11419165
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 御殿場のアブについて (2) / 2: ショウジョウバエ科でしょうか? (7) / 3: サシチョウバエの寄生者? (1) / 4: 屋久島のヒロクチバエ科 (5) / 5: 北海道のヒロクチバエ科? その1 (2) / 6: 北海道のヒロクチバエ科?その2 (2) / 7: Familyがわかりません (5) / 8: 不明直縫群(マドアブ科?) (6) / 9: 初めまして。科レベルでもわかると嬉しいです。 (3) / 10: 本日の1枚 クロバエ科の1種 (7) / 11: 同定お願いします (2) / 12: マルボシヒラタハナバエ? (2) / 13: アブラコバエ科の一種?(Chamaemyidae sp.?) (4) / 14: このDipteraはなんでしょうか? (7) / 15: ご教授ください (1) / 16: 富士山のハエについて (2) / 17: シロオビハリバエに似たハエ (6) / 18: 無題 (5) / 19: 富士山のハナアブについて (2) / 20: 同定お願いします (6) /


[ 指定コメント (No.9922) の関連スレッドを表示しています。 ]

Flytimesの発行 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2017/11/28(Tue) 11:45:45 No.9916  引用 
Flytimes 59号が発行されました.以下のサイトで見れます.

http://www.nadsdiptera.org/News/FlyTimes/issue59.pdf

夏にパソコンのハードが壊れて,修復も十分ではなくて,以来本サイトにもなかなか対応ができていない状態です.

5のキノコバエさんの繭?は多分広義のキノコバエ類かと思います.湿度を下げないようにしておけば羽化するでしょう.

Nephrotomaはダルマさんに聞けばわかるのでしようが,彼が対応してくれるか不明です.聞いてみましょう.

Re: Flytimesの発行 投稿者:CRH 投稿日:2017/12/13(Wed) 22:38:09 No.9922  引用 
CRHです。
アノニモメイア様、ご対応してくださってありがとうございます。
やはりキノコバエさんの繭なのですね。 あの後家に持ち帰り、現在も羽化はしていません。 温度か低く、湿度も高いところにしばらく置いていたので中身は現在どうなっているやら… それに、確保して観察しているあいだに小さい穴?(繭の周りの糸はちぎれていない、汚れの可能性あり)ができ、持ち帰る前に既に何かが起こっていたのかも知れません。 もし何かが羽化しても包んでおいた袋からは出られるとは思いませんが。 1mm以下くらいだとわかりませんけど…

Nephrotoma属の一種についてはしばらく待ちます。直接聞く方法があればいいのですが…

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -