8219732
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 山中湖村のハエについて (0) / 2: ガガンボについて (2) / 3: ご教示ください (2) / 4: CiNii一部サービス終了 論文閲覧不可 (1) / 5: 石川県の海浜で見つけたハエ (41) / 6: コマバムツボシヒラタアブ? (3) / 7: 空中静止をする微小なハエ (10) / 8: ガガンボ類の幼虫でしょうか (1) / 9: 芋虫の死骸に集まるミバエ? (3) / 10: 竹の中でアリと一緒に (5) / 11: ハナアブについて (1) / 12: なんという種類のハエでしょうか (3) / 13: 何バエでしょうか? (0) / 14: ハナホソバエ科で合ってますでしょうか? (7) / 15: ヒメチビクロバエ (2) / 16: トラ柄のハエ (2) / 17: モモアカマガリケムシヒキ種群 (4) / 18: 同定お願いします (3) / 19: マテバシイの殻斗のタマバエ (0) / 20: 同定お願いします (0) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

ヤノキゴシガガンボでは 投稿者: 投稿日:2012/06/26(Tue) 01:05:52 No.7764  引用 
先日教えていただいたキゴシガガンボに似ていて,胸部がオレンジ色をしているのでヤノキゴシガガンボではと思いますが,いかがでしょうか.四国と九州から発見されていると図鑑に出ていたので違うんでしょうか.体長は約20ミリ.
2012.6.23三重県四日市市の鈴鹿山脈にて


Re: ヤノキゴシガガンボでは 投稿者: 投稿日:2012/06/26(Tue) 01:07:21 No.7765  引用 
別角度から

Re: ヤノキゴシガガンボでは 投稿者: 投稿日:2012/06/27(Wed) 09:01:04 No.7771  引用 
その通りだと思います。本州にもいるんですね。四国の標本が手元にありますが,これはまだ自分で捕まえたことのない虫の一つです。

Re: ヤノキゴシガガンボでは 投稿者: 投稿日:2012/06/27(Wed) 09:04:55 No.7772  引用 
もし,頻繁に行く場所でしたら少し標本を採っておいて頂けないでしょうか。

Re: ヤノキゴシガガンボでは 投稿者: 投稿日:2012/06/27(Wed) 10:08:42 No.7773  引用 
達磨さん,ありがとうございます.
ヤノキゴシガガンボを探しにまた山へ出かけてみます.

Re: ヤノキゴシガガンボでは 投稿者: 投稿日:2012/06/27(Wed) 10:14:26 No.7774  引用 
鈴鹿山脈には両種が一緒にいるということでしょうか。発生地にでもあたらないとなかなか複数個体を得ることの難しい虫ですが,どうぞよろしくお願いいたします。

口から 投稿者: 投稿日:2012/06/21(Thu) 11:49:24 No.7743  引用 
初めて投稿いたします。
朝、ハエの口から水滴のようなものが。
調べていたらこのサイトにたどり着きました。
これはいわゆる消化液でしょうか?
よろしくお願いいたします。


Re: 口から 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/23(Sat) 09:55:04 No.7751  引用 
このような単独での行動はハナバチやハエの仲間で時折観察されます.ずっと見ているとそのうちに飲み込んで,さらに再び出すことがあります.決して吐き出して捨ててしまうのではありません

想像ですが,おそらくそ嚢cropに飲み込んだ液体を,外気にさらして濃縮しているのだろうと思います.
チョウ類などでは,湿った地面に止まって吸水しますが,この場合は長時間吸水する過程で,肛門から次々と水滴をぽたぽたと落としています.この行動の解釈は,体温を下げているというのと,吸収する必要がある成分を吸収したのちに残りの残液を排泄している,とがあります.この行動がしばしば♂に限られていることから,前説はやや疑問がります.♂だけということは,多分生殖に関係して,例えば交尾中に雌の交尾嚢に♂が形成する精包の材料をえているのでは,というようなことが考えられます.

ハエなどはそ嚢に液体をいっぱい吸収すると,それをただちに中胃に送り出すのではないようですから,多くの栄養成分を得るためにそ嚢の中身を蒸発して,そ嚢の容積を有効につかっているのか,と思います.あくまでも想像ですから,事実とは信じないでください.

Re: 口から 投稿者:taro 投稿日:2012/06/23(Sat) 22:35:56 No.7755  引用 
アノニモミイアさんありがとうございます。確かに、何度も吸って出してを繰り返していました。5分くらいして、最終的には飲み込んで飛んでゆきました。その際、水滴が小さくなったかどうか、、、次回はそこも見てみたいと思います。ありがとうございました。

Re: 口から 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/24(Sun) 17:45:24 No.7757  引用 
taroさん.

今後このような行動をほかのハエでも観察されたら,詳しく経過を見てください.
それにしても,鮮明な画像ですね.撮影機材など教えていただければありがたいです.

Re: 口から 投稿者:しぐま 投稿日:2012/06/24(Sun) 19:46:01 No.7758 ホームページ  引用 
横から失礼します。
私も同様の行動を見たことがあります。
動画に撮りましたのでよろしければご覧ください。
http://sigma-nature-vlog.blogspot.jp/2011/01/blog-post_2772.html
最後に水滴を吐き出したかどうか、残念ながら見そびれてしまいました。
この行動にどんな意味があるのか長年の疑問に対して、今回専門家のご意見(仮説)をお聞きして勉強になりました。

ついでに、あつかましいのですが動画のハエの名前がもし分かるようであれば教えてください。
(写真は撮れていません)
◯◯科、だけでも助かります。
ここで以前教えてもらったハクサンベッコウバエと素人目には似ている気がします。

Re: 口から 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/26(Tue) 19:13:03 No.7766  引用 
しぐまさん.興味深い動画をありがとうございました.このベッコウバエはNo.6667のスレッドで書き込みをしておきましたように,ハクサンベッコウバエでよろしいと思います.本種の学名(種名,種小名)については,あのスレッドの最後あたりに書き込みましたが,現在melanacmeとanalisの関係がどうなっているかは調べていません.

Re: 口から 投稿者:しぐま 投稿日:2012/06/26(Tue) 22:50:03 No.7769 ホームページ  引用 
コメントありがとうございます。
蝿の名前も分かって嬉しいです。

アノニモミイアさんの仮説をどうやったら実証できるか考えてみたのですが、蝿の口元の水滴を注射器でサンプリングして時間経過とともに成分を分析するぐらいしか思い付きませんでした。
単に水滴が小さくなっただけでは一部を飲み込んだのか蒸発したのか分かりませんよね。
野外では間違いなく逃げられてしまいそうですし、果たして飼育下で吐き戻しを再現してくれるか難しそうですね。
冷却効果の有無については、虫の体温をサーモグラフィーで見てみたいものです。

ツリアブ不明種? 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/06/24(Sun) 22:10:05 No.7759  引用 
本日,栃木県日光で採集した体長約8.5mmのアブです.
翅脈や口器からするとツリアブであっていると思うのですが,旧北区の双翅目マニュアルでは属が解りません.


Re: ツリアブ不明種? 投稿者:三枝豊平 投稿日:2012/06/25(Mon) 00:31:57 No.7760  引用 
市毛さん.日本にはまだまだ奇妙なツリアブが生息しているものですね.驚きました.

旧北区と新北区のマニュアル,Die FliegenのBombyliidae,旧北区のカタログなどを参照してみましたが,翅脈相から判断すると,よく似ているのはEcliminaeではないでしょうか.
旧北区のマニュアルでは,この亜科の特徴として顔面やgenaが鼻状に突出することが検索表のカプレットに出ていますが,Die Fliegenに出ているEclimus quedenfeldti (Engel, 1885)(現在はThevenemyia属)の頭部側面の図では,あなたの個体とほぼ同程度の顔面です.Thevenemyiaは北米にも数種分布しているので,もしこの属であれば日本にいても生物地理的には納得できるところです.

ツリアブ科には全くの門外漢ですから,あるいは無知を曝け出したような書き込みになったかも知れませんが,ひとこと.


Re: ツリアブ不明種? 投稿者:三枝豊平 投稿日:2012/06/25(Mon) 01:33:59 No.7762  引用 
Die Fliegenのquedenfeldtiの記載文です.少々判読しにくいでしょうが,参考までに.

Re: ツリアブ不明種? 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/06/25(Mon) 18:29:13 No.7763  引用 
三枝豊平様.

Thevenemyia属の可能性があるとの御意見ありがとうございます.ネット上にはThevenemyia funestaという翅の紋以外はそっくりな種類の写真がありました.

現地で見た瞬間に珍品とは思いましたが,日本未記録の属だとは文献を調べるまで気づきませんでした.あまりにも異質なので,ツリアブ科で良いのかさえ迷いました.

ズミの花で他の超珍品のハナアブを待ち伏せしている際に,ビロウドツリアブに混じって飛来した個体を採集したのですが,栃木県初記録程度と思い,雑に扱ってしまい体表の毛が脱落してしました.元は,ネット上にあるThevenemyia funestaのような全体に毛深かい種類だったと思います.

ありがとうございました.

キクイムシのフラスの近くにいま... 投稿者:FS 投稿日:2012/06/22(Fri) 20:47:50 No.7749  引用 
いつもご指導ありがとうございます。
6月4日にハンノキキクイムシのフラスの近くで双翅目の昆虫の写真を撮りました。翅も体型も独特だと感じました。画像を見ていただけますでしょうか。よろしくお願い致します。FS

 採集日  2012.06.04
 採集場所 静岡県裾野市 標高約200メートル
 体長   8ミリ

 
 


Re: キクイムシのフラスの近くに... 投稿者:FS 投稿日:2012/06/22(Fri) 20:49:00 No.7750  引用 
追加の画像です。 FS

Re: キクイムシのフラスの近くに... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/23(Sat) 10:04:34 No.7752  引用 
Craspedometopon frontale Kertesz, 1909 ネグロミズアブというミズアブ科の1種です.それほど珍しい種ではありません.

Re: キクイムシのフラスの近くに... 投稿者:FS 投稿日:2012/06/23(Sat) 21:29:32 No.7753  引用 
アノニモミイア様

ご教示ありがとうございました。勉強になりました。
今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。

                       FS

Re: キクイムシのフラスの近くに... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/06/23(Sat) 21:49:09 No.7754  引用 
アノニモミイア様,FS様.

余談ですが,日本本土に分布するCraspedometoponは,Craspedometopon basale (MATSUMURA, 1915)という学名に変更されました.
C. frontaleは沖縄以南に分布する種類だそうです.

Ref. ROZKOSNY R.& KOVAC D., 2007, Palaearctic and Oriental species of Craspedometopon Kertész (Diptera, Stratiomyidae). Acta Zool. Acad. Sci. Hung., 53: 77-92.

Re: キクイムシのフラスの近くに... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/24(Sun) 17:43:07 No.7756  引用 
市毛さん
ネグロミズアブの学名についてご指摘いただき,ありがとうございました.この論文はまだ見ていませんでした.

山地のガガンボ 投稿者: 投稿日:2012/06/22(Fri) 01:18:02 No.7745  引用 
こんばんは.
標高300mあたりの鈴鹿山脈の渓谷で,5月27日に公衆トイレの壁面にぶら下がっておりました.体長は約25ミリ.何ガガンボでしょうか?


Re: 山地のガガンボ 投稿者: 投稿日:2012/06/22(Fri) 01:19:46 No.7746  引用 
腹部の拡大です

Re: 山地のガガンボ 投稿者: 投稿日:2012/06/22(Fri) 09:10:05 No.7747  引用 
これはガガンボ科のキゴシガガンボ(=こふきががんぼ)Leptotarsus (Longurio) pulverosus (Matsumura, 1916)です。

Re: 山地のガガンボ 投稿者: 投稿日:2012/06/22(Fri) 16:51:36 No.7748  引用 
達磨様,同定ありがとうございます.
あこがれの美麗種にようやく出会えました.感激です.

同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/03(Sun) 23:22:23 No.7720  引用 
いつもご指導ありがとうございます。
栗畑近くのヨウシュヤマゴボウの葉上にいたアブを同定していただけますでしょうか。
今日だけで多数目撃しました。
採集日  2012.06.03
採集場所 静岡県裾野市
体長   9ミリ
よろしくお願い致します。

                  FS


Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/03(Sun) 23:23:41 No.7721  引用 
追加の画像です。 FS

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/03(Sun) 23:24:40 No.7722  引用 
追加の画像です。 FS

Re: 同定のお願い 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/04(Mon) 08:44:11 No.7723  引用 
 写真のアブはシギアブ科のRhagio属の1種です.このように翅の半分が暗色で腹部が黄褐色ないし橙黄色で黒紋のあるRhagioは,少なくとも日本からはフタモンキイロシギアブR. itoi Nagatomi,キイロシギアブR. flavomedius Coquillett,ヨツモンキイロシギアブR naganensis Nagatomiの3種がわかっています.これらのシギアブの論文を見ても,腹部の斑紋の状態が写真に適合するものがありません.

 私もシギアブを専門に研究している者ではないので,これ以上詳しいことはわかりません.シギアブを研究していた故永冨昭先生の標本は大阪市立自然史博物館に保管されています.これらを調べれば写真のシギアブの名前がわかるかもしれません.
 永冨先生が日本産のRhagio属を総括した論文をお書きにならなかったし,まだ日本から記録されていない種もあるので,この仲間の同定をするのには,上記博物館の標本を調査するしかないのが現状です.同定の必要性が高い場合は同博物館にお尋ねになるのも一法でしょう.

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/04(Mon) 18:30:30 No.7724  引用 
アノニモミイア様

たいへん丁寧に解説をしていただき心より感謝申し上げます。
今日もたくさんの同じ種のシギアブを見ました。
これからも関心を持ち続けていきたいと思っております。
ありがとうございました。

                       FS

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/09(Sat) 16:51:29 No.7727  引用 
6月3日におたずねしたシギアブについて追加の質問をさせていただきます。
同種の個体の採集を試み続けていたところ、6月7日に同じ場所で別のシギアブ(体長8ミリ)を採集しました。画像のシギアブがそれにあたります。腹部の斑紋の状態は6月3日のものと明らかに違うように思います。以下の三つの点についてご教示いただけましたら幸いです。
1.7日の個体は北隆館の原色昆虫大図鑑の記載を見るかぎりではフタモンキイロシギアブの可能性があるのかとも思いましたが、いかがでしょうか。
2.3日の個体と7日の個体は別種と判断してよろしいでしょうか。
3.3日の個体は日本未記録種の可能性があると考えてよろしいでしょうか。

ある事情があって、できれば可能な限り同定したいと願っています。どうぞよろしくお願いいたします。
                         FS

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/09(Sat) 16:53:42 No.7728  引用 
7日の個体の画像です。FS

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/09(Sat) 17:01:30 No.7729  引用 
コメントの中で言及した図鑑の文章です。
「〜〜とも」のあとは「に本州に産する」と続きます。
                      FS


Re: 同定のお願い 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/06/09(Sat) 20:36:15 No.7730  引用 
FS様.

 シギアブ科については,専門家であった鹿児島大学の永富昭先生が多数の論文を書いていますが,初期に書かれたRhagio属についてはアノニモミイア氏が書かれているように検索表も無く,同定にかなり戸惑うグループです.
生前永富先生と交流があった人の話では,Rhagio属についてはもう一度検討し直して,総説を書きたいと話していたそうです.

 FS様の種名を知りたいという気持ちは解りますが,検索表のような目安になる情報がない種類を同定するためには,個体変異などを考慮しながら多数の標本を調べて自分なりの検索表を作るというかなりの努力が必要となります.

>1.7日の個体は北隆館の原色昆虫大図鑑の記載を見るかぎりではフタモンキイロシギアブの可能性があるのかとも思いましたが、いかがでしょうか。

 北隆館の記載には,「腹部第1・2節は黄色,中央に黒紋をもち」と記されていますが,7日の個体にこの特徴が写っていませんので,私もアノニモミイア氏同様に別種の可能性が高いと思います.また,R. itoiは胸背や胸側部に灰粉を装い,写真のシギアブとはかなり色彩が異なります.
正確に調べるためには,Rhagio属の分類にどのような特徴が重要なのかという,基本的なことから調べ,腹部斑紋などの個体変異の幅を把握しなければ同定は出来ません.

>2.3日の個体と7日の個体は別種と判断してよろしいでしょうか。

フタモンキイロシギアブR. itoi NagatomiとヨツモンキイロシギアブR naganensis Nagatomiの原記載論文である”Nagatomi, A., 1952, New Rhagio-species from Japan (1), Mushi, 24(3):7-12.”を読んでもらえばわかるように,両種とも雌雄で腹部斑紋が異なります.また,両種とも長野県上高地で同日に採集した標本で記載されています.僅かに生息環境が異なるのか,2種が混生するのかは不明です.

>3.3日の個体は日本未記録種の可能性があると考えてよろしいでしょうか。

7723でアノニモミイア氏が書かれているように,未記載種である可能性もありますし,既知種の個体変異という可能性もあります.

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/10(Sun) 21:05:07 No.7731  引用 
茨城@市毛様
たいへん詳しくご教示いただき心より感謝申し上げます。
個体変異の幅の把握というのは、非常に困難な作業なのだと推測いたします。
標本の数を増やそうと今日も同じ場所を散策しましたが、採集にはいたりませんでした。地道に努力を続けていきたいと思います。ありがとうございました。
                        FS

Re: 同定のお願い 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/06/19(Tue) 06:47:27 No.7738  引用 
先日,永富先生の弟子的な立場の知人から電話があり,シギアブについて色々と話を伺いました.

そこで伺った内容としては,
・永富コレクションのキイロシギアブには同定ラベルが付いないと記憶している.
・シギアブは色彩などの個体変異が大きいので,最終的には体の各部を計測して種の範囲を決定する方向に向かっていた.
とのことでした.

したがって,日本各地に普通に分布していると思われるキイロシギアブR. flavomediusについては,1種なのか複数種に分かれるのかが未定のまま永富先生が亡くなってしまったので,今後このグループを研究する人が出てこない限りは写真のようなシギアブについてはキイロシギアブと思われるとのコメント以上の回答は出来ないとの結論になります.

Re: 同定のお願い 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/20(Wed) 05:04:54 No.7739  引用 
キイロシギアブのタイプ標本はおそらくワシントンスミソニアン博物館群の一つ,米国国立自然史博物館に所蔵されているはずです.日本から米国にはるか昔に寄贈された標本です.

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/20(Wed) 21:09:52 No.7740  引用 
茨城@市毛様
コメントをありがとうございました。
縁あって関心を持ったキイロシギアブについて研究史を知ることができ、たいへんうれしく思っております。
先人のご努力に敬意を表しつつ関心を持ち続けてまいりたいと思います。
                        FS

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/20(Wed) 21:14:57 No.7741  引用 
アノニモミイア様

貴重な情報をありがとうございました。
遠くアメリカの地にあるタイプ標本を想像し、はるかな思いにひたりました。
今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。
                        FS

Re: 同定のお願い 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/21(Thu) 00:04:33 No.7742  引用 
FS様 シギアブの行動については,よくわかっていないことが多く,1種でもいいですから多産地で時間をかけて行動をじっくりと観察することによって,いろいろとわかってくるのでは,と思っています.RhagioやChrysopilusなどについては,樹幹や杭など,葉上に静止していて,人が近づくと飛んでまた近くに止まる,という程度の現場での経験しかありません.配偶行動,摂食など見たことがありません.このような面にもぜひ目を向けてみてください.

Re: 同定のお願い 投稿者:FS 投稿日:2012/06/21(Thu) 20:52:10 No.7744  引用 
アノニモミイア様
ご教示に心より感謝申し上げます。
これから何年もの時間をかけて観察を続けていきたいと思います。
6月3日にあれだけたくさん見られたRhagio属がここ数日は全く姿が見られません。発生時期にも特徴がありそうな気がします。
今後ともご指導よろしくお願い致します。
                        FS

シギアブ科Rhagio属の翅脈につい... 投稿者:FS 投稿日:2012/06/17(Sun) 09:08:01 No.7732  引用 
いつもご指導ありがとうございます。
再度になりますが、シギアブ科Rhagio属について質問させていただきます。
7720、7727でうかがったRhagio属の個体と6月13日に静岡県裾野市で採集した個体の翅脈を比較してみたところ、少しずつ違いが見られました。(たとえば○印をつけた部分)このような違いは個体変異ととらえるべきでしょうか。それとも種の違いの可能性を示唆するものでしょうか。初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示願えましたら幸いです。よろしくお願いいたします。
1.6月3日採集
2.6月7日採集
3.6月13日採集

                        FS

Re: シギアブ科Rhagio属の翅脈に... 投稿者:FS 投稿日:2012/06/17(Sun) 09:09:22 No.7733  引用 
1.6月3日採集のものです。FS

Re: シギアブ科Rhagio属の翅脈に... 投稿者:FS 投稿日:2012/06/17(Sun) 09:10:27 No.7734  引用 
2.6月7日採集のものです。FS

Re: シギアブ科Rhagio属の翅脈に... 投稿者:FS 投稿日:2012/06/17(Sun) 09:11:44 No.7735  引用 
3.6月13日に採集したものです。FS

Re: シギアブ科Rhagio属の翅脈に... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/06/17(Sun) 15:52:51 No.7736  引用 
双翅目の翅脈の相対長,曲がり具合,他脈となす角度,翅縁での位置,翅脈相互の間隔などは概してかなり安定した重要な分類形質です.しかし,それでもある程度の個体変異はあります.その幅が近似種における変異幅とどのような関係にあるかは,実のところ個々のケースで異なっています.

それぞれの分類群で多くの種について個体変異を研究することによって,はじめてその関係がわかってくるものと思います.シギアブ科の翅脈相を詳細に調べた経験がないのではっきりしたことは言えませんが,かつてBolbomyiaの翅脈相を多数の個体についてかなり調べたことがあります.その経験では今回の程度の変異は個体変異の範囲にふくまれるかな,という印象を持っています.

多くの個体で調査して変異の状況をつかむとともに,ほかの形質を調査して,研究した個体群が同一種に入るかどうかを検討し,その上で問題の変異について判断を下すことが大事ではないでしょうか.

Re: シギアブ科Rhagio属の翅脈に... 投稿者:FS 投稿日:2012/06/17(Sun) 22:38:30 No.7737  引用 
アノニモミイア様
詳しくご教示いただき心より感謝申し上げます。
何を念頭において調査を進めるべきなのかが、よくわかりました。できるだけ多くの個体を採集して比較を試みたいと思います。
今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。
                        FS

オオオビヒラタアブ? 投稿者:Hepota 投稿日:2012/05/27(Sun) 23:08:33 No.7719  引用 
こんばんは。
2012年5月26日、八ヶ岳の南にある天女山付近(標高1600mぐらい)で撮影しました。大きさは不明、花はトウゴクミツバツツジです。腿節が黒く、ハナアブ写真集で見るとオオオビヒラタアブかと思ったのですが、いかがでしょうか?


Re: オオオビヒラタアブ? 投稿者:pakenya 投稿日:2012/06/05(Tue) 11:45:07 No.7725  引用 
Hepotaさん、こんにちは。

画像のハナアブはMegasyrphus erraticusオオオビヒラタアブのメスです。この属は翅のr4+5脈が弱く波曲することが大きな特徴なのですが、この画像では見えませんね。ですが、複眼が有毛であること、腹部腹板にも明瞭な横縞模様があること、翅の前縁の基部側が広く濃色であることから本種と解ります。

平地ではめったに見られませんが、八ヶ岳周辺では普通に見かけるハナアブのようです。

Re: オオオビヒラタアブ? 投稿者:Hepota 投稿日:2012/06/06(Wed) 08:17:49 No.7726  引用 
pekenyaさま、ご教示ありがとうございます。
翅脈の特徴というのは、図の矢印の部分かと思います。これなら私にも同定できそうです。機会があれば、翅脈のわかる写真を撮ってみたいと思います。

ハナバエ科でしょうか 投稿者:FS 投稿日:2012/05/26(Sat) 22:18:10 No.7713  引用 
いつもご指導ありがとうございます。
ハナバエ科と思われるハエを見ていただけますでしょうか。
雑木林のクヌギの樹液に毎年たくさん集まってきます。

採集データは以下の通りです。
採集日  2012年5月24日
採集場所 静岡県裾野市桃園
体長   8ミリ

よろしくお願いいたします。
              FS


Re: ハナバエ科でしょうか 投稿者:FS 投稿日:2012/05/26(Sat) 22:20:17 No.7714  引用 
追加の画像です。 FS

Re: ハナバエ科でしょうか 投稿者:FS 投稿日:2012/05/26(Sat) 22:21:22 No.7715  引用 
追加の画像です。 FS

Re: ハナバエ科でしょうか 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2012/05/27(Sun) 14:02:23 No.7716  引用 
イエバエ科に詳しい人ならこの写真でも科はわかるでしょうが,私には無理.多分イエバエ科でしょう.
ハナバエ科かイエバエ科かは,この写真では写っていない検索形質のCuA+CuP脈(従来のanal vein,臀脈)が翅の縁まで伸びている(ハナバエ科)か,途中で終わっている(イエバエ科)かを見ないとわかりません.

Re: ハナバエ科でしょうか 投稿者:FS 投稿日:2012/05/27(Sun) 22:48:36 No.7718  引用 
アノニモミイア様

コメントありがとうございました。教えていただいたことをもとに調べてみたいと思います。
今後ともご指導よろしくお願い致します。

                       FS

FlyTimesの最新号 投稿者:三枝豊平 投稿日:2012/05/16(Wed) 15:32:31 No.7694  引用 
Flytimes No.48が発行されました。ネットでFlytimesと入力すれば,Flytimes-American Dipterists Societyが出ますので,それをクリックして,Issue 48をダウンロードできます。
直接には,http://www.nadsdiptera.org/News/FlyTimes/issue48.pdf
でも見れます。

また,小型昆虫を全方向からの照明で撮影するDome lightingの方法の改良法が示されています。これは双翅目の標本撮影に関心のある方々には参考になる方法です。

なお,本誌にはそれまで出版された双翅目の文献が列挙されています。双翅目談話会もカナダ,オタワの中央実験農場にある昆虫分類研究室に「はなあぶ」を創刊号から贈呈していまして(多分現在も送られているのかと思います),今回も「はなあぶ」に掲載されている論文もこの文献リストに挙げられています。

Re: FlyTimesの最新号 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/05/16(Wed) 18:42:26 No.7695  引用 
三枝様.

Flytimesの最新号の情報ありがとうございます.

Dome LightのFisher氏も,マクロレンズ(or 顕微鏡対物レンズ)+image stackingを使用していますね.

私も,頑丈なコピースタンド(Nikon PF-4)がオークションで入手出来,やっと安定して高倍率が撮れるようなシステムが完成しました.実用倍率で約20倍程度まで,最大倍率では約35倍まで撮影可能です.


Re: FlyTimesの最新号 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/05/22(Tue) 21:27:43 No.7708  引用 
Dome Lightの記事にあるLEDライトを調べてみたら,eBayで購入可能でした.送料込みの価格が7000円強と国内で売っている商品に比べて激安ですね.

Re: FlyTimesの最新号 投稿者:三枝豊平 投稿日:2012/05/23(Wed) 00:38:10 No.7709  引用 
LEDのリングライトについて は,Gainexpressのが結構機種が多く,しかも値段が安いです(国産の半値以下)。香港の会社でおそらく中国製ですから,少々安かろう悪かろうの面がなきにしもあらずです。インターネットでgainexpress.comと検索して,会社がでたら,microscope, camera, illuminatorをクリックするといろいろなリングライトの広告がでてきます。私はKD-200(89USドル,80LED)と GX860(94.5USドル,144LED)の2種類を買ってつかっています。顕微鏡の鏡筒下部の直径を考えて適したものを購入する必要があり ます。ただLEDリングライトは,1)影がなくなるので標本がフラットな印象に見える,写真も同様な結果になる,2)液などに入れて解剖する場合にピンセットなどの周囲の水面が凹面になると,これに多数のLEDが小さく反射して解剖材料が見にくい,の二つの弊害があります。それで私は冷光ファイバー照明も併用しています。なお,gainexpress のLEDについては私が紹介した最新のFly TimesにもDome lightingの記事で紹介されています。

Re: FlyTimesの最新号 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/05/24(Thu) 21:45:14 No.7711  引用 
三枝様.

ファイバー照明に比べると安い代わりに欠点もあるのですね.
ありがとうございました.

GX860到着 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2012/05/27(Sun) 20:42:26 No.7717  引用 
GX860が到着しました.

HPに20000Luxと表示しているだけあって,減光しないと眩しいです.現在使用している,150Wハロゲンランプを光源としたリング照明より明るいのには驚きました.拡散版を付けても明るそうです.
また,三枝様が指摘していたように,一つ一つのLEDが離れて見えるので,反射した明かりが均一ではありません.(LED自体は互いに接するように並べられていますが,封入樹脂やレンズ部に比べLED素子自体が小さいので,構造的に仕方が無いようです.)
GX860は内径が61mmですので,レンズ径が67mmと大きいLecia MZやCanon MP-E65には直接付けられません.アームスシステムの「LED照明装置・60φ〜70φ顕微鏡取り付け用アタッチメント 」を利用すると取り付けられそうです.
同社のKD200であれば内径70mmまで直接取り付けが可能なようです.

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -