8115919
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: CiNii一部サービス終了 論文閲覧不可 (1) / 2: 石川県の海浜で見つけたハエ (41) / 3: コマバムツボシヒラタアブ? (3) / 4: 空中静止をする微小なハエ (10) / 5: ガガンボ類の幼虫でしょうか (1) / 6: 芋虫の死骸に集まるミバエ? (3) / 7: 竹の中でアリと一緒に (5) / 8: ハナアブについて (1) / 9: なんという種類のハエでしょうか (3) / 10: 何バエでしょうか? (0) / 11: ハナホソバエ科で合ってますでしょうか? (7) / 12: ヒメチビクロバエ (2) / 13: トラ柄のハエ (2) / 14: モモアカマガリケムシヒキ種群 (4) / 15: 同定お願いします (3) / 16: マテバシイの殻斗のタマバエ (0) / 17: 同定お願いします (0) / 18: マレーゼトラップのサンプル (2) / 19: ハエの科の名前 (6) / 20: 同定のお願い (3) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

最近のスパム 投稿者: 投稿日:2006/12/19(Tue) 12:27 No.2855  引用 
一応、当BBSはプログラムによる自動投稿は拒否するようになってるんですが・・・
最近はいよいよ網の目をかいくぐって、スパムが増えてきました。
近々対策はしようと思ってますんで、今しばらく我慢してくださいませ・・(対策を調べなきゃ〜)

ホソジマヒラタアブでしょうか 投稿者:平群庵 投稿日:2006/12/05(Tue) 23:49 No.2819  引用 
いつもお世話になります。
15mmくらいの大きいアブなのでホソジマヒラタアブかと思ったのですが、図鑑では分布が沖縄、台湾とあります。(福井県のリストにも有りますが要再確認付きです)
2006年10月中旬 奈良県平群町で撮影


Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/06(Wed) 10:55 No.2820  引用 
平群庵様、御無沙汰しております。

ハナアブを見るときに、斑紋に目が行きがちですが、他の形質も見ましょう。

1)横顔に注目して見てください。通常、Asarkina(ナガヒラタアブ属)は顔の下半部が突出します。

2)胸背の側縁も黄色い毛が生えているだけです。Asarkina(ナガヒラタアブ属)の胸背の側縁は狭く黄色になります。

3)翅脈もR4+5の曲がり具合がAsarkinaとは違うと思います。

4)胸背にスジ状の模様が見えます。これも違うのでは? 逆にこのスジが出るグループを探してみましょう。

このあたりも含めて、次のシリーズの検索をどのように作るべきか、考えなくてはならないですね。

Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/06(Wed) 12:56 No.2821  引用 
ついでに、平群庵昆虫写真館を見てみました(がさ入れ?)

Syrphus属3種については、頭部・腿節共にうまく写っていないので判定は難しいです。この属は頭部のドアップと各腿節・後脚脛節が写っていないとわかりません。

キベリヒラタアブとしていたのは、トゲヒラタアブのオスです。(体の幅の広さに気をつけましょう。)

写真判定だと良くある間違いです。

Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者:平群庵 投稿日:2006/12/08(Fri) 01:02 No.2823  引用 
市毛様
充電中のところ雑兵の相手をしていただき恐縮です。

>ハナアブを見るときに、斑紋に目が行きがちですが、他の形質も見ましょう。

他の形質を比べてみました。確かにこのアブは鼻が低いです。(ぼやき:俺とイギリス人ぐらいの違い、どちらもホモ・サピエンスじゃないか)
胸背の側縁、写真だけだとわかりにくいです。(実物を手にしたことがありません。やはり捕まえないと細かいところは判らないですね)
翅脈、R4+5と言われましても、どこに載っていたかなあと絵本をひもといて、この筋のことか、なるほど曲がりがあまりない、手相より難しいなあ。といったあんばいです。
で、あれこれ比較して、ヨコジマオオヒラタアブが似ているかな、になりましたがこのアブは色が薄いです。また腹の裏側に黒いところが見えません。
やはりギブアップです! 教えて下さい。

>ついでに、平群庵昆虫写真館を見てみました(がさ入れ?)

平群の片隅でひっそりと侘び住まいを装っていたのですが見つかってしまい、突然の家宅捜索を受けました。官憲の厳しい捜査で摘発されたのが1件だけだったのは幸運でした。

アブ先生、ハエ先生、このサイトは素人にとっては駆け込み寺です。今後とも宜しくお願いします。

Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/08(Fri) 08:37 No.2824  引用 
平群庵様。

 写真だけではわからないと言われていますが、3方向も撮ってあると色々気がつくところがあると思います。偶には一緒に推理してみようと思いました(ハナアブ以外のハエは殆どダメですね)

 写真ではやや幅広に見えていますが、オビヒラタアブの1種と思われます。学名はありません。

 現在このグループも調べているのですが、黄色地の種類が9種類記録され、他に1種未記載種が知られているようです。この写真は、この未記載種に該当します。同じような斑紋で、顔に黒いスジがあるのがササヤマオビヒラタアブになります。
 その他に、黒地の種類は4種類記録され、他に4種以上の未記載種が分布しております。

何で素人の私が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・再検討しなアカンのや! 
これが日本の博物学のお寒い現状。

博物館では「針が買えない」「標本箱が買えない」「直翅類図鑑買うのに2年分?の図書の購入費が必要」「調べて貰いたいけど送るお金が無い」と予算が無くてぼやいてるし。

やはり、身代をつぶす覚悟で取り組まないとアカンのか、蔵はあるけど金は無い。

失礼しましたm(__)m


Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者:平群庵 投稿日:2006/12/08(Fri) 22:19 No.2827  引用 
市毛様
へんてこなアブ張り付けてしまいました。尋ねやすいか尋ねにくいかの印がアブには付いてなかったものですから。
>キレそー
慰めてよいのやら励ましてよいのやら判りませんが、最近、図書館で最新訳のファーブル昆虫記を借りて読みました。
フンコロガシの章で、道端でホッカホカの馬糞を見つけて大喜びしたり、馬糞を集めるために奔走した話が載っていました。又、田舎道で農作業に出かける女性達に出会ったときの話では、夕方近く彼女たちが仕事を終えて帰ってきたときもファーブルは朝と同じ場所で一点を凝視してうずくまっていたので、女達の一人が頭に指を当てて「おかわいそうに」と言ったそうです。
彼は虫の真実に光を当てるために人格をも犠牲にしました。

市毛様も大変なことに関わっているのですね。針や標本箱の値上げもブログで読ませていただきました。
どうか切れないで下さい。
有り難うございました。

Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/09(Sat) 01:24 No.2828  引用 
平群庵様。

毎晩、難問に突き当たっていると愚痴っぽくなってしまいました(^_^;)
田舎で孤立して研究していると、愚痴る相手がいないので(-_-;)

先日の同定依頼品の中に、移入種と奇形と思われる見たことの無いハナアブが入っていて連日悩んでいます。

属の定義。種の定義。直感的安易な分類をしていると、難問にぶつかったときに基本が判っていないとつくづく思い知らされます。

特に旧北区(ヨーロッパ〜日本)や新北区(北米)以外のハナアブは情報が少なく、属すらも良くわかりません。

また、わかったつもりで扱っていた種類も、斑紋変異と思われる個体が出ると、外形的な特徴が少ない種類だと交尾器に頼るしかありませんが、交尾器自体の個体変異の範囲がわかっていないのです。

そろそろ寝るべ・・・・・・・・・・

Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/11(Mon) 09:52 No.2831  引用 
平群庵様、市毛様、こんにちは。
Epistropheネタに便乗させてください。

この画像の個体は、横浜市内で1994年10月上旬に採集されたものです。話題のものとよく似ています。

採集当時は情報がなく、アイノオビに似ているけど少し違うやつ、ってことで同定できないでおりました。札幌の昆虫にササヤマオビとシバカワオビの区別点が載りましたが、該当しません。極東ロシアのハナアブ検索でもすっきり行き着くものがないので迷宮入りかと思っておりました。

これも話題の未記載種でよろしいでしょうか?





Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/11(Mon) 12:25 No.2834  引用 
pakenya様。

オビヒラタアブ類はまだまだ未解明のようです。「は」ではなく「も」ですね。
再検討を始めると、どのグループを調べても泥沼状態ですね。

韓国では、外形で区別すると30-35種程いるとの話がありますので、日本も相当数の未記載種等がいるのでしょう。

Epistorpheを含んだSyrphiniは、交尾器の透過しないと見えない部分が結構特徴の出る場所ですので、検討が面倒です。(これも、交尾器で分けて、キーになる外部形態を見つければ実体顕微鏡レベルで調べられるようになるでしょう。)

Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/12(Tue) 14:30 No.2836  引用 
市毛様。

「も」ですか!とりあえずこの標本はE. sp.としておきます。
身近に生息する種が落とせないのは寂しいですね。

韓国では30種ほど?すっげー。
Insecta Coreana22, Diptera(Syrphidae).Han et Choi(2000)にはEpistropheは2種;オオショクガバエとツヤムネが載っているだけですから、すごい種数の追加がありそうなんですね。

日本も負けてはいられないですね。
がんばって標本を集めなくっちゃ。

ではまた。

Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/16(Sat) 10:48 No.2841  引用 
ちょっと別件でEpistropheを調べています。

腹部が黒色の種類で、これがEpis. angustifasciataと思える個体がこの写真なのですが、同様な特徴を持つオスが見つかりません。

腹部斑紋は背板長の1/5程度で、胸背は青い光沢を持っています。



Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/16(Sat) 10:53 No.2842  引用 
ついでに、手元にあるEpistropheの黒色グループです。

必要があって手元の標本を適当にSortしてみただけですので、重複している種類もあると思います。撮影も適当です(^_^;)

意外と、Epistrophe属として良いか悩むものもあります。
やはり、東洋区的な種類が混じるのですかね。


Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/17(Sun) 19:06 No.2844  引用 
市毛様

Epis. angustifasciataホソオビヒラタアブと判断したオス個体をひとつ持っています。1993年秋の新潟の標本で、三角紙に包んで乾燥させてありましたので、現在軟化中です。仕上がったら画像を出したいと思います。

Epis. griseofasciataノラと思っているメスも2個体あるのですが、これより一回り小さく、翅の第2基室と肘室は半分以上が無毛です。

ところで、Epistrophe属にも複眼に毛を持つ種があるのでしょうか。大石さんの検索表でも極東ロシアの検索でも、複眼に毛を持つと別属になってしまいます。

Re: ホソジマヒラタアブでしょう... 投稿者: 投稿日:2006/12/17(Sun) 19:54 No.2845  引用 
pakenya様。

日本周辺では、複眼が有毛の種類も多いです。

極東ロシアのキーでは、1=>4=>5=>7=>11=>12=>15=>18=>20=>22=>27=>34=>35=>36=>
行けませんね(^_^;)

Thompson&Rotheray(1998)では、
8=>9=>10=>14=>19=>20=>22=>30=>33=>34=>37=>38=>39=>40=>41=>41 Epistrophe(Epistrophe)
と行きます。このキーも一部問題があるそうです。

やはり、日本はヨーロッパから見たら東洋苦難ですかね・・・東洋区なんですかね。誤変換で出て来た「東洋苦難」ズバリ東洋の分類の難しさを表していますね(^_^;)

Syrphiniで悩んだときは、Vockeroth(1969)のA Revision of the Genera of The Syrphiniが良いかもしれません。(1箇所怪しいところがありますけど、世界を相手にしたキーが載っています)

大石(1996-2000)の検索も大分古くなりました。画を書いてくれる人がいるなら、改訂しても良いと思っているのですが、何分にも実働部隊のマンパワーが不足しています。

ハキイシアブ? 投稿者: 投稿日:2006/12/13(Wed) 15:06 No.2837  引用 
こんにちは。今度はムシヒキアブです。

下北半島で8月に採集されたものです。
がっしりした体のイシアブで、長毛を纏うことからLaphria属と思われます。札幌の昆虫にオオイシアブの1種として掲載されたものと一致すると思います。tgwさんのムシヒキアブ図鑑には収録されていないので、よほどの珍品か北方系の虫のようです。

tgwさんのムシヒキアブ図鑑にもリンクされておりますが、北大のType Matsumuranaに収録されているハキイシアブL.hakiensisの標本とほとんど同じに見えます。↓
ttp://bioinfo.lowtem.hokudai.ac.jp/sehu/bioinfo/f_index.php?page=specim&specim_id=1135#193055

ハキイシアブの実態とは??


Re: ハキイシアブ? 投稿者: 投稿日:2006/12/13(Wed) 15:07 No.2838  引用 
顔のアップ画像も貼っておきます。

でかくてかっこいいので、名を知りたいです。


Re: ハキイシアブ? 投稿者: 投稿日:2006/12/14(Thu) 19:47 No.2839  引用 
pakenya様。

Laphria属の頁を見ると、オガサワラ、オキナワ、ハキ、ヤマト、サッポロと地名が並んでますね。

いつものことで、採集地が違うから別種、毛の色が違うから別種という調子だったのでしょう。

再検討するのに、同定済みの標本が多数残っていれば良いのですが。松村標本のAsilidaeは5箱ぐらい残されていたと思います。

ハナアブの場合はもっと深刻で、北大に残された松村標本は北大箱で12箱、約1500頭。
同定ラベルは殆ど皆無。箱も入れ替えられているようなので、タイプ標本が見つからない種類の再検討は絶望的です。
古いタイプ標本の中には、退色していたり油が出ていたりする標本もあるので、細部の色を見るのはかなり大変です。毛が剥げている標本も多いです。

*北大箱:北大昆虫学教室オリジナルの標本箱、大きさはドイツ箱の中型程度? コルクの代わりに障子が張られている(マッペ?) 近年の箱はポリフォーム敷きに変更。箱の開閉で翅が傷まないように、蓋が桐蓋とガラス板の2重になっている。気密性はあまり良くなさそう。虫害の少ない北海道だから許される構造?

いずれにしよ、ムシヒキアブ屋さんの検討を待つしかないようです。

Re: ハキイシアブ? 投稿者: 投稿日:2006/12/15(Fri) 08:56 No.2840  引用 
市毛様、コメントありがとうございます。

北大の松村標本は、さすがに100年を経ているので状態の悪化したものも多いようですね。hakiensisの標本も損傷がひどいようです。

この標本は、3月に大阪へ持ち込んで、H沢さんに見てもらうのがよさそうですね。はたして、年度末に大阪まで行くことができるのか全く保証の限りではないのですが・・・。

見っけた! 投稿者: 投稿日:2006/12/08(Fri) 16:43 No.2825  引用 
北大の「ハエ目昆虫パラタクソノミスト(中級)」を見ていたら、色々面白い顔触れがいました。
http://nature.sci.hokudai.ac.jp/taxonomy/060722/report.html

写真2 野外採集のマレーズトラップの脇に立っているのは「イエバエ・ショット&ニクバエ・ショットの君」と思われます。

写真5 講義は談話会のホープ「フンバエの君」ではありませんか。たまには談話会に顔を出して下さい。(注)フンコバエではありません。

一度は参加してみたいものです。

「ハエ目昆虫パラタクソノミスト:ショウジョウバエ(上級)」も錚々たる講師陣ですね。
http://nature.sci.hokudai.ac.jp/taxonomy/061103/report.html

Re: 見っけた! 投稿者: 投稿日:2006/12/08(Fri) 17:08 No.2826  引用 
別頁を見つけました。2005年版です。

 ショウジョウバエの同定について色々書かれています。
http://neosci-gw.museum.hokudai.ac.jp/html/modules/pukiwiki/234.html

 講座で使用している「Biological Classification and Identification System」は下記のURLから使用出来ます。面白いですね。
http://biokey.museum.hokudai.ac.jp/Classification/Top?lang=ja

 同じく2006年版です。
一番目の写真のような事をしていると、不審な目で見られます。
http://neosci-gw.museum.hokudai.ac.jp/html/modules/pukiwiki/3012.html

 「絵解きソーティング表」と書かれていますが、どのようなものを使うのでしょうか?


 「Biological Classification and Identification System」と同様のシステムで、科まで検索が出来るとうれしいのですが(^_^)

 ハナアブも作れって?(-_-;)

 日本産全ての属の再検討が終わったら、似たようなものが出来るかもしれません。

 しかしその前に、日本産ハナアブ科の属の検索を確立しないと。
 意外と、MelangynaとEpistorphe等が難しいですね。背板側縁の縁取りの有無で決まるのですが、Epistorpheの側縁が極僅かにしか縁取られず、顕微鏡で見ても先入観を持っていないと辿り着けません。

 初心者でも辿り着ける検索表が欲しいです。

教えていただけますか? 投稿者:Acleris 投稿日:2006/11/15(Wed) 20:22 No.2792 ホームページ  引用 
ご無沙汰してます。神戸のAclerisです。
近所の花によくいるイエバエなんですが、自力で調べたところ、セマダラハナバエ(セマダライエバエ)の仲間であろうことはわかりました。がその先に進めません。。。
日本のイエバエ科(2003)を見ても検索キーがなんのことやらサッパリです。
よろしくお願いします。


Re: 教えていただけますか? 投稿者:Acleris 投稿日:2006/11/15(Wed) 20:23 No.2793 ホームページ  引用 
額のあたりが検索キーらしいので、顔のアップも貼ります。

Re: 教えていただけますか? 投稿者:Acleris 投稿日:2006/11/15(Wed) 20:26 No.2794 ホームページ  引用 
聞いてばっかりではなんなので、スズキベッコウハナアブらしきものを貼っておきます。
標本写真で味気ないですが、双翅目Web図鑑にお使い下さい。
(これ兵庫県未記録でしたっけ?)


Re: 教えていただけますか? 投稿者: 投稿日:2006/11/15(Wed) 22:24 No.2795  引用 
確かに検索表だとわかりにくいですね。(普段から頭部の毛を見慣れてないとしんどいかも・・)
ただ、個体変異の幅があるので、検索には入れられなかったと思うのですが、一般的にはヒメセマダライエバエ(ヒメセマダラハナバエ)の方が胸背の黒スジが細いように感じています。

とりあえず、ヒメセマダライエバエに一票です。
和名についてはハナバエ科があることもあり、最近はイエバエ科で〜ハナバエとなってるものは〜イエバエと改称される傾向があるようですね。

スズキベッコウハナアブの方もハナアブネットの方の兵庫県のところを見てもでてなくようなので、兵庫県初記録になるのかもしれません。どこかに発表されると良いと思います。


Re: 教えていただけますか? 投稿者:Acleris 投稿日:2006/11/16(Thu) 05:51 No.2796  引用 
ハエ男さん、いつもお世話になります。
絵合わせでは、ヒメ〜かな〜と思っていたので、専門家の一票がいただけると心強いです。
ありがとうございました。

>兵庫県初記録になるのかもしれません。どこかに発表されると良いと思います。
え、、、う〜ん 私どこの会にも所属してないし、、、
ドウシヨウ・・・
誰か標本いります?

Re: 教えていただけますか? 投稿者: 投稿日:2006/11/16(Thu) 13:39 No.2797  引用 
兵庫だったらハバチ屋のArgeさんと連絡とれませんか?

Re: 教えていただけますか? 投稿者: 投稿日:2006/12/04(Mon) 18:07 No.2818  引用 
兵庫県のハナアブをまとめたArgeです。

はなあぶNo.17で兵庫県産をまとめて以降、追加種を集めて報告して行こうと思っていたのですが、わけあって双翅目から遠ざかっていたので、結局ハナアブネットに載っている1種しか見つけていません。

一応数種でも追録として報告しておきたいとは思います。

投稿については、はなあぶの規定に投稿者の資格について書かれていないのですが、会員外の人単独では無理でも、会員との連名であればたぶん投稿可能ではないかと思います。後で編集係のほうに確認してみます。

というわけで、もしよければメールを下さい。メール欄のアドレスは@が全角になっていますのでご注意下さい。

Re: 教えていただけますか? 投稿者:Acleris 投稿日:2006/12/06(Wed) 13:06 No.2822 ホームページ  引用 
ヒイイィィ畏れ多いことでございます。
Arge様、わざわざの書き込みありがとうございます。
Arge様のハバチ図鑑持ってます。(私はホントに蛾屋か?^^;)
年末で、忙しくなって参りました。必ずメールいたしますので、少々お待ち下さい。スミマセンm(_'_)m

参考になるHP 投稿者: 投稿日:2006/11/29(Wed) 12:59 No.2809  引用 
 CSIROのHPを見ていたら「Anatomical Atlas of Flies」という頁を見つけました。

 一寸重いのですが、ハエの写真が出て3方向から各部名称をグラフィカルに確認出来ます。また、写真もLower Diptera, Lower Brachycera, Acalyptera, Calyptrateと各群毎に変わります。結構参考になると思います。
(重いのでダウンロード出来ると良いのですが・・・・)

http://www.ento.csiro.au/biology/fly/fly.html#

Re: 参考になるHP 投稿者: 投稿日:2006/11/29(Wed) 13:15 No.2810  引用 
おもしろいサイトですね〜。。確かに重いですね〜・・よるの混んでる時だとDLにかなり時間がかかるかもしれませんね〜。

Re: 参考になるHP 投稿者:バグリッチ 投稿日:2006/12/02(Sat) 19:18 No.2812  引用 
市毛さん ご紹介のHPは、結構面白いですね。

 遊びながら 勉強にもなります。

 ちょっと変わった感じですが 不思議に気に入りました。

ハナアブ科目録 投稿者: 投稿日:2006/11/30(Thu) 23:06 No.2811  引用 
 しばらくぶりに、双翅目図鑑のハナアブ科の目録を整理しました。結果、500種を超えているのですね。(シノニムで消したりしているので番号は当てに出来ません)

 自分では、色々な属を調べているつもりでしたが、Chrysogasteriniに集中していました。

 シノニム等の整理が必要ですが、総計400種は越えそうですね。日本のハナアブ解明の道は遠い・・・
 

ハキリバチヤドリバエ? 投稿者: 投稿日:2006/11/28(Tue) 14:14 No.2805  引用 
双翅目談話会in東京に参加の皆様、お疲れ様でした。いやー、楽しかったですね。

以下、ウミユスリカさんと雑談した時の話題です。その場ではうろ覚えでしたが、うちに帰ってから元ネタを確認しましたので、改めてここに書きますね。

最近、岩田久二雄氏の著作を読んでいましたら、ハキリバチ科の花蜂の労働寄生者として『ハキリバチヤドリバエ(ミルトグランマ・タカノイ)』なる名前が出てきました。ミルトグランマといったらヤドリバエ科ではなくて、ニクバエ科のMiltogramma属ですよね。本文中にも『学名は私の標本が東京の自然史博物館から金沢大学の倉橋弘氏に回って決定されたが、それはずっと後のことである。』とありましたし。ただ、現在のニクバエリストには「ハキリバチ」とつく和名はなかったような・・・?、と思って調べてみたところ、M. takanoi ヨコジマコバネシマバエ(ニクバエリストではヨコジマコバネニクバエ M. angustifrons)にたどり着きました。
岩田氏は双翅目はあまりお好きでなかったようで、著作にもあまり登場しないのですが、丹念に読んでいけば他にも面白い話が埋もれているんじゃないかなと思います。

実は、リアルに話していた時には、まだ今号のはなあぶ誌の「長崎県のニクバエ」をきちんと読んでなくて(汗)、あとからヨコジマコバネニクバエのところを見て、はは〜なるほど〜と妙に納得していたのでした(笑)。

<元ネタ>
独房壁の塗装と表装
岩田久二雄(1978) 昆虫を見つめて五十年(1)朝日新聞社 p.15-39
(自然観察者の手記3 朝日選書 にも同文が収録されている

Re: ハキリバチヤドリバエ? 投稿者: 投稿日:2006/11/28(Tue) 16:05 No.2806  引用 
改めて、今回のウミさんの「大型ハエ類の採集方と標本の作り方」を見てて思いました。

イエバエショット・ニクバエショットもかっこいいけど・・網破れてたらハエも逃げるで〜〜

私の場合は竿をロングレンジ(6〜7m)にのばして振り切り、空中飛行中のをすばやく採るツバメ返し(ハナバエやヒメイエバエには結構良いが、竿が折れやすいので諸刃の剣であるの)や、100円ショップで買った網の柄を短く切って腰に差し、藪の中で使う小太刀モード(これはイエバエショットに近いかも)などがあります。

Re: ハキリバチヤドリバエ? 投稿者: 投稿日:2006/11/28(Tue) 20:33 No.2807  引用 
やはり、あれは破れているのですね。

案外、空気抵抗を調整していたりして(^_^;)

色々と忙しく、最新号を今日読みました。

ハエ男様、最新号の目次をHPにアップしておいたので、ご自由にお使い下さい。

Re: 目次 投稿者: 投稿日:2006/11/28(Tue) 22:40 No.2808  引用 
市毛さんありがとうございます。

昨夜のうちに、私も作ってしまいました。(ちなみに今回の報告も昨夜、打ち終わりましたマジです。・・・原稿はギリぎりまでやらないワシが・・なんてこった・・今年は大雪が降るかも・・)

よろしくお願いします。 投稿者:masamasa 投稿日:2006/11/21(Tue) 14:25 No.2800  引用 
皆様、はじめまして。

最近ハエに手を出した初心者です。

気になったニクバエを同定して頂きたく投稿いたします。

全長は10mm程度、採集地は札幌市近郊、6月中旬採集です。

当時の記憶から、水田脇の雑草地をスウィーピングした時に入ったものと思われます。

タトウで保存していたものを、軟化させてゲニを引っ張ってみたんですが、破損が酷く申し訳ないです。

なんとなく、タカハシ?と思ったんですが・・・。

どなたか、ご教授下さい。よろしくお願いいたします。


Re: よろしくお願いします。 投稿者: 投稿日:2006/11/21(Tue) 16:41 No.2801  引用 
タカハシでよいと思います。

交尾器だけで迷う時はY字型の第5腹板の形状も参考にすると良いです。

Re: よろしくお願いします。 投稿者:masamasa 投稿日:2006/11/21(Tue) 18:06 No.2802  引用 
ハエ男さま

ご返信ありがとうございます。

タカハシは北海道でもアリなんですね。

北海道での分布を示すものが手元のなかったので迷ってたところでした。

同定ありがとうございました。

Re: 分布記録 投稿者: 投稿日:2006/11/22(Wed) 00:42 No.2803  引用 
ニクバエ科の分布記録については当サイト内のニクバエネット http://furumusi.aez.jp/fly/nikubae-net/nikubae-net1.htm の方でまとめています(一部の都道府県のみ完成)
北海道の記録は河川水辺の国勢調査の方でもタカハシは出ているようです。

Re: 分布記録 投稿者:masamasa 投稿日:2006/11/23(Thu) 16:43 No.2804  引用 
ハエ男様

ニクバエネット拝見しました。
水国リストに出てたんですね。

また、不明なものが出てきたら投稿させてください。
よろしくお願いいたします。

ハナアブ 投稿者: 投稿日:2006/11/17(Fri) 19:13 No.2798  引用 
ご無沙汰しています。小笠原の和田です。今回は内地から来た野菜(ホウレンソウ)にハナアブの幼虫がついていました。こちらのアブラムシを与え11・9日に蛹化、11・14日に羽化しました。今回で2件目ですが(前回は寄生バチにやられてました)冷蔵でも5度以上なら生存可能みたいでしばしば小笠原に侵入しているかもしれません。トゲヒメヒラタアブあたりに似てますがわからないのでよろしくお願いします。(ホウレンソウの産地は東京都清瀬市です)

Re: ハナアブ 投稿者: 投稿日:2006/11/20(Mon) 16:35 No.2799  引用 
和田さん、こんにちは。

ハナアブの先生は、今週末の談話会の会合に向けて準備に忙しいと思うので、代返します。

写真のヒラタアブは、背面に光沢がなく、縦筋が3本はっきり見えることと、長さが幅の1.5倍あることから、ヒメヒラタアブ属Sphaerophoriaに属す種であると思われます。複眼が互いに接していないことからメスであることが分ります。メスでも腹部がわりと細いので、ホソヒメヒラタアブ:S. macrogasterによく似ていると思いますが、この属のメスは、標本を手元においても同定困難なグループですので確かではありません。
全長が8mm程度であればホソヒメの可能性が大ですが・・・

顔面と腹部背面、胸部側面がはっきり見える画像があればもう少し確実性を増すことができますが、標本を撮影できないでしょうか?

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -