18787318
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ムシヒキアブ交尾 (1) / 2: 流水性のテンマクエリユスリカ属幼虫の生態 (5) / 3: 西穂高のガガンボ (3) / 4: 全てSyngamoptera flavipes (Coquillett, 1898)? (4) / 5: ムシヒキアブ図鑑 久々の更新 (1) / 6: このヤチバエがわかりません (2) / 7: 2枚目です (2) / 8: よろしくお願いします。 (0) / 9: ハナアブ2種 (2) / 10: ハナアブ2種 (2) / 11: ヒメガガンボ科-Pilaria sp.? ♂ (4) / 12: ヤドリバエ? (12) / 13: ガガンボ下目の科不明種 (3) / 14: 石垣島のイシアブ (5) / 15: 小さなハエですが (5) / 16: ニクバエ? (5) / 17: Xenotachina でしょうか (8) / 18: よろしくお願いします。 (4) / 19: イシアブの仲間 (4) / 20: クロコバエ科?でしょうか (2) /


[ 指定コメント (No.6997) の関連スレッドを表示しています。 ]

Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/06/25(Sat) 16:58:23 No.6958 ホームページ  引用 
 一昨年の夏に、Web上で「アシナガキンバエ」とされているアシナガバエが、本当は別の種ではないかと思いお尋ねをしたところ、三枝先生の御尽力により、アシナガキンバエとは亜科も異なるChrysosomaの1種であることが分かりました。
 実は、当時から、この”ニセアシナガキンバエ”には、よく似た別の種類が居るのではないかと思っていました。そこで、過去の写真を調べてみたところ、大きさや姿は非常によく似ていながら、翅脈相が大いに異なるものが見つかりました(写真)。
 このアシナガバエは、2007年から毎年(09年は不在の為写真なし)自宅やその近郊(東京都世田谷区西部)で撮影されていました。面白いことに、撮影日は何れも5月17日から5月28日までの約10日間に限られています。
 そこで、今年は五月中旬ごろから(現在に至るまで)毎日注意していたところ、5月31日に初見、最終日は6月8日でした。今冬は寒さが酷かったせいで虫の出現が全体的に遅れていると思いますが、やはり出現時期は極めて限られている様です。
 「Manual of nearctic diptera」で検索してみると、「1. Vertex of head deeply excavated as seen from anterior view (Fig. 2). Scutum often as wide as long. M usually with a widely divergent fork (Fig. 2l) ......2、2. M unbranched,lacking posterior branch (Fig.22)...............Mesorhaga Schiner」で、簡単にMesorhagaに落ちてしまいました。
 また、外見が「ニセアシナガバエ」にソックリなので、やはりSciapodinaeに属すのではないかと思い、三枝先生がNo.5792の投稿に添付されたSciapodinaeの亜科の属検索表を調べてみました。「1.腿節は強い前亜端剛毛を欠く・・3、3.M2脈を欠く,溝ないしその痕跡としても存在しない;dcは両性とも強い;触角刺毛は通常背位置;両性とも強い頭頂剛毛を持つ;頭盾は複眼の縁に隣接する(全世界)・・・・・・・・・Mesorhaga」となります。但し、頭頂剛毛は余り強くありません。
 こちらの目録を見るとMesorhaga属は M. janata1種のみとなっています。この属についても日本では殆ど研究されていないとは思いますが、写真のアシナガバエはこのM. janataでしょうか。
 雄と雌でacの生え方がかなり異なります(雌はacが疎ら或いは写真では不明瞭)。また、色彩は個体によりかなりの変化があります(或いは複数種?)。
 今回は、4♀、2♂の虫体を確保してありますので、詳しく調べることが出来ます。宜敷御指導下さる様御願い申し上げます。


 写真は♂、2010/05/17、東京都世田谷区西部で撮影.


Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/06/25(Sat) 17:05:13 No.6959 ホームページ  引用 
 写真は♀、2010/05/28、東京都世田谷区西部で撮影.

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/06/25(Sat) 17:07:40 No.6960 ホームページ  引用 
 写真は♀、2008/05/19、東京都世田谷区西部で撮影.

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/06/25(Sat) 17:09:24 No.6961 ホームページ  引用 
 写真は♂、2011/06/07、東京都世田谷区西部で撮影.
 体に赤味が強い.


Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2011/06/25(Sat) 19:38:39 No.6963  引用 
アーチャーン様.

アシナガバエ科については,田悟(2010)の96ページに及ぶ研究が発表されています.ぜひ,はなあぶNo.30-2を読んでみてください.
なお,同論文を読むと体色はかなり変異が多いようです.

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/06/26(Sun) 08:05:21 No.6965 ホームページ  引用 
茨城@市毛様.

 御回答有難う御座います。

 はなあぶNo.30-2の入手先が分かりません。六本脚のリストにはまだNo.29までしか載っていません。六本脚に問い合わせをしてみます。

 尚、最後の写真が♀となっていましたが、♂の誤りです。訂正しておきました。

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者: 投稿日:2011/06/26(Sun) 11:43:17 No.6967  引用 
アーチャーン様

双翅目についての最新の情報を入手したいのならば、ぜひ双翅目談話会への入会をご検討ください。年会費3,000円で双翅目の最新の情報(はなあぶ)を入手できます。

ケンセイ@双翅目談話会関東事務局

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/06/29(Wed) 10:18:01 No.6981 ホームページ  引用 
市毛様、伊東様

 六本脚からの回答を待っておりました。
 No.30-2は六本脚から入手します。

 また、双翅目懇談会については、伊東様に個人的にメールで御返事申し上げます。

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/07/03(Sun) 16:02:52 No.6992 ホームページ  引用 
 「はなあぶ」No.30-2が届きました。大変な大作で、ビックリしました。今後、この辺り(東京都世田谷区西部)で見られるアシナガバエについては、この文献1報で殆ど解決しそうです。
 さて、このスレッドのMesorhagaですが、本属についてはMesorhaga sp.1種のみ記載があり、生息環境、発生時期、細部の構造などを比較した結果、どうやらこれとほぼ一致する様です。
 以下、標本(マウントしていません)の細部を撮影してみました。田悟(2010)の「Mesorhaga sp.1 t」と判断して宜しいでしょうか。宜敷御指導下さい。


 頭部正面からの輪郭は多少違いますが、撮影角度による違いと思われます。


Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/07/03(Sun) 16:04:10 No.6993 ホームページ  引用 
 pocは4対ではなく、3対の様に見えます。しかし、角度によっては極く細い刺毛らしきものが1本見えていたりしていますし(右側写真の白矢印)、脱落、或いは、角度や焦点深度の関係で写っていない可能性もあります。
 論文には「触角梗節の下部に2本程度の長毛、上部に1本の長毛がある」とありますが、全週に亘って中小の刺毛が沢山見えます(左側写真)。


Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/07/03(Sun) 16:06:29 No.6994 ホームページ  引用 
 胸部の刺毛については、その区別が良くできません。写真に付けた略号で合っているでしょうか。
 その他、写真は省略しますが、前脚付節先端にある曲がった長毛の存在も確認しました。
 
 (一般の読者の為に略号の説明)
  np notopleural seta 背側刺毛
  pas postalar seta 翅後刺毛
  ph posthumeral seta 肩後刺毛
  poc post ocellar seta 後単眼刺毛
  sa supla-alar seta 翅背刺毛
  su sutural seta 横溝上翅内刺毛


Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/07/03(Sun) 16:08:33 No.6995 ホームページ  引用 
 ♂の腹端はよく似ています。cercusの刺毛の長さが一寸違って見えますが、この程度の差は問題にならないのでしょうか。


 尚、最初の頭部正面の写真は、2011/06/04に東京都世田谷区西部で採集した個体。他の標本写真3枚は、2011/06/07に同じく東京都世田谷区西部(自宅)で採取したもので、生態写真の最後に写っている赤味の強い個体です。


Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2011/07/03(Sun) 18:46:34 No.6996  引用 
アーチャーンさん、こんにちは。

 書き込まれた内容と画像(特にゲニタリア)から、田悟(2010)のMesorhaga sp.1で同一種と思います。
 私も沢山本種を見ていますが、アーチャーンさんの撮影された赤味の強い個体は見たことがありません。
 しかし、アシナガバエ科では金緑〜金赤色の色彩変異は普通ですので、当然あることが予想される範囲と思います。
 cercusの刺毛ですが、特に側面から真横に非常に強く長い刺毛があるはずですが、田悟(2010)の図は側面図のため、非常に分かりにくく表現されていて、比較しにくいですね。
  アーチャーンさんの画像で下に長く伸びている刺毛がそれに当たると思います。
 
 関東で私が昨年〜今年に採ったアシナガバエの中には、田悟(2010)に掲載されていない種をいくつも含んでいますので、無理にこの報文の種に結びつける必要はないのではないかとも思っています。

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/07/04(Mon) 09:00:18 No.6997 ホームページ  引用 
バグリッチ様.

 早速の御回答有難う御座います。
 cercusの横に伸びる強い刺毛は、他の写真からもハッキリ認められます。
 今年は本種を探している内にDolichopusも見つけ、これも採集してしまいました。今後、細部を観察して検討してみたいと思っています。
 ところで、「Mesorhaga sp.1 t」の「t」は何を意味するのでしょうか。temporalのt、或いは、田悟様のt・・・。
 それと、胸部刺毛に付けた名称は合っているでしょうか。自信がありません。

 以上、宜敷御教示下さい。

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:バグリッチ 投稿日:2011/07/04(Mon) 22:28:51 No.6998  引用 
アーチャーン様、こんにちは。

 胸部刺毛に付けた名称は田悟(2010)に図示された位置と一致していると思います。
 胸部刺毛の同定は難しくいくつかの説があるようですので、異なった解釈もあると思われます。

 Dolichopus楽しみですね。
 同時に4〜5種が見つかることも多いですので、ややこしいと思います。

Re: Mesorhaga sp. ? 投稿者:アーチャーン 投稿日:2011/07/05(Tue) 09:55:40 No.6999 ホームページ  引用 
バグリッチ様.

 御回答有難う御座います。
 胸部刺毛について、一致しているとのこと、安心致しました。

 Dolichopusの雄は極めて敏感で、写真は結局1枚も撮れていない様です。雌の写真を見ると、何となく2種ではないかと云う気がするのですが、今後、雌の写真と標本(2♂4♀)を比較して判断致します。かなり、面倒な予感がします。
 その結果は、何れこちらに投稿致しますので、その際は、御教示を賜りたく存じます。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -