26083278
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ホシアシナガヤセバエでしょうか? (2) / 2: 今日のキノコバエ-Epicypta属 (3) / 3: コマバムツホシヒラタアブでしょうか? (2) / 4: Prionolabis sp. ♀? (1) / 5: 年2化の定義 (0) / 6: Manual of Afrotropical Diptera Volume 3 (0) / 7: 無題 (2) / 8: 無題 (0) / 9: ヒメガガンボ科の1種 (8) / 10: ?Athrycia curvinervis (Zetterstedt, 1844)♀? (4) / 11: Polleniopsis hokurikuensis ♀??? (2) / 12: シママメヒラタアブでしょうか? (2) / 13: 同定をお願いします (2) / 14: この幼虫はなんでしょうか (8) / 15: なんというハエでしょうか? (2) / 16: マメヒラタアブの仲間でしょうか? (3) / 17: 無題 (0) / 18: Tanyptera sp.♂? (5) / 19: 無題 (2) / 20:  Odontomyiaの一種?その2 (4) /


[ 指定コメント (No.3645) の関連スレッドを表示しています。 ]

何というハエですか? 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/10(Tue) 21:35:34 No.3633  引用 
こんばんは♪
6日に撮ったのですが、何といいますか?
よろしくお願いします!


Re: 何というハエですか? 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/10(Tue) 21:36:20 No.3634  引用 
違う方向からです。

Re: 何というハエですか? 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/10(Tue) 21:37:18 No.3635  引用 
前からも撮ってみました。

Re: 何というハエですか? 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/07/12(Thu) 11:50:47 No.3638  引用 
ヤドリバエ科であることは間違いなさそうです。口吻が細く長い事からクチナガハリバエかその近縁種であると思われますが・・何分ヤドリバエ科なので・・断言できないのがつらいところです。(九大目録を見たところとりあえず現在のところ1属1種みたいですが・・)

中国蝿類2(ヤドリバエ科の研究は中国ではかなり進められてるみたいです。資料がかなりあります。ただし、膨大な種数になるので、図版をしらみつぶしに見ていくのは結構根性と気合が必要なのです。)に出てくるヤドリバエ科の顔の図版を片っ端から見た限りでは図版とは口吻の曲がり方が逆なんですが、口吻がストレートに長い種は本種しか出ていないようでした。

あと、チビクチナガハリバエという和名の種があるのですが、こちらは口吻は2箇所で折れ曲がるタイプなので今回の画像とは違うと思われます。

ありがとうございました♪ 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/13(Fri) 22:46:48 No.3639  引用 
ハエ男さん!お手数をおかけしました。
ヤドリバエ科と言ってもたくさんいるのですね?
11日にハルジオンにお尻がオレンジ色のハエで、このハエによく似たハエがいたのですが、顔を撮ろうとしたら、逃げられ、ピンボケでしたが、どうやらそのハエの口が折れ曲がっていたような気がします。
また、出会えるといいのですが。。
今後もよろしくお願いします!<(_ _)>

Re: いっぱいいるのです。 投稿者:ハエ男 投稿日:2007/07/14(Sat) 01:14:30 No.3640  引用 
九大目録では日本産ヤドリバエ科として400種以上がでているのですが、現在販売されてる図鑑でもっともヤドリバエ科が出ている北隆館の大図鑑でも21種しかでていないんですね。これで調べろってのも無理な話しなのです。

私たちも、こんなに大きくて特徴的なのに種名がわからないのが多いヤドリバエ科にはゲッソリ悩まされているのです。

大変ですね! 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/15(Sun) 15:52:56 No.3644  引用 
虫をデジカメで撮り始めて1年くらいになりますが、ハエだけでもこんなにも多いのかと驚いています。(゜゜;)
撮るのはだいたい家の回りです。
撮影場所を書いてなくて申し訳ありません。
広島市佐伯区湯来町です。
回りは田んぼで遠景にはいつも山が見えます。田舎です。(^^ゞ

Re: 何というハエですか? 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/07/16(Mon) 16:30:56 No.3645  引用 
ヤドリバエ科の分類学者の舘博士から,写真の種はクチナガハリバエで正しいとの同定結果をいただきましたので,お知らせしておきます.しかし,ヤドリバエ科は種数が多く写真だけでは同定が極めて困難である,とのことです.市販の図鑑類で同定できない種の名称を写真だけでお尋ねになっても,先ず不可能ということのようです.

ありがとうございました♪ 投稿者:まゆみ 投稿日:2007/07/19(Thu) 18:40:47 No.3659  引用 
アノニモミイアさん!
ヤドリバエ科は種数が多くて同定が大変なのですね?
舘博士に同定して頂いたのをお知らせ頂き、
ありがとうございました!<(_ _)>

Re: ありがとうございました♪ 投稿者: 投稿日:2007/11/04(Sun) 04:59:34 No.3983  引用 
Prosena siberita, Tachinidae

Re: 何というハエですか? 投稿者:ウミユスリカ 投稿日:2007/11/04(Sun) 22:21:51 No.3984  引用 
クチナガハリバエは九大目録にも、『中国蝿類』にもProsena属がP. siberita 1種しか出てきませんし、今まで私が採集した本属の交尾器も、全て『中国蝿類』のP. siberita の交尾器の形態と一致しています。ということは東アジアに1種しかいないのでしょうかね?

確か、コガネムシの幼虫に寄生する種でしたよね。幼虫が自ら土の中で宿主を探すタイプだったと記憶しております。

ハエは動物、植物、菌類、藻類とありとあらゆる生物を発生源としている上に、屋内害虫となる限られた種類を除くと個々の種が子孫を残していくために幼虫の食物として利用している餌の種類は案外狭いものです。動物の糞を食べて育つハエひとつとっても、牛の糞、馬の糞、人間の糞と糞をする動物が異なると、そこから発生するハエの種類も変わってしまいます。

この事実からだけでもハエという昆虫のグループが実に多様な存在だとうかがい知れるかと思いますが、その中でも昆虫に幼虫が寄生して育つヤドリバエ科は際立って種数の多い系統群です。ひとつのフィールドで毎週採集を繰り返すと、ヤドリバエ科の場合は毎週のように顔ぶれが変化していきます。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -