48656670
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: ハチモドキバエの一種? (0) / 2: タマバエの一種でしょうか? (2) / 3: むし (2) / 4: ヤドリバエ科Triarthria属 (7) / 5: 無題 (1) / 6: Leptodromiella属? (1) / 7: Bicellaria早春のヒメセダカオドリバエ? (4) / 8: ヒロクチバエ (2) / 9: 無題 (2) / 10: ハエハンドブック刊行のお知らせ (0) / 11: スイセンハナアブでしょうか?2 (2) / 12: スイセンハナアブでしょうか?3 (0) / 13: スイセンハナアブでしょうか?1 (0) / 14: ミギワバエ科でしょうか-2 (2) / 15: ミギワバエ科でしょうか (0) / 16: ミズアブ科?不明種について (2) / 17: ネグロクサアブ?の抜け殻 (6) / 18: 小笠原の海のユスリカ? (3) / 19: ショウジョウバエの同定について (0) / 20: ヤドリバエ科Peleteria属 (6) /


[ 指定コメント (No.11410) の関連スレッドを表示しています。 ]

Mydaea_マルイエバエ属の一種♀... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2023/03/07(Tue) 23:51:03 No.11406  引用 
採集場所: 埼玉県飯能市天覧山
採集日: 2020/10/03
体長:7mmから8mmの間
翅長:6.8mmほど
---
こんばんはです。
最近、今まで採集したイエバエ科を属ごとに分けたので
種の同定もし始めたのですが
早速判断に迷う種が出てきてしまいました。
(本種についてはすぐ種名を確定できるのではないかと思ったのですが甘かったです。 これはこれで面白いのでよいですが!)


(キノコバエ類の同定等も少しずつやってます。)
===
『はなあぶ37号の日本産イエバエ科の同定』や『日本のイエバエ科』を参考に
・下後側板(katepimeron)に剛毛、細毛を欠くこと
・上後側板が無毛であること
・後基節の後方背面に毛を欠くこと
・額内交叉剛毛がないこと
・後脛節先端凡そ1/3から1/5のところの1後背剛毛を欠くこと
・後脛節亜端部に1前背剛毛があること
・下前側板の剛毛は不等辺三角形であること
・前背剛毛は脛節端部から顕著に離れないこと
・翅脈Rs先端部に剛毛を装うこと
・翅脈M1+2は直線上であること(少なくとも、前方に曲がっているようには見えないです。)
より、Mydaea属に落ちました。
======
そして、日本のイエバエ科の検索表を用いると
・小楯板(scutellum)の一部が橙色であること
・肩瘤(humeral callus)が橙色であること
より、Mydaea humeralis Robineau-Desvoidy, 1839に落ちます。
=====
しかし、日本のイエバエ科のp.210のhumeralisの記載文と比較すると、主に以下の点よりhumeralisと本個体は異なります
・Aristaが黄色であること(先端付近は黒い?)
→humeralisは黒い
・腿節(Femora)全体が黄色いこと
  →humeralisは黒色で占められており、先端部の1/3ほどが橙色である
・3-4節目の背板にそれぞれ2つの黒斑がある。また、中央に黒色の縦縞模様を持たない
  →humeralisは背板の中央にあいまいな黒色の縦縞模様を持つ
=======
(各部位の剛毛や頭部と額の比等についてははっきりとした差異はないように見えます。)

humeralisの変異の範疇なのか、別種なのか...。


Re: Mydaea_マルイエバエ属の一... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2023/03/08(Wed) 01:08:07 No.11407  引用 
ネットの写真や、他の文献の標本写真などを見ていて
本種はMydaea属ではなく、Myospila属である気がしたので

・Myospila属
とした場合に、該当する種がいるかどうか

・『日本のイエバエ科」
・Cuiying Sun & Lianmeng Wei. 2019. A definition and review of the Myospila argentata species-group (Diptera: Muscidae: Mydaeinae) from China, Oriental Insects, 54(3): 1-16
などの文献を参考にしながら調べてみたところ
----
Myospila argentata (Walker, 1856)に落ちました。
日本のイエバエ科の、p.218の♀の記載文と概ね一致しているように見え...ますが
以下の2点が主に異なっています。
・basicostaが黄色である
→記載文では「黒色」
・腹部第1+2節目の背板の側面から腹面の一部が黄色である
→記載文では、「腹部全体が青みがかった黒色で、灰色粉で覆われている」
(第5背板の先端部分が黄色であることは一致している。)
------------------
「M1+2が前方に曲がっている」ことについては、
人によって感じ方が変わるかもしれないですが、Myospilaは「強く」曲がっているものであろうと勝手に思っていました。
しかし、本種のように曲がりが「弱い」場合もMyospilaなのですね。

Mydaeaは文字通り「直線」だということが今回詳しく調べてみてはっきりとわかりました。
-----
Myospila argentata (Walker, 1856)♀と判断してよいのか
別種なのか。
わかる範囲でご教示いただけますと幸いです。

Re: Mydaea_マルイエバエ属の一... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2023/03/08(Wed) 01:32:56 No.11408  引用 
Cuiying Sun & Lianmeng Wei. (2019)
のp.5にて
"All 13 species of M. argentata-group can be distinguished from other members of Myospila by the following combination of characters: ......Equalet and basicosta yellow."
とあるので、basicostaが黄色であることは特に問題ない?

また、palpiについては
日本のイエバエ科では「slender」と記載されているけども、本個体ではslenderであるようには見えない...?

なんだかよくわからなくなってきました。。。

Re: Mydaea_マルイエバエ属の一... 投稿者: 投稿日:2023/03/08(Wed) 23:05:39 No.11409  引用 
ふかさわ様

長文お疲れ様です.
Myospila argentata で合っていると思います.
自分の標本を見てみると,メスの腹部1+2節の色彩は,ごく一部が黄色っぽいものと,全体が暗いものとがあります.
basicosta は黒ではなく明るいですが,濃淡があります.
パルプは細いというよりは平たく見えます.

2003年の時点で篠永先生が本州では皇居でしか採集されていないというのが不思議に思います.

Re: Mydaea_マルイエバエ属の一... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2023/03/09(Thu) 06:44:02 No.11410  引用 
大宮様
Myospila argentataで合っているとのこと、ありがとうございます。
腹部1+2節とbasicostaの色彩については個体差があるようですね。
パルプは平たいと、自分の解釈と一致しているようでよかったです。

現在の記録がどのようになっているのかあまり把握できていないですが、確かに皇居でしか採集されてないというのは同じく不思議に思えました。
神奈川県でも記録されています。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -