8939474
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: メッツゲルニクバエでよいでしょうか? (3) / 2: 双翅目昆虫の同定について (3) / 3: Flytimesの発行 (0) / 4: 何者でしょう? (2) / 5: Nephrotoma属について  (2) / 6: 同定お願いします (2) / 7: ヒョウタンハリバエ属文献 (1) / 8: キノコバエさんの繭? (2) / 9: ガガンボさん? 同定お願い致します。 (6) / 10: 同定お願いいたします (2) / 11: 無題 (2) / 12: ツリアブ不明種? (4) / 13: 日本昆虫目録双翅目の疑問点 (31) / 14: 同定お願いします (2) / 15: ムシヒキアブを教えてください。 (2) / 16: ムシヒキアブの一種について (2) / 17: Mallotaの同定のお願い (6) / 18: 同定お願いいたします。 (2) / 19: 田沢湖のアブについて (2) / 20: 種名を教えてください (2) /

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

メッツゲルニクバエでよいでしょ... 投稿者:anzai 投稿日:2017/12/07(Thu) 12:48:02 No.9918  引用 
はじめまして。北海道のanzaiと申します。
長きに渡り拝見させていただいていて、皆様の書き込みで勉強させていただいておりますが、投稿させていただくのは初めてです。よろしくお願いいたします。
北海道の札幌市内のサンプルです。
私はこのような交尾器のニクバエを初めてみたのですが、Fauna Japonica等で見た限りでは、交尾器の形が若干違うように思いますが、第5腹板の基部の突起の形状などからもメッツゲルニクバエに一番近いと思っています。
ネットなどでも情報が見当たらないので、珍しい種なのかな?と思っていますが、本州にも分布しているようですので、皆様からご意見を頂ければと思い、投稿させていただいた次第です。
写真のクオリティーが低くて大変申し訳ありませんが・・・、よろしくお願いいたします。


Re: メッツゲルニクバエでよいで... 投稿者:anzai 投稿日:2017/12/07(Thu) 12:49:09 No.9919  引用 
第5腹板です

Re: メッツゲルニクバエでよいで... 投稿者:anzai 投稿日:2017/12/07(Thu) 12:50:16 No.9920  引用 
第5腹板基部の突起です。
写真が悪くてすみません。


Re: メッツゲルニクバエでよいで... 投稿者: 投稿日:2017/12/10(Sun) 23:56:45 No.9921  引用 
anzai さま.

さんごといいます.ニクバエとかが好きで研究しています.よろしくお願いします.

貴重な標本を投稿していただきありがとうございます.

難しいですねー.即答できないです.

たしかにメッツゲルによく似ているようですが,私はメッツゲルの実物を採集したことがないので,断定はできないのですが,挿入器の先端部分の突起がファウナヤポニカFig. 53と異なるように見えるのですがいかがでしょうか.

むしろ「はなあぶ」誌No. 41に出た「アミカキノシタニクバエ Phallosphaera amica Ma」と同定された個体の図とよく似ているような気がします.この種はファウナヤポニカ当時は日本から知られていなかった種です.

ただし,中国常見蝿類検索表(第一版・第二版)に出てくるamicaのの図と比較するとanzaiさんの個体はアミカよりむしろメッツゲルに近いようにも見えます.

挿入器の真横からの写真がありますか?

挿入器から前方に伸びる,もっと基部からでる突起 (ventralia)の形態がヒントになるかもしれません.

ちなみにmetzger, amicaとも非常に希で採集が困難な種です.

双翅目昆虫の同定について 投稿者:フォトナ 投稿日:2017/08/05(Sat) 16:49:52 No.9853  引用 
はじめまして。
昆虫の同定資料の収集をしている者です。
双翅目昆虫の同定に役立つ図鑑・資料等を紹介していただけないでしょうか。
当方、現在のところ、環動昆の「絵解きで調べる昆虫」、動薬研究の「アブの分類、生態とその対策」、北隆館の「昆虫の検索」程度しか資料がありません。
この他に双翅目昆虫の同定に使える文献があれば教えて頂きたいです。
双翅目初心者ですので基本的な文献から紹介いただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Re: 双翅目昆虫の同定について 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2017/08/05(Sat) 17:11:25 No.9854  引用 
フォトナ様.

双翅目についてはまとまった書籍がないので,分類群毎に非常に多数の文献となります.

下記の報文等を参考にして下さい.

中山恒友. 2015. 双翅目同定のための文献集 その1 インセクト( とちぎ昆虫愛好会) 66(2)141-148.

中山恒友. 2016. 双翅目同定のための文献集 その2 インセクト( とちぎ昆虫愛好会) 67(2)140-146.

玉木長寿. 1999. 埼玉県昆虫誌II. 埼玉昆虫談話会.

Re: 双翅目昆虫の同定について 投稿者:フォトナ 投稿日:2017/08/06(Sun) 13:31:02 No.9855  引用 

茨城@市毛 様

丁寧な説明、ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

Re: 双翅目昆虫の同定について 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2017/11/28(Tue) 12:03:46 No.9917  引用 
北隆館の新訂原色昆虫大図鑑IIIの双翅目の総論では双翅目の成虫の形態とその用語,科の検索表,おおよその分類体系が示されています.日本語のものとしては,かなり詳しいはずです.
各科については,原色図が旧版のコピーのものが多くて,不鮮明です.アミカ科,オドリバエ科,ノミバエ科などいくつかの科は新しく撮影された画像があり,また種の検索表が付いているものもあります.
ハナアブ科については,誤りなどの指摘が本掲示板に折々示されているので参考になるでしょう.

これとは別にオドリバエ科(狭義の)の属の図解検索表も発表されています.

Flytimesの発行 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2017/11/28(Tue) 11:45:45 No.9916  引用 
Flytimes 59号が発行されました.以下のサイトで見れます.

http://www.nadsdiptera.org/News/FlyTimes/issue59.pdf

夏にパソコンのハードが壊れて,修復も十分ではなくて,以来本サイトにもなかなか対応ができていない状態です.

5のキノコバエさんの繭?は多分広義のキノコバエ類かと思います.湿度を下げないようにしておけば羽化するでしょう.

Nephrotomaはダルマさんに聞けばわかるのでしようが,彼が対応してくれるか不明です.聞いてみましょう.

何者でしょう? 投稿者:ryoi 投稿日:2017/11/18(Sat) 04:36:55 No.9913 ホームページ  引用 
10mmはなかったと思います。
いろいろ調べたのですがお手上げです。
11月13日 福岡県新宮町 溜池の側で


Re: 何者でしょう? 投稿者: 投稿日:2017/11/19(Sun) 02:33:58 No.9914  引用 
ryoi様
また、この季節がやってきたと言う感じです。11月中下旬から12月中下旬にかけて、年一回の発生です。幼虫は真っ赤な色をしています。釣りの餌としても利用されることも多い、アカムシユスリカの雌成虫です。学名はPropsilocerus akamusi(Tokunaga, 1938)。エリユスリカ亜科に属するユスリカで、この亜科では珍しく体液中にヘモグロビン様の色素をもちます。湖沼、ため池で発生します。一時期、霞ヶ浦や琵琶湖で大量に発生し、迷惑外注としても問題になっていました。泥底質下に生息し、夏季は泥の中に深く潜って、夏眠しています。この種は(中国、シベリアにも近縁種がいます)、一応エリユスリカ亜科に位置づけられていますが、系統的には結構離れた一群だと思っています。実際、オーストラリアの研究者がDNAに基づいて解析した結果もこの考えを支持しているようです。

Re: 何者でしょう? 投稿者:ryoi 投稿日:2017/11/19(Sun) 05:40:17 No.9915 ホームページ  引用 
eriyusurika様、丁寧なご返答をいただき感謝感激です。
年1回たった1ヶ月の発生なんですね。

ありがとうございました。

Nephrotoma属について  投稿者:CRH 投稿日:2017/11/03(Fri) 23:24:53 No.9910  引用 
他にも質問していることが今ありますが、Nephrotoma属について気になることがあったので投稿します。

交尾期や腹部が写ってないため同定は不可能に近いのはわかっていますが、できる限り[The Japanese species of Nephrotoma]を用いて検索したりそれぞれの種の詳細な特徴と一致しているか調べてみたのですが、どの種とも一致しませんでした。(自分の勘違い・見落としの可能性はありますが・・・。 英語もしっかりと訳せていないですし・・・) 
この写真と類似している模様・色のNephrotoma属さんは他に確認されているのかというのが気になった点です。
模様や色に大きく変異があったらそこまでですが。

何かわかることがあったらご教授ください。
よろしくお願い致します。

撮影日時・場所
20171103 16:25
神奈川県相模原市中央区淵野辺 麻布大学内にて


Re: Nephrotoma属について  投稿者:CRH 投稿日:2017/11/03(Fri) 23:25:42 No.9911  引用 
画像その2 全形です。

Re: Nephrotoma属について  投稿者:CRH 投稿日:2017/11/03(Fri) 23:27:44 No.9912  引用 
画像その3
側面です

同定お願いします 投稿者:甲太郎 投稿日:2017/10/28(Sat) 02:54:53 No.9906  引用 
いつもお世話になります。
写真のハエ、標本が行方不明なのですが、この夏に採集したものです。もし種名がわかりましたら、ご教示をお願いいたします。
岐阜県高山市安房峠(標高約1790m)
2017-VIII-9


Re: 同定お願いします 投稿者:バグリッチ 投稿日:2017/11/02(Thu) 21:19:23 No.9908  引用 
甲太郎様、こんにちは。

 この種は、キイロアシナガバエ亜科のNeurigona sp.です。
 日本昆虫目録ではこの属で4種が記録されています。

 申し訳ありませんが、私ではここまでしか わかりません。
 あまり詳しくわからずに、申し訳ありません。

                     2017.11.2 

Re: 同定お願いします 投稿者:甲太郎 投稿日:2017/11/03(Fri) 17:56:51 No.9909  引用 
ありがとうございます。
アシナガバエというと金属光沢をもったものが思い浮かびますが、こんなきれいなのもいるんですね。
なんとか標本を探し出したいと思います。

ヒョウタンハリバエ属文献 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2017/10/22(Sun) 23:14:05 No.9901  引用 
先の関東同定会で,Cylindromyiaヒョウタンハリバエ属の不明種について尋ねられましたが,誰に聞かれたのかメモするのを忘れてました.

日本産6種については,下記の文献に検索表が出ています.

Sun, X., S. Marshall. 1995. Two new species of Cylindromyia Meigen (Diptera, Tachinidae), with a review of the eastern Palaearctic species of the genus. Studio Dipt. 2(2):189-202.

Re: ヒョウタンハリバエ属文献 投稿者: 投稿日:2017/10/29(Sun) 18:23:33 No.9907  引用 
市毛 様

文献情報ありがとうございます.同定会でお尋ねしたのは自分ではありませんが,翌日の横沢入の採集でもCylindromyia は複数種採れており,調べてみようと思います.地元の標本もありますので,北海道大学附属図書館に複写依頼を出しました.

キノコバエさんの繭? 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/28(Sat) 00:16:14 No.9903 ホームページ  引用 
20170913 神奈川県横浜市三保市民の森で落枝の裏に作られていました。 現在森の中で確保し観察しています。 20171026時点でまだ羽化はしていません。

webで似たような画像はないかと検索をしてみたらttp://www.jppa.or.jp/dr_takagi/index.html(hを抜いています)このページのvol33,美しい繭というところに載っている「キノコバエの繭」に似ているので、この繭もキノコバエさんの繭かもしれないと思っています。

もし何か知っている方がいたら、ご教授ください。 
よろしくお願い致します。 双翅目の繭ではない可能性もあるのですが・・・。

参照URLは「キノコバエの繭」が載っているページです。


Re: キノコバエさんの繭? 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/28(Sat) 00:17:09 No.9904  引用 
画像その2です 側面から見た画像です。

Re: キノコバエさんの繭? 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/28(Sat) 00:17:54 No.9905  引用 
画像その3です 正面から見た画像です

ガガンボさん? 同定お願い致し... 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/10(Tue) 04:54:02 No.9893  引用 
初めまして。 CRHと申します。

生態写真だけでは種まで同定するのは一部の種類しかできないことは重々承知していますが、ワード検索(ガガンボ)で似たような画像がなかったことと、翅脈(はっきりとはしてませんが・・・)と、特徴のある?交尾器で気になっているので投稿させて頂きます。
分かる範囲でいいのでよろしくお願い致します。

20171009 神奈川県横浜市三保市民の森


Re: ガガンボさん? 同定お願い... 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/10(Tue) 04:57:07 No.9894  引用 
翅脈その2です

Re: ガガンボさん? 同定お願い... 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/10(Tue) 04:58:06 No.9895  引用 
交尾器です

Re: ガガンボさん? 同定お願い... 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/10(Tue) 04:59:09 No.9896  引用 
胸部です。

Re: ガガンボさん? 同定お願い... 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/10(Tue) 05:01:31 No.9897  引用 
頭部です。
よろしくお願い致します。


Re: ガガンボさん? 同定お願い... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2017/10/10(Tue) 10:32:13 No.9898  引用 
CRH様.

羽化直後の個体で,体液の圧力が高いので把握器(生殖器節)が開いて他種と異なって見えているようです.

翅脈からすると,ヒメガガンボ科のLibnotes属かその仲間の可能性が高いと思います.

Re: ガガンボさん? 同定お願い... 投稿者:CRH 投稿日:2017/10/10(Tue) 12:17:51 No.9899  引用 
市毛様
羽化直後だと違って見えるのですね。
翅が整っていなかったのも羽化直後だったからだろうか。 良いシーンを見ることが出来てよかったです。

Libnotesかその仲間…しっかりと覚えなければ。
ご指導ありがとうございました。

同定お願いいたします 投稿者:ぱぴよん 投稿日:2017/10/07(Sat) 14:26:10 No.9890  引用 
山形市千歳山2017年9月19日撮影
採集はしておりません。


Re: 同定お願いいたします 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2017/10/08(Sun) 17:45:03 No.9891  引用 
ぱぴよん様.

写真のヤドリバエはPentatomophaga latifasciaです.

Re: 同定お願いいたします 投稿者:ぱぴよん 投稿日:2017/10/09(Mon) 01:22:04 No.9892  引用 
茨城@市毛 様、種名をお知らせいただきありがとうございました。
ヤドリバエの一種とは思いませんでした。てっきりハナアブの一種と思っていたので、勉強になりました。感謝申し上げます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -