33368365
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: モスクワ大学動物博物館データベース (0) / 2: スミソニアン博物館の画像データベー (0) / 3: 忘備録 台湾のWeb昆虫図鑑 (0) / 4: ハエだと思いますが・・ (2) / 5: 種名不明、ヤドリバエの一種? (2) / 6: 無題 (4) / 7: 無題 (2) / 8: Tachina amurensis♂? (3) / 9: メバエ科だと思いますが (2) / 10: Clairvilliops属でしょうか? (6) / 11: 腹部がおしゃれなハナゲバエ属 (3) / 12: Phasia aurulans ヤドリバエ科 (2) / 13: 美しい複眼 (1) / 14: ガガンボらしき虫の飛翔行動について (2) / 15: イッシキイシアブでしょうか? (0) / 16: ガガンボに寄生するダニ (2) / 17: ヤドリバエ科のLeucostoma sp.メス? (4) / 18: ご教示下さい (2) / 19: ヤドリバエ科のElfriedella sp.♂? (3) / 20: Matile氏によるツノキノコバエ科の専門書のPDF(1990) (2) /


[ 指定コメント (No.4435) の関連スレッドを表示しています。 ]

クチキバエ文献 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2008/04/14(Mon) 23:18:21 No.4433  引用 
末吉氏のクチキバエ科の論文が下記のURLでダウンロード可能となっていることに気が付きました.

http://zoologie.umh.ac.be/asef/pdf/2006_42_01/full/Sueyoshi_ASEF_2006_42_1_1_26_full.pdf

Sueyoshi, M. 2006. Species Diversity of Japanese Clusiidae (Diptera: Acalyptrata) with description of 12 new species.

TKMネタも載っているかも知れません?

彼が書いた論文拾って見ると,茨城産の双翅目が結構増えました.
36基ものマレーズトラップを掛けていたので,論文以外のデータも相当有りそうですが,彼が茨城を離れてしまっているのでもったいないです.

Re: クチキバエ文献 投稿者:TKM事務局 投稿日:2008/04/15(Tue) 20:36:17 No.4435 ホームページ  引用 
市毛様
 興味深い文献の紹介ありがとうございました。さっと目を通したあとテキスト検索をかけて見ましたが残念ながら東京の記録はないようです。
 茨城のデータがずいぶん多いようですが、これは当然、茨城が特別クチキバエが豊富なわけではなく採る人がいないだけの話ですね。時折、末吉さん本人以外の採集者名が出てきますが、この人なら採るよな、と妙に納得させられる例が多いです。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -