8219728
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 山中湖村のハエについて (0) / 2: ガガンボについて (2) / 3: ご教示ください (2) / 4: CiNii一部サービス終了 論文閲覧不可 (1) / 5: 石川県の海浜で見つけたハエ (41) / 6: コマバムツボシヒラタアブ? (3) / 7: 空中静止をする微小なハエ (10) / 8: ガガンボ類の幼虫でしょうか (1) / 9: 芋虫の死骸に集まるミバエ? (3) / 10: 竹の中でアリと一緒に (5) / 11: ハナアブについて (1) / 12: なんという種類のハエでしょうか (3) / 13: 何バエでしょうか? (0) / 14: ハナホソバエ科で合ってますでしょうか? (7) / 15: ヒメチビクロバエ (2) / 16: トラ柄のハエ (2) / 17: モモアカマガリケムシヒキ種群 (4) / 18: 同定お願いします (3) / 19: マテバシイの殻斗のタマバエ (0) / 20: 同定お願いします (0) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

カエデの葉で作られたクモの巣の... 投稿者:HM 投稿日:2014/12/11(Thu) 22:21:54 No.9095  引用 
いつもご指導ありがとうございます。
12月11日にカエデの葉で作られたクモの巣を採集したところ、中から何十という数のハエが出てきました。体長は2ミリ程度です。その中に1個体だけ他の個体と異なる体色のものがいました。この個体についてはどのように考えればよろしいでしょうか。ご教示いただけますと幸いです。
採集場所は静岡県御殿場市です。
よろしくお願いいたします。


Re: カエデの葉で作られたクモの... 投稿者:HM 投稿日:2014/12/11(Thu) 22:22:59 No.9096  引用 
追加の画像で、ハエが出てきた巣の画像です。

Re: カエデの葉で作られたクモの... 投稿者:HM 投稿日:2014/12/11(Thu) 22:23:49 No.9097  引用 
追加の画像で、他の個体の様子です。

Re: カエデの葉で作られたクモの... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2014/12/14(Sun) 08:27:42 No.9098  引用 
HMさん:ご質問の主旨が良く分からないのですが,このハエの名前をお聞きしたいのでしょうか。それともそれは分かっているから,「1個体だけ他の個体と異なる体色のものについてはどのように考えればよろしいでしょうか」と言う質問でしょうか?

1.まずこのハエの名前については以下の通りです。キモグリバエ科のヤドリキモグリバエ属Pseudogauraxの1種です。本属はクモ類の卵嚢に寄生します。日本からは,櫂歌書房発行の日本昆虫目録第8巻双翅目第2部には,P. boninensis Kanmiya, 1989ムニンヤドリキモグリバエとP. chiyokoae Kanmiya, 1972オニグモヤドリキモグリバエの2種が記録されています。前種は小笠原諸島,後種は北海道から九州,更にマレーシアまで広く分布しています。
本属の概形は,Genus Pseudogaurax - Parasitic Chloropid Fly - BugGuide.Net とネットで検索すればカラー写真も出ています。

2.最初の画像の個体が,他の個体と色が異なる個体と言う意味でしょうか。ハエ類にはある程度の個体変異や性的二型などがありますし,また羽化後の時間や日数で色彩が暗化して本来の色になるのが大部分です。異なる個体が最初の写真かどうか,あなたの文章ではわかりませんので,この点について,問題の個体と他の個体の色の違いがはっきりわかる画像をもう一度撮影して投稿してください。

本掲示板の皆様へ:
前述の,日本昆虫学会発行の「日本昆虫目録第8巻双翅目」を是非ご購入下さい。本年9月1日発行で,日本の双翅目の名称などがでている最新の著作です。学名,和名,最初に発表された文献(原記載または原公表の文献引用),地理的分布や必要に応じて備考もついています。2部に分かれて全部で1000頁あまりの大著です。福岡市の櫂歌書房の発行で,各部が13,000円(本体),合計26,000円ですが,価格を十分に上回る価値があることは間違いありません。本掲示板をご利用の双翅目に関心のある方には必携の図書です。年末で出費が多いかと思いますが,この際ボーナスなどで是非購入してみてください。櫂歌書房で検索すればわかると思います。

Re: カエデの葉で作られたクモの... 投稿者:HM 投稿日:2014/12/14(Sun) 13:08:06 No.9100  引用 
アノニモミイア様
質問の仕方に不備があり、たいへん失礼いたしました。
名前も知りたかったので、先ずはそのことを明記するべきでした。ご教示いただき、感謝申し上げます。
色の異なる個体について改めて画像を添付させていただきます。
左側の黄色い個体が他と異なる体色の個体で、スレッド9095に添付した個体と同一個体です。他の個体は右側の体色でした。ご教示のほど、よろしくお願いいたします。


Re: カエデの葉で作られたクモの... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2014/12/14(Sun) 14:28:24 No.9101  引用 
HMさん:今回の画像に出ている2個体は確かに胸部側板の斑紋や脚の色彩で相違が見られます.残念ながら本土にいるP. chiyokoaeの記載では脚の色の記載が行われていません(普通は記載するものですがネ).あなたが多くの個体と言うのは前脚や後脚の脛節が暗色に見えますし,唯一の個体は脚がかなり全面的に黄色です.画像を見た限りではこの相違が別種の違いか,同種の変異課は判断不可能です.

私はキモグリバエの分類学を専門としていませんが,これらが同一種か否かの判断は標本を見ればかろうじて可能かと思います.この点をかなりお知りになりたいのであれば標本を送ってもらえば時間がある時に見ることは可能です.その場合は色の違う1個体とその他多くの個体の数頭以上の個体を検する必要があるでしょう.

Re: カエデの葉で作られたクモの... 投稿者:HM 投稿日:2014/12/14(Sun) 22:11:39 No.9102  引用 
アノニモミイア様
画像を見ていただき、ありがとうございます。
別種の可能性があるとわかっただけで、非常にうれしく思っております。ありがとうございました。
申し訳ありませんが、もう一つだけ、質問をさせてください。
上宮博士のA SYSTEMATIC STUDY OF THE JAPANESE CHLOROPIDAEではP.chiyokoaeについて、Head entirely yellowとありますが、「多くの個体」は頭部全体が黄色とは言い難いように感じます。「多くの個体」の生態画像を添付しますので、これがentirely yellowと表現できる範囲内か、ご教示いただけますと幸いです。


Re: カエデの葉で作られたクモの... 投稿者:ezo-aphid 投稿日:2014/12/15(Mon) 12:18:23 No.9104  引用 
脇からおじゃまします。
オニグモヤドリキモグリバエについては、横浜で9月に撮られ、上宮博士に見ていただいた背面画像があります。「オニグモヤドリキモグリバエ 横浜」で検索してみてください。
その個体は、前胸背にあるはずの4本の黒条のうち、中央2条が淡い褐色なので、おそらく(羽化後まもなくで発色不十分の)テネラルと思われます。これと較べてみると、頭の縦横比、小楯板の縦横比、翅脈前縁の部分比などが違って見えます。ご参考までに。

Re: カエデの葉で作られたクモの... 投稿者:HM 投稿日:2014/12/15(Mon) 22:49:50 No.9105  引用 
ezo-aphid様
コメントありがとうございました。
画像拝見しました。とても美しい画像で感動しました。撮影の腕の違いも大いに関係していると思いますが、同じ種とは思えません。翅脈も異なっているように、確かに感じられます。添付画像の赤線部分に特に違いを感じました。

稲についているガガンボ(その1... 投稿者:ありんこ 投稿日:2014/12/07(Sun) 13:41:35 No.9088  引用 
こんにちは。通りすがりの者ですが、お訊ねさせていただきます。

稲の葉に止まっていたガガンボです。

田んぼでガガンボはよく見かけるのですが、どれも似ていて区別ができません。水田には「キリウジガガンボ」というものよくいるようですが、それで間違いないでしょうか。写真を見る限りではどれも同じ種類に見えます。
場所はいずれも北海道です。

写真1枚目は5月18日撮影です。


稲についているガガンボ(その2... 投稿者:ありんこ 投稿日:2014/12/07(Sun) 13:44:20 No.9089  引用 
写真2枚目です。
8月22日撮影です。


稲についているガガンボ(その3... 投稿者:ありんこ 投稿日:2014/12/07(Sun) 13:45:14 No.9090  引用 
写真3枚目です。
8月25日撮影です。


稲についているガガンボ(その4... 投稿者:ありんこ 投稿日:2014/12/07(Sun) 13:46:21 No.9091  引用 
写真4枚目です。
同じく8月25日撮影です。


稲についているガガンボ(その5... 投稿者:ありんこ 投稿日:2014/12/07(Sun) 13:47:23 No.9092  引用 
写真5枚目です。
これで終わりです。
8月30日撮影です。

どうぞよろしくお願いします。


Re: 稲についているガガンボ(そ... 投稿者: 投稿日:2014/12/08(Mon) 01:47:08 No.9093  引用 
写真2、3、4、5は同じものでキリウジガガンボと同じYamatotipula亜属のものです。ただ、断言はできませんが、キリウジガガンボとは別の種のように見えます。
写真1は別の亜属の種です。

ありがとうございました 投稿者:ありんこ 投稿日:2014/12/08(Mon) 23:21:51 No.9094  引用 
中村剛之様

早速のお返事、ありがとうございます。
キリウジガガンボに近い種類でしたか。
1枚目以外の写真は、ほとんど同じ時期のものですが、北海道内でそれぞれまったく違う場所で撮影したものです。「よく見かける」と思っていた種類なので簡単に考えていたのですが、そうでもないということなのですかね。ガガンボの世界は深いですね。どうもありがとうございました。

Fly times 最新号 投稿者:ハエちゃん 投稿日:2014/12/04(Thu) 18:46:55 No.9087  引用 
Fly times の最新号が出ましたので、リンクをお載せ致します。

Fly Times Issue 53, October 2014
http://www.nadsdiptera.org/News/FlyTimes/issue53.pdf

食べられているカ? 投稿者:wood-spoon 投稿日:2014/12/03(Wed) 19:10:31 No.9082  引用 
皆様、よろしくお願い致します。
今年11月中旬、大阪府の都市公園で撮影した虫です。
ヨコヅナサシガメの幼虫に食べられている所を撮影しました。
あまり精密には映っていないので申し訳ありませんが、
この虫の種類を教えていただけませんでしょうか。
カだと思うのですが、そこから既に自信がありません。

Re: 食べられているカ? 投稿者:wood-spoon 投稿日:2014/12/03(Wed) 19:12:23 No.9083  引用 
添付わすれました。

Re: 食べられているカ? 投稿者: 投稿日:2014/12/04(Thu) 00:50:27 No.9084  引用 
wood-spoon 様
ヨコヅナサシガメに捕食されている虫は、アカムシユスリカPropsilocerus akamusi (Tokunaga, 1938)のメスです。この種は年一回の発生です。11月から12月中旬にかけて、主にため池、湖沼で発生します。幼虫は基本的に止水性です。最近はあまり新聞などで話題になることが少なくなってきました。かつては琵琶湖、霞ヶ浦、諏訪湖で夥しい量の個体が発生していました。富栄養化の象徴ともいえるユスリカでした。逆に、このユスリカの大量発生が水質の富栄養化の進行を防いできたともいえます。上記の湖沼での本種の減少は、ある意味で水質が改善されてきたとも考えられます。しかし、水質の悪化が始まれば、また増加してくるかもしれません。

Re: 食べられているカ? 投稿者:wood-spoon 投稿日:2014/12/04(Thu) 10:13:23 No.9085  引用 
eriyusurikさま、詳細な解説に感謝いたします。
アカムシユスリカのメス、確認しました。水質悪化の指標ともなる生物なんですね。
なお、当地で大発生はしていない模様です。
種名の見当がつかず探しあぐねていたのでとても助かりました。
ありがとうございました。

このハエはなにでしょうか? 投稿者:ととろ 投稿日:2014/11/26(Wed) 23:25:40 No.9064  引用 
よろしくお願いいたします。千葉県でとれました。

Re: このハエはなにでしょうか? 投稿者:ととろ 投稿日:2014/11/26(Wed) 23:46:27 No.9065  引用 
お願いします

Re: このハエはなにでしょうか? 投稿者:ととろ 投稿日:2014/11/26(Wed) 23:48:00 No.9066  引用 
お願いします

Re: このハエはなにでしょうか? 投稿者:ひみゃく 投稿日:2014/11/27(Thu) 17:54:22 No.9067  引用 
ととろ 様

上のお写真はハグロケバエ
下のお写真はシオヤアブ

のように見えます。

Re: このハエはなにでしょうか? 投稿者:ととろ 投稿日:2014/11/27(Thu) 22:06:38 No.9069  引用 
教えてくださりありがとうございます。

Re: このハエはなにでしょうか? 投稿者:ととろ 投稿日:2014/11/27(Thu) 22:08:18 No.9070  引用 
教えてくださりありがとうございます。

Re: このハエはなにでしょうか? 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2014/11/27(Thu) 23:38:43 No.9071  引用 
最初の黒い個体はハグロケバエとしては,前脚脛節が細すぎるし,その先端が突起状になっていません。また翅脈相もハグロケバエの属するBibioケバエ属とは異なるようです。おそらくPenthetriaヒメケバエ属のヒメセグロケバエPenthetria velutina Loewの雄の可能性が高いでしょう。

Re: このハエはなにでしょうか? 投稿者:ととろ 投稿日:2014/11/29(Sat) 10:48:25 No.9072  引用 
詳しいご回答ありがとうございます!

蚊柱の蚊について 投稿者:HM 投稿日:2014/11/23(Sun) 22:49:11 No.9061  引用 
夕方、蚊柱ができていました。その蚊について画像から判断できることがありましたらご教示いただけますでしようか。
採集場所は静岡県御殿場市、体長は約7ミリです。
よろしくお願いいたします。


Re: 蚊柱の蚊について 投稿者:HM 投稿日:2014/11/23(Sun) 22:50:16 No.9062  引用 
追加の画像です。

Re: 蚊柱の蚊について 投稿者: 投稿日:2014/11/26(Wed) 21:11:55 No.9063  引用 
HM様
セスジユスリカChironomus yoshimatsui Martin & Sublette
です。この種は年7−8回世代を繰り返します。冬季に出現する固体は、全体的に暗色となり、暖かい時期に出現する固体と比べて顕著に色彩が異なります。この種に大変よく似た種にヒシモンユスリカChironomus flaviplumus Tokunagaがいます。識別は、なれないと大変難しいのですが、セスジユスリカでは翅がややくすんでいます。たいしてヒシモンユスリカの翅は透明度が高くなります。また、雄生殖器の尾針の形状が側方から見たときに、後者は幅広苦なります。また、上底節突起も、ヒシモンユスリカは側方部が強く張り出します。

Re: 蚊柱の蚊について 投稿者:HM 投稿日:2014/11/27(Thu) 19:41:27 No.9068  引用 
eriyusurika様
たいへん詳しい説明をありがとうございました。
非常に勉強になりました。
これからもユスリカに目を向けていきたいと思います。
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
                      HM

無事報告 投稿者:ハエ男 投稿日:2014/11/22(Sat) 22:36:53 No.9059  引用 
長いこと書き込んでませんでしたが、白馬村の古田です。

先ほど、ちくとでかい地震が来ましたが、現在のところ無事です。被害状況はテーブルに上の日清カップ麺カレー味がひっくりかえったことでしょうか・・・・・あと30秒だったのに・・・


とりあえずご一報まで・・・古田でした。

Re: 無事報告 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2014/11/23(Sun) 08:46:40 No.9060  引用 
ハエ男様.

御無事で何よりでした(^◇^)
白馬村近隣で震度6と聞いて心配していました.

同定のお願い 投稿者:HM 投稿日:2014/11/16(Sun) 21:59:27 No.9054  引用 
いつもご指導ありがとうございます。
11月16日に静岡県御殿場市で採集したハエについてご教示ください。体長は約8ミリです。よろしくお願いいたします。


Re: 同定のお願い 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2014/11/17(Mon) 11:53:37 No.9055  引用 
HM様.

細かな毛が見えないので推測ですが,Phasia aurulansの可能性が一番高そうです.

以前,"Sun, X. and S.A. Marshall. 2003. Systematics of Phasia Latreille (Diptera: Tachinidae). Zootaxa 276: 1-320."で調べたときは日本産が9種だったのですが,今度の目録では12種類に増えてます.

新しい目録で増えた種類を見ると,Sun & Marshall以降に研究が進んで他属になっていた種類がPhashia属に入ってきたようです.

Re: 同定のお願い 投稿者: 投稿日:2014/11/17(Mon) 21:41:30 No.9056  引用 
茨城@市毛様

コメントありがとうございました。
御教示いただいた内容について、勉強してみたいと思います。
今後とも御指導よろしくお願いいたします。

北杜市のガガンボ 投稿者:ashuring 投稿日:2014/10/19(Sun) 17:01:09 No.9035  引用 
もう一点、お尋ねさせてください。

10月5日に山梨県北杜市の駅で撮影したガガンボです。


胴体部分 投稿者:ashuring 投稿日:2014/10/19(Sun) 17:04:34 No.9036  引用 
胴体部分のアップです。

Re: 胴体部分 投稿者: 投稿日:2014/11/16(Sun) 19:16:39 No.9053  引用 
Dicranomyiaの一種?

ケブカハラナガハナアブ  投稿者:中山恒友@りゅうひ 投稿日:2014/11/04(Tue) 12:36:38 No.9052  引用 
先日の関東同定会ではみなさま、大変お世話になりました。また、中座をし、失礼いたしました。
当日同定いただいた中にケブカハラナガハナアブ Brachypalpus nipponicus (Shiraki, 1952)がおり、生態写真を撮っているのでご披露させていただきます。♀個体が樹洞のアリの巣の前でじっとアリの様子を見ていました(アリをもってきて同定しておけばよかったと今悔やんでいます)。
また、いろいろとご教示いただけるのを楽しみにいたしております。御礼申し上げます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -