12449060
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 何というハエでしょうか (2) / 2: 双羽目昆虫の文献 (1) / 3: ガガンボダマシでしょうか? (4) / 4: サッポロアシナガムシヒキについて (2) / 5: アシナガムシヒキについて (2) / 6: 富士山麓のアブについて (2) / 7: 不明種アブ (4) / 8: この黄色いハエの名前を教えてください (2) / 9: 同定のお願い (2) / 10: ハエorアブ (2) / 11: ガガンボの仲間でしょうか? (3) / 12: このガガンボの名前を教えてください (3) / 13: ガガンボの仲間? (2) / 14: このハエ?はなんでしょうか? (2) / 15: このハエ(アブ?)の名前を教えてください。 (2) / 16: ショクガバエでしょうか? (2) / 17: ハラブトハナアブの一種 (3) / 18: ハエの幼虫の可能性はありますか? (3) / 19: 同定をお願いいたします。 (2) / 20: 同定のお願い (4) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

日本昆虫目録双翅目の追記・誤記... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/27(Sat) 10:05:11 No.10153  引用 
日本昆虫目録双翅目の疑問点のスレッドへの追加です.
前スレが長くなりましたので,新スレにします.

Lauxaniidaeシマバエ科

 P.598 Luzonomyza属とP.604 Trigonometopus属の双方にbrunneicosta Malloch, 1927がある.P.604側が古い情報のため削除が必要.

 P.601 Prosopophorella属がLauxaniinae亜科にあるがHomoneurinae亜科の誤り.

 P.601 Protrigonometopus okinawanusはP.603 Shatalkinella okinawanusに変更されている.Protrigonometopus側を削除.

Re: 日本昆虫目録双翅目の追記・... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/29(Mon) 20:45:45 No.10154  引用 
Rhagionidae シギアブ科

下記2種類が重複

 P.376 Rhagio basalisは Chrysopilus matsumuraiのシノニム
 P.376 Rhagio sanjodakeanaはChrysopilus fenestratusのシノニム

★和種名をご教示下さい!! 投稿者:インスタ蠅 投稿日:2019/04/25(Thu) 19:50:00 No.10147  引用 
西四国の里山発・・このインスタ映えする御方はハテ?

Re: ★和種名をご教示下さい!! 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/25(Thu) 21:19:33 No.10148  引用 
インスタ蠅様.

過去レスにもあるように,ヤドリバエ科の写真での同定は困難です.

恐らく,Phyllomya属の可能性が高いと思います.
なお,Phyllomya属を含め,ほとんどのヤドリバエには和名はありません.

Re: ★ご教示拝受!! 投稿者:インスタ蠅 投稿日:2019/04/26(Fri) 09:46:59 No.10149  引用 
茨城@市毛さん、ご教示深謝!!
ヤドリバエ科の写真での同定は困難・・・
納得了解です。失礼UPで済みませんでした。

シリアゲアリの巣のまわりのハナ... 投稿者:牟田大 投稿日:2019/04/20(Sat) 19:43:56 No.10141  引用 
コメント失礼いたします。4月中旬、標高200 mほどの里山にて、こちらの体長5 mmほどのハエを見かけました。普段でしたらすぐに採集するのですが、このハエは木にできたシリアゲアリの巣とその行列のまわりをホバリングし、時に行列の脇にとまって歩き回っていました。
知られている好蟻性種とは違うように思え、アリとは関係ないとは思いつつも観察を続けましたが、アリのいる場所(少し朽ちていました)に執着しているように見えました。
もしこちらのハエについてご存じの方がいらっしゃいましたらご教示お願い致します。必要でしたら、背方からの写真も用意します。


Re: シリアゲアリの巣のまわりの... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/20(Sat) 20:36:44 No.10143  引用 
牟田大様.

写真のハナアブは,Psilota nigripilosaクロケコヒラタアブの♀と思われます.
同属の幼虫は,樹皮下等の水が溜まった場所で生育するとのことです.
なお,シロアリの蟻道に集まるとの記録もあるようです.

Re: シリアゲアリの巣のまわりの... 投稿者:牟田大 投稿日:2019/04/23(Tue) 20:52:45 No.10145  引用 
茨城@市毛 さま

お返事誠にありがとうございます.
これはクロケコヒラタアブだったのですね.

もしよろしければ,シロアリの蟻道に集まるとの記録をご教示いただけますでしょうか.

Re: シリアゲアリの巣のまわりの... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/24(Wed) 11:02:01 No.10146  引用 
牟田大様.

下記の論文に"associated termite galleries of living trees"と書かれていました.

Kassebeer C.H., Maibach A. & Rotheray G.E., 1998. The third (final) stage larva of Psilota anthracina Meigen and Psilota decessa (Hutton) (Dipt., Syrphidae). Entomol. Mon. Mag., 134: 39-43.

セダカコガシラアブについて 投稿者:HM 投稿日:2019/04/19(Fri) 18:10:55 No.10140  引用 
いつもご指導ありがとうございます。
コガシラアブ科のアブの画像を見ていただけますでしょうか。
本州に分布するセダカコガラシアブの仲間は5種類ほどいるようですが、このアブの種名はセダカコガシラアブでよろしいでしょうか。静岡県御殿場市で4月19日に撮影・採集しました。
ご教示のほど、よろしくお願いいたします。


Re: セダカコガラシアブについて 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/20(Sat) 20:18:26 No.10142  引用 
HM様.

当面は,本州産で複眼に毛を多数装う個体は,Oligoneura nigroaenea セダカコガシラアブで良いと思います.

Re: セダカコガラシアブについて 投稿者:HM 投稿日:2019/04/21(Sun) 07:09:21 No.10144  引用 
茨城@市毛様
ご教示ありがとうございます。
今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。HM
                     

ミズアブの卵でしょうか 投稿者: 投稿日:2019/04/17(Wed) 11:18:26 No.10137  引用 
はじめまして。クロクサアリの巣の入口に数十個の卵がありました。アリスアブのものには似ていないそうですが、ミズアブの卵でしょうか。大きさは1ミリほどです。よろしくお願いします。

Re: ミズアブの卵でしょうか 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/18(Thu) 06:58:53 No.10138  引用 
uesugi様.

Clitellaria obtusaハラビロミズアブの幼虫がクサアリ類の巣に寄生するのはよく知られていますが,卵の表面構造についての報告はないようで,判断できません.

宮谷(2000)の報告では,クサアリモドキの巣口近くの広葉樹の枯れ葉に82卵の卵塊を産卵し,卵は白色で1.37mmx0.37mmの長楕円形であったと書かれています.

宮谷秀明, 2000. ハラビロミズアブの幼虫の生態と産卵について. はなあぶ (9):65-70.

Re: ミズアブの卵でしょうか 投稿者: 投稿日:2019/04/18(Thu) 17:21:32 No.10139  引用 
お調べいただき有難うございます。
「アリの巣の生きもの図鑑」(東海大学出版会2013)ではハラビロミズアブは樹皮下やコケの中に産卵すると書かれていますが、これは樹皮の上に産卵されていることと、メスが見られる時期が4月とされていないことなどで異なるようです。孵化を待ってみます。

アブの同定をお願いします 投稿者:木佐浩之 投稿日:2019/04/14(Sun) 18:58:26 No.10134  引用 
市街地近郊の低山で撮りました(4/11 徳島市)。
アブの仲間のようですが、腹部が写っておらず調べられませんでした。
顔面が白色で触覚の付け根のみ黒ずんでいます。
この画像で科か属レベルだけでも絞り込めれば有難いです。
よろしくお願いいたします。


Re: アブの同定をお願いします 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/15(Mon) 21:55:39 No.10135  引用 
木佐浩之様.

キアシハラナガハナアブの足が黒いタイプに似ているような気がしますが,横顔とか足の太さとかが見えないので辛いです.

Re: アブの同定をお願いします 投稿者:木佐浩之 投稿日:2019/04/16(Tue) 17:17:05 No.10136  引用 
茨城@市毛 様
いつもありがとうございます。
ハナアブの仲間だったんですね。
とりあえず、ハナアブ科Xylotiniの一種ということで保存したいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:フルグラ 投稿日:2018/10/06(Sat) 14:36:45 No.10045 ホームページ  引用 
はじめまして。先日、近畿の山でタイトルのハエを採集しました。背面のボーダー柄の模様と特徴的なM1脈が気になり、MNDで検索したところ、Strongygaster属になりました。

日本昆虫目録によると、Strongygaster属には、S.globulaのみが記載されていましたので、本種をネットで検索したところ、Diptera.infoに写真(参照URL)がありました。これがS.globulaであるかは分かりませんが、そうであるなら、タイトルのハエとは違う種に見えます。

検索が間違っているのかと思い、ネットでヤドリバエの写真を眺めていたところ、Graphogaster vestitaという似たハエが見つかりました。ただ、MNDではStrongygaster属とGraphogaster属は最初の選択肢(Prosternumに刺毛があるかないか)で分かれ、タイトルのハエにProsternumに刺毛がないので、Graphogaster属とするには違和感があります。

同定が行き詰まった上、そもそもヤドリバエなのかというところから自信がなくなってきました。タイトルのハエについて、何かご教示いただけないでしょうか?


Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:フルグラ 投稿日:2018/10/06(Sat) 14:38:59 No.10046  引用 
翅脈です。

Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:フルグラ 投稿日:2018/10/06(Sat) 14:40:13 No.10047  引用 
頭部側面です。

Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:フルグラ 投稿日:2018/10/06(Sat) 14:41:00 No.10048  引用 
胸部側面です。

Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:フルグラ 投稿日:2018/10/06(Sat) 14:43:21 No.10049  引用 
最後に胸部背面です。

Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2018/10/06(Sat) 18:28:05 No.10050  引用 
フルグラ様.

色々なHPで新北区の検索で調べている方が多いので仕方がないのでしょうが,下記の旧北区の検索で調べてみては如何でしょうか?

http://www.naturkundemuseum-bw.de/sites/default/files/forschung/user_129/TschorsnigRichter1998.pdf

その他,東洋区のキーも公開されています.
https://www.biodiversitylibrary.org/part/78194#/summary

ヤドリバエ科の場合,新北区には303属1345種(Wood,2004),旧北区には398属1552種(Herting, 1984)と多数の属が分布しており,旧北区に分布する属のうち176属は固有の属とされています(Tschorsnig & Richter, 1998)ので,新北区の検索に含まれていない属が多すぎます.

なお,日本昆虫目録(2014)には183属503種が収録されていますが,その後嶌・篠永(2014)や嶌・原(2016)やでいくつかの属が追加されています.

Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:フルグラ 投稿日:2018/10/06(Sat) 21:38:13 No.10051  引用 
茨城@市毛様

お返事ありがとうございます。MNDでヤドリバエを検索することの難しさがよく分かりました。教えていただいた旧北区と東洋区の検索表で再度検索し直してみようと思います。

旧北区の検索表をパラパラと見た感じでは、Rondania属になるかもしれないなと思いました。本属は、同じく教えていただいた嶌・篠永(2014)で追加された属で、北海道と岩手で未記載種が捕獲されているということなので、両先生にお聞きすると、更に進展があるかもしれないなと思いました。

またよろしくお願いいたします。

Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:ハエどしより 投稿日:2019/04/13(Sat) 15:06:57 No.10131  引用 
Arcona nishijimai (Mesnil)ではないかと思います(実物を見ないと正確にはわかりませんが).これはStrongygasterと近いか同じ属です(原記載ではStrongygasterです).非常に稀な種だろうと思います.A. nishijimaiはエゾマイマイカブリに寄生するとして記載されました.

Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/04/13(Sat) 19:40:03 No.10132  引用 
ハエどしより様.

残念ながら,新北区と異なり旧北区のStrongygasteriniはr4+5脈の柄(petiole)が短いのです(CMPD Couplet 227).
理由は不明です.

西島氏が採集したエゾマイマイカブリに寄生していたという標本も見たことがあります.petioleは短かったです.

Re: シロオビハリバエに似たハエ 投稿者:ハエどしより 投稿日:2019/04/14(Sun) 12:25:20 No.10133  引用 
それにしてもよく似ていますね。Petioleの長さはともかくとして、Arconiaの新種では?まだこんなものが採れるのが驚きです.実物を見たら案外つまらないものだったりして……

春のアブについて 投稿者:HM 投稿日:2019/04/09(Tue) 22:07:54 No.10128  引用 
いつもご指導ありがとうございます。
3月31日に御殿場市で撮影したハナアブの画像を見ていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。


Re: 春のアブについて 投稿者:pakenya 投稿日:2019/04/10(Wed) 17:04:27 No.10129  引用 
HMさま

これはHelophilus eristaloideus;アシブトハナアブのメスです。最も身近な種のひとつで、成虫で越冬するため冬でも暖かい日には姿が見られます。ほとんど年中見られるといってもいいかな。

なお、学名は比較的最近変わっており、古くからの図鑑とは一致しませんのでご注意を。

Re: 春のアブについて 投稿者:HM 投稿日:2019/04/11(Thu) 21:29:43 No.10130  引用 
pakenya様
ご教示ありがとうございます。
学名の変遷についてまで教えていただき、たいへん勉強になりました。
今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。

同定のお願い 投稿者:HM 投稿日:2019/03/30(Sat) 19:47:43 No.10122  引用 
いつもご指導、ありがとうございます。
3月29日に静岡県御殿場市で撮ったアブの画像を見ていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
                        


Re: 同定のお願い 投稿者:pakenya 投稿日:2019/04/01(Mon) 11:27:33 No.10123  引用 
HMさま

このハナアブは、Syrphus torvus ケヒラタアブです。
この画像でも複眼に毛が生えているのが確認できます。

Re: 同定のお願い 投稿者:HM 投稿日:2019/04/03(Wed) 05:56:53 No.10124  引用 
pakenya様
ご教示ありがとうございます。
毛が確認でき、たいへん勉強になりました。
今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。
                     HM

御殿場のアブについて 投稿者:HM 投稿日:2019/03/17(Sun) 11:53:58 No.10119  引用 
いつもご指導、ありがとうございます。
3月17日に静岡県御殿場市で撮影したアブの画像を見ていただけますでしょうか。
フキノトウの花に訪花していました。
よろしくお願いいたします。


Re: 御殿場のアブについて 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2019/03/18(Mon) 21:12:45 No.10120  引用 
HM様.

写真のハナアブは,Criorhina takaoensisタカオハナアブです.
フキノトウへの訪花は初めてみました.通常,ヤナギやカエデの花など木本の花で見ています.

Re: 御殿場のアブについて 投稿者:HM 投稿日:2019/03/19(Tue) 01:03:00 No.10121  引用 
茨城@市毛様
ご教示ありがとうございます。
訪花の傾向についても知ることができ、たいへん勉強になりました。
今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -