47987646
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ヒロクチバエ (2) / 2: 無題 (2) / 3: ハエハンドブック刊行のお知らせ (0) / 4: スイセンハナアブでしょうか?2 (2) / 5: スイセンハナアブでしょうか?3 (0) / 6: スイセンハナアブでしょうか?1 (0) / 7: ミギワバエ科でしょうか-2 (2) / 8: ミギワバエ科でしょうか (0) / 9: ミズアブ科?不明種について (2) / 10: ネグロクサアブ?の抜け殻 (6) / 11: 小笠原の海のユスリカ? (3) / 12: ショウジョウバエの同定について (0) / 13: ヤドリバエ科Peleteria属 (6) / 14: Bicellaria早春のヒメセダカオドリバエ? (3) / 15: ヒコサンアリヅカノミバエAenigmatias gotoi Disneyでしょうか? (3) / 16: ムシヒキアブでしょうか? (7) / 17: ハネオレバエ(ハネオレホソバエ)でしょうか?? (1) / 18: ハネナガケブカミバエでしょうか? (6) / 19: ハナレメイエバエ科でよいでしょうか? (0) / 20: ハネフリバエ (2) /


[ 指定コメント (No.6186) の関連スレッドを表示しています。 ]

シロオビギンガクニクバエ 投稿者: 投稿日:2010/02/27(Sat) 08:52:46 No.6186  引用 
みなさん,こんにちは.
先日はカヤニクバエ他で大変お世話になりました.

次のニクバエ画像が準備できましたのでまた投稿させていただきます.これも各地で採れているものとは思いますが,何かのお役に立てれば幸いです.また本種に関する採集情報等をおもちのかたがおられましたら,教えていただけたら幸いです.

シロオビギンガクニクバエ Sphenometopa matsumurai Rohdendorf
倉橋弘博士に同定していただきました.大変お忙しいにも関わらず,詳しく教えていただきました.誠にありがとうございました.
学名は倉橋先生の同定ラベルに従いました.
まず背面です.


Re: シロオビギンガクニクバエ 投稿者: 投稿日:2010/02/27(Sat) 08:56:37 No.6187  引用 
つづきまして腹部です.
第3腹板は構造色といいますか,角度によって黒く見えるのですが,この角度では3つの斑紋が見えます.
第4腹板はかなり白っぽくて,野外で非常に目立っていました.和名の由来はこれかなと思います.


Re: シロオビギンガクニクバエ 投稿者: 投稿日:2010/02/27(Sat) 09:03:07 No.6188  引用 
頭部です.
本種の最大の特徴と思いますが,複眼以外の広い部分が,銀白色につよく輝きます.
Metopiaの雄では前額が輝きますが,本種では全体が輝くので,野外でとても目立ちます.
銀色の頭部と,腹部の山水画のような白黒のカラリングがとっても素敵で,私が見たことがあるニクバエのなかで,この種が一番美麗ではないかと思っています.といいますか,この種をみてからハエに興味をもつようになったわけです.


Re: シロオビギンガクニクバエ 投稿者: 投稿日:2010/02/27(Sat) 09:07:09 No.6189  引用 
Aedeagus他,液浸です.
ゾウの鼻のように伸びた,膜質半透明で,茶色の細かい水玉模様がある特徴的なaedeagusです.写真では右下方向に向かって伸びています.
アルカリ処理をしなかったので筋肉が残っています.

採集当時は標本の作り方を知らず,翅は折れ,脚は伸ばしておらず,aedeagusも出しておらず,アルカリ処理もしていない,このような標本を同定してくださった倉橋先生に,重ねて御礼申し上げます.

2006年7月25日,山口県宇部市東岐波月崎海岸

以上です.

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -