15729667
一寸のハエにも五分の大和魂・改
[トップに戻る] [通常表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1: 洞窟で採集したハエについて (0) / 2: 同定をお願いします (2) / 3: 同定できず・・・ (5) / 4: クシヒゲガガンボの一種と思いますが (4) / 5: よろしくお願いします。 (7) / 6: よろしくお願いします。 (2) / 7: キノコバエさんの繭? (4) / 8: まくなぎNo.31到着 (3) / 9: よろしくお願いします。 (4) / 10: 不明なハエ (2) / 11: ご教授ください (3) / 12: カトリバエ属の一種♀?(Lispe sp.♀?) (8) / 13: ご教授ください (2) / 14: Planempis亜属不明種 (5) / 15: マガリケムシヒキでしょうか? (4) / 16: M1脈が曲がってr4+5室を持つタイプのハエさん (4) / 17: キノコ×双翅目界隈の鬼... (1) / 18: 茨城@市毛様、三枝豊平様、Pakenya様、小須田貴延様 (1) / 19: 同定のお願い3 (4) / 20: 宣伝: 愛媛大学収蔵の双翅目のタイプ (4) /


[ 指定コメント (No.10707) の関連スレッドを表示しています。 ]

同定のお願い3 投稿者: 投稿日:2020/06/11(Thu) 16:02:31 No.10707  引用 
コンボウナガハリバエでしょうか?
撮影日:2008年9月23日 撮影場所:北海道蘭越町です。
よろしくお願いします。


Re: 同定のお願い3 投稿者:茨城@市毛 投稿日:2020/06/12(Fri) 20:49:26 No.10712  引用 
大表章二 様.

アシナガヤドリバエ亜科のTorocca mundaコンボウナガハリバエではなく,ヒラタヤドリバエ亜科のCylindromyia pandulata ヒョウタンハリバエです.

よく似た種類ですが,コンボウナガハリバエはr4+5室から翅端に伸びる柄を欠き,腹部背板の各節には中央と後縁沿いに剛毛を備えています.

竹内吉蔵(1955, 原色日本昆虫図鑑.保育社)第68図版に両種が並べて載っています.

下記の画像等が真のコンボウナガハリバエです.
http://moth2001.web.fc2.com/5-383.html

ネット上に間違った画像が多く驚きました.

Re: 同定のお願い3 投稿者: 投稿日:2020/06/14(Sun) 03:05:51 No.10718  引用 
茨城@市毛様

同定いただきありがとうございます。
保育社の図鑑は持っていないので、図書館から借用して調べてみたいと思います。また、翅の詳細な図で両種の違いを確認しようと試みましたが、無理でした。
詳細なご教示ありがとうございました。

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- Antispam Version -