48062736
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: Leptodromiella属? (1) / 2: Bicellaria早春のヒメセダカオドリバエ? (4) / 3: ヒロクチバエ (2) / 4: 無題 (2) / 5: ハエハンドブック刊行のお知らせ (0) / 6: スイセンハナアブでしょうか?2 (2) / 7: スイセンハナアブでしょうか?3 (0) / 8: スイセンハナアブでしょうか?1 (0) / 9: ミギワバエ科でしょうか-2 (2) / 10: ミギワバエ科でしょうか (0) / 11: ミズアブ科?不明種について (2) / 12: ネグロクサアブ?の抜け殻 (6) / 13: 小笠原の海のユスリカ? (3) / 14: ショウジョウバエの同定について (0) / 15: ヤドリバエ科Peleteria属 (6) / 16: ヒコサンアリヅカノミバエAenigmatias gotoi Disneyでしょうか? (3) / 17: ムシヒキアブでしょうか? (7) / 18: ハネオレバエ(ハネオレホソバエ)でしょうか?? (1) / 19: ハネナガケブカミバエでしょうか? (6) / 20: ハナレメイエバエ科でよいでしょうか? (0) /


[ 指定コメント (No.5306) の関連スレッドを表示しています。 ]

ガガンボダマシではない 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/23(Mon) 22:39:18 No.5301  引用 
家の中に居ました。湾曲した短いA1脈が無いので、ガガンボダマシではない。では、何なのかが判りません。体長は7ミリ程度かと。
2009.3.23 三重県津市


Re: ガガンボダマシではない 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/23(Mon) 22:41:33 No.5302  引用 
窓の外から撮りました。

Re: ガガンボダマシではない 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/23(Mon) 22:43:35 No.5303  引用 
ビニール袋に閉じ込めて撮りました。

Re: ガガンボダマシではない 投稿者: 投稿日:2009/03/23(Mon) 23:45:31 No.5305 ホームページ  引用 
ヒメガガンボ科に属する
Erioconopa elegantula (Alexander, 1913)
だと思います。

Re: ガガンボダマシではない 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/24(Tue) 10:42:45 No.5306  引用 
達磨様、ありがとうございます。
Erioconopa elegantula (Alexander, 1913)で検索しても日本語のページでは何も出てきませんでした。良く似た学名の
イツモンヒメガガンボ, Erioptera (Erioptera) elegantula, Alexander. 1913 というのを見つけましたが、この種の情報も多くは無いように思います。
何年も前にガガンボのことを詳しく紹介していたサイトがあったのですが、最近はそれが見つかりません。どこかの大学関係のサイトだったような記憶があるのですが、あのようなサイトが復活するとガガンボも分かりやすくなるのになあと思います。

Re: ガガンボダマシではない 投稿者:茨城_市毛 投稿日:2009/03/24(Tue) 12:50:59 No.5307 ホームページ  引用 
田中川様.

ガガンボ関連は,Catalogue of the Craneflies of the World
http://nlbif.eti.uva.nl/ccw/index.php
で学名を入れるとシノニム等も簡単にわかります.

ちなみに,Erioptera elegantulaとして記載された種類が,現在でErioconopa elegantulaという学名になっているようです.

九大のサイトにあった大蚊天国は,とある学生が卒業して消えてしまったようです.(昨年より改名して開店しましたが,種名リストは無いようです.)

同じく九大のヤドリバエのサイトも,教授が定年になって消えてしまいましたね.

また,北大にもキノコバエのサイトがあったのですが,これも消えてしまいました.

このような有用なサイトは,国が保管するとかしてくれると良いのですが;^_^)

Re: ガガンボダマシではない 投稿者:田中川 投稿日:2009/03/24(Tue) 18:21:25 No.5308  引用 
茨城_市毛様、ありがとうございます。
イツモンヒメガガンボだったんですね。図書館へ行って調べてきます。
有用なサイトは本当に残したいものですね。作るのは大変な労力だったでしょうに。大学での研究というのは学生や教授が去ると引継ぎや残していこうとする考え方が無さそうですね。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -