercal plateが単純に舌状であるか、先端がいくつかに割れているかなどで、どの片のグループになりそうってのを当たりをつけてます。なんとなく画像では3つに割れているように見えるのですが、そこにピンのあった画像が見たいです。
あと、第5腹板の形状、毛の生え方も合わせてみるとかなり絞り込める気がします。

Re: 本日の1枚 クロバエ科の1種 投稿者: 投稿日:2007/03/14(Wed) 19:55 No.3085  引用 
ハエ男様。

Cercal plateの写真を添付します。
第5腹板は、奥に引っ込んでいるので撮影出来ませんでした。

属だけでも見当が付きましたら、よろしくお願い致します。


Re: 本日の1枚 クロバエ科の1種 投稿者: 投稿日:2007/03/14(Wed) 22:09 No.3088  引用 
自信はないのですが、ハナバエ科のEmmesomyia属あたりになるのではないでしょうか?

Re: 本日の1枚 クロバエ科の1種 投稿者: 投稿日:2007/03/15(Thu) 07:37 No.3089  引用 
ハエ男様。

やはり、Emmesomyia属ですか。
私も絵合わせで同属にたどり着きました。

SuwaのEmmesomyia属の総説を見ても、ぴったり合致しないので、もっと標本を増やして調べないとダメですね。

ありがとうございました。

県別RDBを調べるには・・ 投稿者: 投稿日:2007/03/14(Wed) 11:19 No.3083  引用 
各県別のRDBを全部調べるのは結構手間だったりするのですが、最近はこんなサイトがあり便利だったりします。
http://jpnrdb.com/
とりあえず、各県別のレッドリストは検索できるみたいですよ。

本日の一枚_カザリコガネショウ... 投稿者: 投稿日:2007/03/07(Wed) 21:17 No.3059  引用 
カザリコガネショウジョウバエLeucophenga ornataと思われる個体です。
体長2.5mm。数日前に自宅庭のマレーズに入っていました。

一応、Okada(1988)やOkada(1990)で調べてみました。

ハエは難しいです(^_^;)


Re: 本日の一枚_カザリコガネシ... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/03/13(Tue) 22:20 No.3078  引用 
こんちは。

 Leucophengaの文献を少しづつ集めていたのですが、日本のLeucophenga類では、L.argentata以外は いちおう 何がしかの情報が取れました。(浅い情報ですが・・・)

 とりあえず、良くわからないL.argentata シロコガネショウジョウバエは、九州大のDBによると 西表島の分布となっていたので 無視することとします。

 手元にある、画像とそっくりな種をいろいろ調べてみますと、カザリコガネショウジョウバエL.ornataという結果になりました。

 非常に間接的な結論ですが、画像の種は カザリコガネショウジョウバエの可能性が強いと思います。

 とりあえず、わかったことまで ご報告。

Re: 本日の一枚_カザリコガネシ... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/03/13(Tue) 22:29 No.3079  引用 
こんちは。

 ピリオド『.』が読みにくくて、前のコメントの学名が判り難いので、も一度書いておきます。
 L.argentata → L.argentata
 L.ornata   → L.ornata

Re: 本日の一枚_カザリコガネシ... 投稿者: 投稿日:2007/03/13(Tue) 22:55 No.3080  引用 
バグリッチ様。

やはり、この種類に落ち着きそうですね。

ショウジョウバエの文献は、プリントが出来ませんが1823年以降のものがJDDで殆どダウンロードできます。http://sagafly.dgrc.kit.ac.jp/~jdd/class/index.html

FallenもWalkerもvan der Wulpも何でも有りです。

せめて、著作権が切れたものはプリント可能にして欲しいです。

Syphidaeもこんなの作ってくれませんかね(^_^;)


Re: 本日の一枚_カザリコガネシ... 投稿者: 投稿日:2007/03/14(Wed) 05:42 No.3081  引用 
確かにここのPDFはプリントや保存ができませんが、ファイル→(ページを電子メールで送信)を選択して、自分のアドレスに送ると、添付ファイル扱いになるのでやはり印刷はできないものの、とりあえず保存は出来るようです。

本日の1枚 ブチマルヒゲヤチバ... 投稿者: 投稿日:2007/03/09(Fri) 20:54 No.3066  引用 
自宅庭のトラップに稀に入る、ヤチバエです。

ブチマルヒゲヤチバエ Pherbellia ditomaと思われます。体長は6mm程です。

自宅は台地の上にあり、水辺までは1km程離れていますが、他にもアシナガバエなど幼虫が水生のものが時折採れます。


Re: 本日の1枚 ブチマルヒゲヤ... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/03/09(Fri) 22:16 No.3069  引用 
こんちは。

 このヤチバエは、トゲハネバエに ホントよく似てますね。
 ただ、翅脈が変わってるので、わかり易いですが・・・
 もしかしたら 結構たくさんいるのかもしれませんね。

 でも、水辺からそんなに離れているのに こんな種が来るのはなんか不思議ですね。

 ではまた。

Re: 本日の1枚 ブチマルヒゲヤ... 投稿者: 投稿日:2007/03/10(Sat) 12:30 No.3073  引用 
バグリッチ様。

本当にトゲハネバエに似ているので、時々自信が無くなります。
翅の前縁にトゲ状剛毛列がありますが、ヤチバエにもこれがあるんです。
Costaが切れているか、pvtが交差しているか、しっかり見ないとダメですね。

ハエは難しいです。

本日の一枚_クロツヤバエ科 投稿者: 投稿日:2007/03/06(Tue) 21:47 No.3052  引用 
 日曜日に土浦市の宍塚大池で採集した、体長約4mmのクロツヤバエ科です。

 属を調べたところ、Silba属ということなので、Silba excisaと思われますが如何でしょうか?

 意外とこのクロツヤバエ科についての情報は少ないようで、旧北区の双翅目マニュアルにも載っていなかったようです。
 
Malloch Societyというところに、"Checklist of World Lonchaeidae"と"Key to the European genera"が載っています。

http://www.mallochsociety.org.uk/display/ShowJournal?moduleId=1013283&categoryId=88784


Re: 本日の一枚_クロツヤバエ科 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/03/06(Tue) 22:59 No.3054  引用 
市毛さんは、宍塚大池へ行かれるんですか?
 私も年に1−2回くらい行くことがあります。

 網振ってると、うるさそうな人たちがいるので、あまり行きませんが、興味深い場所のひとつと思っています。

 手持ちのクロツヤバエを、教えていただいた検索にかけてみると、やはり全部 Silba属になりました。
 このほかには、属の検索表はネットなどにないでしょうか?
 
 以前、Lonchaea sp.と聞いた記憶があり、Silba属とうい確信がもちたいです。

 

Re: 本日の一枚_クロツヤバエ科 投稿者: 投稿日:2007/03/07(Wed) 08:44 No.3057  引用 
バグリッチ様。

つくば市まで子供の送迎をしたので、時間つぶしに宍塚大池を数年ぶりに訪れました。
ハエを調べていると言えばあまりうるさく言われません。

Lonchaeidaeは、新北区のマニュアルにMcAlpineによる属までの検索がありますが、今回の旧北区と同じ内容でした。
やはり、Katepisternumに剛毛が有るかどうかで、Lonchaea属と分かれるようです。

Silba属の検索は、McAlpineが旧世界をまとめていますので取寄せてみます。

ところで、今年から県南部の調査を委託されたのですが、他にめぼしい場所は有りませんでしょうか?
委託先に、候補地を教えてと御願いしているのですが、展示が忙しいらしく回答が無く困っています。

Re: 本日の一枚_クロツヤバエ科 投稿者: 投稿日:2007/03/08(Thu) 13:11 No.3060  引用 
市毛様、どうもです。

次回の総会には大石さんのメバエ科レファレンス標本を忘れずに持っていきます。

>ところで、今年から県南部の調査を委託されたのですが、他にめぼしい場所は有りませんでしょうか?

アセス屋的に面白かったor面白そうな場所としては
古利根沼(取手市)
小文間周辺(取手市)
牛久沼(牛久市)
菅生沼(坂東市)
潮来周辺(潮来市)
鉾田周辺(鉾田市)
などが挙げられます。
他にも利根川沿いや霞ヶ浦沿いの湿地帯に面白い場所はありそうです。

ケンセイ(生息地:小平市)

Re: 本日の一枚_クロツヤバエ科 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/03/08(Thu) 22:56 No.3061  引用 
市毛様

 ケンセイさんが書かれたような多くの場所はわからないのですが、菅生沼あたりは以前 何度か行ったことがあり、興味深い場所でした。
 牛久沼周辺は、沼の周りだけでなく、牛久から土浦まであちこちに 気持ちいい環境があって、平地性の種は豊富な印象があります。霞ヶ浦周辺もいいかも。
 行った事は無いですが、小貝川沿いの環境は、貴重な植物相が残っているようですので、昆虫相も特異的な可能性があると考えています。
 また利根川沿いの河川敷も、カワラハンミョウがいそうで(見つからないでしょうが)、なんかいい感じです。
 どちらにしても、平地的環境ですので、大型の美麗種は期待し難いので、マイナー好みの人向けと思います。
 つたない 情報まで。

Re: 本日の一枚_クロツヤバエ科 投稿者: 投稿日:2007/03/09(Fri) 00:04 No.3062  引用 
ケンセイ様、バグリッチ様、ありがとうございます。

牛久沼は、一度寄って見たのですが、良さそうなポイントが見つかりませんでした。

色々と彷徨ってみます。

Re: 本日の一枚_クロツヤバエ科 投稿者: 投稿日:2007/03/09(Fri) 09:09 No.3063  引用 
市毛様、バグリッチ様、どうもです。

小貝川沿いは調査したことがあります。
下妻あたりは河川敷にエノキの大木がたくさん生えていてオオムラサキが多産していました。樹林性の昆虫類はいろいろ採集できる可能性があると思われます。

あとは波崎町から大洗町あたりまでの海岸沿いでしょうか。
ヤマトヒメナガヒラタハナアブは必ずどこかに生息しているはずです。

それと対象グループですが、茨城県では、まだほとんど誰も手をつけていないミギワバエ科を採集すれば間違いなくそれなりの種数にはなるかと思われます。県南部はミギワバエ相は多様な地域のような気がします。ぜひ神奈川を抜いてください^^;;;;

ケンセイ(生息地:小平市)

Re: 本日の一枚_クロツヤバエ科 投稿者: 投稿日:2007/03/10(Sat) 12:21 No.3072  引用 
ケンセイ様。

 海岸は色々と歩いてみたのですが、射爆場跡地(現海浜公園)のような風裏になるような場所が無いので、意外とハエがいないようです。

ミギワバエは、今年こそは少し力を入れようと思います(~_~;)

ベッコウバエについての質問 投稿者: 投稿日:2007/03/09(Fri) 22:04 No.3067  引用 
昨年6月に札幌市内で採集したトゲだらけのハエです。

体長13mmと比較用に置いたベッコウバエと同じぐらいの大きさです。

ベッコウバエの仲間と思い、はなあぶNo.10の属の検索を見たのですが、検索の1行目でつまづきました。普通のベッコウバエもR1に刺毛が有るように見えるのですが?

アドバイスよろしくお願い致します。

Re: ベッコウバエについての質問 投稿者: 投稿日:2007/03/09(Fri) 22:06 No.3068  引用 
画像を忘れました。

早く総会の講演を作らなくては(^_^;)


Re: ベッコウバエについての質問 投稿者: 投稿日:2007/03/10(Sat) 00:35 No.3070  引用 
これはトゲベッコウバエSteyskalomyza hasegawai Kurahashi1982です。詳細は昆蟲 50(1),36-39,1982にA New Dryomyzid Fly Steyskalomyza hasegawai gen. n. and sp. n. Found in Forests around Pasture, Northern Japanとして出ています。(CiNiiで閲覧可)

大型のベッコウバエで脚などにもごっつい剛毛が多数あります。
盛岡の個体をホロタイプとして記載された種で、北海道でも記録があります。ちなみにワシのところにも新潟県(三国峠)産の個体があります。

ハナアブ10の検索はいわゆる旧Dryomyzaとされていたグループの検索になると思います。ですから他にもOedoparena属などもあれには出てきていません。(本属の詳細はインセクタマツムラーナNS Vol.22 p29-35に諏訪先生が書かれています。

Re: ベッコウバエについての質問 投稿者: 投稿日:2007/03/10(Sat) 12:16 No.3071  引用 
ハエ男様。

トゲベッコウバエですね。
後で、みんなで作る双翅目図鑑にupしておきます。

ありがとうございました。

トゲハネバエについての質問 投稿者: 投稿日:2007/03/09(Fri) 19:22 No.3064  引用 
 チャバネトゲハネバエ Tephrochlamys japonicaと思われる個体ですが、翅が茶色ではありません。これは別種でしょうか?
 数日置きに、自宅庭のトラップに入ります。体長も5mm前後でチャバネと区別困難です。


Re: トゲハネバエについての質問 投稿者: 投稿日:2007/03/09(Fri) 19:23 No.3065  引用 
同じトラップに入ったチャバネトゲハネバエです。

本日の一枚_ダンダラショウジョ... 投稿者: 投稿日:2007/03/05(Mon) 22:40 No.3047  引用 
ダンダラショウジョウバエDrosophila annulipesと思われるハエです。体長は3.5mmです。本日、自宅庭のマレーズトラップに入っておりました。

よろしくお願い致します。


Re: 本日の一枚_ダンダラショウ... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/03/06(Tue) 22:39 No.3053  引用 
市毛さん、こんちは。

 私も、この種と同じと思われる大きいショウジョウバエハエを時々採りますが、ダンダラショウジョウバエだろうなぁ と思っています。
 どこを決め手にすればよいか 良くわかりません。近似種はいないんでしょうかねぇ。
 なにぶん、ショウジョウバエまで、まだ手が届いてません。(役立たずのコメントです)

 

Re: 本日の一枚_ダンダラショウ... 投稿者: 投稿日:2007/03/07(Wed) 04:20 No.3055  引用 
JDD - Japan Drosophila Database (http://www.dgrc.kit.jp/~jdd/sp/sp_tree.html)の中のDrosophila属の中のhttp://www.dgrc.kit.jp/~jdd/sp/02050604.htmlhttp://www.dgrc.kit.jp/~jdd/sp/02050607.htmlにヒョウモンショウジョウバエとダンダラショウジョウバエの画像があります。このDBにある画像を片っ端から見ていくと胸部にスジのある種はそこそこあるようですが、ダンダラショウジョウバエはかなり特徴的なので、胸部側面と胸部背面の画像で識別できると思います。

Re: 本日の一枚_ダンダラショウ... 投稿者: 投稿日:2007/03/07(Wed) 04:36 No.3056  引用 
ヒョウモンとダンダラがかなり模様は煮ているのですが、ダンダラのほうは前脚に短剛毛列がありますので識別可です。

画像を拡大してみると前腿節に剛毛列があるようにみえますので、ダンダラでよいと思います。

Re: 本日の一枚_ダンダラショウ... 投稿者: 投稿日:2007/03/07(Wed) 08:59 No.3058  引用 
バグリッチ様、ハエ男様。

一応、Okada1988で検索はしたのですが、何分にも比較用の標本が全く無いので自信がありませんでした。有難うございました。

ツヤヒラタ属 投稿者: 投稿日:2007/03/06(Tue) 10:09 No.3050  引用 
こんにちは

すっかり春めいた日曜日、ナズナに訪花していたMelanostomaです。腹部がそんなに細くなく、前後に長い黄色紋は側縁を越えているように見え、後腿節には暗色部がないので、ツヤヒラタアブ:M. orientaleと思われます。

撮影後、確認のため採集しようと思ったのですが・・逃げられました ^^;

世田谷区岡本で撮影です。


PS. 3/18は大阪日帰りです。


Re: ツヤヒラタ属 投稿者: 投稿日:2007/03/06(Tue) 21:40 No.3051  引用 
pakenya様、御無沙汰しております。

このグループも、身近に見られる種類なのでどうにかしなくてはと思うのですが、人材不足で動けません。

後腿節の暗色部は、個体変異があるように思えます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -