10808692
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: マルボシヒラタハナバエ? (2) / 2: アブラコバエ科の一種?(Chamaemyidae sp.?) (4) / 3: このDipteraはなんでしょうか? (7) / 4: ご教授ください (1) / 5: 富士山のハエについて (2) / 6: シロオビハリバエに似たハエ (6) / 7: 無題 (5) / 8: 富士山のハナアブについて (2) / 9: 同定お願いします (6) / 10: 双翅目談話会入会について (2) / 11: 西表島のイシアブ (2) / 12: ヤチバエの仲間でしょうか? (2) / 13: サシチョウバエの寄生者? (0) / 14: ミドリバエ (2) / 15: シギアブ科?の一種について (2) / 16: ガガンボの同定お願いします。 (2) / 17: Stratiomys potamidaでしょうか? (2) / 18: 無題 (2) / 19: Criorhinaでしょうか? (3) / 20: ハナアブの同定をお願いします。 (9) /


[ 指定コメント (No.2101) の関連スレッドを表示しています。 ]

雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/17(Tue) 10:12 No.2089  引用 
こんにちは

この週末はかなり暖かで、雪国でも虫たちが動いていました。
やっと、撮影できたので画像をアップします。
クモガタガガンボですよね。
目録には3種掲載されていますが、どれに該当するのか分かりません。調べ方も判りません。標本(まだ生きています)を♂♀各1個体採集したので、見方をご教授願えたら幸いです。

撮影地、採集地ともに山形県小国町で、2006/1/13撮影です。


Re: 雪虫 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2006/01/17(Tue) 18:04 No.2090  引用 
クモガタガガンボ かっこいいですね。
一度実物を見てみたいです!

日本産は3種となっていますが、実際はもっと増えるのでは?

1. Chionea (Chionea) crassipes crassipes Boheman, 1846
  (=C. gracilistyla Alex.)
  原記載持っていなかった(^_^;)
  笹川1986によれば、触角9-10節
  基産地 本州
2. Chionea (Chionea) kanenoi Sasakawa, 1986
  黄-黄褐色
  ♂♀共に触角11節
  体長: 3-5mm
  基産地 京都(南山城村Dosenbo alt.460m, 深泥ヶ池 alt.60m,)平地から低山地に生息。Pitfall trapで採集。
  福井みどりのデータバンクに書かれているのも本種か?
3. Chionea (Chionea) nipponica Alexander, 1932
  ♂触角9-10節 ♀触角10節
  体長: 5.5-6mm
  基産地 富山県Mt. Tsurugi alt.8775ft., 新潟県Seki alt. 2925ft. 高山帯に生息。

おそらく、Chionea kanenoiかその近縁種となるのではないでしょうか?

Re: 雪虫 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2006/01/17(Tue) 19:05 No.2091  引用 
追伸。

京都の平地で、ピットホール(紙コップの落とし穴)で採れているという事は、全国に分布しているのでしょうか?

茨城でも、ひょっとすると採れるのでは?

タイプ標本の採集データは12月-2月。

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/17(Tue) 20:46 No.2092  引用 
昨年、私も物を見ましたが、なかなか同定はしんどそうです。

北海道のIさんがクモガタガガンボをやられてるんですが、そのやり取りの中で、道内に複数種が存在すること、nipponica, gracilistyla, kanenoiは互いに近縁で、これらは全てヨーロッパ産のcrassipesと雄交尾器がよく似ていることを確認されてるそうですが、問題は本州産のもので、交尾器を詳細に比較すると近縁な複数種が含まれる可能性があるそうなので、本州産の標本の提供してくれる方を探しています。

昨年、南アルプス産、中央アルプス産、乗鞍産のを見ましたが、南ア産と中ア産のはどうやら同種っぽくて、乗鞍のは別種であるように思えました。

福井には未記載がいるみたいです。

ということなので、現状では触覚の節数だけで当たりをつけるのは危険で、♂交尾器を見る必要がありますが・・・私には見てもよくわかりませんでした。あと、交尾器を拡げるのが結構おっかなびっくりなんですよね・・・
一応、標本の保管はエタノール液浸が良いようです。

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/17(Tue) 22:15 No.2093 ホームページ  引用 
ハエ男さんこんばんは。こちら青森でもクモガタガガンボが出ています。2005年11月の写真ですがアップします。ここら辺は北に位置しますから平地でも居ます。1993年12月16日採集のものですがエタノール液浸標本が11個体あります。恐山の宇曽利湖周辺で採集したものですが、よろしかったらIさんにお送りしましょうか。お知らせ下さい。

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/17(Tue) 23:27 No.2094  引用 
おーやぎさん>ありがとうございます。
Iさんが今、こちら(日本)にいるかどうか、確認しますね・・
どっかに行ってて、受け取れないと困りますし・・

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/18(Wed) 13:36 No.2095  引用 
 茨城@市毛様、ハエ男様、おーやぎ様、こんにちは。情報をありがとうございます。ハエ男様には文献のファイルも送っていただき、大変ありがたく読ませていただきました。重ねて御礼申し上げます。

 今朝、冷蔵庫に保管していた標本を見ると、♂は昇天しておりました。さっそく頂いた文献(日本の生物・・なつかしい・・に掲載された笹川先生の「積雪上に見られるガガンボとユスリカ」)と照合してみました。交尾器は、把握器の形状、外葉の形状、把握器や尾節の剛毛の状況がkanenoiに一致しました。

 文献の生態情報とは整合性が今ひとつですが、採集地はブナクラス域二次林のオクチョウジザクラ―コナラ群集の優占する地域であり、kanenoiはコナラなどの雑木林に広く分布する種であることが示唆されます。

 撮影しようとしたら付節が・・・グッスン

 来月も小国へ行きます。また採れたらいいなあ。


Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/18(Wed) 22:05 No.2098  引用 
kaninoiと一致ですか・・・クモガタガガンボ類をきちんと同定して、画像を公開してる人はほとんどいないので、そりゃ〜本邦初のネット公開の画像じゃないでしょうか・・・

京都あたりと山形では当然相当する標高や植生も異なると思いますが、コナラなどの雑木林に広く分布する可能性があるとすると、この時期に雪がない地方でも、ピットフォールトラップをかけると入る可能性があるかもしれませんね。

だれか、やって見る人いないかなあ・・・
ゲニの画像はないっすか?

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/19(Thu) 09:58 No.2100  引用 
 ゲニの画像は撮影しておりませんでした。もっとも、撮影したくても実態顕微鏡の像を撮影するすべがないので・・今後の課題です。ハエ男さんのupされる画像には、周囲が丸くけられた拡大写真がありますが、これらはデジ顕(鳥屋さんたちのデジスコ:フィールドスコープのアイピースにデジカメを当てて撮影する)したものですか?
 標本はエタノールに浸かっておりますので、次回挑戦してみます。
 
 kanenoiと同定される根拠としては、体の色調とプロポーションもあります。色調は、厳寒期の標本でもNo.2089の♀、No.2095の♂共に淡褐色です。おーやぎさんのNo.2093は11月の撮影でも黒味が強く、別種の印象ですね。
 プロポーションですが、No.2095の個体は腹部が著しく縮んでおり、まるで胸部にすぐ尾節がついているようですが、ここ以外は前出の笹川文献に示されている全形図とよく一致しています。
 ♀の産卵管もkanenoiの図にそっくりです。おーやぎさんのNo.2093とは、やはり異なる印象を受けます。

 山形にはkanenoiがいて、青森には別種(nipponicaっぽくないですか?)がいることが浮き出てきましたね。なんだか面白くなってきました。実は、今週末八甲田山にスキーに行きますので、探してみるつもりです。

Re: 撮影 投稿者: 投稿日:2006/01/19(Thu) 10:33 No.2101  引用 
顕微鏡下の画像は、実はニコンのクールピクスやカシオのベストショットという首が回るタイプのデジカメのレンズを、双眼実体顕微鏡のアイピースに当てて無理やり撮影してます。

燃え上がれ!燃え上がれ!燃え上がれクモガタ〜〜〜(なぜかでてくるガンダムの歌もどき)
冬でも追いかけられる虫って、オフシーズンの暇つぶしとしても結構おいしいかもしれませんね・・

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/29(Sun) 00:06 No.2140 ホームページ  引用 
こんばんはクモガタガガンボの交尾です。メスの力強いこと。どんどん歩きます。

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/29(Sun) 00:07 No.2141 ホームページ  引用 
もうひとつ貼ります

Re: 雪虫 投稿者:ハエ男 投稿日:2006/01/29(Sun) 03:43 No.2142  引用 
♀は交尾したあとどこに行くんでしょうね・・・

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/30(Mon) 21:08 No.2144  引用 
おーやぎさんこんばんは。
いいですね、交尾のシーンは見たいと思っていました。
やっぱり、青森のクモガタガガンボですか?
今度のは、脚の長さや色彩からkanenoiぽいですね。
青森には複数種いるってことなんですね。

Re: 雪虫 投稿者: 投稿日:2006/01/30(Mon) 21:55 No.2145 ホームページ  引用 
pakenyaさん、こんばんは。2140、2141のは青森県下北郡佐井村のものです。2006.1.28に採集しました。遅ればせながら報告します。

Re: 雪虫 投稿者:蠱沫 投稿日:2006/02/09(Thu) 08:42 No.2150  引用 
クモガタガガンボ、私も見つけました。松本市街近郊の山林ではクモガタガガンボはさほど珍しくないのですが、年明け以降は極端に見かけることが少なくなります。また、ここでは明らかに体サイズに2タイプ存在しています。この個体は小さいタイプ(体長3〜4o)です。
私は最近野ネズミの観察をしており、ネズミがよく通り道にする岩陰の前にしゃがんでじっと待っていたところ、のこのこ現れました。
森床にはまばらに雪が積もっている程度で岩陰には雪はなく、雪上以外の場所で見たのはこれが初めてです。
この日見かけたのはこの一匹で、採集した(06.2.05)のですが、翌日同じ場所にもう一匹いました。


Re: 雪虫 投稿者:蠱沫 投稿日:2006/02/09(Thu) 08:49 No.2151  引用 
ちなみにこれがクモガタガガンボのいた場所です。
奥の岩が入り組んだ所からネズミさんがいらっしゃるのですが、
クモガタガガンボも奥の雪がない落ち葉の上をうろちょろして
おりました。


Re: 雪虫 投稿者:ハエ男 投稿日:2006/02/09(Thu) 11:58 No.2152  引用 
雪の上じゃないクモガタガガンボの生態画像ははじめて見ました。
虫たちがいて僕がいた -昆虫と甲殻類の行動学-(中嶋康裕・沼田英治編,海游舎 )の中で、近縁種の幼虫は野ネズミの巣内でゴミのようなものを食べて育つことがでは知られていることからクモガタガガンボも同様の生活史を持っているのではないかということが書かれてるんですが、野ネズミの通り道・・(穴の近くなのだろうと思う)で見られたということはこれを裏付ける可能性があるわけで、今後も注意深く見ていって欲しいと思います。

Re: 雪虫 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2006/02/22(Wed) 22:00 No.2168  引用 
古田様。

今度の談話会総会のミニ講演で、このネズミと同居するクモガタガガンボの生態画像付きのネタは如何ですか?

マニアックですが、双翅目談話会ですからうけると思います。

Re: 雪虫 投稿者:ハエ男 投稿日:2006/02/23(Thu) 00:44 No.2170  引用 
これが完全にネズミの巣穴の中から見つかったのだと大発見間違いなしなんですが、入り口付近という微妙な場所らしいので、あと一歩踏み込んだ結果が欲しいところです。

この画像を撮影したのは新入会員の蠱沫君(松本市在住)なので、彼にその話しをしてもらいたいです。

Re: 雪虫 投稿者:ヒゲブト 投稿日:2006/02/24(Fri) 23:59 No.2176  引用 
昆虫写真家の新開孝さんが、四国のクモガタガガンボを撮影されています。新開さんのサイトは以下の通り。

http://www.shinkai.info/contents/walking/index.html

「昆虫ある記」2006年1月22日に写真がアップされています。

Re: 雪虫 投稿者:ハエ男 投稿日:2006/02/25(Sat) 10:35 No.2177  引用 
情報ありがとうございます。
四国のは本州のと同種なのだろうか?
大変気になるところです。

Re: 雪虫 投稿者:蠱沫 投稿日:2006/02/27(Mon) 08:15 No.2179  引用 
蠱沫です。
松本のネズミの通り道ですが、その後観察を続けているものの
クモガタガガンボの姿はありません。この近辺では年明けの1月
半ばを過ぎるともう雪上にクモガタガガンボが見られなくなるので、
私が見たのがもうギリギリ最後の奴らだったのかも知れません。今年の12月辺りにもう一度重点的に観察しようと思ってます。また、頑張ってネズミの巣自体も探そうと考えております。

3月の総会、出たかったのですが、ちょうど同じ時期に学会があって
今回は行けなそうです・・

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -