48656678
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ハチモドキバエの一種? (0) / 2: タマバエの一種でしょうか? (2) / 3: むし (2) / 4: ヤドリバエ科Triarthria属 (7) / 5: 無題 (1) / 6: Leptodromiella属? (1) / 7: Bicellaria早春のヒメセダカオドリバエ? (4) / 8: ヒロクチバエ (2) / 9: 無題 (2) / 10: ハエハンドブック刊行のお知らせ (0) / 11: スイセンハナアブでしょうか?2 (2) / 12: スイセンハナアブでしょうか?3 (0) / 13: スイセンハナアブでしょうか?1 (0) / 14: ミギワバエ科でしょうか-2 (2) / 15: ミギワバエ科でしょうか (0) / 16: ミズアブ科?不明種について (2) / 17: ネグロクサアブ?の抜け殻 (6) / 18: 小笠原の海のユスリカ? (3) / 19: ショウジョウバエの同定について (0) / 20: ヤドリバエ科Peleteria属 (6) /


[ 指定コメント (No.2948) の関連スレッドを表示しています。 ]

ムシヒキアブの1種 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/01/18(Thu) 02:23 No.2940  引用 
永冨先生任せでムシヒキがわかりません.どなたかこの種の名称を教えてください.宮崎県小林市北部山地で7月上,中旬の採集です.全体,頭部,雄交尾器を別々に添付します.

Re: ムシヒキアブの1種 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/01/18(Thu) 02:24 No.2941  引用 
頭部です.

Re: ムシヒキアブの1種 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/01/18(Thu) 02:26 No.2942  引用 
雄交尾器側面です.あまりいい画像ではないのですが,属名だけでも分かればと思います.

Re: ムシヒキアブの1種 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/01/18(Thu) 02:30 No.2943  引用 
もう一つの種についても名称を教えてください.これも同じく小林市北部山地で7月中旬に採集されたものです.雄はありません.

Re: ムシヒキアブの1種 投稿者: 投稿日:2007/01/18(Thu) 12:53 No.2944  引用 
アノニモミイア様、はじめまして。
双翅目談話会のケンセイと申します。
お役に立つかどうかわかりませんが私の見解を述べさせていただきます。

最初の奴はクシヒゲムシヒキ亜科(Ommatiinae)のOmmatius sp. だと思われます。私も熊本の阿蘇の周辺の調査のときに本種と思われる奴をたくさん採集しました。関東周辺でもたまに採れます。双翅目談話会の同定会の際に春澤さんに聞いたところ、本種のグループは東洋区で繁栄しているグループのため日本の標本だけでの記載は非常に危険であり、東洋区の標本を中心に検討する必要があるため、現状では種名を確定できないとのことでした。

2番目の奴はヒゲボソムシヒキアブ亜科(Stenopogoninae
)のサヤノムシヒキ Scylaticus sayano Nagatomi,1983に近似の別種のような気がしますがあまり自信はありません。

なお、ムシヒキアブについては田川さんのウェブサイト
http://www3.kcn.ne.jp/~tgw/
でいろいろな画像や情報を得ることができますので、見に行かれたらよろしいかと思います。

ケンセイ@生息地:小平市

Re: ムシヒキアブの1種 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/01/18(Thu) 15:43 No.2945  引用 
ケンセイ様 ムシヒキアブ2種の名称についてご教示有難うございました.ムシヒキアブ図鑑にOmmatius sp.が掲載されているのですが,名称だけで,この仲間が日本でどのようになっているのか全く知らなかったものです.阿蘇でも採集されたとのことで,大変参考になりました.第二の種は脚が全面的に黄色なので,サヤノムシヒキのような感じではあったのですが,図鑑の写真ですと翅が良く見えていないので,どんなものかと思っていました.八重山の種ですし,こちらの標本は翅端が暗色になっていまして,この点が図鑑では分かりにくいところです.採集地でも少ないようで,4年間ほど通った場所ですがこの1頭だけでした.有難うございました.

Re: ムシヒキアブの1種 投稿者:tgw 投稿日:2007/01/18(Thu) 19:28 No.2946  引用 
久しぶりに訪問しました.
ムシヒキアブについての投稿があるとのことでお誘いをいただきましたので、割り込んで申し訳ないですが書き込ませていただきます.
2種目についてですが、これは未記録種です.翅脈の特徴からか埼玉昆虫誌(?)でしたか、それにはOrthogonis sp.と記録されたことがありますが、Orthogonisではないと思います.それ以後長く気になっている種なのですが、なかなか手につきません.一昨年、写真でしか見ていませんが、同種もしくは近似種らしきものが韓国で採集され(♀のみ)、その標本を手に入れたチェコの研究者が新属新種ということで記載しようとしています.♀のみでの記載はやめてほしいとお願いしており、♂が採集されて日本産と比較してから発表されると思います.族の扱いも難しく、Laphriini族の所属にするのかAtomosini族にするのか意見が分かれるほど難解な種です.

Re: ムシヒキアブの1種 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2007/01/19(Fri) 11:55 No.2947  引用 
tgwさんコメント有難うございました.第二の種は触角の形状からはLaphriinaeかとも思ったのですが,脚が全面的に黄色なのでサヤノムシヒキに外観的に似ていると思った次第です.本種はすでに日本で雄も採集されているのでしょうか.また,Laphriinaeに属することは確実なのでしょうか.ご連絡いただければありがたいです.
以前に四国のAsiniinaeの論文の別刷をいただいたのですが,あるいはお礼の返事をお出ししていなかったかもしれません.とすれば失礼しました.また,あなたの図鑑は大変有用でありがたいです.

Re: ムシヒキアブの1種 投稿者: 投稿日:2007/01/19(Fri) 22:09 No.2948  引用 
アノニモミイア様
もう25年ほどが経つでしょうか.四国産Asilinaeをまとめる際にはムシヒキアブの獲物を同定していただきありがとうございました.大勢の方の協力をいただいてまとめることができました.その後はしばらくムシヒキから遠ざかっていましたが、このところ少しずつですが関わっています.
さて、この種の♂は国内で採集されています.私の手元にも四国産と本州産のがいくらかあります.すでにデジカメで撮影をしていますので近いうちにホームページにアップしておきます.(久しく更新していません.お役に立てば幸いです)
Atomosini族をAtomosinae亜科と扱う研究者もいますが、Laphriinae亜科でいいと思います.

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -