12660550
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 淡色のキアブモドキ (4) / 2: チョウバエ (2) / 3: クロバエキノコバエ?の仲間? (2) / 4: 続けて(2) (2) / 5: 続けて (0) / 6: このアブの名前、教えてください。 (0) / 7: 富士山のアブについて (2) / 8: 無題 (2) / 9: 何というハエでしょうか (2) / 10: 双羽目昆虫の文献 (1) / 11: ガガンボダマシでしょうか? (4) / 12: サッポロアシナガムシヒキについて (2) / 13: アシナガムシヒキについて (2) / 14: 富士山麓のアブについて (2) / 15: 不明種アブ (4) / 16: この黄色いハエの名前を教えてください (2) / 17: 同定のお願い (2) / 18: ハエorアブ (2) / 19: ガガンボの仲間でしょうか? (3) / 20: このガガンボの名前を教えてください (3) /


[ 指定コメント (No.4541) の関連スレッドを表示しています。 ]

今日はコシアキ系 投稿者:バグリッチ 投稿日:2008/05/17(Sat) 19:43:02 No.4523  引用 
こんちは。

 今日は、このHilaraが非常にたくさんいました。

 改定図鑑の検索ではメスグロミナモオドリバエとなりました。
 改定図鑑は検索で同定が出来るので、非常に便利です。


Re: 今日はコシアキ系 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2008/05/17(Sat) 23:22:53 No.4527  引用 
同定されたとおりHilara melanogyne Freyの雌雄です.第3触角節(第1鞭小節)が赤みを帯びることが大きな特徴ですし,複眼もやや赤みがあります.

本種の配偶行動は私も全く観察したことがありません.雄が夕方暗くなり始めてから林道の2−3m上空をやや群れて飛翔したこと,午後4時ころ渓流の縁の高さ1-2mのところを数頭の雄が疎らに飛翔していたこと,位です.この点,Hilara neglecta Freyの雄の採餌行動,群飛行動,交尾行動,求愛餌の種類などかなり詳しく観察しているのとは対照的です.

多数発生しているのなら,是非観察されて,おおよそのことでいいのですから,「はなあぶ」誌上でも発表してみてください.

なお,複眼が赤みを帯びるHilaraは日本にこのほかの種群で数種ありますが,これらの多くは日中の一般的活動は観察されず,採集も渓流沿いの岩陰から,キノコバエ類が飛び出してくるように,採集ネットの動きに驚いて飛び出し,採集されるものです.これらの多くは複眼だけでなく,体色も一般に淡色です.しかし,体色が橙色であっても昼間活動性の種もあります.

Hilara melanogyneも上記の種のように昼間岩陰から飛び出してくる(特に雌は)個体が多いようです.

なお,北アルプスなどの山地(1,500-2000m)には本種に似て,雌の翅が幅広くなり(色彩は本種同様黒褐色),雌の腹部が白色を帯びた別種が生息し,これは昼間に群飛をするようです.雌の腹部が白っぽいのは他にH. leucogyne Freyと言う種があります.これは小楯板剛毛が4対より多いので区別できます.

Re: 今日はコシアキ系 投稿者:バグリッチ 投稿日:2008/05/21(Wed) 23:16:43 No.4541  引用 
アノニモミイア様
 詳しい解説をありがとうございます。

 多数いたのですが、近所では無いので、残念ながら今年は観察ができそうにありません。

 ただ、Dipteraの生態には興味がありますので、これからは 今まで以上に気をつけて観察したいと思います。

 引き続き宜しくお願い申し上げます。

Re: 今日はコシアキ系 投稿者:アノニモミイア 投稿日:2008/05/22(Thu) 13:44:28 No.4542  引用 
今年は再訪できないとのこと残念です.

差し支えなければなるべく詳しい観察場所と日時を教えてください.重要なデータになりますので.

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -