17590908
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 西穂高のガガンボ (2) / 2: 全てSyngamoptera flavipes (Coquillett, 1898)? (4) / 3: ムシヒキアブ図鑑 久々の更新 (1) / 4: このヤチバエがわかりません (2) / 5: 2枚目です (2) / 6: よろしくお願いします。 (0) / 7: ハナアブ2種 (2) / 8: ハナアブ2種 (2) / 9: ヒメガガンボ科-Pilaria sp.? ♂ (4) / 10: ヤドリバエ? (12) / 11: ガガンボ下目の科不明種 (3) / 12: 石垣島のイシアブ (5) / 13: 小さなハエですが (5) / 14: ニクバエ? (5) / 15: Xenotachina でしょうか (8) / 16: よろしくお願いします。 (4) / 17: イシアブの仲間 (4) / 18: クロコバエ科?でしょうか (2) / 19: 岩手県のシラミバエ (4) / 20: ヤドリバエ科の昆虫について (4) /


[ 指定コメント (No.10949) の関連スレッドを表示しています。 ]

ヒメガガンボ科-Pilaria sp.? ♂ 投稿者:ふかさわ 投稿日:2020/10/22(Thu) 01:33:08 No.10948  引用 
2020/10/03 埼玉県にて採集した個体です。
ヒメガガンボ科はフィールドに行くたびに大抵何かしら採れるので実に良いです。 皆かっこいい...。
種までの同定の道のりは長いですが。

日本産水生昆虫 第2版のヒメガガンボ科の検索表でPilaria属へたどり着きました。
その後、
Catalogue of the Craneflies of the World
https://ccw.naturalis.nl/detail.php
というサイトを用いてPilariaについて調べてみましたが種の検討はつけられず です。


Re: ヒメガガンボ科-Pilaria sp.... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2020/10/22(Thu) 21:59:41 No.10949  引用 
ふかさわ 様.

ガガンボは種への検索が大変です.

Pilaria属だとすると,日本昆虫目録も4種となっているので原記載とにらめっこしてみるのもよい経験かと思います.

Re: ヒメガガンボ科-Pilaria sp.... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2020/10/23(Fri) 13:33:43 No.10950  引用 
市毛様
返信ありがとうございます。

原記載…Alexander氏の文献をいくつか見たところ
形態の解説文だけあって図が何も無いというのが見受けられたので、形態の記述と一致していても同種であると判断するのは難しいのだろうと思いました。

この場合は、他に何か図が載っている文献を探したり、可能であればタイプ標本を見たりする必要がありそうですね。
ここまで調べてちゃんと同定できない場合は専門家の方に同定依頼をするのがベストですかね。

うむむ…。むつかしい…。

Re: ヒメガガンボ科-Pilaria sp.... 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2020/10/23(Fri) 18:00:23 No.10953  引用 
ふかさわ 様.

原記載以外の文献となると,極東ロシアの昆虫の検索やロシアの文献(Savchenko,1989; Savchenko and Krivolutskaya, 1976)等を調べるしかないです(日本昆虫目録にある4種は日本や極東ロシアにしか分布していないようです).

文献収集の鬼になってみて下さい.
なお,図示されている種類が非常に少なく泣けてくると思います.

みんな通った道です(^_^;)

なお,極東ロシアの検索を見ると,♂触角が腹部中央まで届くほど長く,前楯板が赤褐色なのがP. hypermecaとなっています.
この検索に載っていないtokionisは♂触角が体長の1/3を超えると原記載に書かれているので,消去法ではhypermecaとなりそうです.
以上、御参考まで.

Re: ヒメガガンボ科-Pilaria sp.... 投稿者:ふかさわ 投稿日:2020/10/24(Sat) 01:58:54 No.10954  引用 
市毛様
>なお....以上、御参考まで.
ありがとうございます!
自分でも原記載や極東ロシアの昆虫のPt.2の検索表と格闘して確認してみます。

>......みんな通った道です(^_^;)
やはりヒメガガンボ科は恐ろしいですね...。
改めて大変であるということがわかって調べる気が削がれるどころか逆にそそられてきました。 不思議なものです。

キノコバエ上科(クロバネキノコバエ科は除く)などについても、
今は交尾器を精査する環境が整っていないため採集しても属までしか同定せず、その属の文献を少しずつ集めたり読んだりしているのですが
ヒメガガンボ科と似たような状態であるような気がしますね。
図示されていない種がどのくらいいるのかは把握はできておりませんが。

見たいと思った文献がネットで簡単に見られるのであればよいのですが、そうでない文献がたくさんあるのが辛いところです。
いくらやる気があっても
誰かと協力し合わねば十分に調べきれないのだろうなと思っています。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -