12843837
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ヒラタアブの一種 (1) / 2: 同定のお願い (2) / 3: トゲアシイエバエ属の一種?(Phaonia sp.?) (9) / 4: ミバエ(だと思う)同定のお願い (4) / 5: Pleurocerinella sp.? (5) / 6: このハエの名前を教えてください。 (3) / 7: シロオビハリバエ? (2) / 8: ガガンボの仲間? (2) / 9: ミバエの一種でしょうか? (2) / 10: カオジロヤドリニクバエかな? (6) / 11: 続けて2 (0) / 12: 続けて (0) / 13: イタドリに訪花するハエ (2) / 14: 淡色のキアブモドキ (4) / 15: チョウバエ (2) / 16: クロバエキノコバエ?の仲間? (2) / 17: 続けて(2) (2) / 18: 続けて (0) / 19: このアブの名前、教えてください。 (0) / 20: 富士山のアブについて (2) /


[ 指定コメント (No.8606) の関連スレッドを表示しています。 ]

渓流域でとれました 投稿者:蝿野 投稿日:2013/10/22(Tue) 16:08:44 No.8604  引用 
なんでしょうか?

Re: 渓流域でとれました 投稿者:蝿野 投稿日:2013/10/22(Tue) 16:11:29 No.8605  引用 
翅です

Re: 渓流域でとれました 投稿者:蝿野 投稿日:2013/10/22(Tue) 16:13:11 No.8606  引用 
さらにこちらもわかりません。
翅に毛が生えております。
ヌカカ科でしょうか?


Re: 渓流域でとれました 投稿者:蝿野 投稿日:2013/10/22(Tue) 16:18:45 No.8607  引用 
翅です

Re: 渓流域でとれました 投稿者:eriyusurika 投稿日:2013/10/22(Tue) 16:53:04 No.8608  引用 
蝿野 様
前2つの写真はユスリカです。翅の前縁脈が短くR脈と融合し棍棒状になっています。更にこの棍棒状の翅脈は大変短く翅の基半に位置しています。この様な翅脈を持つものは日本では2属しかいません(南米などではこのグループの別属のものがいます)。写真では後脚脛節の末端が強く張り出しているのが判ります。この事からこの写真のユスリカはコナユスリカ属Corynoneura)に所属することが判ります。残念ですがこの写真のものは雌ですので種までは同定できません(雄であっても種の判定にはプレパラートを作製して観察しなければなりません)。

あとの2つの写真はヌカカ科のDasthelea属の種のように見えます。

Re: 渓流域でとれました 投稿者:蝿野 投稿日:2013/10/23(Wed) 09:16:50 No.8610  引用 
大変詳しいご回答ありがとうございます!!
非常に助かりました!
たくさんのユスリカを同定していますが、これもユスリカなんですね、ありがとうございます。

Re: 渓流域でとれました 投稿者:eriyusurika 投稿日:2013/10/25(Fri) 23:42:50 No.8615  引用 
蝿野 様
ヌカカの属名の綴りが間違っていました。Dasyheleaです。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -