14918008
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: この麗しきハエの名は (0) / 2: ヤドリバエ科でよいでしょうか? (4) / 3: 同定のお願い (1) / 4: アブ2種の鑑定をお願いします (3) / 5: 同定のお願い (2) / 6: ヤドリバエの求愛行動? (4) / 7: 同定のお願い3 (3) / 8: よろしくお願いします (2) / 9: お礼の言葉 (0) / 10: 同定のお願い1 (2) / 11: 同定のお願い2 (2) / 12: アゲハから出ました! (5) / 13: 同定のお願い3 (4) / 14: 同定のお願い1 (2) / 15: 同定のお願い2 (2) / 16: 同定のお願い3 (2) / 17: 同定のお願い2 (2) / 18: 同定のお願い1 (2) / 19: ご教示ください (2) / 20: 同定のお願い2 (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

この麗しきハエの名は 投稿者:ryoi 投稿日:2020/07/02(Thu) 20:21:08 No.10758  引用    New!
7月2日 福岡市三苫海岸近くの道路で

Re: ヤドリバエ科でよいでしょう... 投稿者:小金井虫 投稿日:2020/07/02(Thu) 14:14:56 No.10757  引用    New!
小須田貴延様
ありがとうございます。
やはりヤドリバエ科はまだまだ難しいようですね…。

Re: 同定のお願い 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2020/07/01(Wed) 20:52:45 No.10756  引用 
芋虫のつぶやき 様.

後脚脛節が中程から曲がっていますので,Blera(Blera) kiotoensisキョウトハナアブのオスです.

同定のお願い 投稿者:芋虫のつぶやき 投稿日:2020/07/01(Wed) 20:19:24 No.10755  引用 
本日、安曇野市中房温泉付近(1,500m)で撮影しました。
同定宜しくお願い致します。

Re: アブ2種の鑑定をお願いしま... 投稿者:木佐浩之 投稿日:2020/06/29(Mon) 03:46:38 No.10754  引用 
茨城@市毛 様
早速のご鑑定有難うございました。
ヒラタアブも腹の模様が見えないのでお手上げでした。
大きさや体型、白い附節なども絞り込みの材料となるのですね。
「シギクサアブ属」というのも初耳でした。シギアブとクサアブの中間のようでややこしいですね。

Re: アブ2種の鑑定をお願いしま... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2020/06/28(Sun) 10:31:26 No.10753  引用 
木佐浩之 様.

最初のハナアブは,Eumerus japonicusマドヒラタアブかその近縁種です.

2枚めのシギアブのような種類は,M3室が閉じているのでCoenomyiidaeクサアブ科のDialysis シギクサアブ属と思われます.
Dialysis iwataiイワタシギクサアブに近い種類と思われますが,脛節と後腿節が黒いので同種かどうか不明です.

Re: アブ2種の鑑定をお願いしま... 投稿者:木佐浩之 投稿日:2020/06/28(Sun) 05:56:57 No.10752  引用 
こちらは平地の公園にいた金属光沢のあるアブです。
シギアブの仲間のような触覚ですがシギアブ科でよろしいでしょうか?
朝露が付着して見にくいですが、よろしくお願いいたします。

アブ2種の鑑定をお願いします 投稿者:木佐浩之 投稿日:2020/06/28(Sun) 05:55:41 No.10751  引用 
度々の質問で恐縮ですが、再び鑑定のお願いです。
画像は500m程の低山で撮った小さなアブです(6/20 徳島市)。
各肢の附節の白さが目立っていました。
自分ではヒラタアブのように見えますが、特定できませんでした。
大きさは1cmを下回っていたと記憶しています。

Re: 同定のお願い 投稿者: 投稿日:2020/06/26(Fri) 21:13:33 No.10750  引用 
茨城@市毛 様

この度も同定いただきありがとうございました。

種まで落ちてすっきりしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

Re: 同定のお願い 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2020/06/26(Fri) 07:45:47 No.10749  引用 
蕗 様.

M3室がありますので,御推測通りXylomyidaeキアブモドキです.
また,M3室の基部側(第2基室側)が広く離れ,第2背板の中央部が白いのでXylomya matsumuraiと思われます.

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -