31582929
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: Phasia aurulans ヤドリバエ科 (0) / 2: 美しい複眼 (1) / 3: ガガンボらしき虫の飛翔行動について (2) / 4: イッシキイシアブでしょうか? (0) / 5: Clairvilliops属でしょうか? (4) / 6: ガガンボに寄生するダニ (2) / 7: ヤドリバエ科のLeucostoma sp.メス? (4) / 8: ご教示下さい (2) / 9: ヤドリバエ科のElfriedella sp.♂? (3) / 10: Matile氏によるツノキノコバエ科の専門書のPDF(1990) (2) / 11: 同定のお願い (3) / 12: 名前を教えて (3) / 13: 同定のお願い (1) / 14: ランミモグリバエ (0) / 15: オドリバエを見つけました。 (2) / 16: RES Handbooks for the Identification of British Insectsの新刊 (3) / 17: ヒラタアブにつきまして (5) / 18: デガシラバエ科? (5) / 19: メバエ科の一種? (4) / 20: メバエの一種? (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

無題 投稿者:小金井虫 投稿日:2021/07/19(Mon) 16:30:37 No.11140  引用 
お世話になっております。
7月19日あきる野市秋川付近にて。初見でした。
ヤマトイシアブかと思いますが、いかがでしょうか。

よろしくお願いいたします。


Re: 無題 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/08/01(Sun) 17:32:28 No.11167  引用 
小金井虫 様.

イッシキイシアブのペアの可能性が高いと思われます.

イッシキイシアブの♂は,腹部背板全体に金毛を装う型と第5節もしくは第6節腹部背板以降の金毛を欠く2つの型が報告されており,今回の写真は後者の♂と見受けられます.

参考文献
春沢圭太郎・別府隆守 (2003) 四国からのイシアブ亜科の記録 はなあぶ 15-1: 83-87.

Re: 無題 投稿者:小金井虫 投稿日:2021/08/05(Thu) 09:50:15 No.11168  引用 
茨木@市毛様

回答、ありがとうございました!

イッシキイシアブとのこと。異なる型があるということで次回はそのあたりも含め、しっかり確認してみたいと思います。

Odontomyiaの一種?その2 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/26(Mon) 21:15:29 No.11155  引用 
その1と同日、別の沼の林内のノリウツギで採集しました。
こちらもOdontomyia属でしょうか?
体長は5mmです。


Re: Odontomyiaの一種?その2 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/26(Mon) 21:16:51 No.11156  引用 
画像その2

Re: Odontomyiaの一種?その2 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/26(Mon) 21:17:47 No.11157  引用 
画像その3

Re: Odontomyiaの一種?その2 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/07/27(Tue) 21:58:24 No.11161  引用 
フキ様.

こちらはR2+3脈がないので,Oplodontha属の不明種です.

Stratiomyoidea of Chinaを見ると,Odontomyia属やOplodontha属が多数報告されているで,標本をまとめて精査してくれる人が出ることを望みます.

Re: Odontomyiaの一種?その2 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/28(Wed) 10:00:29 No.11163  引用 
茨城@市毛 様

早速のお返事ありがとうございました。
Oplodontha属ということで保管したいと思います。
ご教示に感謝致します。

Odontomyiaの一種?その1 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/26(Mon) 21:04:10 No.11151  引用 
こんばんは。
2021/7/24、青森県で採集しました。
このサイトで触れられておりました、Odontomyia okinawaeにもよく似ていますが、近縁の種類でしょうか?
体長は8mmになります。


Re: Odontomyiaの一種?その1 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/26(Mon) 21:05:32 No.11152  引用 
画像その2

Re: Odontomyiaの一種?その1 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/26(Mon) 21:06:49 No.11153  引用 
画像その3

Re: Odontomyiaの一種?その1 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/26(Mon) 21:10:25 No.11154  引用 
生時の画像です。沼の遊歩道にあったショウマ類に見られました。

Re: Odontomyiaの一種?その1 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/07/27(Tue) 21:45:27 No.11160  引用 
フキ 様.

こちらはR2+3脈があるのでOdontomyia属で,不明種です.

Re: Odontomyiaの一種?その1 投稿者:フキ 投稿日:2021/07/28(Wed) 09:59:01 No.11162  引用 
茨城@市毛 様

ご教示ありがとうございました。

クシヒゲガガンボ 投稿者:けいこん 投稿日:2021/07/21(Wed) 14:26:30 No.11142  引用 
7月18日標高1900m付近で日当たりの良い針葉樹(カラマツ?)の立ち枯れに飛来したクシヒゲガガンボの仲間を採集しました。
種名を知りたいのですが、アドバイスやご教示をいただけないでしょうか。よろしくお願いします。


Re: クシヒゲガガンボ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/07/23(Fri) 23:01:14 No.11143  引用 
けいこん 様.

同様な斑紋の雌を山梨県の亜高山帯で採集していました.
該当する種類が見当たらず,放置してあります.

雄の鞭小節の突起は何本ですか?
3本であればTanyptera属,4本であればCtenophora属が該当しそうです.

Re: クシヒゲガガンボ 投稿者:けいこん 投稿日:2021/07/24(Sat) 14:57:53 No.11144  引用 
茨城@市毛 様

ご返信頂きありがとうございます。

鞭節の写真を撮影したのですが、写真を見る限り私には2本に見えます。


Re: クシヒゲガガンボ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/07/24(Sat) 18:51:47 No.11145  引用 
けいこん様.

鞭小節の突起が2本となると,べッコウガガンボ属 Dictenidiaとなります.
未記載種なのかもしれません.

Re: クシヒゲガガンボ 投稿者:けいこん 投稿日:2021/07/27(Tue) 21:20:37 No.11159  引用 
茨城@市毛 様

ご教示いただきありがとうございます。

ベッコウガガンボ属の一種としておきます。

無題 投稿者:小金井虫 投稿日:2021/07/19(Mon) 16:33:16 No.11141  引用 
もう1匹、黒い方(オス?)です。

昔の写真ですが 投稿者:芋虫のつぶやき 投稿日:2021/07/13(Tue) 01:47:18 No.11138  引用 
古い写真でしかもボケていて恐縮ですが、わかる範囲で教えてください。

2002.5.22 長野県旧三郷村黒沢


Re: 昔の写真ですが 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/07/13(Tue) 07:04:10 No.11139  引用 
芋虫のつぶやき 様.

翅の縁紋がはっきり見えませんが,Baccha laphrieformis ムモンコシボソハナアブの可能性が高いと思います.

ハラブトハナアブ 投稿者:久保田 投稿日:2021/07/11(Sun) 14:18:55 No.11135  引用 
5月22日に大津市の自宅で撮影したハラブトハナアブの一種ですが、種名が特定できません。M1の始まりが翅端から少し離れており、M4の後部の曲がりが緩やかで尖っていないのが特徴です。アドバイスをお願いいたします。

Re: ハラブトハナアブ 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/07/11(Sun) 16:02:07 No.11136  引用 
久保田様.

御指摘通りm1脈が内側に曲がっていますので,Mallota属(Eristalini族)ではなく,Eumerini族のMerodon equestris (Fabricius,1794)スイセンハナアブとなります.

該当種が見当たらない場合は,大石(1996-2000)等で属を調べ直すと良いと思います.

大石久志, 1996-2000. ルーペで調べる身近な縞模様のハナアブの見分け方. 昆虫と自然 31(4)-35(1).

Re: ハラブトハナアブ 投稿者:久保田 投稿日:2021/07/11(Sun) 18:48:45 No.11137  引用 
市毛様

ありがとうございました。表題自体が間違っていました。
ネットの図鑑を見てハラブトハナアブの一種と思い込んでいましたので、スイセンハナアブ はノーマークでした。
昆虫と自然を読ませていただきます。

クシゲガガンボの一種でしょうか... 投稿者:松田 投稿日:2021/07/09(Fri) 22:07:43 No.11131  引用 
7月9日、北海道十勝地方の低山で撮影しました。
体長、翅長ともに12mmほどです。
クシゲガガンボの一種かと思いますが、種名が分かりません。
よろしくお願いします。


Re: クシゲガガンボの一種でしょ... 投稿者:松田 投稿日:2021/07/09(Fri) 22:57:39 No.11132  引用 
訂正。クシゲガガンボではなくクシヒゲガガンボです。

Re: クシゲガガンボの一種でしょ... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/07/10(Sat) 00:23:58 No.11133  引用 
松田 様.

べッコウガガンボの黒斑が退化した個体と思われます.
関東〜九州で見られるべッコウガガンボとは別亜種の可能性があると伺っています.

Re: クシゲガガンボの一種でしょ... 投稿者:松田 投稿日:2021/07/10(Sat) 09:02:28 No.11134  引用 
市毛様

ご教示ありがとうございます。
ベッコウガガンボでもこのような斑紋のものがいるのですね。納得しました。

水生双翅目の蛹繭 投稿者:青谷晃吉 投稿日:2021/07/07(Wed) 20:58:55 No.11130  引用 
流水性のトビケラを調べています。水生双翅目と同じように蛹化時に繭を紡ぎます。関連で水生双翅目の繭について教えてください。
1 水生双翅目の繭の中の水は何ですか。
2 繭の中の水の役目は何ですか。
3 トビケラの場合、夏季に繭が縮んだ個体が見られますが、水生双翅目にはそのような例はないですか。
4 もし、繭が縮む例があるとすれば、その原因は何ですか。
5 以上に関連した文献などありましたらご紹介願います。

Dinera属でしょうか? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2021/07/04(Sun) 12:51:10 No.11119  引用 
こんにちは。
高一になって、以前より採集に行ける回数が減ってしまった、虫キョロリスです。

それでも、最近は、
ヤドリバエのProdegeeria属、キモグリバエのTogeciphus属、ニセヒメコバエのTenuia属など、、とてもカッコイイ双翅目を採集できていて、
楽しい毎日を過ごしております。

そして、今回も、再び ヤドリバエについて質問させてください。

採集日時:2021年6月20日
採集地:福井県嶺南地方


Re: Dinera属でしょうか? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2021/07/04(Sun) 12:53:44 No.11120  引用 
僕は、捕まえたときは Dexia属なのだろうかと思ったのですが、
観察してみると、Dexia属とは特徴がところどころ異なりました。

その後、Twitterで、小須田貴延様から、
「Dexia属ではなく、Estheria属かDinera属だろう」とのご指摘をいただき、

旧北区のマニュアルで同定したところ、
31番目の項目がよく分かりませんでしたが、
おそらくDinera属にたどりつくようでした。


Re: Dinera属でしょうか? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2021/07/04(Sun) 13:09:00 No.11121  引用 
インターネット上に、旧北区などのDinera属の検索表があったので、調べてみることにしました。
https://www.researchgate.net/publication/265966479_A_systematic_study_of_the_genus_Dinera_Robineau-Desvoidy_from_the_Palaearctic_and_Oriental_regions_Diptera_Tachinidae

腹部第1・2背板の溝は 背板の後縁まで届いているので、検索表の2に進み、
側顔が裸のため、3に進みます。
Palpusの長さは普通なので、4に進み、
そして、dc3+3なので、5に進みました。
そこから、D. angustifrons か D. orientalis のどちらかになると思うのですが、
この個体(♀)は、「pc orb sが1本である」、「mid tibiaが1 ad setaeである」などの特徴を持っていて、どちらの種類とも合わないに思えてしまいます。

このヤドリバエは何者でしょうか? そもそも、属が間違ってるでしょうか?
もし知っておられる方おられましたら、ぜひ教えていただきたいです。


Re: Dinera属でしょうか? 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/07/04(Sun) 18:38:28 No.11122  引用 
虫キョロリス 様

couplet 31については図105-106を見比べてください.
後胸気門の蓋状の覆いが,前後に対称か非対称かが問題です.

Zhang & Shima(2006)で多数のDinera属が解説されていますが,日本に分布しているのはfuscataとtakanoiの2種だけです.

Re: Dinera属でしょうか? 投稿者: 投稿日:2021/07/05(Mon) 01:19:07 No.11125  引用 
 虫キョロリス 様

前のAnechuromiya のスレッドに書いた,Shima(1979) Blondeliini I. のほうの文献に,
Prodegeeria もちょうど載っていますね.

自分はDinera を2種3頭しか持っておらず,どちらもZhang & Shima(2006) で落ちず,
もっと採りたいと思っているところです.

Re: Dinera属でしょうか? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2021/07/06(Tue) 00:31:19 No.11126  引用 
茨城@市毛 様

couplet 31について説明してくださり、ありがとうございます!

早速、後胸気門の部分を見てみました。
それが、この写真です。
画像中央の、平均棍の右に写っている丸っぽい形をしたのが、
「後胸気門の蓋状の覆い」なのかなと思ったのですが、
これを見ると、どうも前後に対称なように思えてしまいます。。
とすると、、couplet 32の方に進むべきなのでしょうか??

そもそも、見る場所を間違えてたら すみません。


大宮 様

Prodegeeria属の検索表が載っている場所を教えてくださって、ありがとうございます!
この論文に載っていたとは、、気付かなかったです ^^;
僕が捕まえた個体は、3 stplで、中脛節に強い v setaがあるので、P. japonicaのようです!

> 自分はDinera を2種3頭しか持っておらず,どちらもZhang & Shima(2006) で落ちず,もっと採りたいと思っているところです.
なるほど。。日本には、Zhang & Shima(2006)に載っていないDineraが意外とたくさん生息しているのかもしれませんね!
興味深いです!


Re: Dinera属でしょうか? 投稿者: 投稿日:2021/07/06(Tue) 01:23:20 No.11127  引用 
図の106は前の覆いと後の覆いとが別々にあって,大きさも形もほぼ同じです.
105のほうは後ろの覆いのみ発達しており,前のものは確認できません.
これらの図とは別に,後の覆いが大きく,前の覆いが小さいため非対称であるケースがあります.

写真のように丸く見える場合は非対称であると判断できます.

Re: Dinera属でしょうか? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2021/07/06(Tue) 19:44:00 No.11129  引用 
大宮 様

なるほど、、そういうことだったんですね!
すると、この個体は、Dinera属として良さそうですね。


お二方、
この度はありがとうございました!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -