8250274
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 山中湖村のハエについて (3) / 2: 教えてください。 (2) / 3: ガガンボについて (2) / 4: ご教示ください (2) / 5: CiNii一部サービス終了 論文閲覧不可 (1) / 6: 石川県の海浜で見つけたハエ (41) / 7: コマバムツボシヒラタアブ? (3) / 8: 空中静止をする微小なハエ (10) / 9: ガガンボ類の幼虫でしょうか (1) / 10: 芋虫の死骸に集まるミバエ? (3) / 11: 竹の中でアリと一緒に (5) / 12: ハナアブについて (1) / 13: なんという種類のハエでしょうか (3) / 14: 何バエでしょうか? (0) / 15: ハナホソバエ科で合ってますでしょうか? (7) / 16: ヒメチビクロバエ (2) / 17: トラ柄のハエ (2) / 18: モモアカマガリケムシヒキ種群 (4) / 19: 同定お願いします (3) / 20: マテバシイの殻斗のタマバエ (0) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

種名を教えてください 投稿者:chochoensis 投稿日:2007/05/08(Tue) 20:19:38 No.3437  引用 
東京都「高尾山」で撮影したのですが種名を教えていただけませんでしょうか。初投稿です、宜しくお願いします。
撮影日:2007−May−7th
体長:約10ミリ・頭から翅の先端まで約15ミリです。


Re: 種名を教えてください 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/05/08(Tue) 20:34:19 No.3438  引用 
ヒロクチバエ科Platystomatidaeの1種だと思います。

種名は、詳しい人のコメントをお待ちください。

Re: 種名を教えてください 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/08(Tue) 20:57:31 No.3439  引用 
こんちは。

 (詳しくないですがコメントです)
 市毛さんの仰る通り、ヒロクチバエ科ですね。
 Prosthiochaeta sp.までは間違いないと思いますが・・・
 翅がもう少しいい角度から撮れていれば種まで見当が付くと思います。

 別の角度は、ありませんでしょうか?

Re: 種名を教えてください 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/05/09(Wed) 05:49:50 No.3443  引用 
ハマダラヒロクチバエ Prosthiochaeta flavihirta Hara 1987ではないでしょうか・・・(比較的新しく発見された種なので九大目録には出てこない種類です。)

ヒロクチバエ科で翅にこの手の斑紋があるのはEuprosopia属とProsthiochaeta属なのですが、画像では頭部の雰囲気はProsthiochaeta属であるように思われます。
Prosthiochaetaのレビジョンでは日本には一種のみが記録されています。

Re: 種名を教えてください 投稿者:chochoensis 投稿日:2007/05/09(Wed) 08:13:06 No.3444  引用 
市毛様、バグリッチ様、ハエ男様、ありがとうございました。「ハマダラヒロクチバエ」とのこと、本当にありがとうございました。1987年の記載なのでしょうか・・・学名まで教えていただき感謝いたします、今後ともご教授願えると嬉しいです。ありがとうございました。

Re: 種名を教えてください 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/09(Wed) 21:43:09 No.3446  引用 
こんちは。

 模様の良く見える画像があってよかったです。
 私も、ハエ男さんの意見に賛成です。

 学名のつづりは、Prosthiochaeta flavihirataですよね。
 私は綴りミスが多いので、指摘できるような立場ではありませんが、たまたま気づきました。

 ではまた。

 

Re: 種名を教えてください 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/10(Thu) 09:32:00 No.3450  引用 
本種の学名は原記載(Kontyu, Tokyo, 55(4):690)によれば, Prostiochaeta flavihirta Hara, 1987 でして,ハエ男さんの綴りが正確です,なお,著者名の後のカンマが必要ですが.falvi(黄色)+ hirta(毛の生えている)ですから,hirataにはなりません.なお,私の所蔵同定標本と上の写真を比較しましたが,写真の種はハエ男さんの同定どおりでした. 

Re: 種名を教えてください 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/10(Thu) 09:45:16 No.3451  引用 
バグリッチさんの指摘されたflavihirataと言う綴りは,良く見ましたら原記載689ページのFigs. 10-13の中で,本種の12.のところで P. falvihirata と綴られています.これは多分原稿のミスか校正ミスではないでしょうか.このような記載の冒頭の綴りと図の説明の綴りが異なる場合,flavihirtaがホモニムにでもならない限り,flavihirataが生きることはないと思います.

Re: 種名を教えてください 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/10(Thu) 21:05:06 No.3452  引用 
アノニモミイアさん、ご教示ありがとうございます。
ハエ男さん、失礼致しました。

 1論文中で、異なる綴りがあるとは、思っていませんでした。
 申し訳ありませんでした。

 引き続き、宜しくお願い申し上げます。

Re: 種名を教えてください 投稿者:chochoensis 投稿日:2007/05/10(Thu) 21:31:51 No.3454  引用 
アノニモミイアさん、原記載論文の=学名綴り=まで懇切丁寧に教えてくださり、本当にありがとうございます。とても参考になりました。感謝いたします。今後とも教えてくださるようにお願いいたします。

Re: 種名を教えてください 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/10(Thu) 22:54:36 No.3455  引用 
私の方にも入力ミスが二ヶ所ありましたので訂正しておきます(ちゃんと読み直してから投稿しないのでこういうことになりました)

No. 3450の"falvi(黄色)+" は "flavi(黄色)+"の入力ミスです.

No. 3451の2行目,"P. falvihirata" は "P. flavihirata" の入力ミスです.

Leptopeza でいいですか? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/09(Wed) 21:52:37 No.3447  引用 
こんちは。

 5/5に近所で採ったオドリバエです。
 調べてみると、Leptopezaのようです。

 たまたま見つけた文献に Leptopeza flaviantennalisという種の日本の記録が出ていて、よく似ているように思いました。

 以前、アノミモイアさんのコメントで、本属として、
  ・Leptopeza falviantennalis Kato, 1971
  ・Leptopeza flavipes (Meigen, 1820)
  ・Leptopeza borealis Zettererstedt, 1842

 の3種が上がってましたが、明確な識別がわかりません。

 ご教示お願いできましたら、幸いです。


Re: Leptopeza でいいですか? 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/09(Wed) 23:24:23 No.3448  引用 
そろそろLeptopezaが出現する季節になったのですね.L. flaviantennalisはどうやらL. flavipesの変異の範囲にはいるようですので,最終的にはシノニムということになると思います.L. borealisは明らかに別種です.両種は以下で区別できます.

1.中型種.触角第3節は黄色.雄の前・中基節は黄色.雌の胸部は広く赤褐色ないし橙黄色,通常中胸背板に1対の大型楕円形の黒紋を持つ・・・・・・・・・・L.flavipes
  小型種.触角第3節は黒褐色.雄の前・中基節は黒褐色(雌では黄色).雌の胸部は広く黒褐色. ・・・・L. borealis

(訂正しました.最後の学名が. boreali で s が抜けていましたので付け加えました). なお,L. flaviantennalisとL. flavipesの関係はThe Empidoidea (Diptera) of Fennoscandia and Denmark.IIの217ページでChvalaが述べています.また,脈相がLeptopezaに類似したOcydromia属は日本に少なくとも3種,また,北欧などにいる稀種のLeptodromiella属も複数種日本に分布していて,これはしばしばまとまって採集できます.主に森林の地表で生活していて,やや裸地気味の場所を掬うとこの時期採集可能です.翅の基部が細いこと,触角刺毛が淡色で太く,微細な毛を生じることなどで,中室からM2, M3+4の2本の脈しか出さない類似した脈相(Hybos, SynechesではM1とM3+4脈が残り,M2が消失)の前2属と異なります.後一つ未記載属で腹部の骨化がつよく,微細な点刻が刻まれたものも1種日本にいます. 

Re: Leptopeza でいいですか? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/10(Thu) 21:13:51 No.3453  引用 
アノニモミイア様

 区別点のご教示に 深く感謝申し上げます。

 L. flaviantennalisが、L. flavipesの変異とは、新たな情報です。大変勉強になります。

 いろいろな種が採れると、ワクワクします。難しいですが、本当に 面白いです。

 今後とも 宜しくお願い申し上げます。

クチキカ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/04/19(Thu) 07:38:53 No.3385  引用 
今年も、山から広葉樹材を拾ってきました。

先日、クチキカの1種が出てきましたが、昨年とは別の種類のようです。小楯板は黒色で、翅が曇り、メスの産卵管は伸張していない?ので、昨年の不明種と同じかもしれません。

茨城県北部ブナ・ミズナラ林内。体長約6mm。


Re: クチキカ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/04/19(Thu) 07:39:47 No.3386  引用 
同メスです。

Re: クチキカ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/04/19(Thu) 07:41:33 No.3387  引用 
朽木と脱皮殻

Re: クチキカ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/04/19(Thu) 07:50:07 No.3388  引用 
朽木から掘り出した脱皮殻です。

朽木は、表面1cmより下は非常に固い材なので、幼虫の脱皮殻までは辿り着けませんでした。(穴は垂直に開いています)

1週間ぐらい様子を見て、脱出が終わっているようでしたら、材を割ってみようと思います。


Re: クチキカ 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/04/19(Thu) 13:31:43 No.3390  引用 
市毛さん,今年は期待していたのですが,ついに雄を出しましたね.すごいですね.間違いなく昨年の2雌と同種です.それに今回は蛹も得られたので,さらに所属がはっきりすると思います.蛹の呼吸管が波打つ形状からすると,Axymyia-Mesaxymyia系列のもののようです.Mesaxymyiaですと幼虫の鰓が2対,Axymyiaでは1対で櫛歯状になっていますので,あとは幼虫の脱皮殻を抜き出せばわかります.時には複数種が1本の朽木から出ますので,蛹殻とそれが出た穴が対応するようにマーク(番号を書いたマチ針をさすとか)しておいた方が幼虫の脱皮殻との対応が可能です.

それにしても発生期がかなり早いですね.

Re: クチキカ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/05/06(Sun) 19:01:25 No.3432  引用 
やっと時間が出来たので、幼虫の脱皮殻を発掘してみました。

朽木は直径が約10cm程で、脱皮殻は表面から約2cm程の位置に本体がありました。

彫刻刀で、材の柔らかい部分を抉り取るように削ってみました。

標本と脱皮殻は、アノニモミイアさん宛てに、近日中に発送します。


Re: クチキカ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/05/06(Sun) 19:04:30 No.3433  引用 
脱皮殻表面に菌糸のようなものが巻きついています。

Re: クチキカ 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/07(Mon) 13:24:32 No.3436  引用 
坑道が良く見えるように削られましたね.材が硬い場合には幼虫の脱皮殻を残した状態で削るのは中々難しいものです.

それにしても,かなり浅い位置に幼虫の脱皮殻があったのですね.直径が10cm位ですと坑道そのものの深さもあまりないことになります.ハルカ,キノコバエモドキやキマダラガガンボなど材穿孔性の幼虫は明らかに材そのものを食っていて,その糞も坑道に詰まっているのですが,クチキカはその気配が非常に少なくて,且つ口器も材を粉砕する構造がないので,食性が未解決です.盛夏から晩秋にかけての成長した幼虫を採集して,消化管の中身を調べれば分るかと思いますが,発生木が羽化が始まらないと中々確認しがたいのが難点です.

幼虫の脱皮殻が分りましたので,属の位置もはっきりすると思います.市毛さんご苦労様でした.

Re: クチキカ 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/10(Thu) 09:19:55 No.3449  引用 
市毛さんからお送りいただいた幼生期や雄の検討の結果,本種はMesaxymyia属に含まれる可能性が高く,またクチキカ科としては未記載種であることが明らかになりました.本種に良く似ていて触角がかなり短く,やや大型の種が九州の山地に生息しています.水辺の時々増水した時に水をかぶるような朽木に幼虫が生息していますので,このような材を野外から持ち帰ったときには,本科の羽化に注意してください.今から1ヵ月くらいが成虫の発生期です.これら2種のほかに,”Axymyia" japonicaのように雌の産卵器が長く伸びるタイプの種が日本列島にはこれを含めて3種生息しています.

画像の追加をさせてください 投稿者:chochoensis 投稿日:2007/05/08(Tue) 22:49:26 No.3441  引用 
種名の判らない「ハエ」の翅の画像を追加でお送りいたしますので、市毛様、パグリッチ様、どうか宜しくお願いいたします。

複雑なゲニのオドリバエ 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/06(Sun) 14:50:27 No.3429  引用 
こんちは。

 このオドリバエの個体は、翅の状態が悪く、翅葉腋やCuあたりが良くわからないため、属も不安ですが、苦し紛れにParathalassium属にあたりをつけました。

 小型ながら、複雑なゲニです。
 この属でよいかどうか、おわかりになりますでしょうか?

 画像もイマイチで、すいません。
 ご教示 お願い致します。


Re: 複雑なゲニのオドリバエ 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/06(Sun) 16:50:40 No.3430  引用 
これはHeleodromia japonica Saigusaの雄です.ほかに日本から3種(いずれも本州の山地や北海道の高山地)が記載されており,未記録ですが欧州に分布する模式種のH. immaculataも大雪には棲息しています.いずれも路傍(露地)のじゅくじゅく湿った地面に棲息し,多分幼虫もそのような場所にいると思います.本種は北海道から九州まで平地から山地に普通の種です.Saigusa (1962)に日本産の論文があり,交尾器の解剖図も出ています.属としては亜寒帯ー寒帯性のもので,本種の分布は例外的に暖地に偏っていますが,夏季には平地では見られません.

Re: 複雑なゲニのオドリバエ 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/06(Sun) 17:18:16 No.3431  引用 
先ほど書き忘れたのですが,Parathalassius属はHeleodromiaと違ってもっぱら海岸の砂浜に生息します.波が引いた後の湿った砂の上などを歩いていたり,コウボウムギやハマニンニクなど草本の茎や葉に止まったりしています.Thalassaが海の意味ですので,これから命名されたのでしょう.本属は日本に数種棲息していますが,いずれも未同定種です.利尻島にいるThalassophorusも海岸の礫のある場所で,アシナガバエ科のイソアシナガバエ類Conchopus & Acymatopusなどと同じような生活をしています.これはParathalassiusやMicrophorellaに近縁のオドリバエで,どちらかと言うとアシナガバエの系統の基部にあたるようなもののようです.

Re: 複雑なゲニのオドリバエ 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/06(Sun) 22:44:53 No.3434  引用 
アノニモミイア様

 詳細のご教示 本当にありがとうございます。
 Heleodromiaに行き着かなかったのは、『双翅目昆虫の検索システムに関する研究』の検索表のkeyの『翅の2つの基室は非常に小さい←→通常の大きさ』で、間違えたようです。

 ここを越えれば行き着けたのですが、まだまだ勉強不足でした。
 
 しかし、種名(Heleodromia japonica Saigusa)までわかってしまうのですね。驚きです。
 確かに、湿地で採集しました。

 Parathalassius属は今後、海岸へ行く際には注意したいと思います。 
 
 これらの種とは別に、何度か通っている場所で毎年採れるオドリバエがいるので、改めまして、画像をアップしてみます。

 引き続き、宜しくお願い申し上げます。

Re: 複雑なゲニのオドリバエ 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/05/07(Mon) 12:19:07 No.3435  引用 
Heleodromia japonicaは下の写真の交尾器の最上部に鉤型の突起が1対見えます.これは第9腹節背板(epandrium)の突起でして,このように細く鉤型に曲がって,数本の刺毛を生じていて,交尾器が大型なのは日本産では本種だけですので,同定可能です.H. minutiformisもやや同じ構造をしていますが,交尾器がはるかに小型です.

ハナアブ苦手です。 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/04(Fri) 22:30:24 No.3426  引用 
こんちは。

 ハナアブが苦手な私ですが、Pipiza sp.と思われる種を採りました。

 ハナアブのゲニにしては、目だった形態でしたので、誰かに教えてもらおうと、アップしました。

 この子が どの子にあたるか ご教示お願いします。


Re: ハナアブ苦手です。 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2007/05/04(Fri) 23:12:34 No.3427  引用 
バグリッチ様、御無沙汰しております。

これは、Pipizaではなく、クロケコヒラタアブPsilota nigripilosaです。

現在、ケコヒラタアブ属Psilotaは日本に3種分布しています。
P. nigripilosa以外は、大陸と共通の種類です。
旧北区のPsilotaのRevisionが出たら、学名を公表できる予定です。

残念ながら、P. nigripilosaが各地に多産する以外はきわめて稀な種類のようです。
触角第3節が円形の種類(P. brevicornis Holotype)は、タイプ標本の1頭だけしか見たことがありません。
第3節がやや長めの種類(P. brevicornis Paratype, P. brevicornis sense Ichige,2004)は、きわめて稀に採れるようです。

ヨーロッパのP. anthracinaは、QuercusやFicusの樹液に住むようです。

こちらでは、ほぼカエデの花以外で見たことがありませんが、一度だけクヌギ?の樹液が枯れた場所でメスを採りました。

Re: ハナアブ苦手です。 投稿者:バグリッチ 投稿日:2007/05/05(Sat) 21:24:39 No.3428  引用 
市毛様

 早速のご教示 ありがとうございました。
 ハナアブはあまり採れないので、苦手が先に出てしまい、実は しっかり検索しないで聞いてしまいました。すいません。

 教えてもらいながら、勉強させていただきます。

 また、是非 お願い致します。
 

 

Lasiopogonその1 投稿者: 投稿日:2007/04/27(Fri) 16:32:34 No.3406  引用 
今年もLasiopogon sp.(種名不明!!)がたくさん出るシーズンになりました。

たいていは地面に止まるハエ類(タネバエか何か)あたりを捕食しているのですが、たまに共食いの場面にも出くわします。食欲の前には、みさかいなどないようで・・・。これは♀が♀に食われてました。


Lasiopogonその2 投稿者: 投稿日:2007/04/27(Fri) 16:35:50 No.3407  引用 
交尾の場面にも時々出会います。

が、このペアはなんか変?。よく見ると片方が半ば砂に埋まったような状態で死んでました。
おそらく、合体して地表に止まったときに、下からアリジゴク(すりばちを作らないタイプ)にやられてしまったのだろうと思います。


Re: Lasiopogonその2 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/04/30(Mon) 00:11:55 No.3410  引用 
面白い生態記事ですが反応がないので,一言.と言っても少し長くなりますが.
以前ブータンのトンサというゾン(城)がある集落で採集していたときに,岩肌に静止しているウラナミジャノメ属の1種がいました.採集しようとネットを振ったのですが飛び立ちませんでした.それで,さらにもう一度振っても飛ばないので,羽化直後かなにかと不審に思って近づいてみましたが,飛びません.それで手づかみしたのですが,これがスット簡単には取れません.なぜかとますます不審に思ってよく見ましたら,アリジゴクの1種にしっかり噛み付かれていたものでした.このアリジゴクはその後飼育した結果,日本にもいるコマダラウスバカゲロウの近縁種でした.これら2種は,地衣類などの生えた岩壁上のわずかの窪みに背面が扁平の体をうずめるようにして,しかも背面には地衣類をまぶしたカムフラージュをしていて待ち伏せをしています.
今回の交尾の写真と,その原因の推測を読ませていただいて,上記を思い出しました.世の中どこにどんな敵がいるか,油断禁物というところでしょうか.(コモンをコマダラに訂正しました)

Re: Lasiopogonその2 投稿者: 投稿日:2007/05/02(Wed) 10:37:29 No.3416  引用 
アノニモミイアさん、貴重な体験談をありがとうございます。

岩肌にチョウが貼り付いていたら驚きますね!。コマダラウスバカゲロウは写真でしか見たことがありませんが、見た目は岩肌に溶け込んでしまっていて、よほど注意して観察しないと見過ごしてしまうだろうなと思います。

さて、死因の推測には根拠がありまして、Lasiopogon sp.を観察した直後、同様の環境でジュウジナガカメムシが砂上に磔になっていたのを観察しています。指でつついても動かないので下の砂ごと手ですくい上げたところ、アリジゴクが姿を現しました。というわけで、たぶんこれが原因だろうなと考えた次第です。

件のアリジゴクは正確な同定はしないままリリースしてきてしまいましたが、以前からこのエリアで見かけているコカスリウスバカゲロウの幼虫と思われます。
コカスリウスバカゲロウのアリジゴクは、砂の表面に大あごの先だけ見える状態で待ち伏せしています。また砂の上をかなりのスピードで前向きに歩きます。初めて見たときは、砂地を何か妙なものが歩いているのを見つけ、追いかけて捕まえてみたら、アリジゴクだったので大変驚きました。後ろに下がる時は、他のすりばちを作るアリジゴク同様ゆっくり進みます。

Re: Lasiopogonその2 投稿者: 投稿日:2007/05/02(Wed) 10:41:19 No.3417  引用 
おっと・・・画像を付け忘れましたm(_ _)m。

投稿の修正方法 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/04/30(Mon) 02:16:28 No.3412  引用 
アノニモミイアさんからのご質問ですのでお知らせしておきますね〜。

Re: 投稿の修正方法 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/04/30(Mon) 02:27:18 No.3413  引用 
1:記事を投稿する際に暗証キーを設定してください。
2:投稿記事のNoを確認してください。
3:BBSの一番したのところに「修正」「削除」を選ぶタブがありますのでそれの修正を選択してください。
4:その修正タブの横に記事Noを入力し、さらに横に暗証Noを入力する部分があります。

そこに入力して、送信すると修正できるはずです。

Re: 投稿の修正方法 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/04/30(Mon) 10:29:46 No.3415  引用 
ハエ男さん.修正方法分りました.お手数おかけします.3410を修正し,3411を削除しました.

こんばんは 投稿者:ナミテントウ 投稿日:2007/04/29(Sun) 17:57:33 No.3408  引用 
4月29日今日のことなのですが、白岡の運動公園内で不思議なハエを発見しました。
みれば見るほど不思議なので持ってきました。
もしかして病気?


Re: こんばんは 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/04/29(Sun) 18:52:43 No.3409  引用 
これは推察されたように,Entomophtora(エントモフトラ)というカビの1種に犯されたハエです.ハエの体内で菌が増殖し,特に腹部のような柔らかな部分は膨れ上がって内部の菌が白く見えます.特別に珍しいものではなくて,注意するとしばしば見付かるものです.Googleなどで検索してみると,さらに詳しい情報が得られるでしょう.

Re: こんばんは 投稿者:ナミテントウ 投稿日:2007/04/30(Mon) 08:19:18 No.3414  引用 
アノニモミイア さまコメントありがとうございます。
カビがこんな風になるなんておもしろいですね。

Googleで早速検索してみます。

ミバエの仲間かと思うのですが。 投稿者:クロ 投稿日:2007/04/23(Mon) 19:58:26 No.3402 ホームページ  引用 
薄い青色が目立っていました。

撮影日:2007年4月23日
撮影地:千葉県八千代市上高野
大きさ:1センチ弱


Re: ミバエの仲間かと思うのです... 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/04/24(Tue) 16:48:38 No.3403  引用 
背面一方向のみで同定するのは正直厳しいのですが・・・

一応、翅の斑紋はハルササハマダラミバエに良く似ていると思います。ただ、このグループは小盾板(この画像では背中の黄色く見える三角形の部分)の黒い紋がどの部分にあるかなどが、この近縁なグループの同定には重要な部分なのです。(この画像ではちょっときついです。)

ハエの仲間はチョウなどと違い、斑紋だけでは同定できない場合が良くあります。模様もさることながら体の剛毛や刺毛の配列なども重要で、これらが見えないと同定精度が著しく下がってしまうのです。(外見ではほとんど区別が付かず、交尾器を見ないとわからない種類もものすごく多いですし・・)

今回の場合は、あくまでも、「多分・・かもしれない」ということでお願いいたします。

Re: ミバエの仲間かと思うのです... 投稿者:クロ 投稿日:2007/04/24(Tue) 21:52:15 No.3405 ホームページ  引用 
ハエ男さん、今晩は。

ハエの仲間の同定が難しいことを理解できました。
つい、目にすると撮影し、後で、頭を痛めています。せめて、○○科とか、○○亜科の仲間まで解ればと思っています。

このミバエの仲間は、「多分ハルササハマダラミバエかもしれない」と紹介させていただきます。

有難うございました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -