13929115
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ウルワシオドリバエ亜属 (2) / 2: ミヤマタマオバエ (1) / 3: マガリモンハナアブ? (0) / 4: オドリバエだと思うのですが・・ (4) / 5: 同定のお願い (5) / 6: ツリアブの仲間でしょうか? (2) / 7: 奄美のクシツノアブ科? (2) / 8: ツマアキツリアブ? (4) / 9: 双翅目の習性について (4) / 10: 奄美の長角亜目 (4) / 11: 君の名は? (3) / 12: 同定のお願い (3) / 13: 宣伝: 愛媛大学収蔵の双翅目のタイプ (3) / 14: ランミモグリバエでしょうか? (2) / 15: デガシラバエの仲間でしょうか? (2) / 16: 白亜紀ムシヒキアブの蛹脱皮殻 (1) / 17: 冬場に建物内で見つかったアブ (2) / 18: クロハナアブの仲間? (2) / 19: キンバエの仲間について (1) / 20: ナガレフンバエでしょうか? (9) /


[ 指定コメント (No.10300) の関連スレッドを表示しています。 ]

ヒラタアブの一種 投稿者:木佐浩之 投稿日:2019/10/14(Mon) 21:28:18 No.10299  引用 
度々の投稿ですみません。
10月初旬に四国東部の山地で撮った画像です。
「ハナアブ写真集」を照合させて頂いたところ、「ムツモンホソヒラタアブ属」の各種に似ていると思いました。
腹部の縁の毛が目立つことから「ケブカヨツモンホソヒラタアブ」あたりかな?なんて思っていますが如何でしょうか?


Re: ヒラタアブの一種 投稿者:木佐浩之 投稿日:2019/10/14(Mon) 21:29:32 No.10300  引用 
役に立つかどうか分かりませんが顔面も貼らせて頂きます。
よろしくお願いいたします。


Re: ヒラタアブの一種 投稿者:たけうち 投稿日:2019/10/16(Wed) 09:40:18 No.10301  引用 
木佐様、投稿ありがとうございます。

このヒラタアブはご推察の通りMelangyna属の雌個体です。
日本にはこの属に10種以上が生息しておりますが、分類は確定しておらず、正確な同定ができていない状況です。種の判定には、複眼の立毛の有無、顔の黒色中条の太さ、腹部の斑紋のパターン、脚の色彩、翅のmicrotrichiaの状況などのを用います。

そんな中で、秋に各地でみられるこの種は、複眼は有毛、額が黒く顔の黒色中条は発達、腹部が胸部より幅広いなどの特徴からM. coei タカネムツモンホソヒラタアブとみなされています。ただし、この学名で正しいかがよく判っておりません。

Re: ヒラタアブの一種 投稿者:木佐浩之 投稿日:2019/10/18(Fri) 03:24:19 No.10302  引用 
たけうち 様
同定ありがとうございました。全く未知の種でした。
腹部が先に向かって広がっている様子は、やはり「ケブカヨツモンホソヒラタアブ」とは違うようですね。
検索しても情報がほとんど見つからず、謎の多いアブだと思いました。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -