8939472
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: メッツゲルニクバエでよいでしょうか? (3) / 2: 双翅目昆虫の同定について (3) / 3: Flytimesの発行 (0) / 4: 何者でしょう? (2) / 5: Nephrotoma属について  (2) / 6: 同定お願いします (2) / 7: ヒョウタンハリバエ属文献 (1) / 8: キノコバエさんの繭? (2) / 9: ガガンボさん? 同定お願い致します。 (6) / 10: 同定お願いいたします (2) / 11: 無題 (2) / 12: ツリアブ不明種? (4) / 13: 日本昆虫目録双翅目の疑問点 (31) / 14: 同定お願いします (2) / 15: ムシヒキアブを教えてください。 (2) / 16: ムシヒキアブの一種について (2) / 17: Mallotaの同定のお願い (6) / 18: 同定お願いいたします。 (2) / 19: 田沢湖のアブについて (2) / 20: 種名を教えてください (2) /


[ 指定コメント (No.9913) の関連スレッドを表示しています。 ]

何者でしょう? 投稿者:ryoi 投稿日:2017/11/18(Sat) 04:36:55 No.9913 ホームページ  引用 
10mmはなかったと思います。
いろいろ調べたのですがお手上げです。
11月13日 福岡県新宮町 溜池の側で


Re: 何者でしょう? 投稿者: 投稿日:2017/11/19(Sun) 02:33:58 No.9914  引用 
ryoi様
また、この季節がやってきたと言う感じです。11月中下旬から12月中下旬にかけて、年一回の発生です。幼虫は真っ赤な色をしています。釣りの餌としても利用されることも多い、アカムシユスリカの雌成虫です。学名はPropsilocerus akamusi(Tokunaga, 1938)。エリユスリカ亜科に属するユスリカで、この亜科では珍しく体液中にヘモグロビン様の色素をもちます。湖沼、ため池で発生します。一時期、霞ヶ浦や琵琶湖で大量に発生し、迷惑外注としても問題になっていました。泥底質下に生息し、夏季は泥の中に深く潜って、夏眠しています。この種は(中国、シベリアにも近縁種がいます)、一応エリユスリカ亜科に位置づけられていますが、系統的には結構離れた一群だと思っています。実際、オーストラリアの研究者がDNAに基づいて解析した結果もこの考えを支持しているようです。

Re: 何者でしょう? 投稿者:ryoi 投稿日:2017/11/19(Sun) 05:40:17 No.9915 ホームページ  引用 
eriyusurika様、丁寧なご返答をいただき感謝感激です。
年1回たった1ヶ月の発生なんですね。

ありがとうございました。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -