25223317
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: Manual of Afrotropical Diptera Volume 3 (0) / 2: 無題 (2) / 3: 無題 (0) / 4: ヒメガガンボ科の1種 (8) / 5: ?Athrycia curvinervis (Zetterstedt, 1844)♀? (4) / 6: Polleniopsis hokurikuensis ♀??? (2) / 7: シママメヒラタアブでしょうか? (2) / 8: 同定をお願いします (2) / 9: この幼虫はなんでしょうか (8) / 10: なんというハエでしょうか? (2) / 11: マメヒラタアブの仲間でしょうか? (3) / 12: 無題 (0) / 13: Tanyptera sp.♂? (5) / 14: 無題 (2) / 15:  Odontomyiaの一種?その2 (4) / 16: Odontomyiaの一種?その1 (5) / 17: クシヒゲガガンボ (4) / 18: 無題 (0) / 19: 昔の写真ですが (1) / 20: ハラブトハナアブ (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

Manual of Afrotropical Diptera... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2021/11/27(Sat) 20:01:58 No.11207  引用 

無題 投稿者:小金井虫 投稿日:2021/11/13(Sat) 21:58:22 No.11204  引用 
同じく、背面からです。
写真が暗く、申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。


Re: 無題 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/11/16(Tue) 19:24:24 No.11205  引用 
小金井虫 様.

クロバエ科のショウジョウクロバエDexopollenia flavaと思われます.

Re: 無題 投稿者:小金井虫 投稿日:2021/11/17(Wed) 15:59:43 No.11206  引用 
茨城@市毛様
いつもお世話になっております。早速の返信ありがとうございます。
ショウジョウクロバエとのこと、ありがとうございます。
クロバエだけでもまだまだ未知のものがあります…。

無題 投稿者:小金井虫 投稿日:2021/11/13(Sat) 21:56:40 No.11203  引用 
11月12日、小峰公園戸倉地区の民家ヤツデにハエ、ハナアブなどが多数訪花しており、そのなかに黄色味のあるハエがいました。
ヒラタヤドリバエ亜科の一種かと思いますがいかがでしょうか?
同所にはシナヒラタヤドリバエも見られました。

ヒメガガンボ科の1種 投稿者:アーチャーン 投稿日:2010/11/14(Sun) 18:11:00 No.6585 ホームページ  引用 
 毎年秋になると、セイタカアワダチソウその他のキク科の花によくやって来る普通種です(写真は、東京都世田谷区西部で2010/11/02撮影)。翅脈からヒメガガンボ科と思います。口吻が長いのですが、クチナガガガンボほどではなく、また少し曲がっており、途中に小腮鬚の様なものが認められます。今までに何度か撮影していますが、全て同じ特徴を持っていました。
 翅脈を含めてかなり特徴的、且つ極く普通種なので、何とか種まで落ちないものでしょうか(ガガンボ類の3/4は未記載か未記録だそうですが・・・)。
 体長は約8mm、翅長は約7mmです。宜しく御教示下さい。



 先ずは全体像.


Re: ヒメガガンボ科の1種 投稿者:アーチャーン 投稿日:2010/11/14(Sun) 18:12:20 No.6586 ホームページ  引用 

 頭部の拡大ですが、口吻の先端は遂に撮れませんでした。


Re: ヒメガガンボ科の1種 投稿者:アーチャーン 投稿日:2010/11/14(Sun) 18:21:28 No.6587 ホームページ  引用 
 
 翅脈です。Scが良く見えませんが、他のぼけた写真を見ると、ScはR1に平行して存在しており、矢印Aの所でSc1とSc2(Sc-R)に別れ、直後にSc1は前縁脈に、Sc2はR1に終わっています。
 矢印Bの所は、どうなっているのか良く分かりません。R1はR2+3に繋がっている様に見えます。


Re: ヒメガガンボ科の1種 投稿者:アーチャーン 投稿日:2010/11/14(Sun) 18:23:12 No.6588 ホームページ  引用 

 最後に腹部と尾端です。ピクセル等倍なのでかなり荒れています。


Re: ヒメガガンボ科の1種 投稿者: 投稿日:2010/11/14(Sun) 19:02:59 No.6589  引用 
交尾器の詳細がわからないので「絶対に」とはいえませんが
ヒメガガンボ科ヒメガガンボ亜科の
Geranomyia gifuensis Alexander, 1921 に一票。
本州で記録されているGeranomyia属既知種で翅に斑点模様がないのは
本種のみです。

Re: ヒメガガンボ科の1種 投稿者:アーチャーン 投稿日:2010/11/14(Sun) 20:46:01 No.6590 ホームページ  引用 
 早速の御回答有難う御座います。

 白神自然観察園での御仕事に多忙で、暫く御回答を頂けないのではないかと案じておりました。
 東京都内の住宅地で極く当たり前の普通種なのですが、TKMにも何故か見当たりません。都内ではケンセイ様が頑張っておられるはずなのですが、まだ分類が確定していないせいなのでしょうか。
 「斑点模様がない」とのことですが、6587の写真には矢印B(何故かBの字が抜けています.後で写真を差換えておきます)の所に、不明瞭な斑紋があります。背景に紛れて分かり難くなっています。
 ブログの方には「Geranomyia gifuensis ?」とする予定で居ります。

 今後とも宜敷御指導下さい。

Re: ヒメガガンボ科の1種 投稿者: 投稿日:2010/11/14(Sun) 23:32:44 No.6593  引用 
アーチャーン様

>東京都内の住宅地で極く当たり前の普通種なのですが、TKMにも何故か見当たりません。都内ではケンセイ様が頑張っておられるはずなのですが、まだ分類が確定していないせいなのでしょうか。

どきっいずれガガンボ屋を名乗ろうと目論んでいるのですが・・・まだまだ修行中の身なので、私がわかるグループは限られています。特にヒメガガンボ亜科はまだほとんどわかりません。ぜひ、これからも気になるガガンボをアップして達磨大先生からコメントをもらってください。私も勉強させて頂きます^^

ケンセイ@当面は八王子市史のため八王子市のハエ目募集中

Re:Geranomyia クチボソガガンボ... 投稿者:おのむし 投稿日:2021/10/12(Tue) 00:47:15 No.11200 ホームページ  引用 
いつも とっても有用な情報 ありがとうございます!

Geranomyia属について調べておりましたところ、有用な情報を見つけましたので、メモしておきます。

日本産の全13種の翅紋・翅脈・分布があり、非常に見当をつけやすくなります。+見当がついたら、オス交尾器+検索表で種まで落とせます! 

願わくば、こんなに まとめてくれているのだから、和名をふってほしかった+見つけにくいジャーナルでなく、皆が見つけやすい報文で出してほしかったです〜。

このグループは中国や韓国などアジア圏での報文がたくさんかかりますので、これらの種と整合が取れているのか・・・?


<タイトル>
Kato & Kato(2020)Two new species of the genus Geranomyia Haliday, 1833(Diptera; Limoniidae) from Japan, with notes on the Japanese species.

Re:Geranomyia クチボソガガンボ... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/10/12(Tue) 11:43:08 No.11201  引用 
おのむし様.

Geranomyia属の新しい論文が出てたのですね.
北海道や九州などの新分布も増えてます.

なぜか,この論文はCatalogue of the Craneflies of the Worldに載ってませんね.

近年,中国や韓国から記載された種類との関係については,殆どの論文の謝辞にDrexel Univ.のDr.Gelhausが出てきますのでチェックされていると思われます.

和名はメジャーな昆虫でないと,苦労対効果が悪いです.
せっかく考えて和名を付けても,使われない事が多いです.

残りのLimoniidaeや他のガガンボ類についても,早めに解説や検索を出してほしいものです.

?Athrycia curvinervis (Zetters... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2021/10/08(Fri) 01:50:40 No.11193  引用 
こんばんは。
今回は顔の剛毛がイカしているヤドリバエ科の同定をしました。

■日付/採集地/標高
・2021/04/11_神奈川県横浜市緑区_40mほど

■属の同定
・旧北区のマニュアルvol.3を利用しました。

■種の同定
・中国蝿類のp2131の検索表やp2130の図を参考にしました。
・翅前縁脉第四脉段与第六脉段大致等長 ○
・触角芒基部1/2加粗, 前胸側片凸陥被毛、下顎須黄色 ○?
(触角...加粗の部分をしっかりと理解できていないのですが、顔の側面図とほとんど一致しているので きっとこの文の通りなんだな...。と判断しました。)
より、Athrycia curvinervis (Zetterstedt, 1844)にたどり着きました。
-------------------------------------------
A.curvinervisは2017年の旧北区のヤドリバエのホストカタログによると
ヤガ科の様々な種に寄生することが報告されているようですね。

ハエ目全体にも言えることだとは思いますが、ヤドリバエ科は形態に富んでいて本当に面白いです。
実体顕微鏡を通して見るととてつもなく幸せな気分になります。


Re: ?Athrycia curvinervis (Zet... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2021/10/08(Fri) 01:52:45 No.11194  引用 
画像その2です
顔、胸の側面を拡大したもの

翅です


Re: ?Athrycia curvinervis (Zet... 投稿者: 投稿日:2021/10/08(Fri) 20:54:58 No.11196  引用 
加粗は,太くなる,の意味です.途中で太さが変わっているので基部の太い範囲を比べています.あまり急激に変化していない時は迷う事になります.

すでにご存じかもしれませんが,ヨーロッパのヤドリバエのキーもあります.

https://tachinidae.myspecies.info/sites/tachinidae.myspecies.info/files/Central%20European%20Key%20-%20plus%20figures.pdf

日本との共通種も多いので参考になります.

2014年の日本昆虫目録ではこの種にキオビケブトハリバエの和名が付いてますが,2016年の埼玉の報告では同属のAthrycia trepida (Meigen, 1824) のほうにこの名前が付いてます.和名で関連付けられる情報が少ない事もあり,あまり当てになりません.

この種は持っていないのですが,けっこう黄色っぽいのですね.

Re: ?Athrycia curvinervis (Zet... 投稿者: 投稿日:2021/10/08(Fri) 20:56:00 No.11197  引用 
写真は自分が採集したAthrycia trepida です.
滋賀県米原市,姉川,標高430m,2020年5月23日,体長7mm.

こちらは黒いので,同じ流域にも分布するVoria ruralis (Fallén, 1810) に似ており,見つけた瞬間は区別できません.

見ていて幸せな気分になる顔です.


Re: ?Athrycia curvinervis (Zet... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2021/10/09(Sat) 13:40:43 No.11199  引用 
大宮様
>>>加粗は,太くなる,の意味です.途中で太さが変わっているので基部の太い範囲を比べています

なるほど、そういうことだったのですね。理解しました。

>>>すでにご存じかもしれませんが,ヨーロッパのヤドリバエのキーもあります.

おお、ありがとうございます!
この文献は存じなかったので、とても助かります。
・図が豊富
・種別の検索表が亜科ごとに分かれてる
・検索表で、番号ごとに仕切りが引いてある
などのため、とても見やすい文献となっていますね

>>>2014年の日本昆虫目録ではこの種にキオビケブトハリバエ,〜〜〜〜けっこう黄色っぽいのですね.

和名については私も疑問に思っていたところです。
「キオビ」が「黄色を帯びている」という意味であれば、「キオビケブトハリバエ」という和名はA.curvinervisの方がふさわしいように感じます。
正直わかりにくいですが...。 ほかにふさわしい名前がありそう。

>>>写真は自分が採集したAthrycia trepida です.〜〜〜〜見ていて幸せな気分になる顔です.

ほんとに黒いですね。 黄色要素がほとんど見受けられない。
Voria ruralisさんは何度かネットで画像を見たことがあります。
確かにそっくりさん。 採集してみたいものです。

Polleniopsis hokurikuensis ♀?... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2021/10/06(Wed) 23:34:26 No.11192  引用 
最近、ようやく色々と余裕?が出てきたので
休日はキノコバエ類の同定したりフィールド行って採集したり座学したりして
平日は仕事終わって家帰ったら座学したりその他ハエ類や他の生物の同定したり
しようと思っている ふかさわです
元気です。

・日付/採集地/標高
2021/09/24 東京都八王子市裏高尾町 約310m
背が低い草本植物の葉の上にいたところを、網を利用して採集しました。

・属の同定
旧北区のマニュアルvol.3やFauna Japonicaのクロバエ科の検索表を利用しました。
Polleniopsisに到達。

・種の同定
Fauna Japonicaのクロバエ科のPolleniopsis属の検索表を利用。
Sternopleural bristle(St)が2+1であることから
P.hokurikuensisに到達。

検索表上ではhokurikuensisにたどり着きはしましたが
本当にhokurikuensisなのかは判断がつけられていないです。
詳しいことがわかる方がいらっしゃったら、ご教示いただけると幸いです。

(とても可愛らしい...。)


Re: Polleniopsis hokurikuensis... 投稿者: 投稿日:2021/10/08(Fri) 20:53:52 No.11195  引用 
お元気そうで良かったです.

腹部の色がjaponica とは違うので,本当はst の数で決定できるのかもしれませんが,このグループはac などが不規則な傾向があり,ちょっと苦手です.
(旧来の)クロバエ科の日本産の検索表が準備中という話があり,新しい種が確定されるかどうかも楽しみに,標本をためているところです.

Re: Polleniopsis hokurikuensis... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2021/10/09(Sat) 13:23:16 No.11198  引用 
大宮様
お久しぶりです。

なるほど、種名を確定させるのは厳しそうですね。。

クロバエ科の日本産の検索表が準備中という話があるとのこと
とても楽しみです。

どんどん採集せねば。

シママメヒラタアブでしょうか? 投稿者:小金井虫 投稿日:2021/09/17(Fri) 16:18:47 No.11186  引用 
お世話になっております。

9月16日、大手町、大手濠緑地にてマメヒラタアブ類と思われるハナアブを確認しました。
はっきりしない写真で申し訳ありませんが、シママメヒラタアブであろうかと思いますが、いかがでしょうか。

よろしくお願いいたします。


Re: シママメヒラタアブでしょう... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/09/17(Fri) 20:52:56 No.11187  引用 
小金井様.

Paragus fasciatus シママメヒラタアブと思われます.

本種に酷似したParagus clausseni ムチンシママメヒラタアブと共に本州に広く分布しているようです.

Re: シママメヒラタアブでしょう... 投稿者:小金井虫 投稿日:2021/09/18(Sat) 12:19:59 No.11191  引用 
茨城@市毛様

早速のご返信、ありがとうございます。

近辺での調査で初確認となりました。
ムチンシママメヒラタアブにも出会って見たいです。

同定をお願いします 投稿者:芋虫のつぶやき 投稿日:2021/09/18(Sat) 07:55:55 No.11188  引用 
ヒメガガンボの一種でしょうか。
ご教示いただければ幸いです。

2021.08.28 長野県安曇野市三郷
ライトトラップに飛来


Re: 同定をお願いします 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/09/18(Sat) 08:52:10 No.11189  引用 
芋虫のつぶやき 様.

Tanyderidae ニセヒメガガンボ科のProtanyderus属です.

日本から2種類が記録されていますが,非常に酷似してます.
日本産水生昆虫 科・属・種への検索 [第二版]の検索で調べてみてください.

Re: 同定をお願いします 投稿者:芋虫のつぶやき 投稿日:2021/09/18(Sat) 09:25:20 No.11190  引用 
市毛 様

いつもありがとうございます!
早速、調べてみたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

この幼虫はなんでしょうか 投稿者:虫好きまま 投稿日:2021/08/08(Sun) 20:04:45 No.11169  引用 
公園の木のウロで見つけました。
アブの幼虫でしょうか?
だとしたら何アブでしょうか?
太さは4ミリぐらい、長さは全貌が見えないのですが、6センチぐらいありそうです。ゆらゆらっと動いていて、つついたら縮まりました。
雨上がりのくぬぎの木のウロで溜まった水の中です。


Re: この幼虫はなんでしょうか 投稿者:虫好きまま 投稿日:2021/08/09(Mon) 15:00:33 No.11171  引用 
お世話になります。
自己レスです。
たぶんガガンボの幼虫ですね!

Re: この幼虫はなんでしょうか 投稿者:虫好きまま 投稿日:2021/08/27(Fri) 09:53:09 No.11175  引用 
お世話になります。
あのあと飼育をつづけたところ
ホリシタクシヒゲガガンボのオスが羽化しました!

Re: この幼虫はなんでしょうか 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/08/27(Fri) 19:44:21 No.11176  引用 
虫好きまま 様.

ホリカワクシヒゲガガンボの幼虫は,洞内で生育することは知られていましたが,予想以上に水没に強いようですね.

本種については,下記の報文で腐葉土とピートモスでの飼育について報告されています.

川瀬勝枝・三枝豊平. 1984. ホリカワクシヒゲガガンボの飼育記録. まくなぎ, 12: 31-34.

Re: この幼虫はなんでしょうか 投稿者:ふかさわ 投稿日:2021/08/28(Sat) 20:46:19 No.11177  引用 

木の洞で似たようなガガンボの幼虫さんを何度も見たことがあるのですが
もしかしたらこの子らもホリカワクシヒゲガガンボの幼虫さんだったのかも。

また、成虫が木の洞に止まっているのを見たことがあります。
時期は忘れてしまいましたが
このときは中に幼虫が見られなかった気がするので、産卵をしに来ていたのかもしれません。

Re: この幼虫はなんでしょうか 投稿者:虫好きまま 投稿日:2021/09/01(Wed) 10:21:26 No.11181 ホームページ  引用 
茨城@市毛さま・ふかさわさま

コメントありがとうございます!

「予想以上に水没に強い」ということは、基本水中出生きるわけではないのですね!間違って、水没させて飼育していました。
でも元気でした。

見つけた木のウロには同じ幼虫が沢山いました。2、3匹採取したかったのですが、引っ張ったら出てこなくなってしまって、一匹しか採取出来なかったです。
食べるものは、最初金魚の餌を入れたけど、ネットで調べて違うなとおもい、桜の木のウロから木片をとってきて、入れました。飼育記録は簡単にブログにまとめました(幼虫の全貌や、飼育ケース、飼育方法)。そちらにはウロの様子を撮影した動画もあります。よかったらご覧ください^^(素人がお菓飼育していて飼育していてお恥ずかしいですが。)

Re: この幼虫はなんでしょうか 投稿者:虫好きまま 投稿日:2021/09/01(Wed) 10:23:24 No.11182  引用 
うまくHPがはれてないようなので、こちらに貼っておきます。
よろしくお願いいたします。

https://ameblo.jp/tukutukunikki/entry-12694348445.html

Re: この幼虫はなんでしょうか 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/09/02(Thu) 23:40:58 No.11183  引用 
虫好きまま 様.

樹洞は雨が吹き込んで浸水することがよくあるので,ある程度水没に強い種類が生活しているようです.

水位が深過ぎなかったことが良かったようです.

下記のページに幼虫や蛹の写真が載っています.
http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51877983.html

Re: この幼虫はなんでしょうか 投稿者:虫好きまま 投稿日:2021/09/03(Fri) 10:25:46 No.11184  引用 
茨城@市毛様

コメントありがとうございます!
ご紹介いただいたHPも拝見いたしました。
茶色い蛹の時期、確か見た気がします。
木が朽ちて、水の下の方はドロドロした茶色いものになっており、幼虫もその中に入っていたので気がつかなかったです。「いつ蛹になるのかな?」と思ってみていたのですが、うねうね動いていたから、蛹と思わなかったのかもしれません。考えてみれば、蛹でも動きますものね。

大変勉強になりました。ありがとうございました。

なんというハエでしょうか? 投稿者:ぽてこ 投稿日:2021/08/30(Mon) 15:58:00 No.11178  引用 
長野市の自宅内で見つけました。大きさは4~5ミリで、体色は薄黄色に茶色の目と縞模様、腹部に黒点が4つありました。

Re: なんというハエでしょうか? 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2021/08/30(Mon) 19:14:01 No.11179  引用 
ぽてこ 様.

シマバエ科のSapromyza属の未記載種です.
茨城,愛知,京都で採れています.

下記の報文を参考にしてください.
市毛勝義. 2021. 日本産シマバエ科の検索試案 IV -日本産Sapromyza属-. はなあぶ, (51):69-90.

Re: なんというハエでしょうか? 投稿者:ぽてこ 投稿日:2021/08/31(Tue) 07:24:21 No.11180  引用 
ありがとうございます!まだまだ知らない種がたくさんいるのですね。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -