13654011
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 同定のお願い (3) / 2: 宣伝: 愛媛大学収蔵の双翅目のタイプ (3) / 3: ランミモグリバエでしょうか? (2) / 4: デガシラバエの仲間でしょうか? (2) / 5: 白亜紀ムシヒキアブの蛹脱皮殻 (1) / 6: 冬場に建物内で見つかったアブ (2) / 7: クロハナアブの仲間? (2) / 8: キンバエの仲間について (1) / 9: ナガレフンバエでしょうか? (9) / 10: クロハナアブの一種? (5) / 11: 同定のお願い (4) / 12: ギフダイミョウガガンボ? (4) / 13: フンバエ科でしょうか? (2) / 14: 同定をお願いします。 (1) / 15: 種名を教えてください (2) / 16: ミバエ(だと思う)同定のお願い (5) / 17: ヤチバエの仲間について (2) / 18: ヒラタアブの一種 (3) / 19: 同定のお願い (2) / 20: トゲアシイエバエ属の一種?(Phaonia sp.?) (9) /


[ 指定コメント (No.8665) の関連スレッドを表示しています。 ]

ヒザグロフンバエ or Amaurosom... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2013/11/26(Tue) 08:17:34 No.8660  引用 
茨城県南部霞ヶ浦水系の湿地で採集した体長7mm程のフンバエです.

当初,ヒザグロフンバエCleigastra apicalis ではないかと考えていましたが,先の同定会でバグリッチさんと話した際に,玉木さんがNanna属として記録した種類と同種ではないかとの話になりました.
(Sifner,2003 でNanna属は無効名とされ,現在ではAmurosom属となっています)

*)田悟敏弘・玉木長寿, 2005, 埼玉県,千葉県,茨城県,東京都で,2003−2005年に採集された双翅類の記録(2). 寄せ蛾記 118:39-49.

再度,旧北区の検索で属を調べてみると,couplet3の"Postpronotal lobe anteriorly with erect spines"という記述がありますが,写真のように肩瘤にspineと言えるほどの太い剛毛はありません.

ヒザグロフンバエについても,日本産昆虫総目録で本州に産すると記されているだけで,具体的な記録が出てきません.ネットで調べてみると,まあさんが阿武隈山地で撮影した画像が見つかるだけでした.http://mitikusakuttemiyo.blog70.fc2.com/blog-entry-876.html

この個体は,どちらの属なのでしょうか? 御教授頂ければ幸いです.


Re: ヒザグロフンバエ or Amauro... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2013/11/26(Tue) 22:15:35 No.8661  引用 
市毛様

 こんにちは。
 同定会の際にお話ししました通り、画像の種は、手持ちの標本とよく似ています。
 肩瘤には、非常に強い刺毛があります。
 市毛さんの標本で欠損の可能性もあると思います。

 ただ、その位置がanteriorlyでなく、postetirolyな点が異なっています。

 いくつも持っていますので、この週末でも標本をお送りします。比較してみてください。

 また、あす以降、画像と標本と詳しく比較してきたいと思います。
 ではまた。

Re: ヒザグロフンバエ or Amauro... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2013/11/30(Sat) 18:03:16 No.8662  引用 
市毛様

 良く似た手持ちの標本で検索してみました。
 ご指摘の『肩瘤にspineと言えるほどの太い剛毛はありません.』の部分ですが、確かに、そのようなものはありません。
 私が前のコメントで書きましたものは、強い刺毛で、spineでなありませんでした。
 旧北区の検索ではNannaには落ちずに、Orthachetaに行ってしまいました。
 Nannaではないように思います。

 一方で、Cleigastra にも行き着きませんでした。


 画像を添付しましたが、成虫全形画像の左はオス、右はメスです。オスは白い長い毛を体の下面〜脚のたくさん備えていて、大変きれいです。
 
 というわけで、結論できませんでした。
 
 詳しい方のフォローがいただけますとありがたいです。


Re: ヒザグロフンバエ or Amauro... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2013/11/30(Sat) 18:04:03 No.8663  引用 
画像に追加です

Re: ヒザグロフンバエ or Amauro... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2013/11/30(Sat) 18:05:37 No.8664  引用 
もうひとつ。

Katepisternumには、3本の強い刺毛がありますが、個体によっては、4本に見えるものもいます。


Re: ヒザグロフンバエ or Amauro... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2013/12/01(Sun) 17:31:30 No.8665  引用 
バグリッチ様.

確かに小楯板剛毛が2対あり,CMPDではOrthacheta属に行きつきますね.(脱落してたのと,日本にいないだろうと思って見落としてました)

改めてSifnerのフンバエ科カタログで極東ロシアの記録を調べてみたところ,20属近くが記録されており驚きました.(一部,Cordilura属等を細分化しているような傾向もあります).
中国の記録は,中国蠅類からあまり増えていないので,調査不足のようです.

CMPD(旧北区の検索)に載っていない,1999年に極東ロシアから新属として記載されたLangechristia属が気になります.

やはり,フンバエ科は難しいですね.

Re: ヒザグロフンバエ or Amauro... 投稿者:バグリッチ 投稿日:2013/12/01(Sun) 18:48:29 No.8666  引用 
市毛様

 手元に、未同定の小型のフンバエ科を結構持っています。
 小型種は情報が少なく、難しいです。

 今回の種は、本日、2オス、1メス送りましたので、比較してみてください。
 ではまた。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -