8763475
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ヒョウタンハリバエ属文献 (0) / 2: ガガンボさん? 同定お願い致します。 (6) / 3: 同定お願いいたします (2) / 4: 無題 (2) / 5: ツリアブ不明種? (4) / 6: 日本昆虫目録双翅目の疑問点 (31) / 7: 同定お願いします (2) / 8: ムシヒキアブを教えてください。 (2) / 9: ムシヒキアブの一種について (2) / 10: Mallotaの同定のお願い (6) / 11: 同定お願いいたします。 (2) / 12: 田沢湖のアブについて (2) / 13: 種名を教えてください (2) / 14: 翅のないノミバエ (1) / 15: 双翅目昆虫の同定について (2) / 16: 同定のお願い (2) / 17: キノコバエ科でしょうか. (2) / 18: キアブでしょうか? (3) / 19: 同定をお願いします. (2) / 20: 同定のお願い (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

オビコシボソガガンボでしょうか 投稿者: 投稿日:2013/05/21(Tue) 19:17:20 No.8330  引用 
2013年5月21日青森県むつ市恐山で撮影しました。原色昆虫大図鑑さんには何種かあるようですが以前のNo.4333オビコシボソガガンボそのものは♂でしょうが斑紋はちがうような気がします。よろしくお願いします。

Re: オビコシボソガガンボでしょ... 投稿者: 投稿日:2013/05/21(Tue) 19:18:13 No.8331  引用 
画像追加します

Re: オビコシボソガガンボでしょ... 投稿者: 投稿日:2013/05/21(Tue) 19:19:08 No.8332  引用 
画像追加します

Re: オビコシボソガガンボでしょ... 投稿者: 投稿日:2013/05/22(Wed) 08:55:55 No.8334  引用 
オビコシボソガガンボは以前は日本各地に広く分布すると言われていましたが、精査したところ、原記載通りの交尾器を持つものは関東地方一帯でしか見つかっていません。一度国内のコシボソガガンボ科をまとめましたが(Nakamura and Saigusa, 2009, Zoosymposia 3: 273-303.)まだ未発見のものがいるんだろうと思っています。じっさい、2012年にはPtychoptera shirakamiensis シラカミコシボソガガンボというのを記載しましたが、写真のガガンボダマシはこれの雌かもしれません。

Re: オビコシボソガガンボでしょ... 投稿者: 投稿日:2013/05/22(Wed) 20:57:25 No.8336  引用 
達磨さま、ありがとうございます。
採れたら、採っておいた方がよろしそうですね。ところでこれは蜂擬態なのでしょうか。

Re: オビコシボソガガンボでしょ... 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2013/05/23(Thu) 09:39:00 No.8338  引用 
おーやぎさん。お久しぶりです。

蜂擬態と思われたのも納得できます。私も子供の頃甲府市の旧自宅の下水溝(と言っても70年近く前の話ですから、庭に幅が30cm位、ごく浅く掘った水路で両側を丸石で囲み、底は泥で、炊事や洗濯の下水ーもとより中性洗剤や洗濯用洗剤などない、石鹸だけの時代ですーが流れていました)から発生していたのでしょう。今となっては種はわかりませんが、ここから出たと思われるコシボソガガンボをいつも見かけていました。

私が蜂と思ったのは、このコシボソガガンボの概形や色彩斑紋はもとより、♀の腹端の産卵器が針状に伸びていたことが、最も大き理由でした。本気に刺されると思って怖れていました。

甲府市のやや郊外のような場所でしたが、甲州街道に面した町で、裏庭の先は狭い藤川を隔てて水田も広がる場所でした。今はすっかり住宅地に囲まれているようです。昔はこのような町の中にもコシボソガガンボが生育できる小さな環境が残っていた、ということです。

70年ほども経てこの仲間の研究の一助をすることになろうとは、当時の子供は夢にも思っていませんでした。

Re: オビコシボソガガンボでしょ... 投稿者: 投稿日:2013/05/23(Thu) 14:24:45 No.8339  引用 
アノニモミイア先生、ありがとうございます。
私は何かが飛んだ瞬間、蜂かと思いましたが地面にとまったのをみてガガンボかなと、それにしても腰細で良くふくれた腹だと見ました。その時は蜂?の意識は全くなくなっていたのですが。帰りに車を運転中、突然に黄色の帯っぽさが思い浮かび、蜂に擬態したガガンボかなと感じた次第です。昨年蜂擬態とされるスカシバ3種に巡り会い、すこし擬態モードになっていました。

同定のお願い 投稿者:HM 投稿日:2013/05/18(Sat) 23:40:12 No.8320  引用 
いつもご指導ありがとうごさいます。
雑木林のコナラの葉上にいたハエについて画像から判断できることがありましたらご教示ください。
採集データは以下の通りです。
採集日  2013.05.18
採集場所 静岡県御殿場市
体長 6ミリ
よろしくお願いいたします。
                  FS


Re: 同定のお願い 投稿者:HM 投稿日:2013/05/18(Sat) 23:44:45 No.8321  引用 
追加の画像です。 HM
(最初の画像に添えたコメントのFSをHMに訂正させていただきます。)


Re: 同定のお願い 投稿者:三枝豊平 投稿日:2013/05/19(Sun) 08:13:12 No.8323  引用 
画像の双翅類は、オドリバエ科EmpididaeのEmpis属Anacrostichus亜属に含まれるクロツヤハラオドリバエEmpis (Anacrostichus) claricolor Frey と同定してよい種の♂です。図書館などで見ることができれば、北隆館の新訂原色昆虫大図鑑第3巻419ページに本種に近縁のルリツヤハラオドリバエの項があるのでそれも参照ください。本種は本州中部山岳から発表された種で、少なくとも中部地方には広く分布しています。九州など西日本にも大変よく似た種が生息していますが、本種との種としての違いがあるかはまだ解決していません。

Anacrostichus亜属には、本種のほかに10種足らずの種が日本列島には分布しています。本亜属の種では、♂の外部生殖器が腹の先から下側に曲がって下垂するような状態になっています。また、本種やルリツヤハラオドリバエE. (A.) cyaneiventris Freyなどの1群では後脚の腿節が肥大して、腹面に棘を生じているのも特徴です。腹部が青藍色に輝く種、白い毛を密生する種、♀の翅が純白の種、逆に黒褐色の種など、概形はよく似ていますが、色彩など多様です。静岡では少なくともルリツヤハラオドリバエは生息しているかと思います。この種は年1回、4月に成虫が発生します。

ルリツヤハラオドリバエでは♂は自分とほぼ同じ大きさのミズアブ類を捕えて、これを♀への求愛餌にします。

Re: 同定のお願い 投稿者:HM 投稿日:2013/05/19(Sun) 18:41:44 No.8324  引用 
三枝豊平様

非常に詳しい解説をありがとうございました。
たいへん勉強になりました。
今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。
                      HM

Re: 同定のお願い 投稿者:三枝豊平 投稿日:2013/05/20(Mon) 19:13:01 No.8326  引用 
ルリツヤハラオドリバエ(ルリハラオドリバエ)の配偶行動の記事(Nature Study, 18(4):7-8)を添付しました。解像度が悪いので判読ください。

Re: 同定のお願い 投稿者:HM 投稿日:2013/05/22(Wed) 21:42:12 No.8337  引用 
三枝豊平様

記事を添付していただきありがとうございました。
お礼が遅れ申し訳ございません。
素晴らしい観察記録を読ませていただき心より感謝申し上げます。
                        HM

ベッコウバエの一種 投稿者:やまちゃん 投稿日:2013/05/12(Sun) 23:51:13 No.8305  引用 
いつもお世話になります。

4月末に、知人からベッコウバエとおぼしきものを頂戴しました! 頂くのは有り難い限りなんですが、こいつはハッキリ言って気持ち悪いですねぇ(なるべく手で触らないようにしてます)。だいたいにおいてデカ過ぎて、かわいげがありません・・・。

名前は「ベッコウバエ Neuroctena formosa」で良いのでしょうか? 東京都区内産で、樹液に来ていたそうです。どうぞよろしくお願いいたします。


Re: ベッコウバエの一種 投稿者:pakenya 投稿日:2013/05/13(Mon) 15:44:33 No.8308  引用 
やまちゃんさま

ベッコウバエですね。
学名はDoryomyza formosa (Wiedemann, 1830)です。

野外ではタヌキのため糞とか腐ったクズ野菜とかに群れているのを見ることが多く、あんまり触りたくないのは解ります。

先日、奥多摩で同じベッコウバエ科のトゲベッコウバエSteyskalomyza hasegawai Kurahashi, 1982を採集してきました。
こいつはもっとでかいですが、かっこいいです。
カモシカの糞とかに来るみたいですが、素手で保定するのも気になりませんでした。

Re: ベッコウバエの一種 投稿者: 投稿日:2013/05/13(Mon) 15:57:52 No.8309  引用 
これですねトゲベッコウバエ。大きな個体はなかなか迫力があります。

Re: ベッコウバエの一種 投稿者:やまちゃん 投稿日:2013/05/21(Tue) 00:29:42 No.8327  引用 
pakenya様:

早速のご回答、どうもありがとうございます。そして、こちらのお返事が遅れまして大変恐縮です・・・。

あら、そうだったんですか・・・やっぱりコイツ汚いんですね・・・私がそう直感したのは、人間の本能だったんでしょうかね! なぜなら、腐敗臭というものに対して、ハエが狂喜乱舞するのに人間には臭いと感じられるのは、人間が危険を避けるための本能だって聞きましたから・・・。視覚情報だけでも十分危険と感じられる本能があるかも知れませんですよね! トゲベッコウ、いいですね。今度奥多摩に行ったら探してみたく存じます。カモシカの糞に来るなら、素手では触りませんけど!

Re: ベッコウバエの一種 投稿者:やまちゃん 投稿日:2013/05/21(Tue) 00:34:24 No.8328  引用 
達磨 様:

これは良いお写真を、お世話になります! たしかにカッコいいハエですね。それにしても、この長い剛毛は何の役割をするのでしょう???・・・興味が尽きません!

画像 投稿者:paranoia 投稿日:2013/05/18(Sat) 07:31:48 No.8315  引用 
肝心の画像を添付し忘れました。宜しくお願い致します。

Re: 画像 投稿者:Campsicn 投稿日:2013/05/18(Sat) 16:54:04 No.8317  引用 
paranoiaさん、こんにちは。

市毛(2012)を見る限り、フトハチモドキバエ Eupyrgota fuscaか、オオハチモドキバエ E. luteola に似た印象を受けます。外見の印象だけですので、正確な同定には標本を精査剃る必要があります。もちろんどちらにも該当しない種の可能性もあります。なおフトハチモドキバエは奄美大島から記録があります。

いずれにしても、西表島からは初記録の可能性がありそうです。

Re: 画像 投稿者:paranoia 投稿日:2013/05/19(Sun) 08:02:25 No.8322  引用 
Campsicn 様
お世話になります。早々にご回答下さり有難う御座いました。

お陰さまで標本が無駄にならなくて済みました。当方この分野では全くの素人ですので、然るべき人に託そうと思います。

引き続きご教示をお願いする事になるかも知れませんが、その時は宜しくお願い致します。

Criorhinaの♀? 投稿者:BaconL 投稿日:2013/05/18(Sat) 02:58:06 No.8311  引用 
埼玉県飯能市 2013/04/29採集です。
絵合わせで見ていっても、なんだかしっくり来ません。
ナルミハナアブ?とも思いましたが、どうでしょうか。


Re: Criorhinaの♀? 投稿者:BaconL 投稿日:2013/05/18(Sat) 02:59:03 No.8312  引用 
顔です。

Re: Criorhinaの♀? 投稿者:BaconL 投稿日:2013/05/18(Sat) 03:00:15 No.8313  引用 
側面からもアップします。脚の色がナルミよりも全体的に暗色部が大きいように思ったのですが、変異の範囲でしょうか?採集経験が少ないため判断出来ません。

Re: Criorhinaの♀? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2013/05/18(Sat) 07:36:34 No.8316  引用 
BaconLさん、こんにちは。

 私も絵合わせですが、ヒサマツケブカハラナガハナアブという可能性はいかがでしょうか?

 似ているように感じましたので、一度見てみてください。

Re: Criorhinaの♀? 投稿者:BaconL 投稿日:2013/05/18(Sat) 19:07:03 No.8318  引用 
バグリッチ様、御無沙汰しております。
翅の模様からこの属だと思い込んでいたのですが、顔の感じはヒサマツケブカハラナガハナアブによく似ていますね。ありがとうございます。
埼玉からの記録はもしかするとないのでしょうか?

Re: Criorhinaの♀? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2013/05/18(Sat) 21:51:53 No.8319  引用 
BaconL様

こちらこそご無沙汰です。

 埼玉県昆虫誌に出ていませんし、目にした資料では、その後の記録は見ていないです。(見落としてるかもしれません)
 同定できましたら 是非ご報告お願いいたします。

ハチモドキバエ 投稿者:paranoia 投稿日:2013/05/18(Sat) 07:27:38 No.8314  引用 
初めまして。この度はお世話になります。つい先日、西表島にてハチモドキバエを採集したのですが、当方浅学ゆえに詳細な種名が分かりません。ご教示頂けると助かります。

トゲアリノスアブでしょうか 投稿者:mezaseguiness 投稿日:2013/05/12(Sun) 22:48:10 No.8300  引用 
2013年5月12日午前9時頃採集。
場所は長崎県五島列島の上五島(中通島)似首上方の林道。
アサギマダラの標識中、初見のハナアブが眼の前に止まりました。
キンアリノスアブだろうと思いましたが


Re: トゲアリノスアブでしょうか 投稿者:mezaseguiness 投稿日:2013/05/12(Sun) 22:50:07 No.8301  引用 
脚の色が黒っぽいと思い「アリの巣の生きもの図鑑」を開いてみました。
体長は14mmです。


Re: トゲアリノスアブでしょうか 投稿者:mezaseguiness 投稿日:2013/05/12(Sun) 22:51:34 No.8302  引用 
当初、複眼が離れていたので♀だとばかり思っていたら♂でした。

Re: トゲアリノスアブでしょうか 投稿者:mezaseguiness 投稿日:2013/05/12(Sun) 22:53:52 No.8303  引用 
慌てて交尾器を引き出した次第です。
トゲアリノスアブでしょうか。
よろしくお願いいたします。


Re: トゲアリノスアブでしょうか 投稿者:pakenya 投稿日:2013/05/13(Mon) 15:16:12 No.8307  引用 
mezaseguinessさま、こんにちは。

お尋ねのアリノスアブは、全長が14mmと大きいこと、胸部と腹部の色彩が同じであること、腹部第4節側部に黒斑があることなどから、トゲアリノスアブMicrodon oitanus Shiraki, 1930で間違いないです。

和名のトゲは、小楯板の後縁に1対のするどいトゲ状突起を持つことに起因しますが、長い毛に埋もれてしまうので写真では確認しづらいです。斜め後から観察すればよく見えると思います。キンアリノス、シリグロアリノスやコマチアリノスにはこのトゲがありません。
確認してみてください。

Re: トゲアリノスアブでしょうか 投稿者:mezaseguiness 投稿日:2013/05/13(Mon) 23:19:06 No.8310  引用 
pakenya様、ありがとうございます。

確かに毛が邪魔です。試しにピンセットで辺りをなぞると引っかかりました。

アゲハから出ました! 投稿者:やまちゃん 投稿日:2013/04/16(Tue) 19:10:08 No.8206  引用 
毎度お世話になります。

一か月ほど前、名古屋生まれのアゲハの蛹が変色したので、しめしめ、もうすぐ羽化するぞと喜んでおりましたところ、次第に雲行きが怪しくなって、ついには大きな黒豆みたいのが1つコロリンと転がっており、頭にきたんです。何か出てきたら懲らしめてやろうと思って3週間ほど待っていましたところ、昨日ご覧のように体長1.2cmの立派な奴が・・・なかなかどうしてかわいげですねぇ。どうか、どなたかこいつの分類をご教示頂けませんでしょうか? よろしくお願いいたします。


Re: アゲハから出ました! 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2013/04/18(Thu) 09:37:44 No.8210 ホームページ  引用 
やまちゃん様

残念ながら,ヤドリバエに詳しい人は掲示板には出てきてくれません.

Shima(2006)A Host-Parasite Catalog of Tachinidae (Diptera) of Japanよると,ナミアゲハからはBlepharipa属やExorista属のヤドリバエが羽化した記録があるようです.

写真を見ると,上記2属ではなくCarceliaやSenometopia等のほうが近そうな気がしますが,胸背に縦筋が見えないので別の属のようです.まだまだ見たことのない属が沢山あるので属まで調べることも困難です.

なお,ヤドリバエは他のハエ以上に剛毛を徹底的に見ないと区別が出来ません.
MOSCH WEB Interactive Key of Diptera Tachinidae というHPがありますので,どの様な特徴を見ているのか一度ご覧になってください.

Re: アゲハから出ました! 投稿者:やまちゃん 投稿日:2013/04/18(Thu) 23:05:43 No.8215  引用 
市毛様:

毎度お世話になります。ご教示どうもありがとうございました。

あらら、そうだったんですか。此処には寄生バエ・エキスパートの方は来られないと・・・そして属すら困難とは・・・残念に思っております。さらに、お教え頂いたMOSCH云々のサイト、もうタダならぬ雰囲気の素人御免の近寄りが難いマニアックさですねぇ。寄生バエってこんなにも敷居が高かったんですね・・・私はもう萎えてしまいましたが、もし今度アグレッシブな気分になれたら、MOSCH云々にアタックしてみますね! そして、もしも分かったら、自らこのサイトに報告しようと思います! もしも分かったら、なんですけどね・・・。

どうもありがとうございました。

Re: アゲハから出ました! 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2013/04/19(Fri) 01:25:27 No.8217  引用 
やまちゃんさん。今回のハエの名前についての投稿で懲りる必要はまったくありません。

ヤドリバエ科というのは市毛さんが投稿されている通り日本に数百種以上の種が生息していて、それらの同定には体や脚などに生じている剛毛の分布や長さなど細かな特徴を調べたり、♂の交尾器の構造を調べなければなりません。この作業をして同定ができる研究者は日本に現在2名しかいません。双翅類を専門としている研究者でもこの科以外の専門家にはヤドリバエ科というのは実は手も足も出ない、と言うのが実態です。ですから、この科はとくに簡単ではないな、という程度に思われたら良いかと思います。

しかし、ヤドリバエ科でもいくつかの種は生態写真でもほぼ種の同定がついたり、種まで行かなくてもおおよその群がわかるものもあります。ですから、今後も諦めないで、わからない双翅類のことがあったら、この掲示板で質問されたらよろしいと思います。

昆虫類の名称は、トンボ類、直翅類(バッタ、コオロギなど)、カメムシ類、セミ類、チョウ類、蛾類、大部分の甲虫類については既刊の図鑑類でおおよその同定は可能です。しかし、その他の昆虫、特に双翅類や膜翅類(ハチ類)では大型の一部の種を除いて、同定には標本を顕微鏡下で詳しく調べる必要があるものが大部分です。

しかし、種まで同定ができなくても、科あるいは属などがわかると、いろいろな情報が得られることもあります。この掲示板でもこのレベルでは大概は回答を期待できると思います。是非今後ともハエ、アブ、カなどでわからないことがありましたらこの掲示板を利用されたらいかがですか。

Re: アゲハから出ました! 投稿者:やまちゃん 投稿日:2013/05/13(Mon) 00:00:04 No.8306  引用 
アノニモミイア様:

これはしばらく訪問していない間にお返事を頂戴していまして、どうもありがとうございました。日本に専門家はお二人ですか・・・スゴいですね。お名前を知りたいものですが、なかなか出せないんでしょうね!

実は今もう3個、別のヤドリバエの蛹を持ってます! アカタテハから出ました。早く羽化しないかな、とずっと待ってますが、もう蛹が出てから早2か月が経つでしょうか・・・死んでしまったかもです。羽化して来ましたら、早速ここにご報告させて頂きたく存じますので、その節にはどうぞよろしくお願いいたします!

オオメナミアミカでしょうか 投稿者: 投稿日:2013/05/12(Sun) 16:56:25 No.8296  引用 
またよろしくお願いします。
採集場所は三重県いなべ市、採集日は2013年5月9日、体長11[mm]、翅長13[mm]です。
標高はGoogle Mapsの地形図で見ると330[m]くらいです。
世間一般の連休よりずれた休みで、渓流沿いの林道を歩いてきました。
膝の高さくらいの所に一匹だけ静止していました。
一瞬大型のキノコバエかと思ったのですが、横から見ると複眼が上下に分かれていました。
ヨツメカなんていう言い方をしたのがいただろうかと思いながら、初めて見て意外でした。
性別や餌も考えずに衝動的に採集してしまいました。結局メスのようで捕食性のものが多いようですが、
捕獲した後ケースが暑かったせいか、持ち帰る前に死んでしまいました。
同じ時に採集した弁翅類は無事だったのですが、難しいものだと思いました。
趣味で写真と言うわりにはぼけた横顔しか撮れませんでした。


Re: オオメナミアミカでしょうか 投稿者: 投稿日:2013/05/12(Sun) 16:57:23 No.8297  引用 
格好をつけている間にわりとすぐに複眼上部がへこんでしまい残念です。
採集した事がない分類群なのでこういう展脚は初めてしました。前脚は触っていて自然に上がったのでその姿勢にしました。

北龍館の「新訂 原色昆虫大図鑑 第III巻」で調べると、アミカ科Blephariceridaeになりました。
翅には翅脈のほかに多数の二次的な皺や折れ線が入っています。元の写真の明るさやコントラストを変えると見えました。

属の検索は翅脈についてで、この標本にはR2+3脈がないので、数え方を間違えて途中で迷いました。
ナミアミカ属Blephariceraになりました。
382ページのナミアミカ属の説明にある距式の0:0:1などの意味が分かりませんでした。前脚:中脚:後脚の距の数でしょうか。
種まで進んで疑問に思ったのは、2本のうち1本が短い場合は1にするのでしょうか。オスのほうで示すのでしょうか。
教えていただけたら嬉しく思います。

♀の種の検索表で最初に出てくる後脛節の2本の距は、最初ルーペで見て、ないと思っていました。
選択できないので、様子を撮影して尋ねようと思って調整していると、倍率が違うのと角度が変わったのか、見つかりました。
ふ節1節分を入れてみましたが、思っていたよりも小さなものですが、これでよろしいのでしょうか。

はじめは該当せず進めないと思っていて他の所まで疑問に思ったのですが、
検索表2番の、腹部は暗褐色で背板は一様に褐色粉で覆われるという所があります。
縦方向にも横方向にも薄い帯があるようにも見えて違和感がありました。
時間がたつと目立たなくなり、粉で被われていることには変わりはなく、平均棍や小翅片近辺が黄色といった形質も合わせて、
Blepharicera esakii オオメナミアミカが一番合うように思いました。

合っていますでしょうか。よろしくお願いします。


Re: オオメナミアミカでしょうか 投稿者:三枝豊平 投稿日:2013/05/12(Sun) 18:04:01 No.8298  引用 
大宮様:
写真のアミカはあなたが正確に同定されたように、オオメアミカBlepharicera esakii Alexanderの♀です。写真にも主要な検索形質が表れていて、間違いないと思います。新訂原色昆虫図鑑の検索表が機能してよかったです。

ご質問の距式の件は、0:0:0などは推測された通り、前・中・後脛節の距の数です。
属の距式について、0:0:2もあることを、私が原稿で欠落してしまったために、心配されたことと思います。ですから、本属では0:0:0、0:0:1、0:0:2の三つのケースがあることになります。たとえ短くても距があれば数にいれます。本種♀では短い距が長いものの約1/2の長さです。

双翅目の糸角類は乾燥に大変弱い種が多いので、採集地から生かして持ち帰る場合にはかなりの湿気を与える必要があります。しかし、容器の内面がガラスなど平滑な場合には、中に湿気を加えると、温度の変化で壁面に露結が起こり、これに翅などが付いてしまい、具合が悪いです。そうならないような工夫が必要でしょう。

長い脚の虫ですが、なかなかよい形に成形されたですね。私もかなりの数の個体を持っていますが、あなたの個体のように整然と脚が成形されたのは一つもありません。というより最初から成形していないからですが。

Re: オオメナミアミカでしょうか 投稿者: 投稿日:2013/05/12(Sun) 20:17:27 No.8299  引用 
三枝様
ご回答ありがとうございます。

ご確認いただきうれしい限りです。検索表をきちんと活用できてよかったです。

距式についてもご丁寧な説明ありがとうございます。書き込んでおこうと思います。

糸角類は湿気が重要とのことで、次に機会があった時のために考えておきたいと思います。

整形についてはお褒めいただき恐縮です。
収納スペースや破損の防止のために脚を伸ばさずに折る方法があるらしいことが分かったので採用しました。
それぞれの分類群できれいな標本を作れるよう少しづつ勉強していきたいと思います。

ありがとうございました。

Re: オオメナミアミカでしょうか 投稿者:三枝豊平 投稿日:2013/05/12(Sun) 23:42:34 No.8304  引用 
新訂原色昆虫大図鑑のBlepharicera属の♀の検索表で、
1.脛節に2本の距を持つ、 とあるのは、
1.後脛節に2本の距を持つ、 のことで、脛節を後脛節に変更して検索表を使ってください。

言い訳にもなりませんが、短い期間に忙しく原稿作成をしたものですから、各所に問題があり、読者の皆さんにはご迷惑をおかけしています。

ケジロキアブ♀では 投稿者:田中川 投稿日:2013/05/11(Sat) 15:14:44 No.8292  引用 
三重県亀山市の森林で見つけました.図鑑に「♀の翅の端縁は暗褐色に縁取られる」とあるキアブ科のケジロキアブ♀ではないかと思いますが,いかがでしょうか.2013.4.11

Re: ケジロキアブ♀では 投稿者:田中川 投稿日:2013/05/11(Sat) 15:16:23 No.8293  引用 
捕獲して弱らせて撮影しました.

Re: ケジロキアブ♀では 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2013/05/11(Sat) 18:47:10 No.8294  引用 
最近あまり標本を見ていないので、自信はありませんが、おそらくケジロキアブXylophagus albopilosus Miyatakeの♀でしょう。標本そのものについて調べてみる必要はありますが、まず本種と思います。

Re: ケジロキアブ♀では 投稿者:田中川 投稿日:2013/05/11(Sat) 21:08:29 No.8295  引用 
アノニモミイア様,早速ご回答いただきありがとうございます.
ケジロキアブ♀は図鑑にも載っていないし,ネット検索しても出てこないので,半信半疑でした.ケジロキアブを初めて見つけました.

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -