48062949
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: Leptodromiella属? (1) / 2: Bicellaria早春のヒメセダカオドリバエ? (4) / 3: ヒロクチバエ (2) / 4: 無題 (2) / 5: ハエハンドブック刊行のお知らせ (0) / 6: スイセンハナアブでしょうか?2 (2) / 7: スイセンハナアブでしょうか?3 (0) / 8: スイセンハナアブでしょうか?1 (0) / 9: ミギワバエ科でしょうか-2 (2) / 10: ミギワバエ科でしょうか (0) / 11: ミズアブ科?不明種について (2) / 12: ネグロクサアブ?の抜け殻 (6) / 13: 小笠原の海のユスリカ? (3) / 14: ショウジョウバエの同定について (0) / 15: ヤドリバエ科Peleteria属 (6) / 16: ヒコサンアリヅカノミバエAenigmatias gotoi Disneyでしょうか? (3) / 17: ムシヒキアブでしょうか? (7) / 18: ハネオレバエ(ハネオレホソバエ)でしょうか?? (1) / 19: ハネナガケブカミバエでしょうか? (6) / 20: ハナレメイエバエ科でよいでしょうか? (0) /


[ 指定コメント (No.11369) の関連スレッドを表示しています。 ]

Drino flava ♀? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2022/12/10(Sat) 22:58:14 No.11363  引用 
こんにちは。虫キョロリスです。
写真のヤドリバエを、2022年8月28日に、福井県の自宅にて採集しました。
とっても美麗な種で、捕まえた時、感動しました。

旧北区マニュアルの検索表を使って調べたところ、意外にもDrino属になりました。
こんな色彩のDrinoがいるのか?!と驚くと同時に、
おおよその体型などからは、確かにDrinoの雰囲気が感じられるな、と思いました。

しかし、このような色のDrinoは今まで見聞きしたことがなかったので、
本当にDrinoかどうかと疑問には思いました。

そこで、「中国蝿類」に載っているDrinoの検索表を使ってみました。
すると、D. flavaという種類に落ちました。
(今回の個体はメスだったので、couplet9の次は、10と14の両方に行く可能性が考えられます。ただし、14の方に進むと該当種が存在しないため、結局10に進みました。)


Re: Drino flava ♀? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2022/12/10(Sat) 23:02:01 No.11364  引用 
D. flavaのところには、
「腹部は黄色。第三、四背板の中央1/4-1/3は、長方形あるいは台形の黒斑を有す。第四背板後縁1/4と第五背板全体は黒色。腹部全体は灰白色の粉を被る。第三背板の後縁は、黒色の部分を持たない。」
という趣旨の説明が書いてあり、まさに、自分の捕まえた個体と一致する!と思いました。

ただ、Drinoにしては異形な色彩をしているとはいえ、
中国蝿類に載ってない種類で、他にこんな感じの模様のがいる可能性も考えられますし…。
残念ながら、今回の個体はメスのため、交尾器を見るわけにもいかず…。

もし、有用な情報を持ってる方がいらっしゃったら、教えていただきたいです!!


Re: Drino flava ♀? 投稿者: 投稿日:2022/12/11(Sun) 00:49:40 No.11365  引用 
虫キョロリス様

写真の種は採集した事が無く,博物館の収蔵標本を見かけましたが,まだきちんと調べていません.

日本産Drino 属の種名が確定したものは,Mesnil (1949) に出てきます.
(フランス語で少し読みにくい)
この中の亜属,Drino, Prosturmia (現在ではPalexorista), Zygobothria が現在のDrino 属の範囲になります.

https://biblio.naturalsciences.be/rbins-publications/bulletin-of-the-royal-belgian-institute-of-natural-sciences/bulletin-of-the-royal-belgian-institute-of-natural-sciences-1949-1970/25-1949/irscnb_p4087_01013bp_25_bulletin-42.pdf

しかし2016年に埼玉県から不明種が5種報告され,もっと研究が進む必要があるようです.

自分自身の採集個体も,ソーティングをしてストップしています.

Re: Drino flava ♀? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2022/12/14(Wed) 22:06:18 No.11369  引用 
大宮様、今回もありがとうございます!

>写真の種は採集した事が無く,博物館の収蔵標本を見かけましたが,まだきちんと調べていません.
そうですか...ちなみに、その収蔵標本があった博物館って、どこですか? 少し気になりました。

>日本産Drino 属の種名が確定したものは,Mesnil (1949) に出てきます.
この文献のことは全然知りませんでした。
確かに、フランス語で読むのが大変そうですが(汗)、今週末あたり、じっくり読んでみようと思います。

>しかし2016年に埼玉県から不明種が5種報告され,もっと研究が進む必要があるようです.
そうですよね、Drinoは難しいですよね。未記載種がわんさかいそうです...

Re: Drino flava ♀? 投稿者: 投稿日:2022/12/15(Thu) 19:34:20 No.11370  引用 
標本を見たのは大阪市立自然史博物館です.
ヤドリバエはごく一部を除いて同定されていません.
最近自分が整理を始めたばかりの状態です.

Re: Drino flava ♀? 投稿者:虫キョロリス 投稿日:2022/12/18(Sun) 21:26:06 No.11373  引用 
大宮様

>標本を見たのは大阪市立自然史博物館です.ヤドリバエはごく一部を除いて同定されていません.最近自分が整理を始めたばかりの状態です.

そうでしたか!大阪市立自然史博物館には、まだまだ未同定の標本がたくさんあるという話は、以前聞いたことがあります!
標本の整理、頑張ってください! 僕も、将来、標本を見に行きたいものです。

それと、フランス語の文献、先ほど、読んでみました。今回の種類は、やはり、この検索表に載ってない種類の可能性が高そうですね。

というか、この個体、今見ていたら、はっきりと中脚脛節に、4 本のanterodorsal setaeがありますね...
とすると、中国蝿類のD. flavaの説明とは一致しない(?)。
複眼が裸なのでcouplet11からcouplet12に進んでましたが、よく見ると、複眼の説明の後にある脛節剛毛の記述を勝手に勘違いしてしまってました。
これじゃ、couplet12には進めないですね...
とすると、D. flavaじゃない(?)可能性がありますね。
うーん、難しいです...


Re: Drino flava ♀? 投稿者: 投稿日:2022/12/19(Mon) 20:32:01 No.11375  引用 
虫キョロリスさま

フランス語との格闘おつかれさまです.
例えば腹部の粉の範囲の記述などは文章と現物を照らし合わせるのが難しいと思います.
剛毛も寝ていると分かりにくいですよね.

たくさんの標本を見ると勉強になるので,博物館にいつか来られるといいですね.
少しずつ整理を進めておきますね.

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -